日本語の意外な歴史

これまで知られてこなかった日本語の起源、日本語の歴史について語っていきます。私たちが使っている言葉には、驚くべき人類の軌跡が隠されています。

2018年11月

まずは、本題に入る前の準備をしましょう。

前に、ca、ci、cu、ce、coは、ラテン語では「カ、キ、ク、ケ、コ」だったが、イタリア語では「カ、チ、ク、チェ、コ」になったという話をしました。同じように、ga、gi、gu、ge、goは、ラテン語では「ガ、ギ、グ、ゲ、ゴ」でしたが、イタリア語では「ガ、ヂ、グ、ヂェ、ゴ」になりました。

※ca、ci、cu、ce、coおよびga、gi、gu、ge、goと並べたのは、あくまでも説明のためです。ラテン語も、イタリア語も、このような並べ方はしません。

ラテン語とイタリア語の例に限らず、人類の言語には、以下のような変化がよく見られます。

ki(キ) → tʃi(チ)またはʃi(シ)
ke(ケ) → tʃe(チェ)またはʃe(シェ)
gi(ギ) → dʒi(ヂ)またはʒi(ジ)
ge(ゲ) → dʒe(ヂェ)またはʒe(ジェ)

ここでは[ʃ]、[tʃ]、[ʒ]、[dʒ]と記しますが、厳密にこれらの子音に限定しているわけではなく、よく似た子音がいくつもある中で、[ʃ]、[tʃ]、[ʒ]、[dʒ]に代表させていると解釈してください(ここではこだわる必要はありませんが、言語学で英語などを記述する際に使われる[ʃ、tʃ、ʒ、dʒ]と日本語などを記述する際に使われる[ɕ、tɕ、ʑ、dʑ]の違いが知りたい方は、補説を参照してください)。

例えば、eikenという語があったら、eitʃenエイチェン、eiʃenエイシェン、etʃenエチェン、eʃenエシェン、itʃenイチェン、iʃenイシェンのように変化しやすいということです。同じように、eigenという語があったら、eidʒenエイヂェン、eiʒenエイジェン、edʒenエヂェン、eʒenエジェン、idʒenイヂェン、iʒenイジェンのように変化しやすいということです。このことを頭に入れて、以下を読んでください。

それでは、本題に入ります。

モンゴル語のezenと満州語のeigen

ウラル語族の人々は、祖父、父、その他の年長者のことをフィンランド語のisäイサのように呼んでいたようだと話しました。このフィンランド語のisäのような語はなにを意味していたのだろうと思いつつ、遼河流域周辺から北ユーラシアの言語を見渡すと、関係のありそうな語があちこちに見られます。

筆者の目を最初に引いたのは、モンゴル語のezenと満州語のeigenでした(満州語はもう話者がほとんどおらず、消滅寸前の状態です。満州語に極めて近いシベ語は、中国の新疆ウイグル自治区で存続しています)。モンゴル語のezenと満州語のeigenは慣習にしたがった表記ですが、現在の発音はそれぞれ「イツェン」と「ウイクン」に近いです。モンゴル語のezenは「ぬし、所有者、支配者」という意味で、満州語のeigenは「夫」という意味です(日本語で「主人」と「夫」が似たような使われ方をすることを思い出してください)。形はかなり崩れていますが、満州語と同じツングース系のエヴェンキ語にもedy(夫)ウディ、ナナイ語にもedi(夫)ウヂという語があります(kiがtʃi/ʃiに変わりやすいこと、giがdʒi/ʒiに変わりやすいことに注意してください)。

目のつけどころは悪くなさそうだと思いながら、目を中央アジアのほうに移すと、インド・ヨーロッパ語族のサンスクリット語īśa(ぬし、所有者、支配者、夫)イーシャ、テュルク諸語のカザフ語iye、キルギス語ee、ウズベク語ega、トルクメン語eýeエイェ(いずれも「ぬし、所有者、支配者」を意味し、ウズベク語以外では、子音gが変化したり、消失したりしています)、ウラル語族のハンティ語iki(夫)、マンシ語ōjka(夫)オーイカのような語が見られます。ハンティ語のiki(夫)とマンシ語のōjka(夫)はウラル語族の標準的な語彙ではなく、外来語と考えられますが、いずれにせよ満州語のeigen(夫)に似た語が北ユーラシアに広がっています。出所はどこかという問題はともかく、上記のような語彙が北ユーラシアに広く認められるのは確かです。keがtʃe/ʃeに変わりやすいこと、geがdʒe/ʒeに変わりやすいことを考慮に入れれば、上記の各語はよく結びつきます。

