日本語の起源と歴史に興味を持つすべての方へ

本ブログの記事一覧はこちら

こんにちは。金平譲司と申します。ここに「日本語の意外な歴史」と題するブログを立ち上げました。

このブログは、日本語ならびに日本語と深い関係を持つ言語の歴史を解明するものです。言語学者だけでなく、他の分野の専門家や一般の方々も読者として想定しています。

謎に包まれてきた日本語の起源

日本語はどこから来たのかという問題は、ずいぶん前から様々な学者によって論じられてきましたが、決定的な根拠が見つからず、大いなる謎になってしまった感があります。しかしながら、筆者の研究によってようやくその全貌が明らかになってきたので、皆さんにお話ししようと思い立ちました。

日本語は、朝鮮語、ツングース諸語(エヴェンキ語、満州語など)、モンゴル諸語(モンゴル語、ブリヤート語など)、テュルク諸語(トルコ語、中央アジアの言語など)と近い関係にあるのではないか、あるいはオーストロネシア語族(台湾、フィリピン、インドネシア、マレーシア、オセアニアなどの言語から成る言語群)と近い関係にあるのではないかというのが従来の大方の予想でしたが、これらの予想はポイントを外しています。

中国語を見て全く違うと感じた日本人が、日本語は北方の言語と関係があるのではないか、南方の言語と関係があるのではないかと考えたのは、至極当然のことで、北方の言語と南方の言語に視線を注ぐこと自体は間違っていません。問題なのは、北方のごく一部の言語と南方のごく一部の言語に関心が偏ってしまったことです。

上記の言語のうちで、朝鮮語、ツングース諸語、モンゴル諸語、テュルク諸語は、日本語によく似た文法構造を持つことから、日本語に近縁な言語ではないかと盛んに注目されてきました。同時に、ツングース諸語、モンゴル諸語、テュルク諸語は、互いに特に近い関係にあるとみなされ、いわゆる「アルタイ語族」という名でひとまとめにされることがしばしばありました。日本語の起源をめぐる議論は、このような潮流に飲まれていきました。

しかしながら、筆者がこれから明らかにしていく歴史の真相は、かなり違います。日本語は、朝鮮語、ツングース諸語、モンゴル諸語、テュルク諸語と無関係ではないが、別の言語群ともっと近い関係を持っているようなのです。

実を言うと、筆者は日本語やその他の言語の歴史に興味を持つ人間ではありませんでした。筆者は若い頃にフィンランドのヘルシンキ大学で一般言語学や様々な欧州言語を学んでいましたが、その頃の筆者の興味は言語と思考の関係や外国語の学習理論などで、もっぱら現代の言語に関心が向いていました。歴史言語学の講義もありましたが、特に気に留めていませんでした。

筆者が言語の歴史について真剣に考えるようになったきっかけは、ロシアの北極地方で少数民族によって話されているサモエード諸語との出会いでした。サモエード諸語は、フィンランド語やハンガリー語と類縁関係にある言語です。フィンランド語とハンガリー語はヨーロッパの中では異色の存在で、北極地方の少数民族の言語と類縁関係を持っています。フィンランド語、ハンガリー語、サモエード諸語などから成る言語群は、「ウラル語族」と呼ばれます。

言語学者が使う「語族」という用語について若干説明しておきます。私たちが万葉集や源氏物語の言葉を見ると、「読みにくいな」と感じたり、「なにを言っているのかわからないな」と感じたりします。言語は時代とともに少しずつ変化しています。言語は単に変化するだけでなく、分化もします。ある程度広い範囲で話されている言語には、地域差が生じてきます。

この地域ごとに少しずつ異なる言葉が方言です。しかし、これらの方言が地理的に隔たってさらに長い年数が経過すると、最初は小さかった方言同士の差が大きくなっていき、やがて意思疎通ができないほどになります。

あまりに違いが大きくなれば、もう方言ではなく、別々の言語と言ったほうがふさわしくなります。一律の学校教育やマスメディアが発達していない時代には、この傾向は顕著です。ある言語が別々の言語に分化するのです。分化してできた言語がさらに分化することもあります。言語学では、おおもとの言語と分化してできた諸言語をまとめて「語族」といいます。世界で最もよく知られている語族は、インド・ヨーロッパ語族と呼ばれる語族で、英語、ドイツ語、フランス語、ロシア語などはこの語族に属します。例えるなら、イヌ、オオカミ、キツネ、タヌキが共通祖先を持っているように、英語、ドイツ語、フランス語、ロシア語は共通祖先を持っているということです。

