日本語の意外な歴史

これまで知られてこなかった日本語の起源、日本語の歴史について語っていきます。私たちが使っている言葉には、驚くべき人類の軌跡が隠されています。

2018年09月

古代中国語のtsjowk(足)ツィオウクは、極めて使用頻度の高い基本語なので、実に様々な形で日本語に入っています。ある時代にsoku、syokuという音読みで入りましたが、それ以外にtokotoko(とことこ)、tukatuka(つかつか)という形でも入ったようだという話をしました。

古代中国語のtsjowk(足)は、とてもそのままでは昔の日本語に入れない形をしています。昔の日本語に取り込むためにまず考えられそうな変形は、(1)tok、(2)tuk、(3)sok、(4)sukの4通りです。語頭の子音をtにするかsにするか、そのうしろの母音をoにするかuにするかで4通りです。(1)はtokotoko(とことこ)を生み出したパターン、(2)はtukatuka(つかつか)を生み出したパターン、(3)は音読みのsokuを生み出したパターンです。では、(4)はどうでしょうか。

日本語で「時が過ぎる」とか「時が進む」とか言いますが、このsugiru(過ぎる)とsusumu(進む)が目を引きます。sugiru(過ぎる)は、奈良時代にはsugu(過ぐ)でした。このほかに、sugusu(過ぐす)とsuguru(過ぐる)という語もありました。例えば、「探し求めること」を意味した古代中国語のsak(索)から日本語のsagasu(探す)とsaguru(探る)が生まれたり、古代中国語のxok(黑)ホクからkogu(焦ぐ)、kogasu(焦がす)、kogaru(焦がる)が生まれたりしたように、(4)のsukからsugu(過ぐ)、sugusu(過ぐす)、suguru(過ぐる)が生まれたと見られます(もととなる古代中国語のうしろに母音が補われて、子音kが濁る形で動詞が作られているケースです)。

※古代中国語のsak(索)のもともとの意味は、「縄、綱」です。それらをたぐり寄せる動作から、「なにかを求める」という意味が生じました。日本語では、検索、捜索、模索などでおなじみです。

このように、sugiru(過ぎる)は古代中国語のtsjowk(足)から来ていると考えられますが、susumu(進む)はどうでしょうか。この語は、「すすっと近づく」などのsusuʔ(すすっ)と合わせて考えるべきでしょう。(4)のsukが日本語に入るには、うしろに母音が補われたsukVの形か、末子音kが脱落したsuの形になる必要があります。おそらく、*susuと言って、tokotokoやtukatukaのように足の運びを表していたと思われます。この*susuがsusumu(進む)とsusuʔ(すすっ)になったというわけです。足の動きを表す動詞としては、ayumu(歩む)とaruku(歩く)があったので、古代中国語のtsjowk(足)から作られたsugu(過ぐ)とsusumu(進む)は、少し違う意味や抽象的な意味を担うことも多かったでしょう。

※sugu(過ぐ)以上に意味の隔たりが大きいですが、「通り抜けること、通過すること」に関係があるsuku(透く)などもなんらかのつながりがあると思われます。sukima(すきま)のsukiの部分ももともと「通ること」を意味していたのでしょう。sukima(すきま)よりさらに抽象化が進んでいるのがsuki(隙)と見られます。

古代中国語のtsjowk(足)がtokotoko(とことこ)、tukatuka(つかつか)、sugu(過ぐ)、susumu(進む)のようになるのは、非常にわかりやすいです。しかし、このようなパターンだけではありません。ここではもう一つ、違うパターンを見てみましょう。

英語のfootとロシア語のpod

インド・ヨーロッパ語族によい例があるので、英語のfoot(足)から始めます。英語のfootは、「足首から下の部分」を意味しています。同じゲルマン系のドイツ語にもFußフースという語があり、やはり「足首から下の部分」を意味しています。しかし、スラヴ系のロシア語を見ると、様子が違います。

