日本語の起源と歴史に興味を持つすべての方へ

本ブログの記事一覧はこちら

こんにちは。金平譲司と申します。ここに「日本語の意外な歴史」と題するブログを立ち上げました。

このブログは、日本語ならびに日本語と深い関係を持つ言語の歴史を解明するものです。言語学者だけでなく、他の分野の専門家や一般の方々も読者として想定しています。

謎に包まれてきた日本語の起源

日本語はどこから来たのかという問題は、ずいぶん前から様々な学者によって論じられてきましたが、決定的な根拠が見つからず、大いなる謎になってしまった感があります。しかしながら、筆者の研究によってようやくその全貌が明らかになってきたので、皆さんにお話ししようと思い立ちました。

日本語は、朝鮮語、ツングース諸語(エヴェンキ語、満州語など)、モンゴル諸語(モンゴル語、ブリヤート語など)、テュルク諸語(トルコ語、中央アジアの言語など)と近い関係にあるのではないか、あるいはオーストロネシア語族(台湾、フィリピン、インドネシア、マレーシア、オセアニアなどの言語から成る言語群)と近い関係にあるのではないかというのが従来の大方の予想でしたが、これらの予想はポイントを外しています。

中国語を見て全く違うと感じた日本人が、日本語は北方の言語と関係があるのではないか、南方の言語と関係があるのではないかと考えたのは、至極当然のことで、北方の言語と南方の言語に視線を注ぐこと自体は間違っていません。問題なのは、北方のごく一部の言語と南方のごく一部の言語に関心が偏ってしまったことです。

上記の言語のうちで、朝鮮語、ツングース諸語、モンゴル諸語、テュルク諸語は、日本語によく似た文法構造を持つことから、日本語に近縁な言語ではないかと盛んに注目されてきました。同時に、ツングース諸語、モンゴル諸語、テュルク諸語は、互いに特に近い関係にあるとみなされ、いわゆる「アルタイ語族」という名でひとまとめにされることがしばしばありました。日本語の起源をめぐる議論は、このような潮流に飲まれていきました。

しかしながら、筆者がこれから明らかにしていく歴史の真相は、かなり違います。日本語は、朝鮮語、ツングース諸語、モンゴル諸語、テュルク諸語と無関係ではないが、別の言語群ともっと近い関係を持っているようなのです。

実を言うと、筆者は日本語やその他の言語の歴史に興味を持つ人間ではありませんでした。筆者は若い頃にフィンランドのヘルシンキ大学で一般言語学や様々な欧州言語を学んでいましたが、その頃の筆者の興味は言語と思考の関係や外国語の学習理論などで、もっぱら現代の言語に関心が向いていました。歴史言語学の講義もありましたが、特に気に留めていませんでした。

筆者が言語の歴史について真剣に考えるようになったきっかけは、ロシアの北極地方で少数民族によって話されているサモエード諸語との出会いでした。サモエード諸語は、フィンランド語やハンガリー語と類縁関係にある言語です。フィンランド語とハンガリー語はヨーロッパの中では異色の存在で、北極地方の少数民族の言語と類縁関係を持っています。フィンランド語、ハンガリー語、サモエード諸語などから成る言語群は、「ウラル語族」と呼ばれます。

言語学者が使う「語族」という用語について若干説明しておきます。私たちが万葉集や源氏物語の言葉を見ると、「読みにくいな」と感じたり、「なにを言っているのかわからないな」と感じたりします。言語は時代とともに少しずつ変化しています。言語は単に変化するだけでなく、分化もします。ある程度広い範囲で話されている言語には、地域差が生じてきます。

この地域ごとに少しずつ異なる言葉が方言です。しかし、これらの方言が地理的に隔たってさらに長い年数が経過すると、最初は小さかった方言同士の差が大きくなっていき、やがて意思疎通ができないほどになります。