このような観察から、筆者は、ウラル語族の人々が祖父、父、その他の年長者に対して広く使っていたフィンランド語のisäのような語はもともと「ぬし、所有者、支配者」を意味していたようだという考えに至りました。「ぬし、所有者、支配者」を意味する語を祖父、父、その他の年長者に対して使うという古代の習慣を垣間見た筆者は、シナ・チベット語族で「ぬし、所有者、支配者」を意味している語を調べることにしました。



補説

[ʃ]と[ɕ]の違い

[ʃ]と[ɕ]の違いがわかれば、[ʃ、tʃ、ʒ、dʒ]と[ɕ、tɕ、ʑ、dʑ]の違いは理解できるので、ここでは[ʃ]と[ɕ]の違いを説明します。

日本語の「シャ、シュ、ショ」を記述する時に用いられるのが、[ɕ]という記号です。「チャ、チュ、チョ」には[tɕ]、「ジャ、ジュ、ジョ」には[ʑ]、「ヂャ、ヂュ、ヂョ」には[dʑ]が用いられます(現代の日本語では、「ヂャ、ヂュ、ヂョ」は「ジャ、ジュ、ジョ」に同化して消滅しています)。

以下の図は、人間の口の中を横から見たところです(図はWikipediaより引用)。

Picture t-29

3が上の歯で、4と5の間の出っぱりは歯槽堤(しそうてい)と呼ばれます。

[ʃ]は無声後部歯茎摩擦音と呼ばれる子音で、[ɕ]は無声歯茎硬口蓋摩擦音と呼ばれる子音です。はっきり言って、両者はほぼ同じに聞こえます。[ʃa]も、[ɕa]も、カタカナで書けば「シャ」です。

[ʃa]も、[ɕa]も、舌と口の中の上部を使って発音しますが、端的に言えば、[ʃa]と発音する時には、舌先を5と6の間に持っていってピンポイントな感じで発音します。これに対して、[ɕa]と発音する時には、4から7のあたりを幅広く使って発音します。特に出っぱりの後方の使い方が控えめか大々的かというところに違いがあります。

これが[ʃ]と[ɕ]の違いであり、同様のことが[ʃ、tʃ、ʒ、dʒ]と[ɕ、tɕ、ʑ、dʑ]についても言えます。


► 春秋戦国時代が終わり、秦・漢の時代へ(7)へ

ウラル語族では、*najVのような語が「女」を意味していたようだとお話ししました。「女」を意味する語も重要ですが、「母」を意味する語も重要です。

現代のフィンランド語ではäitiアイティが「母」を意味していますが、この語はインド・ヨーロッパ語族からの外来語です。もともと「母」を意味していたのは、emäエマです。emäは今でも残っていますが、「動物の母親」を意味するだけになっています。フィンランド語のemäと同源の語も、ウラル語族全体に分布しています。

フィンランド語のemä(動物の母親)に対応するのは、エストニア語ではema(母)、ハンガリー語ではember(人)のemの部分、ネネツ語ではnjebja(母)ニェビャです。ウラル語族には、女と男の対を表す語が「人」を意味するようになるケースがあり、ハンガリー語のemberもそのようなケースではないかと考えられています( Zaicz 2006 )。ネネツ語は語頭に母音が来るのを避けるためになんらかの子音を前に補う傾向があるので、njebjaとなっています。

ウラル語族では、*najVのような語が「女」を意味し、*emVのような語が主に「母」を意味していたようです。しかしながら、「母」と「女」の間は単純ではありません。