ロシア語では、足首から下を指す時も、股から下を指す時も、nogaと言うのが普通です。足首から下を指すstopa/stupnjaストゥプニャーという語もありますが、これらはあまり使われません。ロシア語のnogaにしろ、stopa/stupnjaにしろ、英語のfootとは全然違う形をしています。実は、ロシア語にも、英語のfootと同源のpodという語があります。しかし、podは下肢に関する語ではないのです。

ロシア語のpodは前置詞で、以下のような使われ方をします。前置詞のpodが名詞のderevo(木)とgora(山)の前に置かれたところです(ロシア語では前置詞のうしろで名詞が語形変化します)。

Picture t-23

前置詞のpodはこのように、なにかの下の部分、底部を指す時に使われます。そのなにかは、人間の体でなくて木や山でもよいのです。

この英語のfootとロシア語のpodの関係と同じように、古代中国語のtsjowk(足)はsoko(底)という形で日本語に取り入れられたと見られます。古代中国語のtsjowk(足)はある時代にsokuという読みで取り入れられたが、もっと前の時代にsoko(底)という形で取り入れられていたということです。後々重要になってくるので、このようなパターンもあるのだと、記憶にとどめておいてください。

noti(のち)

以前に、ベトナム語のsau(うしろ)のような語が日本語に*soという形で入り、この*soがse(背)に変化したという話をしました(*soはsomuku(そむく)やsomukeru(そむける)などに組み込まれて残っています)。その時に、東アジア・東南アジアの言語で「うしろ」のことをなんと言っているか表にして示しましたが、表の中にミャンマー語のnauʔ(うしろ)ナウッという語もありました(「背(せ)」の語源を参照)。nauʔは、ミャンマー語の前身である古ビルマ語ではnaukでした。シナ・チベット語族のいくつかの言語には、このような語が見られます。

日本語には、ベトナム語のsau(うしろ)のような語だけでなく、古ビルマ語のnauk(うしろ)のような語も入ったようです。ベトナム語のsau(うしろ)のような語は*soになりましたが、古ビルマ語のnauk(うしろ)のような語はnoku(退く)、nokosu(残す)、nokoru(残る)などになったと見られます(doku(退く)はnoku(退く)が変化したものでしょう)。古ビルマ語のnaukには、「うしろ」という空間的な意味だけでなく、「後」という時間的な意味もありました。このことを考えると、日本語のnoti(のち)も無関係とは思えません。「晴れのち曇り」のnoti(のち)です。当初は、noku(退く)、nokosu(残す)、nokoru(残る)などとお揃いで、*nokiだったのでしょう。それがキチ変化を起こしてnoti(のち)になったと見られます。

kati(徒歩)

toho(徒歩)は今でも使われますが、kati(徒歩)はもう死語でしょう。katiは「徒、歩行、歩」とも書かれ、歩くことを意味した語です。

古代中国語には、tsjowk(足)ツィオウクという語とkjak(腳)キアクという語がありました。日本語では、tsjowk(足)にsoku、syokuという音読みを与え、kjak(腳)にkaku、kyakuという音読みを与えました。しかし、これも中国語と日本語の関係の一部にすぎません。

古代中国語のtsjowk(足)は、tokotoko(とことこ)、tukatuka(つかつか)という形でも日本語に入ったようだという話をしました。現代の日本人には少し奇異に見えるかもしれませんが、昔の日本人はtyoukV、tyokV、tyukVのような形に不慣れであり、どうしてもtokV、tukVという形に行き着いてしまいます。その結果がtokotoko(とことこ)、tukatuka(つかつか)です。

