寝返りを打つという現象、そして「寝る」と「眠る」の語源へ

「下」を意味する語が、落ちること、倒れること、転ぶこと、さらにもっと抽象的になって、疲れること、衰えること、病むこと、死ぬことを意味するようになるのを見てきました。

「下」を意味する語からそのような語が生まれるのは十分理解できますが、「下」を意味する語から普通に横になること・寝ることを意味する語も生まれるのではないでしょうか。

死ぬことを意味するkoru、死なせることを意味するkorosu、koroʔ(ころっ)、korori(ころり)、korobu(転ぶ)から、下を意味する*koroという語があったのだろうと推測しましたが、この*koroから、横になること・寝ることを意味する語は生まれなかったのでしょうか。間違いなく生まれたでしょう。「goronする」や「gorogoroする」のような語を見れば明らかです。下を意味する*koroから、横になることを意味するgoron(ごろん)や横になっていることを意味するgorogoro(ごろごろ)が生まれるのはごく自然です。

korogaru(転がる)は、現代ではmawaru(回る)やkaitensuru(回転する)に似た意味を持っていますが、上に挙げた他の語彙と照らし合わせると、もともと横になること・横になっていることを意味していたのではないでしょうか。例えば、「死体が転がっている」と聞いた時、私たちが普通思い浮かべるのは、死体が回転しているところではなく、死体が横たわっているところです。こっちがkorogaru(転がる)のもとの意味ではないかというわけです。

では、横になること・横になっていることを意味していたkorogaru(転がる)に、mawaru(回る)やkaitensuru(回転する)に似た意味が生じたのはなぜでしょうか。それは、私たちが寝返りを打つからでしょう。横になっていて、全く動かなかったら、接地している部分に集中的に負担がかかります。だから、私たちは寝返りを打って、その負担を分散させます。寝返りを打つというのは、必要な行為なのです。

korogaru(転がる)は、mawaru(回る)とkaitensuru(回転する)に似ているところもありますが、違うところもあります。例えば、扇風機をつけて、羽根が回転しているところを思い浮かべてください。この時、kaitensuru(回転する)あるいはmawaru(回る)と言うことはできますが、korogaru(転がる)と言うことはできません。やはり、korogaru (転がる)は、人が寝返りを打つ姿から来ており、今でも意味に制限がかかっているのでしょう。

下を意味する語から、横になること・寝ることを意味する語が生まれることは、よくあります。「口(くち)」の語源の記事で、下を意味するut-やot-のような語があったことをお話ししましたが、ここからも寝ることを意味する語が生まれたようです。下を意味する*utu(utumuku(うつむく)に組み込まれています)およびそれと同源の*utaと*utoから、utatane(うたた寝)、uturautura(うつらうつら)、utouto(うとうと)などが生まれたと考えられます。

こうなると、neru(寝る)とnemuru(眠る)が怪しくなってきます。これらも、下を意味していた語から来たのではないでしょうか。奈良時代には、寝ることを意味するnu(寝)という動詞がありました。nu(寝)は下二段活用です。

奈良時代の下二段活用の動詞は、のちに下一段活用の動詞になりました。motomu(求む)がmotomeru(求める)になる、tugu(告ぐ)がtugeru(告げる)になる、nu(寝)がneru(寝る)になるという具合です。

奈良時代のnu(寝)の各活用形を見てください。「あらかじめ(予め)」とは?の記事で説明したように、奈良時代の動詞の六つの活用形の中で、もとの姿を最もよく示していると考えられるのは、未然形です。もとになった*neという語があったのではないかと考えられるのです。

「山(やま)」の語源、死者が行くという黄泉の国はどこにあったのか?の記事でお話ししたように、昔の日本人は死者の世界をネノクニ、シタツクニ、ヨモツクニ、ヨミノクニと言っていました。ここにneがあります。このneはなんでしょうか。下を意味していた語でしょう。

下を意味していた*neがもとになって、奈良時代のnu(寝)という動詞ができたと見られます。下を意味していた*neは、ne(根)にもなったかもしれません。

その一方で、nemuru(眠る)は、奈良時代にはneburu(眠る)でした。これも、これまで見てきた意味変化のパターンと同じでしょう。水のことをnam-、nim-、num-、nem-、nom-のように言う言語群が背景にあると見られます(mのところは、mであったり、bであったり、pであったりします)。日本語に少なからぬ影響を与えたタイ系言語およびそれらと類縁関係を持つ言語から成る言語群です(タイ語ではnaam(水))。水を意味するnam-、nim-、num-、nem-、nom-のような語が、雨を意味することもできないと、下を意味するようになります。