日本語とウラル語族

英語などが属するインド・ヨーロッパ語族は巨大な言語群ですが、フィンランド語やハンガリー語が属するウラル語族はこじんまりとした言語群です。ウラル語族の言語は、ロシアの北極地方から北欧・東欧にかけて分布しています。地理的に遠く離れているので、ウラル語族の言語は一見したところ東アジアの言語、特に日本語とはなんの関係もないように見えますが、実はここに大きな盲点があります。日本語の歴史を考えるうえで大変重要になるので、ウラル語族の話を続けます。以下にウラル語族の内部構造を簡単に示します。

ウラル語族の言語を研究する学者の間に意見の相違がないわけではありませんが、上の図は従来広く受け入れられてきた見方です。ウラル語族の言語は、まずフィン・ウゴル系とサモエード系に分かれ、フィン・ウゴル系はそこからさらにフィン系とウゴル系に分かれます。フィンランド語はフィン系に属し、ハンガリー語はウゴル系に属します。サモエード系の言語は、ロシアの北極地方に住む少数民族によって話されています。現在残っているサモエード系の言語はネネツ語、エネツ語、ガナサン語、セリクプ語の四つのみで、特に後の三つは消滅の危機にあります。

サモエード系の言語は、フィンランド語やハンガリー語と同じウラル語族の言語ですが、フィンランド語やハンガリー語とは文法面でも語彙面でも著しく異なっています。同じ言語から分かれた言語同士でも、別々の道を歩み始め、何千年も経過すれば、似ても似つかない言語になってしまいます。特に、サモエード系の言語が辿った運命とフィンランド語・ハンガリー語が辿った運命は対照的です。サモエード系の言語は、北極地方にとどまり、他の言語との接触が比較的少なかったために、昔の姿をよく残しています。それに対して、フィンランド語とハンガリー語は、有力な言語がひしめくヨーロッパに入り込み、大きく姿を変えました。サモエード系の言語は、いわば「生きた化石」です。人類の歴史を解明するうえで、大変重要な言語です。サモエード系の言語との出会いは、筆者にとってショッキングな出来事でした。これ以降、筆者は言語の歴史について本格的に研究し始めることになります。

筆者が初めてサモエード系の言語を見た時には、「文法面ではモンゴル語やツングース諸語に似ているな」という第一印象を受けました。しかし、よく調べると、「あれっ、語彙面では日本語に似ているな」という第二印象を受けました。少なくとも言語の根幹をなす基礎語彙に関しては、モンゴル語やツングース諸語より、ウラル語族のサモエード系の言語のほうが日本語に近いと思いました。なんとも不思議な感じがしました。なんで日本の近くで話されているモンゴル語やツングース諸語より、北極地方で話されているウラル語族のサモエード系の言語のほうが日本語に近いんだろうと考え始めました。様々な言語を見てきましたが、サモエード系の言語には今までにない特別なものを感じました。なにか重大な秘密が隠されている予感がしました。

フィンランド語とハンガリー語だけを見ていた時は気づかなかったのですが、サモエード系の言語を介しながらフィンランド語とハンガリー語を見てみると、やはりフィンランド語とハンガリー語にも日本語との共通語彙があります。日本語の中にある、ウラル語族と共通している語彙、そしてウラル語族と共通していない語彙を見分けていくうちに、二つの疑問が頭に浮かんできました。一つ目の疑問は、日本語の祖先とウラル語族の言語の祖先の接点は地理的にどの辺にあったのだろうという疑問です。二つ目の疑問は、日本語の中にある、ウラル語族と共通していない語彙はどこから来たのだろうという疑問です。日本語の中には、ウラル語族と共通している語彙も多いですが、共通していない語彙も多いのです。

東アジアには黄河文明とは違う文明が存在した

ウラル語族の各言語の語彙を研究するうちに、ウラル語族が日本語だけでなく、モンゴル語、ツングース諸語、朝鮮語、さらには中国語にもなんらかの形で関係していることが明らかになってきたので、ウラル語族の言語と東アジア・東南アジアの言語の大々的な比較研究を開始しました。着実かつ合理的に歴史を解明するため、考古学および生物学の最新の研究成果を適宜参照しました。考古学も生物学も近年めざましい発展を遂げており、数々の重要な発見がありました。

