高句麗語の数詞に注目する(5)

中国の春秋戦国時代の地図を見ると、漢字で表記された様々な国がひしめいています。しかし、ここで注意しなければならないのは、春秋戦国時代は単に中国語を話す者(中国語を母語とする者)同士が戦っていたわけではないということです。遼河流域からやって来た言語を話す人々もいたし、中国語以外のシナ・チベット語族の言語を話す人々もいたし、ベトナム系の言語を話す人々もいたし、タイ系の言語を話す人々もいたのです。

朝鮮の三国時代も同様で、単純に新羅と高句麗と百済で同じ言語が話されていたと考えてはいけません。新羅語は、現代の朝鮮語に至る言語です。高句麗語と百済語は、新羅が朝鮮半島を統一したことによって消滅した言語です。高句麗語と百済語は、わずかな記録が残っているだけです。しかし、そのわずかに残された記録を見ると、高句麗語と百済語は新羅語よりむしろ日本語に近いのではないかと思わせるところがあります。

高句麗語の数詞の話はよく取り上げられるので、ご存知の方もいるかもしれません。ひらがなとカタカナができる前の日本語と同じで、高句麗語の音も漢字で表されていました。完全に一致とはいかなくても、近い音を持つ漢字を当てていたわけです。高句麗語の1から10までの数詞のうちの四つは明らかになっており、3は「密」、5は「于次」、7は「難」、10は「德」と書き表された記録があります( Beckwith 2004 )。中国語の一時代の一方言を示した Baxter 2014 の表記では、順にmit、 jo tshij イオツィイ、nan、tokです。四つの数詞しかわかっていなくて、その四つがこうなのです。確かに、日本語の「みっ(つ)、いつ(つ)、なな(つ)、とお」を思わせます。

※高句麗語の7は「難隱別」という記録に現れ、ほとんどの研究者は「難隱」の部分が7を表すと解釈してきましたが、 Beckwith 2004 は「難」の部分が7を表し、「隱」の部分は属格の接尾辞(日本語の助詞の「の」のようなもの)であると分析しています。

参考として、ウラル語族のフィンランド語、ハンガリー語、ネネツ語の数詞を示します。

フィンランド語とハンガリー語では1、2、3、4、5、6が共通し、このうちの1と2がさらにネネツ語とも共通しています(7に関しては、似たような語がユーラシア大陸の北方に語族を超えて大きく広がっており、英語seven、ラテン語septem、古代ギリシャ語hepta、サンスクリット語saptaなどもここに含まれます。そのため、フィンランド語seitsemän、ハンガリー語hét、ネネツ語sjiʔwが類似していても、単純にウラル語族の内部の問題として処理できません)。フィン・ウゴル系とサモエード系で1と2は共通していますが、非常に長い時間が経過しているので、フィンランド語yksi/ハンガリー語egyとネネツ語ŋobは全然違う形になっており、フィンランド語kaksi/ハンガリー語kettőとネネツ語sjidjaも全然違う形になっています。

こうして見ると、高句麗語の数詞と日本語の数詞の類似性は際立っています。周辺の朝鮮語set(3)セッ、tasɔt(5)タソッ、ilgɔp(7)イルゴ(プ)、jɔl(10)ヨル、ツングース系のエヴェンキ語ilan(3)イラン、tunŋa(5)トゥンンガ、nadan(7)ナダン、djān(10)ディアーン、モンゴル語gʊrav(3)ゴラブ、tav(5)タブ、doloon(7)ドローン、arav(10)アラブなどを見ても、やはり高句麗語の数詞と日本語の数詞の類似性は際立っています。高句麗語の数詞は3、5、7、10の四つしか明らかになっていませんが、高句麗語の3、5、7、10と日本語の3、5、7、10が似ているというのは、大変意味のあることです。1、2、3、4が似ているのではないのです。3、5、7、10が似ているのです。1、2、3、4が似ていても、5以降が異なる可能性は十分にあります。しかし、3、5、7、10が似ているとなれば、1から10までの全部が似ていた可能性が高いのです。以下のように言って差し支えないでしょう。

(1)高句麗語の数詞と日本語の数詞の類似性は偶然ではなく、それらの数詞には共通の出所がある。
(2)その共通の出所は、例えばウラル祖語が話されていた時代(一般的な考えではBC4000年頃)よりもかなり現代に近いところにありそうである。

こうなると、高句麗語と日本語の数詞以外の語彙はどのくらい似ているのかということが俄然興味深くなってきます。

 

参考文献

Baxter W. H. et al. 2014. Old Chinese: A New Reconstruction. Oxford University Press.

Beckwith C. I. 2004. Koguryo: The Language of Japan’s Continental Relatives. Brill Academic Publishers.

