「言(こと)」と「事(こと)」の関係

ウラル語族のフィンランド語のasia(こと)やハンガリー語のügy(こと)ウジは「足・脚」から来ているようだとお話ししましたが、日本語のkoto(こと)は「口」から来ているようです。

*kutu(口)から始まる

岩波古語辞典(大野1990)が述べているように、馬を制御するために馬にくわえさせる道具をkutubami(轡)あるいはkutuwa(轡)と呼んでいましたが、ここに組み込まれているkutu-がkuti(口)の古形を示していると考えられます。

前に、古代中国語のkhuw(口)クウが日本語のkuɸu(食ふ)になったことをお話ししました(詳細については、大和言葉(やまとことば)に潜んでいた外来語、見抜けなかったトリックを参照してください)。口が果たす重要な機能の一つは「食べる」ことなので、これは理解できます。しかし、口が果たす重要な機能がもう一つあります。それは「話す」ことです。古代日本語の*kutu(口)は、話すことを意味するkataruと、話を意味するkotoという語を生み出したようです。

ここでの重要なポイントは、昔の日本語が、*kutu(口)からkataruを作ったり、kotoを作ったりというように、時に母音を変えながら語彙を構築していたということです。少しほかの例も見ておきましょう。

タイ語のnaam(水)と日本語のnomu(飲む)

前に、タイ語のnaam(水)のような語が日本語に入ったことをお話ししました(不思議な言語群を参照)。日本語にはmidu(水)という語があったので、タイ語のnaam(水)のような語は「水」を意味することができず、nami(波)やnama(生)のような形で日本語に入りました。タイ語のnaam(水)のような語は、ツングース諸語では満州語のnamu(海)などになり、日本語ではnami(波)になりました。nama(生)は、「(焼いたり、干したりしておらず)水っぽい、水分を含んでいる」という意味です。

タイ語のnaam(水)のような語は、日本語では「水」を意味することができず、nami(波)やnama(生)になりましたが、それだけでなく、母音交替を通じて、numa(沼)やnomu(飲む)にもなったと見られます。世界の言語を見渡すと、「水」と「水域(川、海、湖、沼など)」の間に密接な関係があるのはもちろんですが、「水」と「飲む」の間にも密接な関係があります。

例えば、インド・ヨーロッパ語族には、英語のwater(水)のような語とラテン語のaqua(水)アクアのような語があります。英語のwater(水)とラテン語のaqua(水)は同源ではありません。英語ともラテン語とも非常に遠い関係にあるヒッタイト語を見ると、watar(水)という語とekuzi(飲む)という語があります。ヒッタイト語のwatar(水)は英語のwater(水)と同源で、ヒッタイト語のekuzi(飲む)はラテン語のaqua(水)と同源です。

現代の私たちはいろいろな飲み物を飲んでいますが、遠い昔は飲み物といえば水だったでしょう。「水」と「飲む」の間の密接な関係は当然といえます。タイ系言語のほうにすでにタイ語のnaam(水)に似たnuumやnoomのような形が存在した可能性もゼロではありませんが、いずれにせよタイ語のnaam(水)が日本語のnomu(飲む)に関係していることは間違いないと思われます。

岩波古語辞典(大野1990)が述べているように、*ta(手)→toru(取る)という母音交替もあったでしょう。ひょっとしたら、*ma(目)→miru(見る)やya(矢)→*yiru(射る)も母音交替の一種として考えられるかもしれません。

昔の日本語では、このようなことが行われていたようなのです。

再び*kutu(口)へ

*kutu(口)から作られたと考えられるkataruは意味があまり変わりませんでしたが、kotoは意味が明らかに変わりました。下の説明では、昔の日本語を「koto」と書き、今の日本語を「コト」および「ハナシ」と書きます。kotoはもともと現代の日本語のハナシのような語だったが、そこから現代の日本語のコトのような語に変わっていったようです。下の図のような変化が起きたのです。言い換えれば、kotoは英語のspeech/storyのような語だったが、そこから英語のthing/matterのような語に変わっていったということです。

例えば、日本語では(A)のように言うこともできるし、(B)のように言うこともできます。

(A)佐藤さんが亡くなったハナシは聞きました。みんなにはもう知らせました。
(B)佐藤さんが亡くなったコトは聞きました。みんなにはもう知らせました。

このように、現代の日本語のハナシの意味領域と現代の日本語のコトの意味領域にはつながりがあります。昔の日本語のkotoはハナシの意味領域(speech/storyの意味領域)からコトの意味領域(thing/matterの意味領域)に移っていったのです。奈良時代のあたりは移行期で、そのために当時の日本語のkotoは漢字で「言」と書かれたり、「事」と書かれたりしていたと考えられます。

奈良時代のkotoがこのようなものであるとわかったところで、今度は同じ奈良時代のkotobaという語をどのように解釈したらよいか考えましょう。

 

参考文献

大野晋ほか、「岩波 古語辞典 補訂版」、岩波書店、1990年。

ウラル語族にも日本語にも接していたテュルク系言語

語根aj-

ast-、as-、at-およびjalk-、jal、jak-という語根から、ウラル語族と日本語で足・脚に関係する様々な語が作られているのを見ました。ウラル語族と日本語の足・脚に関係する語彙を見渡すと、もう一つ見逃せない語根があります。それは、aj-という語根です(jは日本語のヤ行の子音です)。