かつては、メソポタミア文明、エジプト文明、インダス文明、そして東アジアの黄河文明が並べられ、世界四大文明と呼ばれていました。ところが、その後の発見によって、東アジアには黄河文明のほかに二つの大きな文明が存在したことがわかってきました(このテーマを包括的に扱った書籍はいくつかありますが、考察の広さ・深さの点でShelach-Lavi 2015が優れています)。

その二つの大きな文明とは、長江文明と遼河文明(りょうがぶんめい)です。日本列島で縄文時代が進行する間に、大陸側はこのようになっていたのです。黄河文明と長江文明に比べて、遼河文明は知名度が高くないかもしれません。しかし、遼河文明は、日本語の歴史を解明するうえで重要な鍵を握っているようなのです。

生物学が発達し、人間のDNA配列が調べられるようになりました。DNA配列は、正確には「DNAの塩基配列」といい、アデニンA、チミンT、グアニンG、シトシンCという四種類の物質が作る列のことです。最近では、生きている人間のDNA配列だけでなく、はるか昔に生きていた人間のDNA配列も調べられるようになってきました。大変興味深いことに、遼河文明が栄えていた頃に遼河流域で暮らしていた人々のDNA配列を調べた研究があります(Cui 2013)。

人間は父親と母親の間に生まれるので、子のDNA配列が父親のDNA配列と100パーセント一致することはなく、子のDNA配列が母親のDNA配列と100パーセント一致することもありません。しかし、父親から息子に代々不変的に受け継がれていく部分(Y染色体DNA)と、母親から娘に代々不変的に受け継がれていく部分(ミトコンドリアDNA)があります。代々不変的に受け継がれていく部分と書きましたが、この部分にも時に突然変異が起きます。つまり、その部分のDNA配列のある箇所が変化するのです。変化していないY染色体DNA配列を持つ男性がそれを息子に伝える一方で、変化したY染色体DNA配列を持つ男性がそれを息子に伝えるということが起き始めます。同様に、変化していないミトコンドリアDNA配列を持つ女性がそれを娘に伝える一方で、変化したミトコンドリアDNA配列を持つ女性がそれを娘に伝えるということが起き始めます。こうして、時々起きる突然変異のために、Y染色体DNAのバリエーション、ミトコンドリアDNAのバリエーションができてきます。人類の歴史を研究する学者は、このY染色体DNAのバリエーション、ミトコンドリアDNAのバリエーションに注目するのです。

先ほど述べた遼河流域の人々のDNA研究は、Y染色体DNAのバリエーション(例えば、C系統か、D系統か、N系統か、O系統か)を調べたものです。その結果はどうだったでしょうか。古代の人々の研究なのでサンプル数は限られていますが、それでも大まかな傾向は十分に捉えられています。遼河文明が栄えていた頃の遼河流域では、当初はN系統が圧倒的に優勢だったが、次第にO系統とC系統が増え(つまり他の地域から人々が流入してきたということ)、N系統はめっきり少なくなってしまったようです。現在の日本、朝鮮半島、中国では、N系統はほんの少し見られる程度です(Shi 2013)。対照的に、ウラル語族の言語が話されているロシアの北極地方からフィンランド方面にかけてN系統が非常に高い率で観察されています(Rootsi 2007)。

見え始めた日本語の正体

筆者もウラル語族の言語が東アジアの言語と深い関係を持っていることを知った時には大いに驚きましたが、考古学・生物学の発見と照らし合わせると、完全に合致します。日本語がウラル語族の言語と深い関係を持っていることは非常に興味深いですが、もう一つ興味深いことがあります。日本語の中には、ウラル語族と共通している語彙も多いですが、共通していない語彙も多く、ウラル語族とは全く異なる有力な言語群も日本語の形成に大きく関与したようなのです。

ウラル語族の言語と東アジア・東南アジアの言語の大々的な比較研究を行い、様々な紆余曲折はありましたが、漢語流入前の日本語(いわゆる大和言葉)の語彙構成が以下のようになっていることがわかってきました。

「ウラル語族との共通語彙」も多いですが、「黄河文明の言語との共通語彙」と「長江文明の言語との共通語彙」も多く、この三者で漢語流入前の日本語の語彙の大部分を占めています。

「その他の語彙1」というのは、日本語が大陸にいた時に取り入れた語彙で、「ウラル語族との共通語彙」にも、「黄河文明の言語との共通語彙」にも、「長江文明の言語との共通語彙」にも該当しないものです。