►高句麗語と百済語の研究方法について(6)へ

光と影の微妙な関係

ベトナム語の ánh sáng (光)アンサンのような語が日本語に入り、asa(朝)や「明るさ、淡さ、薄さ」を意味したasa(浅)などの語になったようだという話をしました。では、古代中国語のkwang(光)クアンはどうなったのでしょうか。どうやら、複雑な話がありそうです。

奈良時代の日本語のkage

奈良時代の日本語のkageは、「光」を意味したり、「姿」を意味したり、「影・陰」を意味したりするかなり微妙な語でした。万葉集にも、日の光のことを「日のkage」と言っている箇所が何箇所もあります。三省堂時代別国語大辞典上代編(上代語辞典編修委員会1967)では、以下のようにコメントしています。

「カゲには光と、光を遮られた暗い部分という、まったく相反する意味が同一の語形の中に共存しているが、その意味の分岐を考えるのは容易でない。」

確かに容易ではないですが、全く理解不可能なものでもありません。光と影の話とは少し違いますが、示唆を得るところがあるので、ラテン語のripaの話をします。

ラテン語のripa

ラテン語のripaは「土手、岸」を意味する語です。その形容詞がripariusで、「土手・岸の」という意味です。このripariusが変化して、ラテン語の一後継言語である古フランス語にriviereという名詞として現れるのですが、意味が「土手、岸」ではなく、「川」になりました(現代のフランス語ではriveが「土手、岸」を意味し、rivièreリヴィエールが「川」を意味しています。英語のriver(川)はフランス語からの外来語です)。「土手、岸」は陸の部分で、「川」は水の部分ではないかと言われれば確かにそうなのですが、隣接関係があれば意味は広がったり、移ったりするのです。日本語で「川のこちら側、向こう側」と言ったりしますが、このkawa(川)とkawa(側)も無関係ではないかもしれません。「川」と「岸」のように区別されるものでも、隣接関係があれば意味は広がったり、移ったりするということです。

再び奈良時代の日本語のkage

日本語のkageもそのようにして意味が「光」から「影・陰」に移っていったと考えられます。上のラテン語のripaの話を聞いた後であれば、「光」を意味する語が「光(直射光または反射光)の中に浮かぶもの、浮かぶ部分」を意味するようになるのは理解できるでしょう。意味は突然変化するのではなく、「Aを意味していた時期」→「Aを意味したり、Bを意味したりしていた時期」→「Bを意味する時期」という具合にゆるやかに推移します。あるいは、「光」を意味する語が「(光と影・陰が作り出す)シルエット」を意味するようになり、「(光と影・陰が作り出す)シルエット」を意味する語が「影・陰」を意味するようになったと理解してもよいでしょう。「A」→「AとBの総体」→「B」という流れです。

奈良時代の日本語のkageが「光」を意味したり、「姿」を意味したり、「影・陰」を意味したりしたことはすでに話しましたが、kageの古形は*kagaと考えられます。この*kagaとmiru(見る)がくっついたのがkagami(鏡)です。奈良時代より前の日本語に存在したと推定される「光」を意味する*kagaについて考察する必要があります。ここで、古代中国語のkwang(光)を議論の俎上に載せます。

前に古代中国語のsaw(騷)が奈良時代の日本語のsawakuとsawasawaになったようだと述べました。古代中国語のsaw(騷)がそのままでは日本語の発音体系になじまないので、母音aを付け足してsawaとしたのです。同じように古代中国語のkwang(光)に母音aを付け足してkwangaとしてみると、どうでしょうか。CV、CVCV、CVCVCVのような形を固く守る昔の日本語に入るには、もう少し変形が必要です。kwangaは、kagaになりそうです。古代中国語のkwan(官)クアンやkwan(冠)クアンが日本語ではkanという読みに落ち着きましたが、このような事例に照らしても、kwangaがkagaになるのは自然です。古代中国語のkwang(光)が日本語にまず*kagaとして入り、その後kageになったと考えられます。古代中国語のkwang(光)は、日本語にkwau(カタカナではクヮウ)という音読みで取り入れられ、kōに変化しましたが、それよりも前に*kaga→kageという形で日本語に入っていたのです。

 

補説

古代中国語のsyew(少)

古代中国語のsaw(騷)に似たケースなので、古代中国語のsyew(少)シエウにも触れておきます。古代中国語のsyew(少)は、日本語にseuという音読みで取り入れられ、その後syōに変化しましたが、これがすべてではないようです。saw(騷)の場合は、単純に母音aを付け足してsawaとし、これがzawazawa(ザワザワ)などにつながっていきましたが、syew(少)の場合は、母音aを付け足すと同時に若干の調整を行ってsiwaとし、これがziwaziwa(じわじわ)などにつながっていったようです。「少しずつ」と同じような意味を持つziwaziwa(じわじわ)です。

 

参考文献

上代語辞典編修委員会、「時代別国語大辞典 上代編」、三省堂、1967年。