祖父、父、おじに対してはフィンランド語のisäイサのように言い、祖母、母、おばに対しては厳密に別々の言い方をしていたというのは、ちょっと考えづらいことです。*emVの使用範囲が母より広かった可能性は十分にあります。祖母、母、おばに対して*emVと言い、必要に応じて*emVに語句を補うというやり方も考えられます。あるいは、ある子どもを連れている女性を*emVと呼び、別の子どもを連れている女性を*emVと呼び、さらに別の子どもを連れている女性を*emVと呼んでいるうちに、*emVが女性一般を意味するようになっていくかもしれません。

前にウラル語族の各言語で「女」のことをなんと言っているか表に示しましたが、フィンランド語nainen(女)、ハンガリー語nő(女)ノー、ネネツ語nje(女)ニェのような語が大部分を占めていました。しかし、ハンティ語imi(女)、セリクプ語ima(女)という語もありました。ハンティ語には、imi(女)のほかに、omi(母)やime(妻)のような語があります。セリクプ語には、ima(女)のほかに、ama(母)やimatɨ(妻)イマティのような語があります。ハンティ語とセリクプ語の例は、遠い昔に存在したある語を単純に受け継ぐだけでなく、母音を交替させたり、要素を追加したりしながら、語彙を増やしているように見えます。フィンランド語のemä(動物の母親)などと無関係でないであろうハンティ語のomi(母)、imi(女)、ime(妻)やセリクプ語のama(母)、ima(女)、imatɨ(妻)は、奈良時代の日本語に存在したomo(母)とimo(妹)を強く思い起こさせます(日本語の場合は、エ列の音がない時代があったと考えられるので、ウラル語族の*emVに対応する語があったとしても、語頭の母音はeにはなりません)。

日本語のomo(母)は、奈良時代にɸaɸa(母)とならんで使われていた語です。振り返れば、奈良時代はomo(母)からɸaɸa(母)への移行期だったのでしょう。omo(母)は廃れ、同類と見られるomo(主)が残ることになりました。

それに対して、万葉集などに頻繁に出てくるimo(妹)は、現代の私たちにはやや理解しづらい語です。三省堂時代別国語大辞典上代編(上代語辞典編修委員会1967)では、基本的に「男から妻や恋人・姉妹などの親しい女性を呼ぶ称」とし、「イモは男から恋愛の対象となる女性一般をよぶ称であったらしい」という見解を述べています。古代の日本では(母親が異なる)兄弟姉妹間で子が作られることもあり、この点も現代と事情が違います。

生まれてきて出会う女性の中で、まず大きな存在となるのは、母でしょう。しかし、人生には、母以外の特別な女性もいるでしょう。女性一般を指す語としては*nayo(女)→me(女)があったので、imo(妹)はいくらかの変化の過程を経て三省堂時代別国語大辞典上代編が説明するような位置づけになったと見られます。世代や男女関係などを考えても、「祖母、母、おばの類」と「妻、恋人、姉妹の類」のような区別は不自然ではないでしょう。

*isa、*nayo、omo(母)、imo(妹)と見てきました。奈良時代の日本語には、ウラル語族の男と女に関する代表的な語彙に対応する語またはそのなごりが確かに認められます。しかし、衰退していく感じは否めません。*isaはtiti、oɸodi、wodiなどに取って代わられ、*nayoはmeに取って代わられ、omoはɸaɸaに取って代わられ、imoはimoɸitoからimouto(妹)という形で残りましたが、かつてよりだいぶ用法が狭まりました。

日本語に新しい語彙が現れ、ウラル語族との共通語彙が衰退していく構図を見て取った筆者は、その新しい語彙がどこから来たのか考えるようになりました。男と女に関する語彙以外を研究していて、シナ・チベット系言語とベトナム系言語の影響が強いことはわかっていたので、男と女に関する新しい語彙もシナ・チベット系言語かベトナム系言語のものだろうと思っていました。遼河文明の語彙を押しのけることができるとしたら、それは黄河文明の語彙か長江文明の語彙だろうと思っていたのです。

ところがいざ、wotokoはどこから来たのだろう、wotomeはどこから来たのだろう、okinaはどこから来たのだろう、ominaはどこから来たのだろうと調べ始めても、すんなりシナ・チベット系またはベトナム系の語彙に結びつけることができず、ひとまずこれらの問題は棚上げしました。