「その他の語彙2」というのは、日本語が縄文時代に日本列島で話されていた言語から取り入れた語彙です。

漢語流入前の日本語の語彙構成の特徴的なところは、なんといっても、語彙の大きな源泉が三つあることです。三つの有力な言語勢力が交わっていたことを窺わせます(遼河文明と黄河文明と長江文明の位置を思い出してください)。

「日本語の意外な歴史」では、ウラル語族との共通語彙、黄河文明の言語との共通語彙、長江文明の言語との共通語彙、その他の語彙1、その他の語彙2、いずれも詳しく扱っていきます。

では、日本語およびその他の言語の歴史を研究するための準備に取りかかりましょう。

 

外国語の単語の表記について

英語と同じようなアルファベットを使用している言語では、それをそのまま記します。言語学者が諸言語の発音を記述するのに使う国際音声記号(IPA)というのがありますが、音韻論の専門家でない限り、多くが見慣れない記号です。そのため、本ブログではIPAの使用はできるだけ控えます。特に朝鮮語は、IPAを用いて記すと複雑になるため、市販されている初心者向けの韓国語の文法書で採用されている書き方にならいました。一般の読者にとって見慣れない記号を用いる場合には、補助としてのカタカナ表記を付け加えます。慣習を考慮し、ヤ行の子音は基本的に、北方の言語(ウラル語族の言語など)では「j」で表し、南方の言語(中国語、東南アジアの言語)では「y」で表します。古代中国語のアルファベット表記の仕方は、Baxter 2014に従います。

 

参考文献

Baxter W. H. et al. 2014. Old Chinese: A New Reconstruction. Oxford University Press.

Cui Y. et al. 2013. Y chromosome analysis of prehistoric human populations in the West Liao River Valley, Northeast China. BMC Evolutionary Biology 13: 216.

Rootsi S. et al. 2007. A counter-clockwise northern route of the Y-chromosome haplogroup N from Southeast Asia towards Europe. European Journal of Human Genetics 15: 204-211.

Shelach-Lavi G. 2015. The Archaeology of Early China: From Prehistory to the Han Dynasty. Cambridge University Press.

Shi H. et al. 2013. Genetic evidence of an East Asian origin and paleolithic northward migration of Y-chromosome haplogroup N. PLoS One 8(6): e66102.


►言語の歴史を研究するための準備へ

インディアンと日本語の深すぎる関係

前回の記事では、ヤナ川、レナ川、エニセイ川の話をしました。さらに西に、オビ川という大きな川があります。ヤナ川、レナ川、エニセイ川の場合と同様に、オビ川のオビがかつての住民の言語で「水(あるいは川)」を意味する一般的な語であった可能性を検討しなければなりません。

すでに挙げた例ですが、ヨーロッパ方面には、ラテン語のumere/umidus(濡れている)、umor(液体)のような語があります。東アジア方面には、ツングース諸語で飲むことを意味するエヴェンキ語ummī(語幹um-、以下同様)、ウデヘ語umimi(umi-)、ナナイ語omiori(omi-)、ウイルタ語umiwuri(umi-)、満州語omimbi(omi-)のような語があります。これらは、日本語のumi(海)とともに、「水」の存在を感じさせます。古代北ユーラシアに、水のことをjak-、jik-、juk-、jek-、jok-(jは日本語のヤ行の子音)のように言う言語群がある一方で、水のことをum-のように言う言語群もあったのではないかと考えたくなります。遠く離れたヨーロッパと東アジアにum-のような語が見られるのであれば、ヨーロッパと東アジアの間の地域にもそのような語があったでしょう。

長い歴史の中でum-という形が全く不変であるはずはなく、上のツングース系言語のom-のように変化することもあります。「馬」がmaとbaと読まれたり、「美」がmiとbiと読まれたり、「武」がmuとbuと読まれたりするように、mとbの間は変化が起きやすいところなので、ub-、ob-のような形も生じます。日本語のumi(海)もそうですが、日本語のoboru(溺る)も無関係でないでしょう。オビ川が注目されます。

