「笑う」の語源はやはり・・・

日本語のnikoniko(にこにこ)、niyaniya(にやにや)、nitanita(にたにた)は古代中国語で太陽を意味していた語から来ているようだとお話ししましたが、日本語のwarau(笑う)も同じような由来を持っているようです。

ウラル語族のフィンランド語では、valkoinen/valkea(白い)、valo(光)、valoisa/vaalea(明るい)、valaista(明るくする、照らす)、valaistus(照明)のように、valk-、val-という語根が明るさに関連した語彙を支配しています。vという子音はウラル語族全体では一般的でなく、かつてはwであったと推定されているので、walk-、wal-という語根について考えることになります。

上のwalk-、wal-では、先頭の子音がwですが、インド・ヨーロッパ語族では、先頭の子音がwではなくbである語根が認められます。balk-、bal-、あるいはインド・ヨーロッパ語族の言語は語頭に二重子音を好んで使うのでblak-、bla-のような語根が認められるのです。このような語根から、白さ、光、明るさに関連した語彙が作られています。

例えば、bal-のような語根から、スラヴ系のロシア語bjelyj(白い)ビェーリイ、ポーランド語biały(白い)ビャウィやバルト系のリトアニア語baltas(白い)、ラトビア語balts(白い)が作られています。blak-のような語根から来ていると見られるのが、イタリック系のフランス語blanc(白い)ブロン、スペイン語blanco(白い)ブランコ、イタリア語bianco(白い)ビアンコなどです(従来あまり注目されてきませんでしたが、このようにnが挿入される変化はヨーロッパ方面では広範に起きています。重要な問題なので、別の機会に本格的に論じます。ちなみに、ゲルマン系でb、スラヴ系でb、イタリック系でfという対応が標準的なので、フランス語blanc、スペイン語blanco、イタリア語biancoなどは、ずっと受け継がれてきた語ではなく、ある時点で非イタリック系の言語からイタリック系の言語に入った可能性があります)。blak-のような語根からは、英語のbleach(漂白する、白くする)(古形blæcanブラーカン)も作られています。

悩ましいのが、英語のblack(黒い)(古形blæcブラク)です。black(黒い)は上記の一連の語と全然関係がないように思えますが、実はそうでもありません。インド・ヨーロッパ語族の言語では、balk-、bal-あるいはblak-、bla-のような語根から、燃えることを意味する語も作られているのです。燃えるというのは、明るく輝く現象ですが、その後に黒くなる現象でもあります。どうやら、物が燃えることを表しているうちに、「白さ、光、明るさ」の領域から「黒さ」の領域への劇的な移行が起きたようです。

いくつもの語を挙げましたが、要するに、インド・ヨーロッパ語族ではbalk-、bal-、blak-、bla-のような語根から、ウラル語族ではwalk-、wal-という語根から、白さ、光、明るさに関連した語が作られているということです。上に挙げたインド・ヨーロッパ語族とウラル語族の語彙に関係があると思われる語は、東アジアのほうにも広がっています。

とりわけ、朝鮮語のpakta(明るい)は注目に値します。朝鮮語のpakta(明るい)は、palgɯmjɔn(明るければ)パルグミョン、palgasɔ(明るいので)パルガソ、palgatta(明るかった)パルガッタのように、組み込まれたpalg-という形を見せます。この形が昔の姿をよく示していると考えられる形です。

ここで注意しなければならないのは、昔のウラル語族と朝鮮語には、語頭でbのような濁音を使えないという制約があるということです。ウラル語族で頭子音がbでなくwになり、朝鮮語で頭子音がbでなくpになっているのは、当然の帰結です。インド・ヨーロッパ語族のbalk-、bal-、blak-、bla-のような形は現れえないのです。

昔の日本語にも、語頭でbのような濁音を使えないという制約がありました。日本語の場合はさらに、子音が連続しないという制約もありました。インド・ヨーロッパ語族のbalk-、bal-、blak-、bla-のような形は到底不可能なのです。となると、日本語では、ウラル語族のようにwを使ってwar-という形にするか、朝鮮語のようにpを使ってpar-という形にすることが考えられます。日本語の白さ、光、明るさに関連した語彙に、war-またはpar-という形が現れているか検討しなければなりません。

まずこれに該当すると考えられるのが、奈良時代のɸaru(晴る)です。推定古形は*paru(晴る)です。形的にも意味的にもぴったり一致します。

※余談ですが、奈良時代のɸaru(晴る)は現代ではhareru(晴れる)になっており、harasu(晴らす)と対になっています。俗語のbareru(バレる)は明るみにさらされてしまうこと、barasu(バラす)は明るみにさらしてしまうことで、hareru(晴れる)/harasu(晴らす)と同源と見られます。

*paru(晴る)ほど直接的ではありませんが、nikoniko(にこにこ)、niyaniya(にやにや)、nitanita(にたにた)のところで見たように、明るさと笑いの間にはつながりがあるので、奈良時代のwaraɸu(笑ふ)も無関係でないと思われます。waraɸu(笑ふ)も白さ、光、明るさに関連した語から作られたのではないかということです。

上に挙げたインド・ヨーロッパ語族、ウラル語族、朝鮮語の語彙は、古代中国語のbæk(白)バクなどとの関係も考えなければならず、由来を容易に明らかにすることはできません。それでも、白さ、光、明るさに関する語彙が北ユーラシアの言語によって共有されており、日本語の*paru(晴る)とwaraɸu(笑ふ)もそこから来たということは言えそうです。*paru(晴る)とwaraɸu(笑ふ)では頭子音が異なるので、両方がもとから日本語にあったのではなく、少なくともどちらか一方は外来語であると考えられます。この問題は、*paru(晴る)とwaraɸu(笑ふ)だけでなく、*pとwで始まる日本語の様々な語を北ユーラシアの言語の語彙と比較しなければならないので、いずれ戻ってくることにし、先へ進みます。

次は、hikari(光)の語源を取り上げます。前に、古代中国語のkwang(光)クアンが日本語のkage(影、陰)になったり、ベトナム語の ánh sáng (光)アンサンのような語が日本語のasa(朝)になったりした話をしましたが(まだ読まれていない方は、光と影の微妙な関係「深い」と「浅い」の語源(続き)—2音節の語を取り入れるを参照してください)、肝心のhikari(光)の語源については、お話ししようと思いつつ、機会を逃してきました。

hikari(光)は、筆者が語源を突き止めるのに大変苦労した語です。様々な言語を調べても、日本語のhikari(光)に関係がありそうな語が見つからず、絶望的かと思いかけたところで、まだ「あの言語」を調べていないことに気づきました。