奈良時代の日本語の発音体系ではneにne甲類とne乙類の区別がないので判断が難しいですが、奈良時代のnu(寝)(つまりはそのもとになった下を意味していた*ne)とneburu(眠る)は語源的には互いに近い関係にないかもしれません。

 

補説

「根に持つ」と言うけれども

いつまでも恨むことを意味する「neに持つ」という表現がありますが、このneは根ではないでしょう。

奈良時代の日本語にnaka(中)という語がありましたが、na(中)と言うこともあったことがかすかに窺えます(上代語辞典編修委員会1967)。midu(水)とmi(水)という形があったように、naka(中)とna(中)という形があったわけです。

ma(目)がmeになったり、ta(手)がteになったりしたように、na(中)もneになったと見られます。「neに持つ」のneは、中、内、心、腹などを意味していた語でしょう。

現代の日本語でutiという語が中を意味するだけでなく、家を意味することがありますが、同じように、neも中を意味するだけでなく、家を意味することがあったと思われます。ne(家)とsumu(住む)がくっついたのが、nezumi(ねずみ)でしょう。人家に(勝手に)住みつくところから、そのように呼ばれたのです。

 

参考文献

上代語辞典編修委員会、「時代別国語大辞典 上代編」、三省堂、1967年。

倒れる人

「死ぬ」と「殺す」の語源の記事では、死ぬことを意味するkoruという自動詞と、殺すことを意味するkorosuという他動詞があったことをお話ししました。oku(起く)/okosu(起こす)、otu(落つ)/otosu(落とす)、oru(下る)/orosu(下ろす)などと同様のkoru/korosuというペアがあったのです。

しかしながら、上記の記事では、死ぬことを意味するkoruという自動詞自体がどこから来たのかという説明には至りませんでした。

「口(くち)」の語源の記事では、下を意味するkut-/kud-のような語から、kutakuta(くたくた)、guttari(ぐったり)、kutabireru(くたびれる)、kutabaru(くたばる)のような語が生まれるのを見ました。

下を意味する語から、落ちること、倒れること、転ぶことを意味する語が生まれるくらいなら、なんなく理解できるでしょう。ちなみに、日本人が「落ちる」と言うところで、英語ではfallを使いますが、日本人が「倒れる」あるいは「転ぶ」と言うところでも、英語ではfallを使います(fall downもよく使われます)。

しかし、上のkutakuta(くたくた)、guttari(ぐったり)、kutabireru(くたびれる)、kutabaru(くたばる)の例は、下を意味する語から、もっと抽象度が高くなりますが、疲れること・死ぬことを意味する語も生まれることを示しています。

特に、死ぬことを意味するkutabaru(くたばる)という語が生まれたことは注目に値します。下を意味する語から、死ぬことを意味する語が生まれるのは、珍しいケースなのでしょうか。それとも、よくあるケースなのでしょうか。どうやら、よくあるケースのようです。

koru/korosuはどうでしょうか。現代の日本語で死ぬことをkoroʔ(ころっ)/korori(ころり)と表現することがあるのも見逃せません。死を意味する*koroという語があったのではないかと考えたくなります。この*koroも、もともと下を意味していたのでしょうか。korobu(転ぶ)という語が存在するので、その可能性は極めて高いです。

下を意味する語から疲れること・死ぬことを意味する語が生まれるケースについてさらに検討したいところですが、日本語のsinu(死ぬ)は「死ぬ」と「殺す」の語源の記事で考察したように古代中国語からの外来語と考えられるので、日本語のtukaru(疲る)のほうに注目しましょう。

本ブログで何回か挙げている語彙ですが、歩くことを表すtuktuka(つかつか)や人を歩いて行かせることを意味するtukaɸu(使ふ、遣ふ)から、足・脚を意味する*tukaという語があったことが窺えます。この*tukaは、足・脚を意味する前は、下を意味していたでしょう。

日本語には、口からなにかを出すことを意味するɸaku(吐く)という語がありましたが、tuku(吐く)という語もありました。現代にも、「ため息をtuku」や「嘘をtuku」のような言い方が残っています。下を意味する*tukaが、一方では足・脚を意味するようになり、他方では穴・口を意味するようになっていたと見られます(下を意味する語が足・脚を意味するようになるパターンはわかりやすいと思いますが、下を意味する語が穴・口を意味するようになるパターンについては「口(くち)」の語源を参照してください)。iɸu(言ふ)の類義語であるtugu(告ぐ)も同源でしょう。