オビ川のほかにもう一つ注目すべき有名な川があります。アムール川です。オビ川はウラル山脈の近くにありますが、アムール川は日本の近くにあります。極東のロシアと中国の国境のところを流れています。アムール川周辺はツングース諸語が集まっていますが、そのツングース諸語にエヴェンキ語āmut(湖)、ナナイ語amoan(湖)、満州語omo(湖)のような語が見られます。またしても「水」の存在が感じられます。日本語のama(雨)やama(海人、海に潜って貝類や海藻を採る人)が想起されます。mとbの間で変化が起きやすいことを考えると、abu(浴ぶ)やaburu(溢る)(現代のabureruとahureruにつながります)も無関係でないでしょう。溺れる時のappuappu(あっぷあっぷ)も関係がありそうです。

※昔のaburu(溢る)とamaru(余る)は使い方が重なっており、ひょっとしたら、amaru(余る)ももともと、水が入りきらずに出てしまうことを意味していたのかもしれません。

こうして見ると、古代北ユーラシアで水のことをjak-、jik-、juk-、jek-、jok-のように言っていた言語群だけでなく、水のことをam-、um-、om-のように言っていた言語群も考えないわけにはいきません。北ユーラシアの代表的な河川は、そのことをまざまざと示しています。

やはり、南米のインディアンのケチュア語yaku(水)のような語だけでなく、アイマラ語uma(水)のような語も、北ユーラシアと深くつながっているようです。北ユーラシア全体と同じく、アムール川周辺も、インディアン諸語と系統関係を持つ言語群が支配的だったと見られます。位置関係からして、この言語群と遼河文明の言語の間になにがあったのか詳しく調べなければならないでしょう。

 

補説

日本の河川と縄文時代

北ユーラシアの河川の例は、大変示唆的です。

筆者は日本の神奈川県出身で、東京都と神奈川県の境を流れる多摩川から少し離れたところで生まれ育ちました。神奈川も多摩川も筆者にとってなじみの固有名詞ですが、神奈川の「神奈」も多摩川の「多摩」も、適当に漢字があてられた感じが強く、必ずしも日本語とは限りません。もとから日本語にあると考えられてきた語の多くが実は外来語であるというのは、本ブログで示している通りです。日本の地名も、漢字があてられて、すっかり日本風になっていますが、注意が必要です。

本ブログで明らかにしている日本語の語彙の語源からして、日本語が縄文時代に日本列島で話されていた言語から受けた影響はさほど大きくないと見られます。しかし、日本語の成り立ちという観点からすればそうですが、縄文時代の日本列島にだれがいたのかと興味を持っている方も少なくないと思います。

インド・ヨーロッパ語族、ウラル語族、そして上のケチュア語とアイマラ語の例は、人間が「水」を意味する語をなかなか取り替えないことを示しています。多少発音が変化することはありますが、同じ語を使い続けるわけです。特に、ケチュア語やアイマラ語は、2万数千年前にLast Glacial Maximum(最終氷期最盛期)が始まった頃からユーラシア側との接触を断っていると考えられます(ベーリング陸橋、危ない橋を渡った人々を参照)。そして今もなお、yaku(水)やuma(水)のような語を使い続けているのです。

日本の縄文時代が始まったのは、16000年前ぐらいです。縄文時代の初期およびそれより後の時期に今の日本の領域に入った人々も、「水」を意味する語をなかなか取り替えなかったはずです。それらの人々の言語は、弥生時代のはじめ頃にやって来た新しい言語(すなわち日本語)によって消し去られてしまいましたが、「水(あるいは川)」を意味していた語は、北ユーラシアの例のように、河川名に残った可能性が高いです。

日本の各地方の代表的な河川をざっと見渡しただけでも、「怪しい河川名」がかなりあります。日本の縄文時代の言語状況がどのようになっていたか、どのくらい一様だったかあるいはどのくらい多様だったかというのは、大変難しい問題です。少なくとも、日本の河川その他の名称に細心の注意を払わなければならないことは間違いなさそうです。

ユーラシア大陸の河川に隠された人類の壮大な歴史

古代文明が発生したナイル川、チグリス・ユーフラテス川、インダス川、黄河などは大いに注目されてきましたが、北ユーラシアの河川も人類の歴史を考えるうえで極めて重要です。

ベーリング陸橋、危ない橋を渡った人々の記事では、ベーリング地方からやや離れたところにある3万年前ぐらいのものと推定されるヤナ川の遺跡に言及しました。ヤナ川は北極海に注ぐ河川で、そこから西のほうには、同じく北極海に注ぐ巨大なレナ川、エニセイ川、オビ川が並んでいます。オビ川の向こうにはウラル山脈があり、ここがシベリアの終わりです。

