古代中国語の「木、本、末」、古代人が使っていた枕

「もと」と「また」の波瀾万丈な歴史で助詞のkara(から)の語源を明らかにしたので、今度は助詞のmade(まで)の語源を明らかにしましょう。kara(から)だけでなく、made(まで)も、もともと木に関係のある語で、古代中国語から来たようです。まずは、以下の三つの漢字を見てください。

古代中国語には、muwk(木)ムウク、pwon(本)プオン、mat(末)という三つの語がありました。「木」の字の下のほうに横線を引いたのが「本」で、pwon(本)は木の幹から根のあたりを意味していました。これに対して、「木」の字の上のほうに横線を引いたのが「末」で、mat(末)は木の先端を意味していました。そして、pwon(本)に意味が似た語として、kan(幹)(nの部分はかつてはr)がありました。

どうやら、古代中国語のkan(幹)(nの部分はかつてはr)から起点を表す日本語のkara(から)が生まれる一方で、古代中国語のmat(末)から終点を表す日本語のmade(まで)が生まれたようです。made(まで)に先行する形として*mata、*mate、*madaのような形があったかもしれません。木の幹または根を意味する語から「始まり」を意味する語が生まれ、木の先端を意味する語から「終わり」を意味する語が生まれるのは、人類の言語によくあるパターンです。具体的に木の下の部分と上の部分を指す語としてはmoto(もと)とsuwe(末)があったので、kara(から)とmade(まで)は意味の抽象化が進みやすかったと思われます。

※木の先端を意味した古代中国語のmat(末)は、日本語のmade(まで)だけでなくmadu(まづ)にもなったと見られます。madu(まづ)は現代ではmazu(まず)になっています。話の中でなにかを先に持ってくる時のmazu(まず)です。

例えばフィンランド語でも、同じようなことが起きています。日本語のmade(まで)にあたるフィンランド語はasti(まで)とsaakka(まで)です。asti(まで)とsaakka(まで)は意味・使い方がほとんど同じです。

前に、ウラル語族と日本語で足・脚に関係する語を生み出しているast-、as-、at-という語根とjalk-、jal、jak-という語根を取り上げました。ast-、as-、at-からは日本語のasi(足、脚)やato(跡)が生まれ、jalk-、jal、jak-からはフィンランド語のjalka(足、脚)やjälki(跡)ヤルキが生まれました。

昔の人々が人間・動物の手足と樹木の枝を同じように見ていたことはお話ししましたが、上記のast-、as-、at-という語根からフィンランド語のastiも生まれたと考えられます。フィンランド語のastiは、astua(足を踏み出す)やaste(段)のような語があることから、もともと足・脚を意味していたと考えられますが、枝(木の末端のほう)を意味するようになり、最終的に終点を表す語になったと見られます(上記のjalk-、jal、jak-という語根から日本語の*ya→ye→yeda→eda(枝)が生まれたことも思い出してください)。

このように、日本語のmade(まで)も、フィンランド語のasti(まで)も、木の根もとから出発して行き着く先端部分・末端部分を意味していた時期があり、似た歴史を持っています。

フィンランド語のもう一つのsaakka(まで)はどうでしょうか。この語も、made(まで)やasti(まで)と同様に、木の根もとから出発して行き着く先端部分・末端部分を意味していたのでしょうか。

 

補説

古代中国語の「木」と「樹」

日本語のkara(から)とmade(まで)が古代中国語のkan(幹)(nの部分はかつてはr)とmat(末)から来たというのは意外だったかもしれません。しかし、kan(幹)やmat(末)のような語が奈良時代より前の日本語に入ったのなら、肝心のmuwk(木)ムウクとdzyu(樹)ヂウという語も奈良時代より前の日本語に入ったでしょう。

古代中国語のmuwk(木)ムウクとdzyu(樹)ヂウは意味が非常に似ており、どちらも木一般を意味しました。ただ、生えている木ではなく、木材をいう時には、muwk(木)が用いられました。muwk(木)にはmoku、bokuという音読みが与えられ、dzyu(樹)にはzyu、syuという音読みが与えられました。

