謎めく英語のhigh

英語のhigh(高い)がイタリック系のイタリア語alto(高い)アルトやスラヴ系のロシア語vysokij(高い)ヴィソーキイに結びつかないことはすでに述べました。インド・ヨーロッパ語族の他の系統の「高い」にも結びつきません。実は、この英語のhigh(高い)という語は、いわくありげなのです。

ゲルマン系言語の「高い」をもう一度並べます。

英語high
ドイツ語 ホーフ オランダ語hoog ホーフ
デンマーク語høj ホイ スウェーデン語hög ホーグ ノルウェー語høy ホイ
アイスランド語hár ハウル

今度はもう一つ言語を付け加えます。

ゴート語hauhs

ゴート語は千年以上前に死語になってしまった言語なので、ゴート語という名前すら聞いたことがない方も多いと思います。一時期は、黒海周辺(ウクライナ・ルーマニアのあたり)からイベリア半島(スペイン・ポルトガルのあたり)に至る広い地域で話されていました。ゴート語は、ゲルマン系の言語ではありますが、現在残っているゲルマン系の言語とはいくらか離れた関係にあります。現在残っているゲルマン系言語とゴート語を合わせて見ることによって、ゲルマン系言語の歴史が詳しく見えてくるので、ゴート語は非常に重要な言語です。

そのゴート語に、hauhs(高い)という語がありました。この語を見ると、ドイツ語のhoch(高い)ホーフのoやスウェーデン語のhög(高い)ホーグのöがかつてauアウという音だったことがわかります(スウェーデン語のöは、口をオの形にしてエと発音する音で、発音記号で表すと[ø]です)。このような変化はよくあるもので、日本語の「行かう」が「行こう」あるいは「行こー」になったのもこの類です。

ゴート語のhauhs(高い)のauの部分も重要ですが、それを挟んでいる二つのhの部分も重要です。英語heart(心臓)、ゴート語hairto(心臓)などが、ギリシャ語kardiá(心臓)カルズィヤやイタリア語cuore(心臓)クオーレに対応しているのを見ればわかるように、ゲルマン系の言語には、遠い昔にk→hという音韻変化が起きています。ゴート語のhauhs(高い)は、かつて*kauk-のような形をしていた可能性があるのです。つまり、英語のhigh(高い)は、かつて*kauk-のような形をしていた可能性があるということです(英語を他のゲルマン系言語と比べればわかりますが、英語は発音の崩れが著しいです)。

ゲルマン系言語の「高い」がかつて*kauk-のような形をしていたと考えられる理由があります。

まず、インド・ヨーロッパ語族の昔の特徴を非常によく残していることで有名なリトアニア語に、kaukaras(丘、小山、てっぺん)という語があります。

そして興味深いのが、Caucasus(コーカサス)という地名です。コーカサス地方は、黒海とカスピ海に挟まれたところにあります。コーカサス山脈が走っており、地形の険しいところです。現在のジョージア(旧グルジア)、アルメニア、アゼルバイジャンのあたりです。

※生物学が発達して人間のDNAが調べられるようになってからほとんど聞かなくなりましたが、ユーラシア大陸の西のほうに住む人々をコーカソイド、ユーラシア大陸の東のほうに住む人々をモンゴロイドと呼んでいた時代がありました。これらはそれぞれ、コーカサスとモンゴルに基づく呼び名です。

現在では、コーカサス地方のまわりはインド・ヨーロッパ語族の言語、アラビア語、テュルク諸語で完全に埋め尽くされていますが、コーカサス地方の言語自体はそのどれとも大きく異なっています。そして、コーカサス地方の言語同士も大きく異なっています。現代の言語学ではひとまず、コーカサス地方の言語を南コーカサスの言語群、北西コーカサスの言語群、北東コーカサスの言語群の三つに分けています。コーカサス地方は、異質な言語が密集しているところです。コーカサス地方の言語は、人類の言語の歴史を大きくさかのぼっていく時に大変重要になります。

英語のCaucasus(コーカサス)はラテン語のCaucasusから来ており、ラテン語のCaucasusは古代ギリシャ語のKaukasos(コーカサス)から来ています。地名を見る時に注意しなければならないのは、地名にも語源があるということです。普通の名詞、動詞、形容詞などに語源があるように、地名にも語源があるのです。

例えば、アフリカ大陸の「サハラ砂漠」の「サハラ」は、アラビア語のṣaḥrāʾ(砂漠)サフラーという普通名詞から来ています。人類の言語の歴史を研究するうえで、地名も侮れないのです。

