謎めく英語のhigh

英語にhigh(高い)という語があります。英語と同じゲルマン系の言語には、同源の語が見られます。

英語からアイスランド語までの言語はおなじみだと思いますが、ゴート語という言語は聞いたことがないかもしれません。

ゴート語は、千年以上前に死語になってしまった言語です。一時期は、黒海周辺(ウクライナ・ルーマニアのあたり)からイベリア半島(スペイン・ポルトガルのあたり)に至る広い地域で話されていました。死語になって久しいですが、言語の歴史の研究においては特別な価値を持っており、頻繁に引っ張り出されます。ゴート語は、ゲルマン系の言語ではありますが、現在残っているゲルマン系の言語とはいくらか離れた関係にあり、ゴート語と現在残っているゲルマン系言語を合わせて見ることによって、ゲルマン系言語の過去がよく見えてくるのです。

上の表に挙げたゲルマン系言語の一連の語は、素性の知れない語です。イタリック系のイタリア語alto(高い)アルトなどには結びつかないし、スラヴ系のロシア語vysokij(高い)ヴィソーキイなどにも結びつきません。

ゴート語のhauhs(高い)という語を見てください。この語を見ると、ドイツ語のhoch(高い)ホーフのoやスウェーデン語のhög(高い)ホーグのöがかつてauアウという音だったことがわかります(スウェーデン語のöは、口をオの形にしてエと発音する音で、発音記号で表すと[ø]です)。このような変化はよくあるもので、日本語の「行かう」が「行こう」あるいは「行こー」になったのもこの類です。

ゴート語のhauhs(高い)のauの部分も重要ですが、それを挟んでいる二つのhの部分も重要です。英語heart(心臓)、ゴート語hairto(心臓)などが、ギリシャ語kardiá(心臓)カルズィヤやイタリア語cuore(心臓)クオーレに対応しているのを見ればわかるように、ゲルマン系の言語には、遠い昔にk→hという音韻変化が起きています。ゴート語のhauhs(高い)は、かつて*kauk-のような形をしていた可能性があるのです。つまり、英語のhigh(高い)は、かつて*kauk-のような形をしていた可能性があるということです(英語を他のゲルマン系言語と比べればわかりますが、英語は発音の崩れが著しいです)。

ゲルマン系言語の「高い」がかつて*kauk-のような形をしていたと考えられる理由があります。

まず、インド・ヨーロッパ語族の昔の特徴を非常によく残していることで有名なリトアニア語に、kaukaras(丘、塚)という語があります。

そして興味深いのが、Caucasus(コーカサス)という地名です。コーカサス地方は、黒海とカスピ海に挟まれたところにあります。コーカサス山脈が走っており、地形の険しいところです。現在のジョージア(旧グルジア)、アルメニア、アゼルバイジャンのあたりです。

※生物学が発達して人間のDNAが調べられるようになってからほとんど聞かなくなりましたが、ユーラシア大陸の西のほうに住む人々をコーカソイド、ユーラシア大陸の東のほうに住む人々をモンゴロイドと呼んでいた時代がありました。これらはそれぞれ、コーカサスとモンゴルに基づく呼び名です。

現在では、コーカサス地方のまわりはインド・ヨーロッパ語族の言語、アラビア語、テュルク諸語で完全に埋め尽くされていますが、コーカサス地方の言語自体はそのどれとも大きく異なっています。そして、コーカサス地方の言語同士も大きく異なっています。現代の言語学ではひとまず、コーカサス地方の言語を南コーカサスの言語群、北西コーカサスの言語群、北東コーカサスの言語群の三つに分けています。コーカサス地方は、異質な言語が密集しているところです。コーカサス地方の言語は、人類の言語の歴史を大きくさかのぼっていく時に大変重要になります。

英語のCaucasus(コーカサス)はラテン語のCaucasusから来ており、ラテン語のCaucasusは古代ギリシャ語のKaukasos(コーカサス)から来ています。地名を見る時に注意しなければならないのは、地名にも語源があるということです。普通の名詞、動詞、形容詞などに語源があるように、地名にも語源があるのです。

例えば、アフリカ大陸の「サハラ砂漠」の「サハラ」は、アラビア語のṣaḥrāʾ(砂漠)サフラーという普通名詞から来ています。人類の言語の歴史を研究するうえで、地名も侮れないのです。

Caucasus mountains (コーカサス山脈)のCaucasusは、古代ギリシャ語のKaukasos(コーカサス)から来ていることがわかっているだけで、それ以上のことはわかっていません。Ural mountains (ウラル山脈)のUralも、Altai mountains (アルタイ山脈)のAltaiも、語源が不確かです。しかし、全く想像がつかないということもないでしょう。

かつて山のことをCaucasusのように言っていたのではないか。かつて山のことをUralのように言っていたのではないか。かつて山のことをAltaiのように言っていたのではないか。そんな可能性が頭をよぎります。

この記事の内容は長い、高い、遠い、深いは似ているに続きます。