当然、ヤナ川、レナ川、エニセイ川、オビ川にも語源があります。ヤナ、レナ、エニセイ、オビはロシア語ではありません。ロシア人がシベリアに進出し始めたのは、16~17世紀で、最近のことです。はるかに前からヤナ川、レナ川、エニセイ川、オビ川流域で暮らしていた人々がいました。

まず、ヤナ川の話から始めましょう。ツングース系のエヴェンキ語にjenē(川)イェネーという語があります。一般的に使われるのはbira(川)で、jenē(川)はマイナーな語です。ツングース系の言語は、テュルク系の言語、モンゴル系の言語、そしてロシア語に押されてかなり衰えてしまいましたが、かつてはもっと北ユーラシアで栄えていたと見られます。エヴェンキ語のjenē(川)はヤナ川のヤナに関係があるかといえば、あるでしょう。しかし、ヤナ川の語源はツングース系言語のエヴェンキ語jenē(川)の類であるとして解決済みにしてしまうのは物足りません。フィンランド語joki(川)ヨキ、ハンガリー語jó(川)ヨー、ネネツ語jaxa(川)ヤハなどは、かつて北ユーラシアで水のことをjak-、jik-、juk-、jek-、jok-のように言っていた巨大な言語群から入った外来語と考えられます。同じように、エヴェンキ語のjenē(川)も外来語かもしれません。というより、エヴェンキ語のjenē(川)は、ツングース系言語の標準的な語彙ではないので、外来語であることが確実です。

レナ川とエニセイ川も気になります。現地での実際の発音は、レナよりもリェナ、エニセイよりもイェニセイに近いです。ヤナ、jenē(川)、リェナ、そしてイェニセイのイェニと、全部似ています(イェニセイのセイは後からやって来た人間集団が水・水域・川を意味する語をくっつけた可能性があります)。北ユーラシアを大きく覆っていた勢力があったのではないかと考えたくなります。となると、思い当たるのが、水のことをjak-、jik-、juk-、jek-、jok-のように言っていた巨大な言語群です。

ここで、フィンランド語jää(氷)ヤー、ハンガリー語jég(氷)イェーグのような形だけでなく、マンシ語jāŋk(氷)ヤーンク、ハンティ語jeŋk(氷)イェンクのような形もあったことを思い出してください。古代中国語のyek(液)イエクやyang(洋)イアンも同様です。かつて北ユーラシアで水のことをjak-、jik-、juk-、jek-、jok-のように言っていた巨大な言語群に、「jak-、jag-」のような語形だけでなく、「jank-、jang-」のような語形があったことが窺えます。あったのは「jak-、jag-」のような語形と「jank-、jang-」のような語形だけでしょうか。実は「jan-」のような語形もあったのではないでょうか。こう考えると、先ほどのヤナ、jenē(川)、リェナ、そしてイェニセイのイェニも納得がいきます(前回の記事で南米のインディアンのケチュア語、アラワク系の言語、ゲ系の言語、トゥピ系の言語などの話をしましたが、アラワク系の言語もこれで納得がいきます)。

ヤナ、jenē(川)、リェナ、そしてイェニセイのイェニのうちで、リェナは頭子音が異なっています。ではリェナは別物なのかというと、そうとは言い切れません。筆者はむしろ、このリェナは、人類の言語の歴史において時々起きてきたにもかかわらず、注目されてこなかった重要な発音変化を示していると考えています。

前に、ラテン語のumereという動詞とこれから作られたumidusという形容詞を取り上げました。同じように、ラテン語にはliquereという動詞とこれから作られたliquidusという形容詞がありました。umere/umidusはなにかが濡れていること、liquere/liquidusはなにかが液状になっていることを意味しました(すでにお話ししましたが、形容詞のumidusの別形として存在していたhumidusから英語のhumid(湿った)は来ています。そして、形容詞のliquidusから英語のliquid(液体の、液体)は来ています)。

動詞のliquere(液状になっている)のreの部分は不定形の語尾なので(ラテン語の不定形は英語のto不定詞のようなものです)、その前のliqueの部分が考察対象になります。このliqueはなんでしょうか。

かつて北ユーラシアで水のことをjak-、jik-、juk-、jek-、jok-のように言っていた言語群からインド・ヨーロッパ語族にヒッタイト語ekuzi(飲む)、トカラ語yoktsi(飲む)、ラテン語aqua(水)などの語が入っています。