例えば、フィンランド語にはajaaという動詞があります。名詞形はajoです。ajaa/ajoは単純に訳しづらいですが、基本的に進むこと、進ませることを意味する語です。ただ、普通は人間の歩行を意味することはなく、乗り物や物事の進行を意味します。現代のフィンランド語では、車の運転を言うことが多いです。「 ajaa autoa 」は「車を運転する」という意味です。

サモエード系の言語では、aj-という語根がもっと具体的な語に現れます。足・脚を意味するネネツ語ŋeンゲ、エネツ語ŋoンゴ、ガナサン語ŋojンゴイ、カマス語ujyウイ/yjyイイは最たるものです。ネネツ語、エネツ語、ガナサン語には、語頭に母音が来るのを避けるために子音を前に補う傾向があるので、これらの頭子音は差し引いて考える必要があります。つまり、ネネツ語ではe、エネツ語ではo、ガナサン語ではojオイのような形を考える必要があります。上記の足・脚を意味する語は、かつて*ajまたは*ajVのような形をしていたと考えられます。

人間の言語の進化、足・脚から始まる語彙形成の記事で説明したように、「足・脚」からは、歩いて行かせること、進めることを意味する語、さらに抽象化して、「使う」や「する」のような語が生まれてきます。ウラル語族では、足・脚に関係する語を生み出す(1)ast-、as-、at-、(2)jalk-、jal-、jak-、(3)aj-という語根から、「お使い、用事、仕事、こと」のような語が生まれているケースが目立ちます。フィンランド語のasia(こと)は(1)から来ていると考えられるもので、ハンガリー語のügy(こと)ウジは(3)から来ていると考えられるものです(前にフィンランド語のjalka(足、脚)ヤルカとハンガリー語のgyalog(歩いて、徒歩で)ジャログという語を挙げましたが、ハンガリー語のügy(こと)のgyの部分もかつてjであったと考えられます)。

このように、aj-という語根から、ウラル語族では足・脚に関係する様々な語が作られています。では、この語根から、日本語ではどのような語が作られたのでしょうか。該当しそうなのは、ayumu(歩む)です。

ただ、上記のaj-という語根には、気がかりな点があります。中央アジアを中心として中東方面、ウラル山脈方面、ヤクート地方方面、中国方面に広がっているテュルク系言語に、トルコ語ayak、タタール語ayak、バシキール語ayaqアヤク、カザフ語ayaqアヤク、ウイグル語ayaqアヤクのような語があり、足・脚を意味しているのです。テュルク系言語の現在の分布域はあくまで現在の分布域であり、「心(こころ)」の語源の記事で示したように、テュルク系言語はかつては中国東海岸近くにも分布し、同地域にいた日本語に影響を与えていたと見られます。

なにが言いたいかというと、日本語のayumu(歩む)は、上に示したフィンランド語ajaa(進む、進ませる)、ハンガリー語ügy(こと)、ネネツ語ŋe(足、脚)などと同源である可能性が高いが、日本語とウラル語族のこれらの語は、遼河文明の言語から来ているのではなく、テュルク系言語から来ているかもしれないということです。広く分布していたテュルク系言語が一方でウラル語族に、他方で日本語に語彙を提供したということも考えられるのです。インド・ヨーロッパ語族ほどではないにせよ、テュルク系言語もウラル語族と日本語の両方に影響を与えていたようです。ウラル語族と日本語に目を向けているだけでは駄目で、並行して周囲の言語にも目を向けなければならないことを示すよい例といえるでしょう。

※フィンランド語のaika(時、時間)も、テュルク系言語で「足・脚」を意味しているトルコ語ayakのような語から来ていると見られます。その一方で、ハンガリー語のidő(時、時間)イドーも、インド・ヨーロッパ語族で「歩いて進むこと」を意味しているロシア語idtiイッチー(語幹id-)のような語と関係があると見られます。やはり、「足・脚」と「時」の間には密接なつながりがあるようです。古代中国語のtsjowk(足)ツィオウクが日本語のtoki(時)になったのは、ごくありふれた現象といえそうです(「時(とき)」と「頃(ころ)」の語源を参照)。

このブログは、漢語流入前の日本語(大和言葉)の大部分が遼河文明の言語の語彙、黄河文明の言語の語彙、長江文明の言語の語彙でできているというところから話を始めたので、これまでテュルク系言語とモンゴル系言語を取り上げる機会があまりありませんでしたが、どちらも東アジアの言語の歴史、北ユーラシアの言語の歴史を考えるうえで非常に重要なので、これからはテュルク系言語とモンゴル系言語も積極的に取り上げていきます。

(1)ast-、as-、at-という語根、(2)jalk-、jal-、jak-という語根、そして(3)aj-という語根を見てきました。「足・脚」から様々な語彙が生まれてくることを示しましたが、フィンランド語のasia(こと)やハンガリー語のügy(こと)のような語が生まれてくるのはなんとも驚きです。考えてみれば、「こと」のような極度に抽象的な語が最初からあったはずはなく、具体的ななにかが語源になっているはずです。フィンランド語のasia(こと)やハンガリー語のügy(こと)は「足・脚」から来ているようですが、日本語のkoto(こと)はどうでしょうか。どうやら、日本語のkoto(こと)は「足・脚」から来ているわけではないようです。

 

日本語のmono(もの)の語源については、以下の記事に記されています。

「物(もの)」と「牛(うし)」の語源、西方から東アジアに牛を連れてきた人々