日本語のヤ行とワ行の空白部分について

ご存知のように、現代の日本語のヤ行にはya、yu、yoという音しかなく、ワ行にはwaという音しかありません。ワ行については、「を/ヲ」という文字は残っていますが、これらの文字が持っていたwoという音は消滅しています。他の行と見比べれば、ヤ行にyi、yeという音はなかったのか、ワ行にwi、wu、weという音はなかったのかと考えたくなります。

実は、ye、wi、weという音はありました。以下の左の三つはye、wi、weのひらがなで、右の三つはye、wi、weのカタカナです。

※カタカナの「エ」はもともとyeという音を表すためのカタカナでした。

ひらがなとカタカナができてすぐにeとyeの区別はなくなってしまいました。しかし、ひらがなとカタカナができる前はeとyeの区別があったのです。ひらがなとカタカナができる前は漢字だけで日本語を書き表していましたが、eには衣、愛、榎、荏などの漢字があてられ、yeには叡、延、兄、江などの漢字があてられるという具合に、区別されていました。

ye、wi、weがあったのなら、yiとwuはどうでしょうか。文字として書き残された日本語を見る限り、iのほかにyiがあった、uのほかにwuがあったという直接的な証拠は見当たりません。しかし、文字を得る前の日本語には、yiとwuはあったと思われます。

奈良時代の日本語には、ine、ina-(稲)とyone、yona-(米)という語がありました。大雑把に言えば、ine(稲)は植物で、yone(米)はその食用部分です。昔の日本語が盛んに母音を交替させることによって類義語・関連語を生み出していたことを考慮すれば、ine、ina-(稲)の古形は*yina、そしてyone、yona-(米)の古形は*yonaで、*yinaと*yonaがペアになっていたと考えるのが自然です。

奈良時代のぎこちないine、ina-(稲)とyone、yona-(米)が、*yinaと*yonaだったと考えるとすっきりするように、奈良時代のぎこちないkuyu(悔ゆ)とkui(悔い)(動詞の未然形、連用形、命令形に現れるとともに、名詞としても働く)も、kuyuと*kuyiだったと考えるとすっきりします。

きれいな上二段活用です。古代日本語が母音の連続を極度に嫌っていたことは確かであり、もともと上のようになっていたと考えるのは理にかなっています(kuyu(悔ゆ)、kuyasi(悔し)、kuyokuyo(くよくよ)などの語根kuy-は、古代中国語のxwoj(悔)フオイから来たものでしょう)。

※iとyiはどう違うのかと思われるかもしれません。iは、発音する時に舌が口の中の上側に接近します。しかし、舌先は持ち上がっていないのです。yaと発音してみてください。舌先が持ち上がっているはずです。yaと発音するつもりで舌先を持ち上げて、舌先をそこから落とさずにiと発音すると、yiになります。要するに、iとyiの違いは、舌先が持ち上がっていないか持ち上がっているかというところにあるのです。英語のear(耳)とyear(年)の違いもこれです。

ye、wi、weに加えて、yiもあったとなると、wuが存在しないのは不自然です。奈良時代のsuu(据う)とuu(植う)は、かつては以下のようになっていたでしょう。

きれいな下二段活用です。上の表の終止形、連体形、已然形のところのwuがuになったのが、奈良時代のsuu(据う)とuu(植う)です。

インド・ヨーロッパ語族で「下」を表した*supo、*upoから変化したラテン語のsubや頭子音のないubのような語が日本語に入り、zubuzubu(ズブズブ)、*suwu(suu(据う)の古形)、*uwu(uu(植う)の古形)などになったと見られます。suwaru(座る)もuwaru(植わる)とともにここから来ています。現代の日本語のsabisii(さびしい)/samisii(さみしい)のような揺れや変化は昔の日本語にも見られるので、「落ち着く、落着する」という意味のsumu(住む)とsumu(済む)も無関係でないでしょう。