日本語にはasi(足・脚)という語があるので、古代中国語のtsjowk(足)はtokotoko(とことこ)、tukatuka(つかつか)という形で日本語に入ったのです。古代中国語のkjak(腳)はどのような形で日本語に入ったのでしょうか。私たちが足・脚で行うことといえば、まずなんといっても「歩くこと」でしょう。古代中国語のtsjowk(足)はtokVとtukVという形になりましたが、古代中国語のkjak(腳)はkakVという形になることが予想されます。どうやら、古代中国語のkjak(腳)は、前の例と同じように母音iが補われて、*kakiという形を取ったようです。これがキチ変化を起こすと、katiになります。日本語において、古代中国語のtsjowk(足)がtokV、tukVという形になって「歩くこと」を意味しようとする、古代中国語のkjak(腳)がkakVという形になって「歩くこと」を意味しようとするのは、ごく自然な流れです。

ちなみに、奈良時代の日本語のɸumu/ɸomu(踏む)は、「足を踏み出す動作」を意味した古代中国語のbu(步)(日本語での音読みはbu、ɸo、ɸu)から作られたと見られます。やはり、古代中国語の主な語は、奈良時代よりももっと前になんらかの形で日本語に入っています。古代中国語のkjak(腳)の場合は、まず*kakiという形で存在し、その後キチ変化を起こし、奈良時代にはkatiという形で存在していたと考えられます。

「(馬に乗って)走ること」を意味した日本語のkaku(駆く)も、古代中国語のkjak(腳)と無関係ではないでしょう。

― ― ― ― ―

sati(幸)、huti(淵)、noti(のち)、kati(徒歩)と、キチ変化が起きたのではないかと思われる例を見てきました。このほかにもありそうですが、その数は多いとはいえません。しかし、キチ変化が全くなかったようにも見えません。

これまでの歴史言語学が往々にしてそうでしたが、言語の歴史を長いスパンで考える時には、どうしても大雑把な見方をしがちです。時代が移りゆくなかで、言語を構成する一語一語の発音は少しずつ変化しています。当然、その変化を引き起こしているのは人間です。しかし、ここでよく考えてみてください。私たちは、これからはこういうふうに発音することにしましょうなどと皆で話し合って決めているわけではありません。だれか(一人または少数の人間)が最初に発音の変化を仕掛けているのです。

だれかがある語を従来と少し違う仕方で発音したとしましょう。その新しい発音の仕方は、他の人々に全く相手にされないかもしれません。逆に、他の人々に受け入れられて、古い発音の仕方を消滅させるかもしれません。あるいは、古い発音の仕方と新しい発音の仕方が並存して、しばらくそのままになったり、じきに異なる意味を持つようになったりするかもしれません。

だれかがある語を従来と少し違う仕方で発音して、それで満足するかもしれません。あるいは、満足せず、その語と発音上の共通点あるいは類似点を持つ他の語でも変化を仕掛けるかもしれません。だれかが、ある語を従来と少し違う仕方で発音して、それで満足しても、感化された別のだれかが、満足せず、その語と発音上の共通点あるいは類似点を持つ他の語でも変化を仕掛けるかもしれません。

このように、複雑な現象がいくらでも考えられるわけですが、だれかがある語を従来と少し違う仕方で発音したことが、最終的に言語にどれほどの変化を残すかという点に注目すると、大きく以下の三つのパターンが考えられるでしょう。

(1)なんの変化も残さない。
(2)言語の隅々まで行きわたった変化を残す。
(3)ある語あるいはいくつかの語に変化を残す。

歴史言語学が人類の言語の歴史を考えるうえで発音の変化に注目したのはよいことでしたが、そこから(2)のような変化ばかりに光が当てられて、(3)のような変化が陰に隠れ気味だった感は否めません。

日本語ではyuku(行く)という言い方が廃れて、iku(行く)という言い方が一般的になりましたが、追随してyuka(床)がikaになったり、yuki(雪)がikiになったりすることはありませんでした。yuka(床)がikaになってはいけなかったのか、yuki(雪)がikiになってはいけなかったのかといえば、そんなことはありません。そうなる可能性もあったし、そうならない可能性もあったのです。両方の可能性があるなかで、日本語が後者の道を進んだにすぎません。