あまりに違いが大きくなれば、もう方言ではなく、別々の言語と言ったほうがふさわしくなります。一律の学校教育やマスメディアが発達していない時代には、この傾向は顕著です。ある言語が別々の言語に分化するのです。分化してできた言語がさらに分化することもあります。言語学では、おおもとの言語と分化してできた諸言語をまとめて「語族」といいます。世界で最もよく知られている語族は、インド・ヨーロッパ語族と呼ばれる語族で、英語、ドイツ語、フランス語、ロシア語などはこの語族に属します。例えるなら、イヌ、オオカミ、キツネ、タヌキが共通祖先を持っているように、英語、ドイツ語、フランス語、ロシア語は共通祖先を持っているということです。

日本語とウラル語族

英語などが属するインド・ヨーロッパ語族は巨大な言語群ですが、フィンランド語やハンガリー語が属するウラル語族はこじんまりとした言語群です。ウラル語族の言語は、ロシアの北極地方から北欧・東欧にかけて分布しています。地理的に遠く離れているので、ウラル語族の言語は一見したところ東アジアの言語、特に日本語とはなんの関係もないように見えますが、実はここに大きな盲点があります。日本語の歴史を考えるうえで大変重要になるので、ウラル語族の話を続けます。以下にウラル語族の内部構造を簡単に示します。

ウラル語族の言語を研究する学者の間に意見の相違がないわけではありませんが、上の図は従来広く受け入れられてきた見方です。ウラル語族の言語は、まずフィン・ウゴル系とサモエード系に分かれ、フィン・ウゴル系はそこからさらにフィン系とウゴル系に分かれます。フィンランド語はフィン系に属し、ハンガリー語はウゴル系に属します。サモエード系の言語は、ロシアの北極地方に住む少数民族によって話されています。現在残っているサモエード系の言語はネネツ語、エネツ語、ガナサン語、セリクプ語の四つのみで、特に後の三つは消滅の危機にあります。

サモエード系の言語は、フィンランド語やハンガリー語と同じウラル語族の言語ですが、フィンランド語やハンガリー語とは文法面でも語彙面でも著しく異なっています。同じ言語から分かれた言語同士でも、別々の道を歩み始め、何千年も経過すれば、似ても似つかない言語になってしまいます。特に、サモエード系の言語が辿った運命とフィンランド語・ハンガリー語が辿った運命は対照的です。サモエード系の言語は、北極地方にとどまり、他の言語との接触が比較的少なかったために、昔の姿をよく残しています。それに対して、フィンランド語とハンガリー語は、有力な言語がひしめくヨーロッパに入り込み、大きく姿を変えました。サモエード系の言語は、いわば「生きた化石」です。人類の歴史を解明するうえで、大変重要な言語です。サモエード系の言語との出会いは、筆者にとってショッキングな出来事でした。これ以降、筆者は言語の歴史について本格的に研究し始めることになります。

筆者が初めてサモエード系の言語を見た時には、「文法面ではモンゴル語やツングース諸語に似ているな」という第一印象を受けました。しかし、よく調べると、「あれっ、語彙面では日本語に似ているな」という第二印象を受けました。少なくとも言語の根幹をなす基礎語彙に関しては、モンゴル語やツングース諸語より、ウラル語族のサモエード系の言語のほうが日本語に近いと思いました。なんとも不思議な感じがしました。なんで日本の近くで話されているモンゴル語やツングース諸語より、北極地方で話されているウラル語族のサモエード系の言語のほうが日本語に近いんだろうと考え始めました。様々な言語を見てきましたが、サモエード系の言語には今までにない特別なものを感じました。なにか重大な秘密が隠されている予感がしました。

フィンランド語とハンガリー語だけを見ていた時は気づかなかったのですが、サモエード系の言語を介しながらフィンランド語とハンガリー語を見てみると、やはりフィンランド語とハンガリー語にも日本語との共通語彙があります。日本語の中にある、ウラル語族と共通している語彙、そしてウラル語族と共通していない語彙を見分けていくうちに、二つの疑問が頭に浮かんできました。一つ目の疑問は、日本語の祖先とウラル語族の言語の祖先の接点は地理的にどの辺にあったのだろうという疑問です。二つ目の疑問は、日本語の中にある、ウラル語族と共通していない語彙はどこから来たのだろうという疑問です。日本語の中には、ウラル語族と共通している語彙も多いですが、共通していない語彙も多いのです。

