朝鮮半島でなにかあったのか(4)

すでにお話ししたように、日本語の中にはウラル語族と共通していない語彙が大量にあり、筆者は日本の近隣地域(東アジア・東南アジア)の言語の語彙を詳細に調べるようになりました。大がかりな比較作業で、最初は暗中模索の状態でしたが、次第に光明が見え始めました。日本語の中にあるウラル語族と共通していない語彙の大部分は、シナ・チベット語族とベトナム系言語の語彙らしいということがわかってきました。

しかしながら、トントン拍子というわけにはいかず、特にシナ・チベット語族の語彙の研究は難局を極めました。日本語のこれらの語彙は古代中国語から取り入れられたようだ、これらの語彙は古代中国語ではなく、遠くに追いやられたシナ・チベット系言語から取り入れられたようだという具合に明らかになってきたのですが、同時にいわくありげな謎の語彙も浮かび上がってきたのです。シナ・チベット語族の雰囲気を漂わせているが、古代中国語の語彙とも、遠くに追いやられたシナ・チベット系言語の語彙ともどうも少し違う、そんな語彙が日本語の中にあり、しかも重要な位置を占めていることがわかってきました。

遼河流域から南下してきた言語は、ごく単純化して示せば、以下のような感じでシナ・チベット語族の言語、ベトナム系の言語、タイ系の言語と接したと見られます(日本語の語彙を見る限り、もっと複雑な歴史があったと考えられますが、まずは日本語に最も大きな影響を与えたシナ・チベット語族の言語とベトナム系の言語、そしてこれらに加えてタイ系の言語に焦点を当てます。日本語に取り入れられたタイ系の語彙は、シナ・チベット系とベトナム系の語彙ほど多くはありませんが、日本語がタイ系の語彙を取り入れた時代・場所は、シナ・チベット系とベトナム系の語彙を取り入れた時代・場所に近いと思われます。そのため、タイ系の語彙はシナ・チベット系とベトナム系の語彙と同時進行で分析していきます)。

時代が進むにつれて古代中国語は他を圧倒する大言語になっていきましたが、かつては古代中国語以外のシナ・チベット系言語が存在する余地も十分にあったのです。それらのシナ・チベット系言語は、消し去られるか、遠くに追いやられるかする運命を辿りました。上の図の「シナ・チベット語族の言語」は、「のちに消し去られるシナ・チベット系言語」+「古代中国語」+「のちに遠くに追いやられるシナ・チベット系言語」です。

筆者も、最初から「消し去られたシナ・チベット系言語」の存在を考えていたわけではありません。日本語の中にあるシナ・チベット語族のものと見られる語彙の総体が、「古代中国語」と「遠くに追いやられたシナ・チベット系言語」だけではどうしても説明しきれなかったのです。「古代中国語」と「遠くに追いやられたシナ・チベット系言語」に似ている、しかし「古代中国語」と「遠くに追いやられたシナ・チベット系言語」とは違う、そういう言語があったようだという考えに筆者は至ります。この過程は、詳しく実例を示す必要があるので、本ブログの記事を書き連ねる中で説明していきます。「日本語の意外な歴史」では当面、以下のような形で日本語の語彙の出所を明らかにしていきます。

「?」の部分は、U~Tのどれにも当てはまらない語彙です。実を言うと、日本語の「?」の部分も複雑です。日本語は、カオスとは言わないまでも、かなりごちゃ混ぜです。筆者もこんなに混ざっているのかと驚愕しました。「日本語の意外な歴史」では、U~Tの語彙をどんどん絞り出し、「?」の部分を残していきます。日本語の語彙の大部分はU~Tの語彙が占めていますが、「?」の部分もすべて寄せ集めるとある程度の量になります。量は比較的少ないものの、「?」の部分の語彙は歴史を明らかにするうえで極めて重要になります。

遼河流域から南下してきた言語が中国東海岸地域(今の山東省・江蘇省のあたり)でシナ・チベット語族の言語、ベトナム系の言語、タイ系の言語と接していたとなれば、当然以下の疑問が生じます。

(疑問1)中国東海岸地域で話されていた言語は、どのようにして日本列島に入ってきたのか。朝鮮半島を経由したのか、しなかったのか。もし経由したのであれば、朝鮮半島でなにがあったのか。

(疑問2)中国東海岸地域で話されていた言語が日本列島に入ってきた時、そこではどのような言語が話されていたのか。つまり、縄文時代の日本列島ではどのような言語が話されていたのか。

興味をお持ちの方も多いかと思います。これらの疑問を解くための鍵は、日本語の「?」の部分にあります。一見遠回りに見えますが、U~Tの語彙をしっかり把握することによって、「?」の部分がくっきり見えてきます。

►高句麗語の数詞に注目する(5)へ