例として挙げたsati(幸)、huti(淵)、noti(のち)、kati(徒歩)のように、yuki(雪)はyutiになってはいけなかったのかといえば、そんなこともありません。そうなる可能性も、そうならない可能性もあるなかで、日本語が後者の道を進んだにすぎません。そもそも、sakiからsati、*ɸukiからɸuti(あるいは*pukiから*puti)、*nokiからnoti、*kakiからkatiが作られたのが同じ時代の同じ場所だったとも限りません。

中国語(標準語)ではキチ変化が徹底的に起きて、「キ」の音が完全に消えてしまいました。しかし、日本語で起きたキチ変化はそのような徹底的なものではなかったようです。

だれかがある語を従来と少し違う仕方で発音していることは確かです。そうでなければ、各語の発音はいつまでも変化しません。しかしながら、だれかがある語を従来と少し違う仕方で発音したことが、最終的に必ず(1)か(2)のどちらかの結果に至ると考えることは行き過ぎであり、実際の言語データと合いません。(1)のようにも、(2)のようにも、(3)のようにもなりうるのが現実です。

上に挙げたnoku(退く)、nokosu(残す)、nokoru(残る)とdoku(退く)も好例でしょう。nokuからdoku、nokasuからdokasu、nokeruからdokeruが生じても、nokosuからdokosu、nokoruからdokoruが生じるとは限りません。また、noku、nokasu、nokeruも完全に死んでいるとは言いがたい状態です。これも、不自然な現象というよりは、むしろ自然な現象です。

言語の系統関係を明らかにしようとする歴史言語学が行き詰まったのにはいくつか理由がありますが、一つは、発音の変化のパターンには注目するが、意味の変化のパターンには注目してこなかったこと、そしてもう一つは、言語において起きる発音の変化をあまりに単純に捉えようとしたことです。歴史言語学は大きく見直されなければなりません。

ラテン語でca、ci、cu、ce、coと書けば、その発音は日本語の「カ、キ、ク、ケ、コ」と同様です。しかし、ラテン語の一後継言語であるイタリア語でca、ci、cu、ce、coと書くと、「カ、チ、ク、チェ、コ」のような音になります。このように、「キ」だった音が「チ」のようになり、「ケ」だった音が「チェ」のようになる変化は、人類の言語に大変よく見られます。「キ」だった音が「チ」のようになる変化を、ここでは仮にキチ変化と呼びましょう。

日本の近くだと、中国語(標準語)でキチ変化が起きています。例えば、「基」はチーのように発音し、「金」はチンのように発音します。

イタリア語と中国語ではキチ変化が徹底的に起きましたが、日本語ではキチ変化が起きかけて、不完全なまま終わってしまったようです。そのような痕跡が窺えます。

saki(幸)とsati(幸)

奈良時代の日本語には、saki(幸)という語とsati(幸)という語がありました。どちらも「幸せ、幸福」という意味を持っていましたが、sati(幸)のほうは複雑で、「海や山でとれる獲物」、「海や山で獲物をとるための道具(特に釣り竿と釣り針、弓と矢)」という意味もありました。このsaki(幸)とsati(幸)で意味範囲が違うことをどう解釈したらよいかというのは、なかなか難しい問題です。sati(幸)のほうに「海がもたらす幸せ、山がもたらす幸せ」→「海でとれる食べ物、山でとれる食べ物」というような意味の変化・拡張があったのかなと考えたくもなりますが、このようにしてsati(幸)の意味範囲全部を説明するのは強引かなという気もします。sati(幸)は実は、saki(幸)がキチ変化したsatiという要素と別の要素が合わさった語だったという可能性もあります。いずれにせよ、キチ変化は人類の言語に広く見られる現象なので、saki(幸)とsati(幸)という語がある以上、日本語でもキチ変化があったかどうか検討する必要があります。他の例を見てみましょう。

※saki(幸)が動詞化して、sakiɸaɸuという動詞ができました。そして、sakiɸaɸuが名詞化して、sakiɸaɸiという名詞ができました。このような過程を経て、現代のsaiwai(幸い)に至ります。

huti(淵)

