朝鮮半島に存在したタイ系言語、朝鮮半島は一体どうなっていたのか?

日本語のhito(人)に相当する朝鮮語は、saram(人)です。このほかに、namという語があります。namも人を意味しますが、もっと意味が限られていて、「他人、よその人」を意味します。

前回の記事で詳しく説明したように、近くに住んでいるある部族を指していた語が、一般に「他人、よその人」を意味するようになったり、一般に「人」を意味するようになったりします。この観点から、朝鮮語のnam(他人、よその人)は大いに注目に値します。タイ語のnaam(水)のような語を思い起こさせるからです。

この話は、突拍子もない話ではありません。現在では、タイ系の言語は中国南部からインドシナ半島のほうに分布しており、話者の大部分はタイにいます。中国南部からインドシナ半島のほうに追い出されたような分布の仕方をしています。しかし、ツングース諸語にエヴェンキ語lāmu(海)、ウデヘ語namu(海)、ナナイ語namo(海)、ウイルタ語namu(海)、満州語namu(海)などの語が見られたり、日本語にnami(波)という語が見られたりするので、タイ系言語のかつての分布域が中国南部に限られていたとは考えられません。

実は、中国南部からインドシナ半島のほうに残っているタイ系言語を一通り調べても、黄河文明の主たる言語群であるシナ・チベット語族や長江文明の主たる言語群であるオーストロアジア語族(本ブログではベトナム系言語と呼んでいます)ほどのバリエーションは見られません。この地域におけるタイ系言語の歴史はあまり古くないのではないかと思わせます。

タイ系言語が現在の分布域より北東に分布していて、ツングース系言語や日本語に接していたのなら、朝鮮語と接していた可能性も十分にあります。

朝鮮半島のnam gang(南江)

韓国の北部を流れるhan gang(漢江)ハンガン、西部を流れるkɯm gang(錦江)クムガン、南東部を流れるnak tong gang(洛東江)ナクトンガンが、韓国の三大河川です(朝鮮語では語頭でrを使うことを避けてきたため、「洛」の読みがnakになっていますが、当初の読みはrakであったと考えられます)。nak tong gang(洛東江)にはいくつかの支流が流れ込んでおり、その一つとしてnam gang(南江)ナムガンがあります。

韓国の北部を流れるhan gang(漢江)の北側の部分をpuk han gang(北漢江)プクハンガンと呼び、南側の部分をnam han gang(南漢江)ナムハンガンと呼ぶことがあります。han gang(漢江)の前に付けられるpukとnamが中国語の「北」と「南」に由来していることは疑いありません。

しかし、韓国の南東部を流れるnak tong gang(洛東江)の一支流であるnam gang(南江)のnamが中国語の「南」に由来しているかどうかは非常に怪しいです。han gang(漢江)の場合のように北と南を区別しているわけではなさそうです。かつての住民が水・水域のことをnamのように言っていた可能性があります。kim(金)、ri/i(李)、pak(朴)ほど多くありませんが、nam(南)という姓もあります。

朝鮮語のnam(他人、よその人)は、水・水域のことをnamのように言う人々がいたことを示唆しているように見えます。朝鮮語のnam(他人、よその人)以外の語彙も調べなければならないでしょう。

 

補説

日本語とタイ系言語の深い付き合い

タイ語のnaam(水)のような語が日本語のnama(生)(焼いたり、干したりしておらず、水っぽいという意味)やnami(波)などになったことはすでに述べました。

水・水域を意味することができなかった語がその横の部分を意味するようになるというおなじみのパターンもあったようです。以下は本ブログで何度も示している構図です。

ここから、並ぶことを意味する奈良時代の動詞のnamu(並む)が生まれたと考えられます。その名詞形がnami(並み)です。並んでいること・並んでいるものを意味します。yamanami(山並み)やienami(家並み)のnami(並み)です。

「専門家並みの知識」と言えば、専門家と並ぶということ、「お相撲さん並みの大食い」と言えば、お相撲さんと並ぶということです。「人並み」と言えば、他の人と同じくらいということです。「人並み」を単に「並」と言うこともあったのでしょう。これによって「並」に普通という意味が生じます。

上にnama(生)とnami(波)を挙げましたが、mとbの間で発音が変化しやすいことを考えると、nabe(鍋)(古形*naba)とnabiku(なびく)も関係があると思われます。nabe(鍋)は、水を意味していた語が、水を入れる容器を意味するようになるパターンでしょう。nabiku(なびく)は、波を意味していた語が、揺れることを意味するようになるパターンでしょう。

上のような形だけでなく、numa(沼)やnomu(飲む)のような形もあるので、日本語がタイ系言語と深く付き合っていたことは間違いありません。

※nabe(鍋)の類義語であるkama(釜)の語源も水かもしれません。kame(瓶)は確実に水から来ているでしょう。kame(亀)もおそらくそうでしょう。水のことをkalm-、kilm-、kulm-、kelm-、kolm-(kal-、kil-、kul-、kel-、kol-、kam-、kim-、kum-、kem-、kom-)のように言っていた言語群がここでも垣間見えます。