※wuはすでに日本語に存在しませんが、waまたはwoと発音する直前で口を止めて、その状態からuと発音すると、wuになります。iとyiはよく似た音であり、uとwuもよく似た音です。yiとwuが真っ先に消滅しても全く不思議ではありません。

インド・ヨーロッパ語族で「上」を表した*super、*uperと関係がありそうな日本語、インド・ヨーロッパ語族の英語sit、set、settleなどの類と関係がありそうな日本語、そしてインド・ヨーロッパ語族で「下」を表した*supo、*upoと関係がありそうな日本語を見てきました。実に多くの日本語がインド・ヨーロッパ語族と関係していそうで、驚かされます。今となっては想像しづらいですが、インド・ヨーロッパ語族の言語が存在する東アジアがかつてあったのです。その頃の東アジアは、どのような構図になっていたのでしょうか。

「上(うえ)」と「下(した)」の語源(続き)

ボクサーがパンチを受けて倒れたり、尻もちをついたりすることを「ダウンする」と言っていますが、それだったら、寝たり、座ったりすることを「ダウンする」と言ってもよさそうです。実際、日本語で「風邪でダウンしています」と言うことはできるし、英語で「I’m down with a cold」と言うこともできます。理解に難くありませんが、どうやら「下、落下」と「寝る、座る」の間には密接なつながりがあるようです。

日本語のsita(下)

英語のsit(座る)という語はおなじみでしょう。過去形・過去分詞形はsatです。ちなみに、英語のsetはsitと同源で、今では意味の変化や抽象化が著しいですが、かつては「座らせること」を意味していました。英語もそうですが、昔のインド・ヨーロッパ語族の言語は、よく母音を交替させて新しい語形を作ったり、新しい語を生み出したりしていました。英語のsitとsetはインド・ヨーロッパ語族の標準的な語で、同源の語がインド・ヨーロッパ語族全体に広がっています。

sitとsetと同源のsettleは「落ち着く、定着する、定住する、落ち着かせる、定着させる、定住させる」などの意味を持っています。名詞形のsettlementは「集落」も意味します。このような英語と以下のような日本語を見比べると、どうでしょうか。

sita(下)、sitosito(しとしと)、sizumu(沈む)、sizumaru(静まる)、sizumeru(静める)、sizuka(静か)、sadamaru(定まる)、sadameru(定める)、sadaka(定か)、sato(里)

※現代のsizumu、sizumaru、sizumeru、sizukaのzは、昔はdでした。

おやっと思わせるところがあります。よく調べないといけません。英語のsit(座る)に登場してもらったので、今度は日本語のsuwaru(座る)に登場してもらいましょう。

日本語のsuwaru(座る)

前に「上」を表す英語over、ラテン語super、古代ギリシャ語huperという語を取り上げました。この三語は同源です。その一方で、英語up、ラテン語sub、古代ギリシャ語hupoという語もあります。この三語は同源です。

ここから話が少し複雑になりますが、ラテン語のsubはsuperの逆で、「下」を表していました。同様に、古代ギリシャ語のhupoはhuperの逆で、「下」を表していました。英語over、ラテン語super、古代ギリシャ語huperが同源で、いずれも「上」を表し、英語up、ラテン語sub、古代ギリシャ語hupoが同源で、いずれも「下」を表していたら、話は単純だったのですが、英語のupは「下」を表す語ではなくなってしまいました。

英語over、ラテン語super、古代ギリシャ語huperの推定祖形は*uper、*superで、英語up、ラテン語sub、古代ギリシャ語hupoの推定祖形は*upo、*supoです。インド・ヨーロッパ語族のゲルマン系言語との付き合いが古いウラル語族のフィンランド語などにはupota(沈む)のような語が見られます。ゲルマン系言語の英語upなどはもともと「下」を表していたのです。

なぜ「下」を表していた語が「上」を表すようになったのでしょうか。どうやら、下からなにかが上がってくるのを描写しているうちに、従来の意味・語法が揺らぎ始めたようです。「下から」が「上へ」に変わるような変化です。