川は上流から下流までどこも同じ調子で流れているわけではありません。深くなって水がよどんでいるところは、huti(淵)と呼ばれます。逆に、浅くて流れが速いところは、se(瀬)と呼ばれます(年末を意味する「年の瀬」という表現は、忙しい時期を川の速い流れに例えたものです)。

前に、日本語にはkura(暗)/kuro(黒)という語があるため、古代中国語のxok(黑)ホクとそのバリエーション形は、日本語では意味が少しずれて深さや濃さなどを意味するようになったという話をしました(「深い」と「浅い」の語源を参照)。日本語の*puka→ɸuka(深)はそうしてできた語ですが、これと同類の*pukiあるいは*ɸukiという語もあったと思われます。この*pukiあるいは*ɸukiがキチ変化を起こして、奈良時代のɸuti(淵)になったのではないかというわけです。キチ変化を考慮に入れれば、ɸuka(深)とɸuti(淵)というペアは形的にも意味的にもぴったり合います。

もし上の通りなら、日本語のɸuti(淵)はɸuka(深)と同じように古代中国語由来ということになります。筆者はそのように考えていますが、この考えにはもちろん根拠があります。実は、日本語のse(瀬)もkaɸa(川)も古代中国語由来のようなのです。

古代中国語のtshjen(淺)ツィエンは、ある時代にsenという音読みで日本語に取り込まれました。しかし、それまでの日本語では、senのように子音で終わるのはタブーでした。古代中国語のtshjen(淺)はある時代にsenという読みで取り入れられたが、それよりも前の時代にseという読みで取り入れられていたという可能性も考えなければいけません。先ほどのɸuti(淵)の件と合わせると、浅くて流れが速いところを意味するse(瀬)は、古代中国語のtshjen(淺)を取り入れたものと考えるのが自然です。

日本語のɸuti(淵)とse(瀬)だけでなく、kaɸa(川)も中国語由来と見られるのはなかなか驚きです。古代中国語には、kæwng(江)カウンという語がありました。この語はもともと長江を指していましたが、のちには一般に大きな河を意味するようになりました。古代中国語のkæwng(江)は、ある時代にkouおよびkauという音読みで日本語に取り込まれました。古代中国語のkæwng(江)は、前に取り上げた古代中国語のkæw(交)に似たケースと見られます。つまり、古代中国語のkæw(交)は、のちにkauという音読みで日本語に取り込まれることになるが、すでにその前にkaɸu、kaɸasu、kaɸaruという形で日本語に入っていた、古代中国語のkæwng(江)は、のちにkauという音読みで日本語に取り込まれることになるが、すでにその前にkaɸaという形で日本語に入っていたということです。kaɸaは現代ではkawaになりましたが、日本語のkawa(川)の語源は古代中国語のkæwng(江)だったというわけです。

sati(幸)、huti(淵)のほかに、もう少しキチ変化の例を見てみましょう。



補説1

「しあわせ」は「幸せ」ではなかった

現代の日本語では、saiwai(幸い)は決まった言い回しの中で使われることが多く、siawase(幸せ)のほうが一般的です。しかし、後者はもともと「為合はせ/仕合はせ」と書かれていた語で、意味も現代と違っていました。「為合はせ/仕合はせ」は、めぐり合わせのような意味を持つ語で、「為合はせ/仕合はせがよい」とか、「為合はせ/仕合はせが悪い」とか言っていました。「為合はせ/仕合はせ」自体は、よい意味も悪い意味も持っていなかったのです。ところが、意味が偏ってきて「為合はせ/仕合はせがよいこと」、つまり幸運を意味するようになり、現代では幸福を意味するようになりました。同時に、「幸せ」と書かれるようになりました。

ちなみに、英語のhappy(幸せな)も同じような歴史を持っています。もう現代の英語ではほとんど使われなくなりましたが、偶然を意味するhapという名詞がありました。偶然にはよい偶然も悪い偶然もありますが、よい偶然を意味することが多くなり、そこからhappyという語が生まれました。happyは当初は幸運を意味していましたが、やがて幸福を意味するようになりました。happyの同類としてhappenがありますが、こちらはなにかが偶然に起きることを意味しています。