日本語の中にあるシナ・チベット系の語彙とベトナム系の語彙を相対的に見た場合、日本語とシナ・チベット系言語の接触は広範であり、日本語とベトナム系言語の接触は局所集中的であると感じていたので(日本語はベトナム語が属するオーストロアジア語族全体と接したのではなく、そのごく一部と接したという意味です)、複雑な様相を呈している男と女に関する新しい語彙はシナ・チベット語族のものである可能性が高いと考えていました。

上記の問題を棚上げした筆者は、前々から気になっていたフィンランド語のisäのような語について考察することにしました。かつてウラル語族の人々が祖父、父、その他の年長者に対して広く使っていた語です。現代の感覚からすると不思議なこの語の正体は一体なんなんだろうというのが大きな興味でした。東アジア、特に遼河流域周辺の言語を調べれば、フィンランド語のisäなどと同源の語が見つかるかもしれない、意味や使い方はウラル語族と異なっていても、そこからなにかヒントが得られるかもしれないと考えました。



補説

imo(妹)に対してのse(背、兄)

imo(妹)は男が妻・恋人・姉妹を指す時によく使われ、se(背、兄)は女が夫・恋人・兄弟を指す時によく使われました。対を成していたimo(妹)とse(背、兄)ですが、se(背、兄)の語源はimo(妹)の語源とは全然違うところにあるようです。

タイ語にchaayチャーイという語があります。「男」を意味し、現代では phuu chaay (男の人)プーチャーイや dek chaay (男の子)デクチャーイのように組み込まれて使われるのが普通です(chaayがうしろからphuuとdekを修飾しています)。

ベトナム語にもtraiチャーイという語があります。「男」という意味を持ち、現代では単独で男の集合を意味したり、組み込まれて使われたりします。

タイ語のchaayやベトナム語のtraiを現代の日本語に取り入れるとしたら、tyāiあるいはtyaiとなるところですが、昔の日本語では、そうはいきません。現代の日本人はチャンス、チューリップ、チョコレートなどのように「チャ、チュ、チョ」の類に慣れていますが、昔の日本人は「チャ、チュ、チョ」の類に不慣れであり、「サ、スィ、ス、セ、ソ」の類あるいは「タ、ティ、トゥ、テ、ト」の類で対応するしかありません。おまけに、母音の連続も許されません。タイ系の言語またはベトナム系の言語で「男」を意味していた語を、厳しい制約のある昔の日本語に取り入れる際に、tyaiとできず、tyeともsaiともできず、seになったと見られます。



参考文献

日本語

上代語辞典編修委員会、「時代別国語大辞典 上代編」、三省堂、1967年。

その他の言語

Zaicz G. 2006. Etimológiai szótár: magyar szavak és toldalékok eredete. Tinta Könyvkiadó.(ハンガリー語)


► モンゴル語や満州語からのヒント(6)へ

今度はウラル語族の男と女に関する語彙に目を向けます。筆者にとって不思議だったのは、ウラル語族全体で、「女」を意味する語はまあまあ一致しているのに、「男」を意味する語は完全にばらばらであるということでした。男より女が重要な社会だったのかなと考えたりもしました。

ウラル語族の「男」

「男」と「女」は、例えば、フィンランド語ではmies(男)/nainen(女)、ハンガリー語ではférfi(男)フェールフィ/nő(女)ノー、ネネツ語ではxasawa(男)ハサワ/nje(女)ニェです(フィンランド語のnainen(女)のnenの部分は後で付けられたものです)。「女」を意味する語に比べて、「男」を意味する語のばらつきが一目瞭然です。ちなみに、ハンガリー語のférfi(男)は、férj(夫)フェーリュとfiú(息子)フィウーがくっついた語で、さほど古い語でないことを思わせます。

このようなハンガリー語のférfi(男)には、大いに考えさせられるところがあります。現代の私たちは巨大な社会の中で暮らし、知らない人々にまわりを囲まれています。しかし、はるか昔には、人間社会は非常に小さく、今よりも身内の人々にまわりを囲まれていたはずです。そのような生活環境では、「男」のような一般的な意味を持つ語より、親族の名称・呼称のほうが重要だったのかもしれません。