要するに、英語over、ラテン語super、古代ギリシャ語huperなどのもとである*uper、*superは「上」を表し、英語up、ラテン語sub、古代ギリシャ語hupoなどのもとである*upo、*supoは「下」を表していたということです。

インド・ヨーロッパ語族で「上」を表した*uper、*superと関係がありそうな日本語はすでに示しましたが、「下」を表した*upo、*supoと関係がありそうな日本語はあるでしょうか。実は、かなりありそうです。インド・ヨーロッパ語族の各言語で*uper、*superのpがbになったり、vになったり、fになったりしていたことを思い出してください。

まずは、日本語のzubuzubu(ズブズブ)から始めましょう。沈む様子を表すzubuzubu(ズブズブ)です。はまり込む様子を表すzuboʔ(ズボッ)も同類でしょう。「ズバッと突く、ズバッと切る」のzubaʔ(ズバッ)も同類かもしれません。入り込む感じが共通しています。昔の日本語では語頭に濁音を使えないので、zはsだったはずです。濁っていないsuppori(すっぽり)なども無関係とは思えません。インド・ヨーロッパ語族で「下」を表した*supoあるいはそこから変化したラテン語のsubのような語が、日本語のzubuzubu(ズブズブ)などになったと見られます。

ここで、日本語のsuwaru(座る)に目を移しましょう。奈良時代には、suu(据う)という動詞がありました。現代の日本語のsueru(据える)になる動詞です。suu(据う)は他動詞であり、この他動詞からsuwaru(座る)という自動詞が生まれました。このような成り行きは十分わかりますが、奈良時代のsuu(据う)という動詞はつくづく変です。同じ奈良時代に存在したsuɸu(吸ふ)やsubu(統ぶ)は変ではありませんが、suu(据う)は変です。母音が連続しているところが変なのです。奈良時代の日本語では、母音は連続しないはずではなかったでしょうか。奈良時代のsuu(据う)だけでなく、uu(植う)も変です。これは一体どういうことでしょうか。

※奈良時代に存在したsubu(統ぶ)は「一つにする、まとめる」という意味を持つ動詞で、このsubu(統ぶ)に助詞のte(て)がくっついてできたのが現代の日本語のsubete(すべて)です。

「上(うえ)」と「下(した)」の語源

インド・ヨーロッパ語族のゲルマン系言語に見られる英語high(高い)、ドイツ語hoch(高い)ホーフ、ゴート語hauhs(高い)などがかつて*kauk-のような形をしていたと考えられることは話しました。そしてさらに、この*kauk-がウラル語族のフィンランド語のkaukana(遠くに、遠くで)と関係がありそうなことも話しました(フィンランド語は昔の発音を非常によく保存しています)。

長い、高い、遠い、深いの間にはつながりがあると述べましたが、そのようなつながりは日本語の内部にも見つけることができます。日本語には、中国語から入ったeien(永遠)という語があります。格調高い感じのする語ですが、「永遠」を冷静に見ると、「永」と「遠」がくっついているだけです。大体同じような発想で、昔の日本語のtoɸa(永遠)もtoɸo(遠)と同類と見られます。今ではそれぞれtowaとtooになっています。前者は(限りなく続く時間的な)長さ、後者は遠さを表していると考えられます。

toɸa(永遠)の類義語として、toko(常)という語もありました。tokonatu(常夏)のtoko(常)です。toko(常)とtoɸa(永遠)がくっついたと見られるtokotoɸa/tokotobaという語もありました。(限りなく続く時間的な)長さを表すtoɸa(永遠)はtoɸo(遠)と同類で、(限りなく続く時間的な)長さを表すtoko(常)はtaka(高)と同類と見られます。昔の日本語には、このような母音交替による語形成が数多く見られます。

※ちなみに、古代中国語のdzyang(常)ヂアンは、長さを意味することがあった「尙」と「巾」から「常」が作られたように、長い布が語源です。そこから「長く続く、ずっと続く」、さらに「いつもの、普段の、普通の」という意味が生じました。

