日本語のasi(足、脚)がウラル語族との共通語彙で、日本語のsune(脛)がベトナム系言語からの外来語であることを示しました。次はmata(股)の語源を論じますが、その前にまずmotoの語源を明らかにしなければなりません。motoというのは、ひらがなで「もと」と書かれたり、漢字で「元、本、基、下、許、素」などと書かれている語です。

少し意外かもしれませんが、moto(もと)は木に関係のある語だったようです。木の成長を思い浮かべてください。幹から枝が出て、その枝からさらに枝が出て・・・。理解に難くないと思いますが、人類の言語では木の幹または根を意味していた語が物事の始まりを意味するようになることがよくあります。「日本人のルーツを探る」などと言ったりしますが、これは英語のroot(根)を取り入れた言い方です。

前に、古代中国語のkan(幹)のnの部分がかつてはrだったらしいという話をしました(「体(からだ)」の語源、春秋戦国時代以前の中国語を参照)。その古い形を取り入れたのが奈良時代の日本語のkara(幹、茎、柄)です。三省堂時代別国語大辞典上代編(上代語辞典編修委員会1967)でも推測していますが、木の幹などを意味していたkaraが物事の始まりも意味するようになり、起点を表す助詞のkara(から)を生み出したと考えられます。iegara(家柄)やhitogara(人柄)などの言い方も、「始まり、起源、由来」のような意味から「素性、性質、性格」のような意味が生まれたのでしょう。「柄に合わない、柄じゃない」とも言います。「素性、性質、性格」のような意味からさらに「感じ、ありさま、模様」のような意味につながっていきます。

kara(幹、茎、柄)の例を頭に入れたうえで、moto(もと)の話に戻りましょう。モンゴル語にmod(木)という語があります。ツングース諸語にも、エヴェンキ語mō(木)、ナナイ語mō(木)、満州語moo(木)などの語があり、ウラル語族のサモエード系にも、ネネツ語mo(枝)、ガナサン語muodje(枝)ムオディエ、セリクプ語mo(枝)などの語があります。出所はどこかという問題はともかく、モンゴル語のmod(木)のような語が古くから北ユーラシアに存在するのは確かです。

モンゴル語のmod(木)のような語が日本語に入ろうとすれば、*ko(木)と衝突することが考えられます(kodati(木立ち)、kozue(梢)、kogarasi(木枯らし)などの語が残っているように、ki(木)の古形は*ko(木)です)。「木」を意味することができなくなった語が向かいやすい先が「枝」や「幹」です。モンゴル語のmod(木)のような語はmotoという形で日本語に入り、木の下のほう、幹から根のあたりを指していたと見られます。そこから、先ほどのkara(幹、茎、柄)の場合と同様に、物事の始まりを意味するようになったというわけです。奈良時代の時点ではまだ、植物の幹や茎をkaraと呼んだり、motoと呼んだりしており、もとの意味が十分窺えます。motoは、「はじめの状態になること」を意味するmodoru(戻る)、「はじめの状態にすること」を意味するmodosu(戻す)、「本拠を探し出すこと」を意味するmotomu(求む)なども生み出したと見られます。

motoとひょっとしたら関係があるのではないかと思われるのがmataです。足の付け根のことをmata(股)と言いますが、mataはもともと身体部位というより一本だったものが二本に分岐する箇所を指していた語です。木が枝分かれしている箇所でもよいし、川が枝分かれしている箇所でもよかったのです。

Picture t-69

motoに「1」の意味が感じられ、mataに「2」の意味が感じられる点は見逃せません(この話には、「1」を意味するベトナム語のmộtモ(トゥ)のような語が関係しているかもしれません)。

現代の日本語では、「一番大きい」と言うこともできるし、「最も大きい」と言うこともできます。意味を考えると、mottomo(最も)の古形であるmotomo(最も)は、「1」を意味したmotoから作られたのではないかと考えたくなります。この場合、motomo(最も)の末尾のmoは、itomo(いとも)などのmoと同じものでしょう。

mataに目を向けると、もっとはっきりします。「またの名」と言うのは、まず一つ名がある場合です。「また来た」と言うのは、すでに一回来ている場合です。「AまたはB」という言い方も、一番目の要素としてAを挙げ、二番目の要素としてBを挙げる言い方です。

話が複雑になりましたが、モンゴル語のmod(木)のような語がmotoという形で日本語に入り、木の幹から根のあたりを指しているうちに、物事の始まりを意味するようになったことから(あるいはベトナム語のmột(1)のような語がmotoという形で日本語に入ったことから)、母音交替を介するmoto(1)―mata(2)というペアが作り出されたのかもしれません。昔の日本語のɸito(1)―ɸuta(2)、mi(3)―mu(6)、yo(4)―ya(8)というペアを見ると、いかにもありえそうです。motoとmataは最終的には数詞にならなかったが、「1」と「2」を思わせる上のような用法を残したのかもしれません。

英語のtwo(2)とtwig(小枝)が同源であるように(英語のbranch(枝)はフランス語からの外来語です)、「2」と「枝分かれ」の間には密接な関係があり、「2」を意味していたmataが「枝分かれ」を意味するようになった可能性が高そうです。



補説

timata(巷)とは?

前にお話ししたように、昔の日本語で「道」を意味していたのは*tiです。これにmiを冠して、miti(道)という語が作られました。形は変わってしまいましたが、iezi(家路)やtabizi(旅路)の中にも残っています。

今でも人口が少ない地方ではそうですが、人が住んでいないところは、長い道が一本伸びていて、人が集まっている集落に入ると、その道が細かく分かれ始めます。「道」を意味する*tiと「枝分かれ」を意味するmataがくっついて、人々が暮らしている場所を意味するようになりました。これがtimata(巷)です。



参考文献

上代語辞典編修委員会、「時代別国語大辞典 上代編」、三省堂、1967年。