そのように考えた筆者は、ウラル語族の男の親族の名称・呼称を調べました。すると、圧倒的に目立つ語があります。フィンランド語のisä(父)イサとそれと同源の語がウラル語族全体に広がっているのです。しかし、意味は必ずしも「父」とは限らず、「祖父」を意味したり、「おじ」を意味したり、「兄」を意味したりしている場合もあります。フィンランド語のisä(父)に対応するのは、ハンガリー語ではős(先祖)オーシュ、ネネツ語ではnisja(父)ニースィアです(ハンガリー語のős(先祖)は、祖父や父に対して使われているうちに、先祖を意味するようになった語です。ネネツ語は語頭に母音が来るのを避けるためになんらかの子音を前に補う傾向があり、nisja(父)のnは補われたものです)。

ウラル語族では、フィンランド語のisäのような語が男の年長者に対して広く使われていたようです。フィンランド語のisäなどに対応する語が日本語にあれば、isaという形になりそうです。日本語の男に関係した語彙の中に、それらしい語はあるでしょうか。筆者の頭に思い浮かんだのは、isamu(勇む)とisamasii(勇ましい)でした。

ひとまずこの件は置いておき、ウラル語族の「女」を見てみましょう。

ウラル語族の「女」

ウラル語族の「女」は、比較的一致度が高いので、一覧表にして示します。

Picture t-28

「女」を意味する語は、ウラル山脈の近辺の言語で入れ替わりが目立ちますが、それ以外の言語ではよく残っています。ウラル語族においてフィンランド語が概して一番よく古代の発音を保っていること、そしてウラル語族において単語が母音で終わるのが原則であったこと(この点で昔のウラル語族の言語は日本語に近いです)を考慮に入れると、*najVという祖形が推定されます。jは日本語のヤ行の子音で、Vはなんらかの母音です。

ウラル語族では、*najVのような語が「女」を意味していたようです。日本語の女に関係した語彙の中に、それらしい語はあるでしょうか。筆者の頭に思い浮かんだのは、nayonayo(なよなよ)でした。日本語のnayonayo(なよなよ)は、単純に弱さを意味するのではなく、どこか柔らかさやしなやかさのようなものが漂っており、ここにこの語の特徴があります。

日本語にmetake(女竹)という語があります。細くてしなやかな竹をこのように呼びました。しかし実は、metakeよりも前に、nayotakeという語がありました。metakeもnayotakeも同じ意味です。奈良時代には、nayotakeと言っていました。

日本語において、単独のme(女)は廃れましたが、metake(女竹)やmemesii(女々しい)のような語を残しました。おそらく、同じようなことが奈良時代より前にあって、単独の*nayoは廃れたが、nayotakeやnayonayoのような語を残したと見られます。日本語の歴史に*nayo(女)→me(女)→onna(女)という交代があったということです。nayamu(悩む)とnayu(萎ゆ)も、nayonayo(なよなよ)と同類でしょう(nayamu(悩む)は肉体的な不調も精神的な不調も両方意味していました)。

*isaと*nayo

ウラル語族の各言語で「男」を意味する語がばらばらなのは、フィンランド語のisäのような語が祖父、父、その他の年長者に対して広く使われていた間は、男全体(つまり生まれたばかりの男から年を取った男まで)を意味する語がなかなか発達できず、フィンランド語のisäのような語の使い方が限定的になってようやく、男全体を意味する語が発達できるようになったためではないかと思われます。

nayotakeやnayonayoから、かつて日本語に存在したであろう*nayoの姿がうっすら見えるように、isamuやisamasiから、かつて日本語に存在したであろう*isaの姿がうっすら見えます。この*isaとkiyosi(清し)がくっついたのがisagiyosi(潔し)でしょう。もともと、isamu(勇む)やisamasi(勇まし)と同様に、男らしい振る舞い・態度を表していたと思われます。