まずdzyu(樹)のほうですが、この語はzyuやsyuのような形が認められない時代にはsuという形で日本語に入ったと見られます。

中国人がある木を見ながら「dzyu」と言い、それを聞いた日本人が当時の日本語で認められるsuという形にし、日本語のki(木)を接続してsugi(スギ)という語を作ったと思われます。ki(木)はki乙類で、sugi(スギ)のgiもgi乙類だったので、発音的に合います。

古代中国語には、ljuw(柳)リウウとyang(楊)ヤンという語もありました。ljuw(柳)はシダレヤナギの類を指し、yang(楊)はカワヤナギの類を指します。

中国人がある木を見ながら「yang」と言い、それを聞いた日本人が当時の日本語で認められるyanaという形にし、日本語のki(木)を接続してyanagi(ヤナギ)という語を作ったと思われます。ki(木)はki乙類で、yanagi(ヤナギ)のgiもgi乙類だったので、発音的に合います。

発音に関する厳しい制約のある昔の日本語で、「dzyuの木」はsugi(スギ)と呼ばれ、「yangの木」はyanagi(ヤナギ)と呼ばれることになったのです。

次にmuwk(木)のほうですが、この語がどのような形で奈良時代より前の日本語に入ったのかというのは、かなりの難問です。

様々な考察の末に筆者が辿り着いたのは、makura(枕)でした。奈良時代にはmaku(枕く)という動詞があったので、saku(咲く)からsakura(桜)が作られたように、maku(枕く)からmakura(枕)が作られたと見られます。

makura(枕)と違ってmaku(枕く)は現代の私たちになじみがありませんが、寝る時に頭の下になにか置くことをmaku(枕く)と言っていました。座る時に尻の下になにか置くことをsiku(敷く)と言い、寝る時に頭の下になにか置くことをmaku(枕く)と言う感じです。

「枕」という漢字を見れば、昔の人々が寝る時に頭の下に木を置いていたことがわかります。前にお話ししたように、siku(敷く)の語源が古代中国語のzjek(席)ズィエク(座る時に尻の下に置く藁や草などの編み物)なら、maku(枕く)の語源はなんでしょうか。純粋に意味を考えれば、断然怪しいのは古代中国語のmuwk(木)です。

muwkというのは、隋・唐の頃の一方言の形です。mとkの間の部分は、現代の中国語では概ね日本語のウのようになっていますが、方言によっては日本語のオあるいはアのようになっています。当然、殷の時代から隋・唐の時代に至るまでに存在した中国語の諸方言でも、「木」の発音は少しずつ異なっていたと考えられます。日本人が聞いたら、mukuと発音したくなることも、mokuと発音したくなることも、makuと発音したくなることもあったでしょう。

奈良時代の日本語のmaku(枕く)は、古代中国語の「木」から来た可能性が高いです(写真は早稲田自然食品センターヤフー店様のウェブサイトより引用)。

昔の日本語には、mamidu(真水)やmakusa(真草)のような語とともに、maki(真木)という語もありました。この語は「槇」とも書かれました。maki(真木)は良質の木材を意味していた語で、現代のmaki(薪)にもつながります。もしかしたら、古代中国語の「木」は、一方でmaku(枕く)になり、他方でmaki(真木)に吸収されてしまったのかもしれません。

「水(みず)」の語源、日本語はひょっとして・・・

前回の記事では、ki(木)の語源を明らかにしました。「木」を意味する語はなかなか変わりませんが、もっと変わらないのが「水」を意味する語です。「水」を意味する語は、地球規模で言語の歴史を考える時にも重要になってきます。mizu(水)の古形はmidu(水)で、この語源を探ることになります。日本語と系統関係にある可能性が濃厚なウラル語族の「水」を見てみましょう。