東アジアには黄河文明とは違う文明が存在した

ウラル語族の各言語の語彙を研究するうちに、ウラル語族が日本語だけでなく、モンゴル語、ツングース諸語、朝鮮語、さらには中国語にもなんらかの形で関係していることが明らかになってきたので、ウラル語族の言語と東アジア・東南アジアの言語の大々的な比較研究を開始しました。着実かつ合理的に歴史を解明するため、考古学および生物学の最新の研究成果を適宜参照しました。考古学も生物学も近年めざましい発展を遂げており、数々の重要な発見がありました。

かつては、メソポタミア文明、エジプト文明、インダス文明、そして東アジアの黄河文明が並べられ、世界四大文明と呼ばれていました。ところが、その後の発見によって、東アジアには黄河文明のほかに二つの大きな文明が存在したことがわかってきました(このテーマを包括的に扱った書籍はいくつかありますが、考察の広さ・深さの点でShelach-Lavi 2015が優れています)。

その二つの大きな文明とは、長江文明と遼河文明(りょうがぶんめい)です。日本列島で縄文時代が進行する間に、大陸側はこのようになっていたのです。黄河文明と長江文明に比べて、遼河文明は知名度が高くないかもしれません。しかし、遼河文明は、日本語の歴史を解明するうえで重要な鍵を握っているようなのです。

生物学が発達し、人間のDNA配列が調べられるようになりました。DNA配列は、正確には「DNAの塩基配列」といい、アデニンA、チミンT、グアニンG、シトシンCという四種類の物質が作る列のことです。最近では、生きている人間のDNA配列だけでなく、はるか昔に生きていた人間のDNA配列も調べられるようになってきました。大変興味深いことに、遼河文明が栄えていた頃に遼河流域で暮らしていた人々のDNA配列を調べた研究があります(Cui 2013)。

人間は父親と母親の間に生まれるので、子のDNA配列が父親のDNA配列と100パーセント一致することはなく、子のDNA配列が母親のDNA配列と100パーセント一致することもありません。しかし、父親から息子に代々不変的に受け継がれていく部分(Y染色体DNA)と、母親から娘に代々不変的に受け継がれていく部分(ミトコンドリアDNA)があります。代々不変的に受け継がれていく部分と書きましたが、この部分にも時に突然変異が起きます。つまり、その部分のDNA配列のある箇所が変化するのです。変化していないY染色体DNA配列を持つ男性がそれを息子に伝える一方で、変化したY染色体DNA配列を持つ男性がそれを息子に伝えるということが起き始めます。同様に、変化していないミトコンドリアDNA配列を持つ女性がそれを娘に伝える一方で、変化したミトコンドリアDNA配列を持つ女性がそれを娘に伝えるということが起き始めます。こうして、時々起きる突然変異のために、Y染色体DNAのバリエーション、ミトコンドリアDNAのバリエーションができてきます。人類の歴史を研究する学者は、このY染色体DNAのバリエーション、ミトコンドリアDNAのバリエーションに注目するのです。

先ほど述べた遼河流域の人々のDNA研究は、Y染色体DNAのバリエーション(例えば、C系統か、D系統か、N系統か、O系統か)を調べたものです。その結果はどうだったでしょうか。古代の人々の研究なのでサンプル数は限られていますが、それでも大まかな傾向は十分に捉えられています。遼河文明が栄えていた頃の遼河流域では、当初はN系統が圧倒的に優勢だったが、次第にO系統とC系統が増え(つまり他の地域から人々が流入してきたということ)、N系統はめっきり少なくなってしまったようです。現在の日本、朝鮮半島、中国では、N系統はほんの少し見られる程度です(Shi 2013)。対照的に、ウラル語族の言語が話されているロシアの北極地方からフィンランド方面にかけてN系統が非常に高い率で観察されています(Rootsi 2007)。

見え始めた日本語の正体

筆者もウラル語族の言語が東アジアの言語と深い関係を持っていることを知った時には大いに驚きましたが、考古学・生物学の発見と照らし合わせると、完全に合致します。日本語がウラル語族の言語と深い関係を持っていることは非常に興味深いですが、もう一つ興味深いことがあります。日本語の中には、ウラル語族と共通している語彙も多いですが、共通していない語彙も多く、ウラル語族とは全く異なる有力な言語群も日本語の形成に大きく関与したようなのです。

