「正しい」という抽象的な語、2音節の語を取り入れる

日本語は、古代中国語やベトナム系の言語から、1音節の語だけを取り入れていたわけではありません。2音節の語も取り入れています。日本語とそれらの言語の発音体系が著しく異なるため、2音節の語もそのまま取り入れることはできません。しかし、やることは1音節の語を取り入れる時と基本的に同じです。子音を落としたり、母音を補ったりしながら、日本語の発音体系に合う形にするのです。

古代中国語に kɛk pek (隔壁)ケクペクという語がありました。ɛは口を上下に大きく開いたエ、eは口を上下にあまり開かないエです。 kɛk pek は、そのまま日本語に取り込むことができません。そこで、第1音節の末子音kのうしろと第2音節の末子音kのうしろに母音を補ったのがkakuɸeki(隔壁)です。

しかしながら、母音を補う方法だけでなく、子音を落とす方法も可能です。

この*kapeあるいは*kaɸeが濁ったと見られるのが、kabe(壁)です。ちなみに、三省堂時代別国語大辞典上代編(上代語辞典編修委員会1967)では、奈良時代の日本語のkabe(壁)について以下のように説明しています。

「かべ。土壁は寺院や貴族の邸宅に限られ、一般には板壁か、壁代わりに草を並べて桟で止めていたと思われる。このための草が壁草である。」

土で作られたにせよ、板で作られたにせよ、草で作られたにせよ、こちらとむこうを隔てようとしていることに変わりはありません。「隔てること」を意味した古代中国語のkɛk(隔)は、単独でもkaki(垣)、kakumu(囲む)、kakomu(囲む)、kakoɸu(囲ふ)などの形で取り入れられたと見られます。「遮ること、遮られること」と考えると、kakusu(隠す)とkakuru(隠る)も同類かもしれません。kakumaɸu(匿ふ)という語もあるので、不自然ではありません。

古代中国語と日本語では発音体系が著しく異なるため、1音節の語を取り入れるだけでも大変ですが、2音節の語を取り入れるとなるとさらに大変です。古代中国語のkɛk pek(隔壁)を、母音を補ってkakuɸekiとするより、子音を落としてkapeあるいはkaɸeとするほうが手っ取り早かったでしょう。

古代中国語だけでなく、ベトナム系の言語からも、2音節の語を取り入れることがあったようです。

ベトナム語にthẳng thẳng(まっすぐな)タンタンという語があります。このような語が*tataあるいは*tadaという形で日本語に入ったようです。音節が子音で終わることのできない日本語では、ごく当然の変形です。

※thẳngだけでもまっすぐな状態を意味します。thẳngという形でも、thẳng thẳngという形でも用いられます。

まっすぐな状態を意味する*tataから生まれたと考えられるのが、tate(縦)、自動詞のtatu(立つ)、他動詞のtatu(立つ)、tate(盾)です。tate(縦)とtate(盾)は、組み込まれている場合にtataと読まれることもありました。自動詞のtatu(立つ)は四段活用で、他動詞のtatu(立つ)は下二段活用でした。

tadati(直道)という語もありました。まっすぐに進む道という意味です。現代の日本語のtadatini(ただちに)はここから来ています。

※tadatiのtiは、iɸedi(家路)やtabidi(旅路)のdiと同じものです。このtiの前にmiが付けられてできたのが、miti(道)なのです。

tadati(直道)のようにわかりやすくありませんが、tadasi(正し)とtadasu(正す)も関係があると考えられます。

人間の言語に、「正しい」などという抽象的な意味を持つ語が最初からあったはずはありません。よくあるパターンは、まっすぐな状態を意味する語と曲がった状態を意味する語があって、前者がよい意味を持ち、後者が悪い意味を持つようになるパターンです。例えば、英語のrightは意味が抽象化していますが、ラテン語にある同源のrectusを見ると、「まっすぐな」という意味がしっかり残っています。英語のrightも、もともとまっすぐな状態を意味していたのです。「まっすぐな」と「正しい」の間には密接な関係が認められます。

英語のjustは、フランス語からの外来語で、正しいことを意味していましたが、今では日本語のtada(ただ)やtatta(たった)のように限定する働きもします。日本語のtada(ただ)とtatta(たった)自体も、正しいという意味から変化してきたと見られます。tada(ただ)を強めたのが、tadasi(ただし)です。

古代中国語のkɛk pek(隔壁)やベトナム語のthẳng thẳng(まっすぐな)のような2音節の語も、すっかり日本語に溶け込んでいます。

 

参考文献

上代語辞典編修委員会、「時代別国語大辞典 上代編」、三省堂、1967年。