こうして見ると、ウラル語族と同じように、かつての日本語でも、*isaが祖父、父、その他の年長者に対して広く使われ、*nayoが女を意味していたのだろうと想像できます。

しかし、奈良時代の日本語を見ると、*isaと*nayoのなごりはあるものの、*isaがいるはずの場所にはtiti、oɸodi、wodi、tiがおり、*nayoがいるはずの場所にはmeがいるのです。男のほうのtiti、oɸodi、wodi、tiも、女のほうのmeも、ウラル語族とは違う語彙です。現代のotoko(男)につながるwotokoも、現代のonna(女)につながるwominaも、ウラル語族とは違う語彙です。どうやら日本語に極めて大きな変化が起きたようだと筆者は気づき始めました。

※日本語の*nayoは、ウラル語族の*najV(女)だけでなく、古代中国語のnrjo(女)ニオにも似ています(この Baxter 2014 のnrという表記は、そり舌鼻音[ɳ]を表しています。[n]とよく似ていますが、[n]よりも舌先をうしろにカールさせて発音します)。しかし、古代中国語のnrjo(女)は、シナ・チベット語族では非標準的な語です。外来語である可能性が高く、むしろ遼河文明の言語から取り入れられた可能性があります。



参考文献

Baxter W. H. et al. 2014. Old Chinese: A New Reconstruction. Oxford University Press.


► 複雑な母と女の間(5)へ

wotoko(をとこ)

okina(おきな)のkina、woguna(をぐな)のguna、izanaki(イザナキ)のkiは古代中国語のkjun(君)キウンから来ているようだが、wotoko(をとこ)のkoはそのように考えにくいと述べました。

古代中国語のkjun(君)という語が「統治者、支配者、おさ、あるじ、ぬし」のような意味を持ち、さらにこの語が祖父、父、その他の年長者に対して使われていたことはすでに話しました。実は、古代中国語には、kjun(君)とよく似た使われ方をしていた重要な語がほかにもありました。kuwng(公)クウンとhjwang(王)ヒウアンです。これらの語も、「男」という一般的な意味を獲得する一歩手前の状態にあったのです。

kuwng(公)はある時代にkuとkouという音読みで、hjwang(王)は同じ時代にwauという音読みで日本語に取り入れられました(wauはのちにouになりました)。しかし、母音が連続しないという制約があった時代では、事情が異なります。kouとは言えず、koになり、wauとは言えず、woになりそうです(「良」がryauではなくyoになったこと、「老」がrauではなくoになったことを思い出してください)。果たして、奈良時代の日本語を見ると、古代中国語のkuwng(公)がkoという形で、古代中国語のhjwang(王)がwoという形で現れているようです。

wotokoは「若い盛りの男性」、wotomeは「若い盛りの女性」ですが、このkoは、古代中国語のkjun(君)ではなく、同じように使われていたkuwng(公)がもとになっていると見られます。

※ただし、事情が少々複雑で、wotokoとwotomeのケースは、musukoとmusumeのケースと微妙に異なります。古代中国語ではtsi(子)ツィとnrjo(女)ニオで男女の対を作ることがあり、日本語のmusukoとmusumeもko(子)とme(女)で男女の対を作っていると考えることができます。日本語にkoとmeで男女の対を作っているケースがあっても、そのkoは古代中国語のkuwng(公)を取り入れたものとは限らず、ベトナム語のcon(子)コンのような語を取り入れたものかもしれないということです。

その一方で、wowosi(雄々し)、masurawo、woɸitoなどのwoは、古代中国語のhjwang(王)がもとになっていると見られます。nusubitoがnusuttoになったのと同じように、woɸitoはotto(夫)になりました。

もともと統治者・支配者を意味し、祖父、父、その他の年長者に対してよく使われた古代中国語の「君、公、王」が、日本語の男に関する語彙のあちこちに散りばめられたのです。

wotome(をとめ)

wotoko(をとこ)と対になっていたwotome(をとめ)のmeはどうでしょうか。これは、古代中国語のmwoj(妹)ムオイから来ていると考えられます。古代中国語のmwoj(妹)は、妹だけでなく、年下の女性や妻に対しても使われる語でした。mwoj(妹)は、 Baxter 2014 に示されている中国語の一時代の一方言の形ですが、時代・地域によるバリエーションがあり、日本語にはmaiとbaiという音読みで取り入れられました。母音が連続しないという制約があった時代では、maiと言えず、よくあるai→eという変化にしたがって、meになったでしょう。