下を意味するtuk-のような語があったことは明らかであり、tukaru(疲る)もここから来ていると考えられます。

朝鮮語のtʃukta(死ぬ)チュクタ(語幹tʃuk-)も、下を意味する語が疲れること・死ぬことを意味するようになるパターンでしょう。

※奈良時代の日本語には以下の(3)と(4)の形しか現れませんが、大陸には(1)~(5)の形が広がっていたと考えられます。

(1)tʃak-、tʃik-、tʃuk-、tʃek-、tʃok-

(2)ʃak-、ʃik-、ʃuk-、ʃek-、ʃok-

(3)tak-、tik-、tuk-、tek-、tok-

(4)sak-、sik-、suk-、sek-、sok-

(5)tsak-、tsik-、tsuk-、tsek-、tsok-

(1)は[チャ、チ、チュ、チェ、チョ]の類、(2)は[シャ、シ、シュ、シェ、ショ]の類、(3)は[タ、ティ、トゥ、テ、ト]の類、(4)は[サ、スィ、ス、セ、ソ]の類、(5)は[ツァ、ツィ、ツ、ツェ、ツォ]の類です。北ユーラシアでも、東アジアでも、東南アジアでも、(1)~(5)の形はありふれています。

やはり、下を意味する語から、死ぬことを意味するkoru、死なせることを意味するkorosu、koroʔ(ころっ)、korori(ころり)、korobu(転ぶ)などが生まれたと考えるのが自然です。

意味を考えると、下を意味する語が倒れることを意味するようになり、倒れることを意味する語が疲れることや死ぬことを意味するようになるのでしょう。

古代中国語にtaw(倒)タウとbok(仆)という語がありました。taw(倒)とbok(仆)は類義語で、基本的には倒れることを意味しましたが、時に死ぬことも意味しました。やはり、「倒れる」と「死ぬ」の間は近いようです。

現代の日本語のtaoreru(倒れる)/taosu(倒す)は、奈良時代にはtaɸuru/taɸusuでした。taɸuru/taɸusuには、「倒」という字が当てられたり、「仆」という字が当てられたりしていました。

奈良時代の日本語にはtaɸuru/taɸusuのようにruとsuが付いて自動詞と他動詞になっている例が数多くありますが、ruとsuの前のtaɸuがなんなのか気になります。ひょっとして、古代中国語のtaw(倒)が日本語にtaɸuru(倒る)/taɸusu(倒す)という形で入ったのでしょうか。これは突拍子もない考えではありません。例えば、古代中国語のkæw(交)カウと日本語のkaɸu(交ふ)/kaɸasu(交はす)を見比べてみてください。怪しげです。

古代中国語のtaw(倒)だけでなく、bok(仆)も気になります。日本語には、死ぬことを表すpokuʔ(ぽくっ)/pokkuri(ぽっくり)という語もあるからです。

古代中国語のtaw(倒)が日本語のtaɸuru(倒る)/taɸusu(倒す)になったのかもしれないし、そうでないかもしれません。古代中国語のbok(仆)が日本語のpokuʔ(ぽくっ)/pokkuri(ぽっくり)になったのかもしれないし、そうでないかもしれません。

しかし、古代中国語のtaw(倒)と日本語のtaɸuru(倒る)/taɸusu(倒す)が同じところから来ている可能性、古代中国語のbok(仆)と日本語のpokuʔ(ぽくっ)/pokkuri(ぽっくり)が同じところから来ている可能性は非常に高そうです。

「山(やま)」の語源、死者が行くという黄泉の国はどこにあったのか?

本ブログでは、日本語の様々な語源を明らかにしてきましたが、まだyama(山)の語源を明らかにしていません。この語は、意味のほうは難しくないのです。水を意味していた語が、その横の盛り上がった土地、丘、山、高さを意味するようになるパターンでしょう。難しいのは、語形のほうです。

古代北ユーラシアで水のことをjark-、jirk-、jurk-、jerk-、jork-(jは日本語のヤ行の子音です。rの部分はrであったりlであったりします)のように言っていたことは再三お話ししていますが、jark-、jirk-、jurk-、jerk-、jork-のような形から果たしてjam-、jim-、jum-、jem-、jom-のような形が生まれるかというのは重大な問題です。

考えてみてください。jark-からjam-が生まれるのなら、ark-からam-が生まれることだってあるでしょう。kark-からkam-が生まれ、sark-からsam-が生まれ、tark-からtam-が生まれ、nark-からnam-が生まれることだってあるでしょう。これは、日本語の語彙全体にも関わる問題なのです。