ウラル祖語で「水」を意味していた語は、サーミ語とハンティ語では置き換えられてしまいましたが、それ以外の言語では保たれています。ウラル祖語は、少なくとも語頭では濁音を使えない言語だったので、フィン・ウゴル系の大半の言語でv、サモエード系の大半の言語でbになっている部分はかつてwであったと推定されます。フィン系(フィンランド語~コミ語)、ウゴル系(ハンティ語~ハンガリー語)、サモエード系(ネネツ語~マトル語)を公平に見れば、wのうしろの母音はiであったと考えられます。フィンランド語のvesi(水)が組み込まれたved-、vet-という形を見せたり、ネネツ語のjiʔ(水)が組み込まれたjid-という形を見せたりしているので、ウラル祖語で「水」を意味していた語は、*widVまたは*witVという形をしていたと見られます(ウラル語族の研究者のほとんどは、ウラル祖語はdのような濁音を持たなかったと考えていますが、注意が必要です。昔の日本語や現代の朝鮮語のように、「dのような濁音を語頭では使えないが、語中でなら使える言語」もあるのです。ウラル祖語が語頭でdのような濁音を使えなかったことは確実ですが、語中でどうだったかは不確かであり、筆者は断定していません)。ウラル祖語で「水」を意味していた*widVまたは*witVは、日本語のmidu(水)とよく合います。ウラル祖語で頭子音が*w、日本語で頭子音がmになっていることに説明がつけば完璧です。

フィンランド語にvuoriという語があります。フィンランド語のvuoriは「山」を意味していますが、同源のウドムルト語vɨr(山、丘)ヴィル、コミ語vər(森)ヴル、ハンティ語wor(山の尾根)、マンシ語wōr(森)などを見る限り、もとの語は「山」を意味したり、「森」を意味したりしていたと考えられます(実はハンガリー語のorrオーッルも同源で、この語は「出っ張り、突起」を意味していましたが、とうとう「鼻」を意味するようになってしまいました)。ガナサン語bəru(山)ブルやカマス語bōr(山)も仲間です。

これらと同源と見られる語が日本語にあります。それはmori(森)です。moru(盛る)、morimori(モリモリ)のような語もあるので、昔の日本語のmoriも「山」を意味したり、「森」を意味したりしていたと考えられます。ウラル語族のv、w、b(すなわちウラル祖語の*w)が日本語のmに対応しており、mori(森)のパターンは先ほど見たmidu(水)のパターンと同じです。

※例えば、「腹」の語源でフィンランド語のvatsa(腹)ヴァッツァや日本語のwata(腸)を取り上げましたが、ウラル語族のv、w、b(ウラル祖語の*w)と日本語のwが対応しているケースもあります。どういう場合にウラル語族のv、w、b(ウラル祖語の*w)と日本語のmが対応し、どういう場合にウラル語族のv、w、b(ウラル祖語の*w)と日本語のwが対応するのかという問題は、ウラル語族と日本語の周囲で話されている言語も含めながら、詳細な分析が必要です。

ウラル祖語の*widV/*witV(水)は、日本語のmidu(水)との関係も注目されますが、インド・ヨーロッパ語族の英語のwater(水)などとの関係も注目されます。

英語のwater(水)は単数形で用いられることが多いですが、複数形のwatersにして「水域」を意味することがあります。ロシア語のvoda(水)も単数形で用いられることが多いですが、複数形のvodyにして「水域」を意味することがあります。インド・ヨーロッパ語族では、昔からこのようなことを行ってきました。ここで目を引くのがヒッタイト語です。ヒッタイト語では、wātar(水)を複数形のwitārにして「水域」を意味しています。それだけでなく、wātar(水)を格変化させる際にも(格変化というのは、水が、水の、水を、水に・・・のような変化です)、母音āをiに替えています( Hoffner 2008 )。母音を替える語形変化は印欧祖語の大きな特徴で、印欧祖語もヒッタイト語のようにしていたと見られます。

このような事情を踏まえると、インド・ヨーロッパ語族の「水」はウラル語族の*widV/*witV(水)および日本語のmidu(水)に無関係ではないでしょう。

ウラル語族と日本語のもとになった遼河文明の言語(遼河文明の開始時期である8200年前ぐらいに遼河流域で話されていた言語)が、印欧祖語と系統関係を持つ言語であった可能性も出てきます。例えば、奈良時代の日本語のmidu(水)は(遠い過去の)インド・ヨーロッパ語族との系統関係によるもので、奈良時代の日本語のwata(海)は(近い過去の)インド・ヨーロッパ語族との接触によるものであるというような二重の構造も考えなければなりません。「水」の件には、後でまた戻ってくることにします。

 

参考文献

Hoffner H. A. et al. 2008. A Grammar of the Hittite Language, Part 1. Eisenbrauns.