補説2

古代中国語の thu dij (土地)

古代中国語のxok(黑)ホクとそのバリエーション形が、ある時代には*puka→ɸuka(深)という形で、別の時代にはkoku(黒)という形で日本語に入りましたが、これに限らず、日本語でuとoが入り乱れている例は多いです。古代中国語の thu dij (土地)トゥディイもそのようなケースで、ある時代にtutiという形で、別の時代にtoti(土地)という形で日本語に入ったと見られます。奈良時代の日本語に存在するtutiは、「土」と書かれたり、「地」と書かれたりし、よくame(天)の対義語として使われています。やはり、奈良時代の日本語のtutiは、古代中国語の thu dij (土地)を取り入れたものと考えられます。

3世紀に中国人が記した魏志東夷伝の中に、有名な魏志倭人伝や魏志高句麗伝があります。東夷(とうい)というのは、東方の異民族の総称です。魏志高句麗伝は、以下のように始まります。

― 高句麗在遼東之東千里 南與朝鮮濊貃東與沃沮北與夫餘接

高句麗は遼東の東千里にあり、南は朝鮮・濊貊(わいはく)と、東は沃沮(よくそ)と、北は扶余(ふよ)と接していると述べています。しばらく読んでいくと、以下の文が出てきます。

― 言語諸事多與夫餘同 其性氣衣服有異

言語や諸々のことは大体が扶余と同じだが、気性や衣服は異なるところがあると述べています。魏志東夷伝を読む限り、高句麗語、扶余語、濊貊語、沃沮語は同類と考えられます。

新羅と高句麗と百済が対立した朝鮮の三国時代が有名なので、高句麗語がよく注目されますが、その近辺にも似た言語があったのです。ただ、これらの言語は高句麗語以上に記録が乏しいので、「日本語の意外な歴史」では、高句麗語を代表言語として日本語と比較していきます。

高句麗語といえども記録が乏しいことに変わりはなく、その中からいくつかの単語を拾って日本語に似ていると主張するだけでは説得力に欠けます。そこで、「日本語の意外な歴史」では、高句麗語の分析を従来よりも精密にするために、ユニークな方法を取ります。百済語はひとまず置いておきます。

ユニークな比較方法

「日本語の意外な歴史」では当面、日本語の中にある以下の語彙を明らかにしていくと述べました。

・ウラル語族との共通語彙(U)
・消し去られたシナ・チベット系言語から取り入れられた語彙(ST1)
・古代中国語から取り入れられた語彙(ST2)
・遠くに追いやられたシナ・チベット系言語から取り入れられた語彙(ST3)
・ベトナム系の言語から取り入れられた語彙(V)
・タイ系の言語から取り入れられた語彙(T)

これらの語彙が日本語の語彙の大部分を占めていることも述べました。このような混ざり具合が日本語の起源の探求を困難にしてきましたが、このような混ざり具合こそが日本語の大きな特徴なのです。この特徴を生かします。

「日本語の意外な歴史」では、主に以下の観点から高句麗語と日本語を比べます。厳しい条件を課した比較です。

・日本語の中にあるU類の語がほぼ同じ形、同じ意味で高句麗語に出てくるかどうか。
・日本語の中にあるST1類の語がほぼ同じ形、同じ意味で高句麗語に出てくるかどうか。
・日本語の中にあるST2類の語がほぼ同じ形、同じ意味で高句麗語に出てくるかどうか。
・日本語の中にあるST3類の語がほぼ同じ形、同じ意味で高句麗語に出てくるかどうか。
・日本語の中にあるV類の語がほぼ同じ形、同じ意味で高句麗語に出てくるかどうか。
・日本語の中にあるT類の語がほぼ同じ形、同じ意味で高句麗語に出てくるかどうか。