Caucasus mountains (コーカサス山脈)のCaucasusは、古代ギリシャ語のKaukasos(コーカサス)から来ていることがわかっているだけで、それ以上のことはわかっていません。Ural mountains (ウラル山脈)のUralも、Altai mountains (アルタイ山脈)のAltaiも、語源が不確かです。しかし、全く想像がつかないということもないでしょう。

かつて山のことをCaucasusのように言っていたのではないか。かつて山のことをUralのように言っていたのではないか。かつて山のことをAltaiのように言っていたのではないか。そんな可能性が頭をよぎります。

この記事の内容は長い、高い、遠い、深いは似ているに続きます。

とても古い東西のつながり 3

果たして、インド・ヨーロッパ語族の言語のそばに、足・脚のことを「kalk」と言う言語があったのか、研究してみましょう。まずは、長らく隣接してきたウラル語族に注目します。

フィンランド語には、kulkea(進む)(語幹kulk-)という動詞があります。この語は、サーミ語golgat(流れる)やハンガリー語halad(進む)などと同源です(フィンランド語とハンガリー語の間には、kala(魚)―hal(魚)のような音韻対応があり、ハンガリー語halad(進む)のhはkであったことが確実です)。どうやら、kalk、kulk、kolkのような形をもとにして「進む」という意味の動詞が作られたようです。足・脚のことを「kalk、kulk、kolk」のように言う言語があったのではないかと考えたくなります。

実際に、ウラル山脈の近辺で話されているコミ語にkok(足、脚)、ウドムルト語にkuk(足、脚)という語があります。ただ、ウラル語族の中でコミ語とウドムルト語は極めて近い関係にあり、このコミ語とウドムルト語以外の言語は足・脚のことをそのように呼んでいません。コミ語のkok(足、脚)とウドムルト語のkuk(足、脚)は、ウラル語族以外の言語から入った外来語と見られます。

インド・ヨーロッパ語族の言語も、ウラル語族の言語も、足・脚のことを「kalk、kulk、kolk」のように言う言語と出会ったようです。しかし、インド・ヨーロッパ語族の言語もウラル語族の言語も出会ったとなると、足・脚のことを「kalk、kulk、kolk」のように言う言語、正確には言語群は相当広い範囲に分布していたことになります。インド・ヨーロッパ語族とウラル語族が拡散する前に、ユーラシア大陸の北方に大きく広がっていた言語群があったのかと、新たな謎が生じます。

Eurasia(ユーラシア)というのは、Europe(ヨーロッパ)とAsia(アジア)を意味する語です。ウラル山脈はその境にあり、ウラル山脈の西がヨーロッパ側、ウラル山脈の東がアジア側です。足・脚のことを「kalk、kulk、kolk」のように言う言語の問題は、インド・ヨーロッパ語族とウラル語族だけを見ていても解決しないので、アジア側に目を向けることにします。

足・脚のことを「kalk、kulk、kolk」のように言う言語があったのだろうと思いながらアジア側に目を向けると、いきなり怪しい語が出てきます。

 

補説

「脚」と「骨」の密接な関係

英語のbone(骨)とドイツ語のBein(脚)が同源であること、古ノルド語のleggrが「脚」を意味したり、「骨」を意味したりしていたことなどからわかるように、「脚」と「骨」の間は意味がずれやすいです。人類の言語を広く観察すると、この傾向は非常に著しいです。確かに、脛のあたりを考えればわからなくはないし、私たちがイメージする典型的な骨も以下のような四肢の骨でしょう。

ラテン語にcalx(かかと)カルクスという語があったことはすでに述べましたが、もう一つcalx(石灰岩)カルクスという語もありました。のちに、calx(石灰岩)からcalcium(カルシウム)という語が作られます。ラテン語のcalx(かかと)とcalx(石灰岩)はこれまでずっと別々に考えられてきましたが、筆者はおおもとは同じではないかと考えています。インド・ヨーロッパ語族以外の言語に「足・脚」を意味したり、「骨」を意味したりするkalkという語があったが、インド・ヨーロッパ語族の言語には当然すでに「足・脚」を意味する語と「骨」を意味する語があったため、kalkは「足・脚」を意味することができず、「かかと」を意味するようになり、「骨」を意味することができず、「石灰岩」を意味するようになったというのが筆者の考えです(石灰岩の写真はりゅうか商事様のウェブサイトより引用)。

「脚」と「骨」の間で意味がずれやすいということを頭に入れておいてください。世界の言語の歴史を考える際に大変重要になってきます。