「木(き)」の語源、白い樹皮を持つ木

「もと」と「また」の波瀾万丈な歴史では、モンゴル語のmod(木)のような語が日本語に入ってきて、*ko(木)(ki(木)の古形)と衝突した話をしました。当然、もとからあった*ko(木)の語源も考えなければなりません。「木」を意味する語はなかなか変わりにくく、人類の言語の歴史を研究する際には重要です。まずは、ウラル語族の言語で「木」のことをなんと言っているか見てみましょう。

表中のフィンランド語puu、ハンガリー語fa、ネネツ語pjaなどは同源で、「木」を意味する語が変わりにくいことはウラル語族でも確かめられます。しかし、日本語の*ko(木)は、表中のフィンランド語puu、ハンガリー語fa、ネネツ語pjaなどには結びつかないし、明らかに違う形を示しているその他の語にも結びつきません。これはどういうことでしょうか。

「木」を意味する語が変わりにくく、人類の言語の歴史を研究する際に重要であるというのは間違いありません。しかし、「木」を意味する語を調べる際には、一つ気をつけなければならないことがあるのです。その気をつけなければならないこととはなにか、インド・ヨーロッパ語族の例を挙げて説明します。

英語のtree(木)という語はおなじみでしょう。これと同源の語はインド・ヨーロッパ語族全体に広がっています。しかし、単純に「木」という意味が保たれているとは限りません。例えば、ロシア語derevo、リトアニア語derva、ギリシャ語drysは英語のtree(木)と同源ですが、ロシア語derevoは「木」を意味し、リトアニア語dervaは「樹脂、やに」を意味し、ギリシャ語drysは「オーク」を意味しています。

ヒッタイト語にtaru(木)という語があるので、上記の各語のもともとの意味は「木」であったことが確実です。リトアニア語のdervaでは、「木」→「樹脂、やに」という意味変化が起き、ギリシャ語のdrysでは、「木」→「オーク」という意味変化が起きたということです。リトアニア語のようなケースも、ギリシャ語のようなケースも珍しくありませんが、ここで重要なのはギリシャ語のようなケースです。「木」を意味する語は確かに変わりにくいが、一般に木を意味していた語がある種類の木を意味するようになる、あるいはある種類の木を意味していた語が一般に木を意味するようになることがあるのです。その「ある種類の木」というのは、当該の言語の話者にとって大変なじみのある樹種でしょう。

日本語とウラル語族の木に関する語彙を比較するのであれば、日本語とウラル語族の間に大きく広がっているシベリアの樹種に注目する必要があります。シベリアの代表的な樹種といえば、マツとカバ(シラカバ)です。ウラル語族の「マツ」とウラル語族の「カバ(シラカバ)」を調べると、果たして日本語の*ko(木)に結びつきそうな語が見つかります。

シラカバは、日本では見られる場所が限られていますが、ロシアや北欧のような寒冷地方では大きな存在感を誇ります。以下のような外見をしています(写真はメディカルハーブ・アロマ事典のウェブサイトより引用)。

樹皮が白いので、とにかく目立ちます。ロシアや北欧の植物といって筆者が真っ先に思い浮かべるのが、このシラカバです。ウラル語族の言語では、シラカバのことを以下のように言います。

フィンランド語では、シラカバのことをkoivuと言います。フィンランド語のkoivu(シラカバ)と同源の語は、フィン・ウゴル系のほうではかなり置き換えられてしまっていますが、サモエード系のほうでは全言語に残っています。フィンランド語のkoivu(シラカバ)などの祖形は*kojwVと推定されます(jは日本語のヤ行の子音、Vは母音です)。日本語の*ko(木)はウラル語族との共通語彙で、かつてはシラカバを意味していたようです。

昔の日本語には、*ko(木)と関係がありそうなkoru(伐る)という動詞もありました。ki(木)とkoru(伐る)がくっついたのがkikori(きこり)です。koru(伐る)自体は廃れてしまいましたが、母音を変えて作り出されたと見られるkaru(刈る)は健在です。

ウラル語族のフィンランド語のpuu(木)などは、古代中国語のpwon(本)プオン(もともと木の幹から根のあたりを意味していた語です)や日本語のbuna(ブナ)との関係を考える必要がありますが、ここでは深入りせず、先に進むことにします。