ウラル語族の言語と東アジア・東南アジアの言語の大々的な比較研究を行い、様々な紆余曲折はありましたが、漢語流入前の日本語(いわゆる大和言葉)の語彙構成が以下のようになっていることがわかってきました。

「ウラル語族との共通語彙」も多いですが、「黄河文明の言語との共通語彙」と「長江文明の言語との共通語彙」も多く、この三者で漢語流入前の日本語の語彙の大部分を占めています。

「その他の語彙1」というのは、日本語が大陸にいた時に取り入れた語彙で、「ウラル語族との共通語彙」にも、「黄河文明の言語との共通語彙」にも、「長江文明の言語との共通語彙」にも該当しないものです。

「その他の語彙2」というのは、日本語が縄文時代に日本列島で話されていた言語から取り入れた語彙です。

漢語流入前の日本語の語彙構成の特徴的なところは、なんといっても、語彙の大きな源泉が三つあることです。三つの有力な言語勢力が交わっていたことを窺わせます(遼河文明と黄河文明と長江文明の位置を思い出してください)。

「日本語の意外な歴史」では、ウラル語族との共通語彙、黄河文明の言語との共通語彙、長江文明の言語との共通語彙、その他の語彙1、その他の語彙2、いずれも詳しく扱っていきます。

では、日本語およびその他の言語の歴史を研究するための準備に取りかかりましょう。

 

外国語の単語の表記について

英語と同じようなアルファベットを使用している言語では、それをそのまま記します。言語学者が諸言語の発音を記述するのに使う国際音声記号(IPA)というのがありますが、音韻論の専門家でない限り、多くが見慣れない記号です。そのため、本ブログではIPAの使用はできるだけ控えます。特に朝鮮語は、IPAを用いて記すと複雑になるため、市販されている初心者向けの韓国語の文法書で採用されている書き方にならいました。一般の読者にとって見慣れない記号を用いる場合には、補助としてのカタカナ表記を付け加えます。慣習を考慮し、ヤ行の子音は基本的に、北方の言語(ウラル語族の言語など)では「j」で表し、南方の言語(中国語、東南アジアの言語)では「y」で表します。古代中国語のアルファベット表記の仕方は、Baxter 2014に従います。

 

参考文献

Baxter W. H. et al. 2014. Old Chinese: A New Reconstruction. Oxford University Press.

Cui Y. et al. 2013. Y chromosome analysis of prehistoric human populations in the West Liao River Valley, Northeast China. BMC Evolutionary Biology 13: 216.

Rootsi S. et al. 2007. A counter-clockwise northern route of the Y-chromosome haplogroup N from Southeast Asia towards Europe. European Journal of Human Genetics 15: 204-211.

Shelach-Lavi G. 2015. The Archaeology of Early China: From Prehistory to the Han Dynasty. Cambridge University Press.

Shi H. et al. 2013. Genetic evidence of an East Asian origin and paleolithic northward migration of Y-chromosome haplogroup N. PLoS One 8(6): e66102.


►言語の歴史を研究するための準備へ

「口(くち)」の語源

高句麗人が書き残した謎の漢字の記事で示したように、筆者は「口」を意味している語は「穴」を意味していた語ではないかと早くから予想していました。しかし、「穴」を意味する語自体がどのように生まれたのか見当がつきませんでした。

そのような行き詰まりの状態の中でヒントを与えてくれたのは、奈良時代の日本語のkubo(窪)という語でした。現代の日本語では、それから作られたkubomu(窪む)とkubomi(窪み)のほうがよく使われるでしょう。

なぜkubo(窪)という語が注意を引いたかというと、奈良時代の人々がkuboを「窪」と書くだけでなく、「凹」と書いたり、「下」と書いたりしていたからです。それ以来、kuboと「下」の関係を考えるようになりました。miorosu(見下ろす)、misageru(見下げる)、mikudasu(見下す)と同じ感じのするmikubiru(見くびる)という言い方も気になりました。