年下の女性を意味していた語が一般に女性を意味するようになったということですが、これは納得できるでしょう。女性が若く見られたいと思っていることを考えれば、「おばあさん」を意味する語が女性一般を指すようになる確率は低く、「若い女性」を意味する語が女性一般を指すようになる確率は高いでしょう。現代の日本語のonnaのもとになったのも、「若い娘」(おそらくその前は「女の子」)を意味していたwominaでした。

日本語の男と女に関する語をいくつか挙げ、考察を行ってきました。象徴的な例をもう一つ付け加えておきます。

実はtiti(父)も・・・

「君、公、王」のところで見たように、統治者・支配者を意味する語を祖父、父、その他の年長者に対して広く使うという古代の習慣は、現代の日本人には奇妙に感じられるかもしれません。しかし、私たちにとっておなじみのtiti(父)、ozīsan/ozītyan(おじいさん、おじいちゃん)、ozisan/ozityan(おじさん、おじちゃん)などからも、かつての習慣が窺えます。

奈良時代にもtiti(父)という語はありました。そのほかに、祖父を意味するoɸodi、父母の兄弟を意味するwodi、そして男性に対する敬称であるtiが存在しました。oɸoの部分は大きいこと、woの部分は小さいことを示していると考えられます。これらの語のつくり、そして「君、公、王」のところで見た古代の習慣を考慮に入れると、もともと祖父、父、おじおよびその他の男の年長者のことをtiと呼んでいて、このtiからtiti、oɸodi、wodiという呼び方が発達したと考えるのが自然です。tiがおおもとにあるわけです。このtiはなんでしょうか。

「君、公、王」の話を聞いた後であれば、偉い人を意味する語かなと見当がつくでしょう。大体合っているようです。古代日本語のtiは、古代中国語のtsyu(主)チウがもとになっていると見られます。古代日本語には厳しい制約があるので、tiuやtyuではなく、tiになります。古代中国語のtsyu(主)は、kjun(君)、kuwng(公)、hjwang(王)ほどの強烈なインパクトはありませんが、それでも「中心的な人物、あるじ、ぬし」を意味する語です。古代中国語のtsyu(主)が古代日本語のtiti(父)になる過程は、日本語の内部にもomo(主)とomo(母)のような例が見られるので、無理がありません(omo(母)は奈良時代にɸaɸa(母)とならんで一般的に使われていた語です)。

古代中国語のtsyu(主)を取り入れたtiが重ねられたり、濁ったり、伸ばされたり、前後に他の要素を付加されたりして、現代の日本語のtiti(父)、ozīsan/ozītyan(おじいさん、おじいちゃん)、ozisan/
ozityan(おじさん、おじちゃん)などができたのです。

日本語の男と女に関する語彙の語源を探っていくと、古代中国語が続々と出てきて、意外だったかもしれません。筆者も、ここでお話ししたようなことを最初から考えていたわけではありません。ある頃から、日本語の男と女に関する語彙の大部分はシナ・チベット語族、特に古代中国語から来ているようだと考えるようになったのですが、どうしてそのようなことを考えるようになったのかお話ししましょう。



参考文献

Baxter W. H. et al. 2014. Old Chinese: A New Reconstruction. Oxford University Press.