例えば、日本語との共通語彙が見られるにしても、(1)U類の語しか出てこない場合、(2)U類とST類(またはその一部)の語しか出てこない場合、(3)U類~T類の語がまんべんなく出てくる場合では、話が違ってきます。

高句麗語と日本語が同系統だとしたら、数詞の著しい類似性からして、両者の分岐点はウラル祖語が話されていた時代(一般的な考えではBC4000年頃)よりもかなり現代に近いところにあると予想されます。前にBC2200年頃から遼河流域で砂漠化が始まったことを話しましたが、そのことを思い出してください。以下に高句麗語と日本語の関係を表す三つの基本的なモデルを示します。

分岐モデル1は、砂漠化開始後に遼河流域に残った言語が高句麗語などにつながり、南下した言語が日本語につながったとするモデルです(ここでの南下とは、山東省・江蘇省方面への南下です。古代中国はBC770年から春秋戦国時代に入り、ここから朝鮮半島や日本列島への大規模な人の移動が起こりやすい状況になっていきます)。

Picture t-20

分岐モデル2は、砂漠化開始後に南下する途中で言語が分岐し、ある程度まで南下した言語が高句麗語などにつながり、さらに深く南下した言語が日本語につながったとするモデルです。

Picture t-21

分岐モデル3は、砂漠化開始後に深く南下した言語が一方で高句麗語などにつながり、他方で日本語につながったとするモデルです。

Picture t-22

モデル1と3は端的なモデルです。モデル2はそれらの中間のようなモデルです。違いは、高句麗語のもとになる言語が、遼河流域から全く南下しなかった言語か、少し南下した言語か、深く南下した言語かという点です。もしモデル1の通りなら、遼河流域から全く南下しなかった言語が高句麗語になるので、高句麗語に見られる日本語との共通語彙はU類に偏りそうです。モデル3の通りなら、遼河流域から深く南下した言語が高句麗語と日本語になるので、高句麗語に見られる日本語との共通語彙はU類~T類に広くわたりそうです。日本語の中にあるU類の語だけでなく、南方譲りのST類~T類の語が高句麗語に現れるかどうか、現れるとすればどれだけ現れるかが焦点になります。

上の図式のような細かい動態を調べるのは、まず第一に、高句麗語と日本語の関係を正確に知るためです。そして第二に、百済語が高句麗語とどのような関係にあるのか、日本語とどのような関係にあるのか、後で深く検討するためです。

まずは、日本語の語彙の大部分を占めるU類~T類の語彙を大方明らかにする必要があります。そこから、高句麗語と百済語の突っ込んだ分析が可能になります。

※朝鮮語(新羅語の後継言語)は、日本語と「近い系統関係」は考えられそうにありません。しかし、日本語が中国東海岸地域から日本列島に入る時に朝鮮半島を経由したかどうか、朝鮮半島でなにかあったかどうか考察する際には、朝鮮語と日本語の語彙を詳しく調べることが重要になります。また、東アジアの歴史を遼河文明の始まりよりも前に、つまり10000年前、15000年前、20000年前と遡ろうとする際にも、朝鮮語は貴重な存在になりそうです。

中国の春秋戦国時代の地図を見ると、漢字で表記された様々な国がひしめいています。しかし、ここで注意しなければならないのは、春秋戦国時代は単に中国語を話す者(中国語を母語とする者)同士が戦っていたわけではないということです。遼河流域からやって来た言語を話す人々もいたし、中国語以外のシナ・チベット語族の言語を話す人々もいたし、ベトナム系の言語を話す人々もいたし、タイ系の言語を話す人々もいたのです。

朝鮮の三国時代も同様で、単純に新羅と高句麗と百済で同じ言語が話されていたと考えてはいけません。新羅語は、現代の朝鮮語に至る言語です。高句麗語と百済語は、新羅が朝鮮半島を統一したことによって消滅した言語です。高句麗語と百済語は、わずかな記録が残っているだけです。しかし、そのわずかに残された記録を見ると、高句麗語と百済語は新羅語よりむしろ日本語に近いのではないかと思わせるところがあります。

