とても古い東西のつながり 3

果たして、インド・ヨーロッパ語族の言語のそばに、足・脚のことを「kalk」と言う言語があったのか、研究してみましょう。まずは、長らく隣接してきたウラル語族に注目します。

フィンランド語には、kulkea(進む)(語幹kulk-)という動詞があります。この語は、サーミ語golgat(流れる)やハンガリー語halad(進む)などと同源です(フィンランド語とハンガリー語の間には、kala(魚)―hal(魚)のような音韻対応があり、ハンガリー語halad(進む)のhはkであったことが確実です)。どうやら、kalk、kulk、kolkのような形をもとにして「進む」という意味の動詞が作られたようです。足・脚のことを「kalk、kulk、kolk」のように言う言語があったのではないかと考えたくなります。

実際に、ウラル山脈の近辺で話されているコミ語にkok(足、脚)、ウドムルト語にkuk(足、脚)という語があります。ただ、ウラル語族の中でコミ語とウドムルト語は極めて近い関係にあり、このコミ語とウドムルト語以外の言語は足・脚のことをそのように呼んでいません。コミ語のkok(足、脚)とウドムルト語のkuk(足、脚)は、ウラル語族以外の言語から入った外来語と見られます。

インド・ヨーロッパ語族の言語も、ウラル語族の言語も、足・脚のことを「kalk、kulk、kolk」のように言う言語と出会ったようです。しかし、インド・ヨーロッパ語族の言語もウラル語族の言語も出会ったとなると、足・脚のことを「kalk、kulk、kolk」のように言う言語、正確には言語群は相当広い範囲に分布していたことになります。インド・ヨーロッパ語族とウラル語族が拡散する前に、ユーラシア大陸の北方に大きく広がっていた言語群があったのかと、新たな謎が生じます。

Eurasia(ユーラシア)というのは、Europe(ヨーロッパ)とAsia(アジア)を意味する語です。ウラル山脈はその境にあり、ウラル山脈の西がヨーロッパ側、ウラル山脈の東がアジア側です。足・脚のことを「kalk、kulk、kolk」のように言う言語の問題は、インド・ヨーロッパ語族とウラル語族だけを見ていても解決しないので、アジア側に目を向けることにします。

足・脚のことを「kalk、kulk、kolk」のように言う言語があったのだろうと思いながらアジア側に目を向けると、いきなり怪しい語が出てきます。

 

補説

「脚」と「骨」の密接な関係

英語のbone(骨)とドイツ語のBein(脚)が同源であること、古ノルド語のleggrが「脚」を意味したり、「骨」を意味したりしていたことなどからわかるように、「脚」と「骨」の間は意味がずれやすいです。人類の言語を広く観察すると、この傾向は非常に著しいです。確かに、脛のあたりを考えればわからなくはないし、私たちがイメージする典型的な骨も以下のような四肢の骨でしょう。

ラテン語にcalx(かかと)カルクスという語があったことはすでに述べましたが、もう一つcalx(石灰岩)カルクスという語もありました。のちに、calx(石灰岩)からcalcium(カルシウム)という語が作られます。ラテン語のcalx(かかと)とcalx(石灰岩)はこれまでずっと別々に考えられてきましたが、筆者はおおもとは同じではないかと考えています。インド・ヨーロッパ語族以外の言語に「足・脚」を意味したり、「骨」を意味したりするkalkという語があったが、インド・ヨーロッパ語族の言語には当然すでに「足・脚」を意味する語と「骨」を意味する語があったため、kalkは「足・脚」を意味することができず、「かかと」を意味するようになり、「骨」を意味することができず、「石灰岩」を意味するようになったというのが筆者の考えです(石灰岩の写真はりゅうか商事様のウェブサイトより引用)。

「脚」と「骨」の間で意味がずれやすいということを頭に入れておいてください。世界の言語の歴史を考える際に大変重要になってきます。