► 追いやられた男と女(4)へ

okina(おきな)

wotoko(をとこ)、okina(おきな)、woguna(をぐな)、izanaki(イザナキ)のうちの、まずはokina(おきな)に注目しましょう。すでに述べたように、okina(おきな)は「年をとった男性」です。

okinaのkinaの部分が古代中国語のkjun(君)キウンと関係があるとしたら、oの部分はどうでしょうか。なんといっても関係がありそうなのは、古代中国語のlaw(老)ラウです。実際、古代中国語には law kjun (老君)という語があり、老人を意味していました。

昔の日本語に厳しい制約があるために、「良」をryauと言えず、yauとも言えず、yoになったことを思い出してください。同様にして、「老」をrauと言えず、auとも言えず、oになると考えられます。流音(l、rの類)が語頭に来ない、母音が連続しないという制約があるので、「良」はyoになり、「老」はoになるのです。

law kjun (老君)のlawの部分がrauと読めず、auと読めず、oになり、kjunの部分がkyunと読めず、kinと読めず、kinaになれば、okina(おきな)が生じます。

omina(おみな)

okina(おきな)と対になるのがomina(おみな)ですが、こちらはもう少し話が複雑です。okina(おきな)のkinaの部分とizanaki(イザナキ)のkiの部分は、kinと言えないためにkinaになったり、kiになったりしたことを思わせます。同じように、omina(おみな)のminaの部分とizanami(イザナミ)のmiの部分は、minと言えないためにminaになったり、miになったりしたことを思わせます。

しかし、minと言えないためにminaになったり、miになったりしたという推測がもっともだとしても、もとになった語を特定する必要があります。そこで中国語およびその他のシナ・チベット系言語を見渡すと、ミャンマー語の mein gə le (女の子)メイングレのような語が目にとまります。古形は、古ビルマ語の min ka le (女の子)です。 min ka le (女の子)のminの部分が「女」を意味し、 ka le の部分が「子ども」を意味しています。ただ、この「女」を意味するminは単独では現れません。どうやら、遠い昔に「女」を意味する*minという語があったが、古ビルマ語の時点ではもう組み込まれて現れるだけだったと見られます(昔の日本語のme(女)も単独で現れなくなり、現在では組み込まれて現れるだけですが、それと同じ現象です)。omina(おみな)のminaとizanami(イザナミ)のmiは、古代中国語のnrjo(女)ニオではなく、別のシナ・チベット系言語の*min(女)がもとになったようです。

ここまでの議論で、okina(おきな)、omina(おみな)、woguna(おぐな)、womina(をみな)、izanaki(イザナキ)、izanami(イザナミ)の各形は納得できるでしょう。古代中国語のkjun(君)が昔の日本語に合うようにkinaにされたり、kunaにされたりし、後者から*wokunaが生まれ、濁ってwoguna(をぐな)になったと見られます。woguna(をぐな)とwomina(をみな)のwoは、wogaɸa(小川)などのwoと同じでしょう。

これらとはやや異質に見えるのが、wotoko(をとこ)とwotome(をとめ)です。wotoko(をとこ)のkoと古代中国語のkjun(君)はいまひとつ合わず、wotome(をとめ)のmeと別のシナ・チベット系言語の*min(女)もいまひとつ合いません。wotoko(をとこ)とwotome(をとめ)は、kjun(君)と*min(女)とは違う語がもとになっているようです。探索を続けましょう。



補説

「親」と「子」の語源

世界の様々な言語を見ると、「親」を意味する語は、生むことを意味する語か、高齢を意味する語に関係していることが多いです。例えば、英語のparent(親)はフランス語からの外来語で、おおもとにはラテン語のparire(生む)があります。フィンランド語のvanhempi(親)は、vanha(年をとった、古い)という形容詞の比較級を名詞として用いています。

日本語のoya(親)は、高齢を意味する語に関係しているようです。奈良時代の日本語にoyu(老ゆ)という語がありましたが、これは先ほどの古代中国語のlaw(老)にyu(ゆ)がくっついている動詞と見られます(古代中国語の語彙にyu(ゆ)がくっついている動詞の例は、別の機会にいくつか見ることにします)。rauyuとはできず、auyuともできず、oyu(老ゆ)です。日本語のoya(親)は、父母・祖父母を含む祖先を意味していましたが、古代中国語のlaw(老)から作られたoyu(老ゆ)と同類と見られます。

日本語のko(子)は、ベトナム語が属するオーストロアジア語族に、ベトナム語con(子)コン、クメール語koon(子)、モン語kon(子)のような語が大変広く見られるので、ベトナム系の言語から取り入れられた可能性が大きいです。

► 「父」の正体(3)へ

↑このページのトップヘ