高句麗語の数詞の話はよく取り上げられるので、ご存知の方もいるかもしれません。ひらがなとカタカナができる前の日本語と同じで、高句麗語の音も漢字で表されていました。完全に一致とはいかなくても、近い音を持つ漢字を当てていたわけです。高句麗語の1から10までの数詞のうちの四つは明らかになっており、3は「密」、5は「于次」、7は「難」、10は「德」と書き表された記録があります(Beckwith 2004)。中国語の一時代の一方言を示したBaxter 2014の表記では、順にmit、 jo tshij イオツィイ、nan、tokです。四つの数詞しかわかっていなくて、その四つがこうなのです。確かに、日本語の「みっ(つ)、いつ(つ)、なな(つ)、とお」を思わせます。

※高句麗語の7は「難隱別」という記録に現れ、ほとんどの研究者は「難隱」の部分が7を表すと解釈してきましたが、Beckwith 2004は「難」の部分が7を表し、「隱」の部分は属格の接尾辞(日本語の助詞の「の」のようなもの)であると分析しています。

参考として、ウラル語族のフィンランド語、ハンガリー語、ネネツ語の数詞を示します。

Picture t-19

フィンランド語とハンガリー語では1、2、3、4、5、6が共通し、このうちの1と2がさらにネネツ語とも共通しています(7に関しては、似たような語がユーラシア大陸の北方に語族を超えて大きく広がっており、英語seven、ラテン語septem、古代ギリシャ語hepta、サンスクリット語saptaなどもここに含まれます。そのため、フィンランド語seitsemän、ハンガリー語hét、ネネツ語sjiʔwが類似していても、単純にウラル語族の内部の問題として処理できません)。フィン・ウゴル系とサモエード系で1と2は共通していますが、非常に長い時間が経過しているので、フィンランド語yksi/ハンガリー語egyとネネツ語ŋobは全然違う形になっており、フィンランド語kaksi/ハンガリー語kettőとネネツ語sjidjaも全然違う形になっています。

こうして見ると、高句麗語の数詞と日本語の数詞の類似性は際立っています。周辺の朝鮮語set(3)セッ、tasɔt(5)タソッ、ilgɔp(7)イルゴ(プ)、jɔl(10)ヨル、ツングース系のエヴェンキ語ilan(3)イラン、tunŋa(5)トゥンンガ、nadan(7)ナダン、djān(10)ディアーン、モンゴル語gʊrav(3)ゴラブ、tav(5)タブ、doloon(7)ドローン、arav(10)アラブなどを見ても、やはり高句麗語の数詞と日本語の数詞の類似性は際立っています。高句麗語の数詞は3、5、7、10の四つしか明らかになっていませんが、高句麗語の3、5、7、10と日本語の3、5、7、10が似ているというのは、大変意味のあることです。1、2、3、4が似ているのではないのです。3、5、7、10が似ているのです。1、2、3、4が似ていても、5以降が異なる可能性は十分にあります。しかし、3、5、7、10が似ているとなれば、1から10までの全部が似ていた可能性が高いのです。以下のように言って差し支えないでしょう。

(1)高句麗語の数詞と日本語の数詞の類似性は偶然ではなく、それらの数詞には共通の出所がある。
(2)その共通の出所は、例えばウラル祖語が話されていた時代(一般的な考えではBC4000年頃)よりもかなり現代に近いところにありそうである。

こうなると、高句麗語と日本語の数詞以外の語彙はどのくらい似ているのかということが俄然興味深くなってきます。



参考文献

Baxter W. H. et al. 2014. Old Chinese: A New Reconstruction. Oxford University Press.

Beckwith C. I. 2004. Koguryo: The Language of Japan’s Continental Relatives. Brill Academic Publishers.


► 高句麗語と百済語の研究方法について(6)へ

↑このページのトップヘ