本ブログの今後の予定について

読者の皆様へ

本ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

訪問してくださる方がいるというのは、大きな励みです。

皆様のご期待にお応えして、どんどんブログを書き進めたいところなのですが、私は言語の歴史以外にも様々な研究を抱えており、それらの研究も世に送り出せるようにしていかなければなりません。

私にとって、「日本語の意外な歴史」は初めての情報発信になりました。自分の研究テーマの中から一つを選び、試しに公開してみようということで、ブログを立ち上げました。有名人が書くブログではないので、見に来てくれる人がいるのだろうかと半信半疑でしたが、段々と読者が増えていくことを知り、少しほっとしています。

しかし同時に、研究成果が世間一般に知られるまでにはかなり時間がかかるであろうとも考えています。その他の研究に割く時間を犠牲にする形で「日本語の意外な歴史」を書き進めてきましたが、その他の研究に時間を割かなければならない時期が来ています。つきましては、「日本語の意外な歴史」の更新頻度を下げることをお許しください。「日本語の意外な歴史」は最低でも月2回は更新していく予定です。

言語の歴史は、私にとって大切なライフワークですが、あくまでライフワークの一つであるということをご理解いただければ幸甚です。今回の措置は、ブログを安定して長く続けていくための措置でもあります。まだ先の話ですが、異なる研究テーマは異なるウェブサイトで書いていくことになると思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

金平譲司

 

変化する「日本語の意外な歴史」

「日本語の意外な歴史」では、現在進行中の研究について書いています。大筋はこれまで書いてきた通りですが、細かい部分では私の考え・見解は絶えず変化しています。

近年で最も大きな変化といえば、なんといってもインディアン系の言語が日本語に特大の影響を与えたことが明らかになってきたことです。日本語の語彙に得体の知れない巨大な部分があることは早くから察知していましたが、私はこれを中国語によって消し去られたシナ・チベット系言語の影響(遺産)であろうと長い間予想していました。ところがそうではないことが確実になってきたので、過去の記事も適宜修正していきます。

朝鮮語とアイヌ語については、私のブログでまだほとんど語っていませんが、日本語のすぐそばにある言語であり、興味を持たれている方も多いかと思います。朝鮮語とアイヌ語は、日本語以上に孤立してしまっています。日本語は6000~8000年ぐらい歴史を遡ればウラル語族との接点が見えそうですが、朝鮮語とアイヌ語の孤立度はもっと深いです。私の研究でも、朝鮮語とアイヌ語の起源は全く見当がつかないという時期がありました。しかし今では、そのような時期を脱しています。

インド・ヨーロッパ語族とウラル語族の拡散が始まる頃には、すでに北ユーラシアの言語の分布は大変複雑になっており、そこには、朝鮮語やアイヌ語と系統関係を持つ言語群も存在したようです。日本語と同じように、朝鮮語とアイヌ語も大量の外来語を含んでいると見られ、これらの歴史の研究も難航しそうですが、折に触れて本ブログでお話ししていきます。