かつて北ユーラシアで水のことをjak-、jik-、juk-、jek-、jok-のように言っていた言語群は、インド・ヨーロッパ語族よりもはるかに拡散の歴史が古く、少しずつ少しずつ違う形で広がっていたと考えられます。ここで可能性の一つとして考えられるのが、先ほどのラテン語のliqueはもともとjiqueのような形をしていたのではないかということです。

jiqueのjiの部分は、日本語のヤ行の(存在しない)二番目の音です。日本語で「天(あま)」と発音する時には、舌の先のほうは持ち上がりませんが、日本語で「山(やま)」と発音する時には、舌の先のほうが持ち上がります。同じように、舌の先のほうが持ち上がらなければi、舌の先のほうが持ち上がればjiです。

子音jを発音する時には舌の先のほうが天井ぎりぎりまで持ち上がっており、天井ぎりぎりまで来ていた舌の先が天井に触れて、jeがljeになったり、jiがliになったりすることがあったのではないかと思われます。前者がリェナのケースで、後者がliqueのケースです。このようなケースは世界各地でちらほら見られるので、似たようなケースが出てきた時には指摘していきます。

本ブログで再三言及しているki→tʃiおよびke→tʃeチェの変化は、天井に触れていなかった舌の先のほうが天井に触れる変化です。上のje→ljeとji→liも、天井に触れていなかった舌の先のほうが天井に触れる変化です。しかし、ki→tʃi、ke→tʃeの変化に比べて、je→lje、ji→liの変化がまれであることは否めません。

発音変化にも、頻度の高いものから頻度の低いものまで様々あります。規則とか、パターンとか、タイプといったものは、いくつもの例を見てはじめて意識されるようになるものです。筆者にも、ユーラシア大陸とアメリカ大陸の言語を広く観察してはじめて意識するようになった発音変化のパターンがたくさんあります。

頻度が低い発音変化は、研究対象とする範囲が狭かったり、期間が短かったりすると、現れないか、現れても見過ごされてしまいます。しかし、研究対象とする範囲が広くなったり、期間が長くなったりすると、だんだん目につくようになってきます。頻度が低いとは、そういうことです。

筆者の見るところ、歴史言語学が停滞してしまった原因の一つは、ごく限られた不十分な観察に基づいて、このような発音変化は起きる、このような発音変化は起きないと決めつけてしまったことにあるように思います。頻度の低い発音変化を把握できていないのが問題です。筆者の研究では、説得力のある実例を十分に示しながら、頻度の低い発音変化を丁寧に拾い上げていきます。

大変重要な話につながっていくので、もう少し北ユーラシアの河川の話を続けます。

言語学者を悩ませてきたインディアン諸語の関係

まずは、説明のために南米の地図を示します。

ケチュア語の分布域は、エクアドル、ペルー、ボリビアを中心として、コロンビア、チリ、アルゼンチンにも少し入り込んでいます。ケチュア語を使用していたインカ帝国の首都クスコは今のペルーの南部にありました。アイマラ語の分布域は、それよりは小さく、ペルー、ボリビア、チリが接しているあたりです。ケチュア語のyaku(水)とアイマラ語のuma(水)に目を向けましょう。

「水」を意味する語がなかなか変わらないことはすでにインド・ヨーロッパ語族とウラル語族の例で示していますが、ケチュア語のyaku(水)もインディアンが南米に入った時から使われ続けていると考えられます。なぜそう考えられるかというと、南米の西側だけでなく、南米の東側でも、ケチュア語のyaku(水)に関係がありそうな語が広く見られるからです(前回の記事の西ルートと東ルートの話を思い出してください)。

かつて北ユーラシアに水のことをjak-、jik-、juk-、jek-、jok-(jは日本語のヤ行の子音)のように言う巨大な言語群が存在し、この言語群がインド・ヨーロッパ語族やウラル語族に大きな影響を与えたようだと述べました。ウラル語族のフィンランド語jää(氷)ヤー、ハンガリー語jég(氷)イェーグ、フィンランド語joki(川)ヨキ、ハンガリー語jó(川)ヨーなどでは語頭の子音jが残っていますが、インド・ヨーロッパ語族のヒッタイト語ekuzi(飲む)、トカラ語yoktsi(飲む)、ラテン語aqua(水)のように時に語頭の子音jが消えることもあります。おそらく、古代ギリシャ語で大きな川または海を意味したokeanosも、ラテン語のaqua(水)と同様で、インド・ヨーロッパ語族の外に語源があると思われます。古代ギリシャ語に語彙を提供した言語と、ラテン語に語彙を提供した言語で、すでに語形がかなり異なっていたのでしょう。古代ギリシャ語のokeanos(大きな川または海)から英語のocean(大洋)も来ています。