すでに挙げたインド・ヨーロッパ語族のヒッタイト語parkuš(高い)とトカラ語pärkare(長い)のような対応は、ごくありふれたものです。インド・ヨーロッパ語族ではpark-のような形が可能ですが、子音の連続を許さない日本語ではparkuとできないのでparuになり、ここから広く知られているp→ɸ→hという変遷を経てharuka(はるか)やharubaru(はるばる)が生まれた可能性があります。haruka(はるか)のkaは、sizuka(静か)やsadaka(定か)などのkaと同じものでしょう。

とはいえ、さすがに日本語のharuka(はるか)とharubaru(はるばる)だけを見て、インド・ヨーロッパ語族の語彙と関係があるかないかと論じるのは無理があるので、ほかの語も交えながら話を進めることにしましょう。

「上」と「空」の語源

英語のoverという語はおなじみでしょう。前置詞などとして使われて「上」を表します。インド・ヨーロッパ語族の古典語を見ても、ラテン語super、古代ギリシャ語huper、サンスクリット語upariという語があり、英語のoverのように使われます。どうやら、頭子音のない*uperという形と頭子音のある*superという形が古くからあったようです。

※英語に見られるsuper-とhyper-はラテン語のsuperと古代ギリシャ語のhuperから来ています。「上」を意味するところから、「超えている、程度が甚だしい、行き過ぎだ」のような意味が生じます。

日本語のue(上)は、奈良時代にはuɸe、uɸa-という形で現れており、もともと*upaであったと考えられます。日本語の*upaとインド・ヨーロッパ語族の*uperの類似は目を引きます。奈良時代より前の日本語に、エ列の音がない、子音で終わることができないという特徴があったと見られることを考えれば、日本語の*upaとインド・ヨーロッパ語族の*uperは完全に合致します。目を引くのは日本語の*upaとインド・ヨーロッパ語族の*uperの類似だけではありません。*superのほうをもう少し詳しく見てみましょう。

ラテン語のsuperは後継言語においてフランス語sur、スペイン語sobre、ポルトガル語sobre、イタリア語sopra、ルーマニア語spreのような形を生み出しました。当然ですが、それぞれの言語でそれぞれの形に変化しています。もし昔の日本語の話者がイタリア語のsopraのような語を聞いたら、どうなるでしょうか。-pr-という子音連続が許されないので、soraまたはsopaと言うのではないでしょうか。

インド・ヨーロッパ語族の*uperと*superもどんどん変化していきます。言語によって変化の仕方はまちまちですが、uの部分がoになる、pの部分がb、v、fになる(英語のoverは昔はoferでした)、eの部分がつぶれるといった変化が目立ちます。このような変化を考慮に入れると、インド・ヨーロッパ語族の*uperは日本語のue(上)に、インド・ヨーロッパ語族の*superは日本語のsora(空)に関係がある可能性が高いのです。おそらく、日本語のsora(空)のもとになったのは、sopraのような語だったでしょう。

奈良時代の日本語には、suwe(末)という語もありました。奈良時代の人々は、山や木の先端をsuwe(末)と言っていました(現代のkozue(梢)はそのなごりです)。このsuwe(末)も、インド・ヨーロッパ語族の*superと関係がありそうです。廃れてしまいましたが、suwe(末)の類義語として、ure(末)という語もありました。このure(末)も、インド・ヨーロッパ語族の*uperと関係があるかもしれません(ure(末)の古形は*ura(末)と考えられるので、ウラル語族のフィンランド語のylä-(上)ウラなどとも関係があるかもしれません)。

インド・ヨーロッパ語族の*uperと*superの類が様々な形で日本語に現れているのを見ると、日本語はインド・ヨーロッパ語族と広く接していたのではないかと考えたくなります。

日本語のue(上)がインド・ヨーロッパ語族に関係しているのなら、日本語のsita(下)はどうでしょうか。