言葉の変化を追跡する、よく起きる変化とまれに起きる変化、イタリア語とスペイン語の例からの記事でお話ししたように、ヨーロッパから東アジアまでの非常に広い範囲で、足・脚のことをkalk-のように言っていたことが窺えます。

しかし、古ノルド語(アイスランド語、ノルウェー語、スウェーデン語、デンマーク語などのもとになった言語)にはkalfr(膝から足首までの部分)という語があり、これが英語のcalf(ふくらはぎ)になりました。kalk-という形ではなく、kalf-という形をしています。

これがおかしな現象でないことは、前回の記事の最後に示した古英語færbu(色)ファルブ、ドイツ語Farbe(色)ファルブ、オランダ語verf(塗料)フェルフ、デンマーク語farve(色)ファーウ、スウェーデン語färg(色)ファリ、ノルウェー語farge(色)ファルゲ、アイスランド語farfi(色)ファルヴィを見てもわかります。

古ノルド語にlagr(低い)という語がありましたが、現在では、デンマーク語lav(低い)レウ、スウェーデン語låg(低い)ローグ、ノルウェー語lav(低い)ラーヴ、アイスランド語lágur(低い)ラグルになっています。英語のlow(低い)も、古ノルド語からの外来語で、昔はlahと綴られていました。

唇のところで作る音(m、p、b、f、v、wなど)と口の奥のほうで作る音(k、g、x、hなど)の間に、ある程度行き来があると考えざるをえません。

確かに、唇のところで作る音は、唇のところで作る音同士で変化しやすいです。口の奥のほうで作る音は、口の奥のほうで作る音同士で変化しやすいです。しかし、そういう変化だけでなく、唇のところで作る音が口の奥のほうで作る音に変化する、あるいは口の奥のほうで作る音が唇のところで作る音に変化する場合もあるということです。

唇のところで作る音というのは、最も前方で作られる音で、口の奥のほうで作る音というのは、最も後方で作られる音なので、両者は隔絶しているかのような印象を与えがちです。しかし、唇のところで作る音と口の奥のほうで作る音には、舌(舌の前方)を使わないという共通点があり、両者は完全には隔絶していないのです。

インド・ヨーロッパ語族だけでなく、ウラル語族の例も示しておきましょう。例えば、フィンランド語のjärvi(湖)ヤルヴィとtalvi(冬)を見てください。

järvi(湖)の背後には水の存在があるでしょう。talvi(冬)の背後には寒さ、冷たさ、雪または氷があり、その背後にはやはり水の存在があるでしょう。しかし、järvi(湖)はjärk-という形ではなくjärv-という形をしているし、talvi(冬)はtalk-という形ではなくtalv-という形をしています。

jark-→tʃark-→tark-のような変化が起きますが(言葉の変化を追跡する、よく起きる変化とまれに起きる変化、イタリア語とスペイン語の例からを参照)、kが、口の奥のほうで作る音のままでいるとは限らず、唇のところで作る音になることもあるわけです。

フィンランド語のkorva(耳)とkolme(3)も見てください。

何度も繰り返しているので短く述べますが、korva(耳)は、水→横→耳のパターン、kolme(3)は、水→横→2のパターン(最終的に2を意味することができず、2より大きい数を意味するようになるパターン)です。しかし、korva(耳)はkork-という形ではなくkorv-という形をしているし、kolme(3)はkolk-という形ではなくkolm-という形をしています。

jork-→xork-→kork-のような変化が起きますが(言葉の変化を追跡する、よく起きる変化とまれに起きる変化、イタリア語とスペイン語の例からを参照)、kが、口の奥のほうで作る音のままでいるとは限らず、唇のところで作る音になることもあるわけです。ちなみに、フィンランド語にはkorkea(高い)という語もあり、この語はkork-という形をしています。

このような現象が広く観察されることから、当然、jark-、jirk-、jurk-、jerk-、jork-のような形からjarm-、jirm-、jurm-、jerm-、jorm-のような形が生まれたり、jak-、jik-、juk-、jek-、jok-のような形からjam-、jim-、jum-、jem-、jom-のような形が生まれたりしていたと考えられます(mの部分は、mであったり、pであったり、bであったり、fであったり、vであったり、wであったりします)。

日本語のyama(山)やyabu(藪)なども、そのことを物語っています。yama(山)は、水を意味していた語が、その横の盛り上がった土地、丘、山、高さを意味するようになるパターンでしょう。yabu(藪)は、水を意味していた語が、その横の草木を意味するようになるパターンでしょう。