ケチュア語のyaku(水)は語頭の子音jを保っていますが、南米のインディアンの言語でも語頭の子音jが消えることが多かったようです。アンデス山脈より東側の地域(ブラジルおよびその周辺)に大きく広がっているアラワク系の言語、ゲ系の言語、トゥピ系の言語を見てみましょう。

トゥピ系のグアラニー語は、南米のインディアンの言語の中ではケチュア語に次ぐ大言語です。グアラニー語では、水のことをyと言います。グアラニー語の語形はすっかり崩れていますが、互いに近い言語でトゥパリ語yika(水)イカ、メケンス語ɨkɨ(水)イキ、マクラップ語ɨ(水)のようになっており、グアラニー語の語形もこのような感じで崩れたと見られます。本ブログではキチ変化と呼んでいますが、ikiがitʃiイチ/iʃiイシになったり、ikeがitʃeイチェ/iʃeイシェになったりする変化は非常に起きやすく(先ほどの古代ギリシャ語のokeanosと英語のoceanもそうです)、ムンドゥルク語idibi(水)やカリティアナ語ese(水)なども十分予想される範囲内です。トゥピ系の「水」も、ケチュア語のyaku(水)と同様に、jak-、jik-、juk-、jek-、jok-のような形から来ていると見られます。

アラワク系の言語とゲ系の言語はもっと事情が複雑なので、トゥカノ系の言語の例をはさみます。

トゥカノ系の言語は、コロンビア、エクアドル、ペルー、ブラジルが接しているあたりで話されています。このあたりはアマゾン川の上流域で、そこからアマゾン川は東へ流れていきます。トゥカノ系の言語では、ほとんどの言語でトゥカノ語oko(水)、バラサノ語oko(水)、クベオ語oko(水)のようになっています。ピラタプヨ語ako(水)やグアナノ語ko(水)のような形もあります。

このトゥカノ系の言語の例を頭に入れながら、アラワク系の言語とゲ系の言語を見てみましょう。

アラワク系の言語は、言語の数が非常に多いです。アラワク語ではoniabo(水)と言いますが、アラワク系の言語全体を見渡すと、多くの言語でピアポコ語uni(水)やクリパコ語oni(水)のようになっています。少数ながら、ユクナ語huni(水)、レシガロ語honi(水)のような形、ワレケナ語weni(水)、ヤビテロ語weni(水)のような形、あるいはマチゲンガ語nia(水)、アシャニンカ語nixa(水)ニハのような形もあります。

ゲ系の言語では、シャバンテ語â(水)、パナラ語ko(水)、カヤポ語ŋo(水)ンゴ、カインガン語ŋoy(水)ンゴイのようになっています(シャバンテ語のâ(水)の発音は曖昧母音の[ə]です。少し前までは頭子音kがありましたが、それが消えてしまいました)。

ちなみに、南米の南のほうでは、インディアンの言語はマプチェ語を除いてほぼ絶滅の状態です。マプチェ語自身も孤立しており、近い系統関係を持つ言語が次々に消えていったと見られます。マプチェ語でも、ko(水)と言います。

インディアンが南米に入ってから15000~16000年ぐらい経っています。インド・ヨーロッパ語族の歴史の倍ぐらいあります。言語学者が南米のインディアンの言語の系統関係を明らかにしようとして、大きな壁にぶつかったのは当然です。大体、はるかに詳しく調べられてきたユーラシア大陸とその周辺の言語でさえ、歴史を15000~16000年ぐらい遡るなんていうことは全然できていないのです。そんな状態で、南米のインディアンの言語の系統関係を明らかにしようとしても、無理があります。

上では有力な言語・言語群を少し紹介しただけですが、南米のインディアンの諸言語を詳しく調べると、「やはり系統関係がありそうだ」という感じがするとともに、「系統関係があっても容易には明らかにできそうにない」という感じもします。

まず、長らく行われてきたユーラシア大陸とその周辺の言語の研究に大きな不備があり、この不備を修正・改善する必要があります。ここでいったん、話をユーラシア側に戻します。