「深い」と「浅い」の語源(続き)—2音節の語を取り入れる

日本語は、シナ・チベット語族の言語やベトナム系の言語から、1音節の語だけを取り入れていたわけではありません。2音節の語も取り入れています。日本語とそれらの言語の発音体系が著しく異なるため、2音節の語もそのまま取り入れることはできません。しかし、やることは1音節の語を取り入れる時と基本的に同じです。子音を落としたり、母音を補ったりしながら、日本語の発音体系に合う形にするのです。

古代中国語に kɛk pek (隔壁)ケクペクという語がありました。ɛは口を上下に大きく開いたエ、eは口を上下にあまり開かないエです。 kɛk pek は、そのまま日本語に取り込むことができません。そこで、第1音節の末子音kのうしろと第2音節の末子音kのうしろに母音を補ったのがkakuɸeki(隔壁)です。

しかしながら、母音を補う方法だけでなく、子音を落とす方法も可能です。

この*kapeあるいは*kaɸeが濁ったと見られるのが、kabe(壁)です。ちなみに、三省堂時代別国語大辞典上代編(上代語辞典編修委員会1967)では、奈良時代の日本語のkabe(壁)について以下のように説明しています。

「かべ。土壁は寺院や貴族の邸宅に限られ、一般には板壁か、壁代わりに草を並べて桟で止めていたと思われる。このための草が壁草である。」

土で作られたにせよ、板で作られたにせよ、草で作られたにせよ、こちらとむこうを隔てようとしていることに変わりはありません。「隔てること」を意味した古代中国語のkɛk(隔)は、単独でもkaki(垣)、kakumu(囲む)、kakomu(囲む)、kakoɸu(囲ふ)などの形で取り入れられたと見られます。「遮ること、遮られること」と考えると、kakusu(隠す)とkakuru(隠る)も同類かもしれません。kakumaɸu(匿ふ)という語もあるので、kakusu(隠す)とkakuru(隠る)が同類でも自然です。

このように、日本語はシナ・チベット語族の言語から、1音節の語を取り入れるだけでなく、2音節の語を取り入れることもあったのです。発音体系の著しい違いから、1音節の語を取り入れるだけでも大変ですが、2音節の語を取り入れるとなるとさらに大変です。古代中国語の kɛk pek (隔壁)を、母音を補ってkakuɸekiとするより、子音を落としてkapeあるいはkaɸeとするほうが手っ取り早いのは言うまでもありません。

ベトナム系の言語からも、やはり2音節の語を取り入れることがあったようです。日本語と関係がありそうなベトナム語として、 ánh sáng (光)アンサンと thẳng thẳng (まっすぐな)タンタンを取り上げます。

※ thẳngだけでもまっすぐな状態を意味します。thẳngという形でも、 thẳng thẳng という形でも用いられます。ベトナム語のthẳngは、古代中国語のtsyeng(正)チェンと関係があると見られます。

「浅い」の語源

日本語の光・明るさに関する語彙は色々ありますが、それらの出所は全くもってばらばらです。日本語の光・明るさに関する語彙は、日本語の複雑な歴史を示す縮図のようになっています。筆者には、hikaru(光る)やkagayaku(輝く)の語源を突き止めるのに大変苦労した思い出があります。興味深いことに、hikaru(光る)とkagayaku(輝く)は、遼河文明・黄河文明・長江文明の言語の語彙ではなく、縄文時代に日本列島で話されていた言語から日本語に入った語彙のようです。

その一方で、ベトナム語の ánh sáng (光)アンサンのような語がasaという形で日本語に入り、光という意味では定着しませんでしたが、光と関係があるasa(朝)およびasa(浅)として定着したようです。奈良時代の日本語のasa(浅)は「明るさ、淡さ、薄さ」を意味していました。ɸuka(深)にɸuku(更く)という動詞があったように、asa(浅)にはasu(褪す)という動詞がありました(asu(褪す)はaseru(褪せる)の古形です)。

また、母音を変化させることによって作られたasa(朝)の類義語がasu(明日)で、asa(浅)の類義語がusu(薄)と見られます。

現代に生きる私たちは「朝昼夜」などと言ったりしますが、インド・ヨーロッパ語族やウラル語族の言語を見ると、「昼(あるいは日)」と「夜」を意味する語に比べて、「朝」を意味する語のばらつきが目立ちます。人類の認識は長いこと「日が出ている時間と日が沈んでいる時間」という二区分であり、「朝昼夜」という三区分が比較的新しいことを示しています。

なにを意味していた語が「朝」を意味する語になったのか、あるいはなにを意味していた語から「朝」を意味する語が作られたのかというのはそれぞれの言語によりますが、日本語の場合は(ベトナム系の言語で)「光」を意味していた語が「朝」を意味する語になったと考えられます。

ちなみに、kesa(今朝)のsa(朝)は、古代中国語tsaw(早)ツァウ、タイ語chaao(朝)チャーウ、ラオス語sao(朝)サオなどと同源と考えられます。

 

参考文献

上代語辞典編修委員会、「時代別国語大辞典 上代編」、三省堂、1967年。