※水・水域を意味するjark-、jirk-、jurk-、jerk-、jork-(jar-、jir-、jur-、jer-、jor-、jak-、jik-、juk-、jek-、jok-)のような語から来たのがika(イカ)で(iruka(イルカ)もそうです)、jam-、jim-、jum-、jem-、jom-のような語から来たのがyebi(エビ)と考えられます。ika(イカ)も、tako(タコ)も、same(サメ)も、ɸuka(フカ)も、水・水域を意味する語から来ていました。yebi(エビ)だけ違うとは考えづらいです。yebi(エビ)はebi(エビ)になりましたが、子音j(日本語のヤ行の子音)は消えやすいです。jam-、jim-、jum-、jem-、jom-のような語だけでなく、am-、im-、um-、em-、om-のような語も古くから東アジアにあり、ここからすでに解説したama(雨)、amaru(余る)、abaru(暴る)、aburu(溢る)、abu(浴ぶ)などの語彙が来たと考えられます。

最後に、関連する話題として、yominokuni(黄泉の国)の話を補説に記しておきます。

 

補説

黄泉の国はどこにあったのか?

奈良時代の人々はyomiを「黄泉」と書き表していましたが、yomiは黄にも泉にも関係がないと見られます。中国では死者の世界を「黄泉」と書くらしいぐらいの認識だったでしょう。

三省堂時代別国語大辞典上代編(上代語辞典編修委員会1967)では、yomi(黄泉)について以下のように解説しています。

「交替形としてヨモがある。上代の葬地は山坂・山上など山野に設けられることが多かった。後世も葬地・他界の意でヤマという語が多く用いられているが、ヨミはあるいは山ヤマという語と関係があり、ア列音とオ列乙類音が交替して類義語を構成する一つの例ではないかと考える説もある。一方、死後の世界はネノクニ・シタツクニともいい、地下の国とも考えられていた。交替形にヨモがあり、木—木の交替の例から考えて、ミの仮名は乙類と考えられる。」

yominokuni(黄泉の国)はyomotukuni(黄泉つ国)とも言われていました。ki(木)よりko(木)のほうが古いように、yomi(黄泉)よりyomo(黄泉)のほうが古いと見られます。

三省堂時代別国語大辞典上代編が指摘しているように、ネノクニ・シタツクニという表現があったことは注目に値します。ネノクニのネ、シタツクニのシタと同様に、yomo/yomi(黄泉)は「下」を意味していた可能性があります。この可能性は高そうです。

奈良時代にも、yomu(読む)という語がありました。現代では、yomu(読む)というとまず黙読を思い浮かべると思いますが、奈良時代には、yomu(読む)は基本的に発声行為を意味していました。現代にも、「歌を詠む」という言い方が残っています。yomu(読む)が発声行為を意味していたとなると、口を意味するyom-のような語があったと推測されます。yomu(読む)のyoは乙類で、yobu(呼ぶ)のyoは甲類という違いはありますが、yobu(呼ぶ)も無関係ではないでしょう。

「口(くち)」の語源の記事で、水→雨→下→穴→口という意味変化のパターンを示しました。これは、人類の言語の語彙が形成されていくうえで、とても重要なパターンです。水を意味するjam-、jim-、jum-、jem-、jom-のような語もこのような変化を見せていたにちがいありません。同じ「口(くち)」の語源の記事で、「下」を意味していた語が、疲れたり、衰えたり、死んだりすることを意味するようになる例もありました。yamu(病む)もこのパターンと思われます。「下」からの意味展開が違いますが、yamu(止む)もおさまること・静まることを意味していたのかもしれません。同じ記事で、「下」を意味していた語が崩壊・破壊を意味するようになる例もありました。yaburu(破る)もこのパターンと思われます。奈良時代のyaburu(破る)は、現代の崩す、崩れる、壊す、壊れるに近いです。

口を意味するyom-のような語があったということは、遡れば、穴を意味するyom-のような語があった、下を意味するyom-のような語があったということです。yomo/yomi(黄泉)は「下」を意味していた語と考えてよいでしょう。人類は死者を埋めてきたわけですから、死者の世界が地の下にあると考えたのは自然です。古代中国語のhwang dzjwen(黃泉)フアンヂウエン自体も、地の下にあると考えられた死者の世界です。

「下」を意味していた語が、疲れたり、衰えたり、病んだり、死んだりすること意味するようになるのであれば、yawa(やわ)、yowa(弱)、yoboyobo(よぼよぼ)などの語も関係があるかもしれません。

 

参考文献

上代語辞典編修委員会、「時代別国語大辞典 上代編」、三省堂、1967年。