本ブログでは、水を意味していた語がその横の盛り上がった土地、丘、山、高さを意味するようになるパターンを何度も見てきました。しかしどうでしょうか。「凸」の字のように盛り上がっている箇所は目立ちますが、「凹」の字のようにへこんでいる箇所も目立つのではないでしょうか。「凹」の字のようにへこんでいる箇所にもなにか名前がつくのではないでしょうか。

話をkuti(口)に戻しましょう。奈良時代の日本語には、kudaru(下る)/kudasu(下す)という語のほかに、kutatu(降つ)という語がありました。かつて下を意味する*kutaという語があったと見られます。kutatu(降つ)は意味がいくらか抽象化しており、なにかが盛りを過ぎて終わりに近づく場面でよく用いられました。この点で、otu(落つ)、otosu(落とす)、otoru(劣る)と同源のotoroɸu(衰ふ)に似ています。

ひょっとして水を意味するkut-のような語があって、それが下を意味するようになったのかなという考えが頭をよぎりました。kutatu(降つ)とkudaru(下る)/kudasu(下す)はもちろん、穴を意味していたかもしれないkuti(口)や足を意味していたかもしれないkutu(靴)も関係があるかなと思いました。

kuti(口)の語源について論じる前に、他の例を先に見てみましょう。

先ほどのotu(落つ)、otosu(落とす)、otoru(劣る)、otoroɸu(衰ふ)を見てください。下を意味する*otoという語があったことが窺えます。utumuku(うつむく)という語もあるので、*utuという形と*otoという形があったのでしょう。日本語でも外国語でもuとoの間は発音変化が非常に起きやすいので、二つの形があったことはなんらおかしくありません。

ut-やot-のような語が下を意味していたことは確かですが、これらが穴をすることはあったのでしょうか。どうやらあったようです。

奈良時代の日本語には、からっぽであることを意味するutu(空)という語がありました。現代の日本語では、utu(空)は廃れてkara(空)が一般的になっていますが、utu(空)から作れらたuturo(虚ろ)が抽象的な意味で残っています。utu(空)は、穴を意味する*utuという語があったことを示唆しています。udumu(埋む)/udumoru(埋もる)も、そのことを裏づけています。

uta(歌)とoto(音)という語も気になります。高句麗人が書き残した謎の漢字の記事で述べたように、口を意味することができなかった語が口から発せられるものを意味するようになることは多いからです。口から発せられるものというのは、声であったり、言葉であったり、歌であったりします。

ちなみに、oto(音)という語は奈良時代からありますが、奈良時代のoto(音)は人の声、言葉、話なども広く意味していました。ひょっとしたら、oto(音)は人の口から発せられるものを意味していたが、kowe(声)、koto(言)、uta(歌)などに押され、主にそれら以外のものを意味するようになっていったのかもしれません。

いずれにせよ、上記の一連の語彙は下→穴→口という意味変化を十分に検討しなければならないことを示しています。

次は、parapara(ぱらぱら)、ɸuru(降る)(古形*puru)、poroporo(ぽろぽろ)などの語彙に注目してみましょう。これらは、古代北ユーラシアで水を意味したpark-、pirk-、purk-、perk-、pork-(par-、pir-、pur-、per-、por-、pak-、pik-、puk-、pek-、pok-)のような語から来ていると考えられる語彙です。水を意味していた語が雨を意味するようになり、雨を意味していた語が落下・下方向・下を意味するようになるパターンです。poroporo(ぽろぽろ)およびそれと同類のporoʔ(ぽろっ)、porori(ぽろり)、poron(ぽろん)などは、落ちること、こぼれ落ちること、こぼれ出ることを意味していますが、当初の水という意味はほとんどなくなっています。

そして案の定、日本語にはɸora(洞)とɸoru(掘る)という語彙があります。ɸoragaɸiと呼ばれた貝もあります(写真は貝の図鑑様のウェブサイトより引用)。

ɸoragaɸiのɸoraの部分は、口を意味していたのではないでしょうか。ホラガイの細くなっている側に細工を施して笛を作るということも行われてきました。「ホラを吹く」という言い方はここから来ています。

やはり、下→穴→口という意味変化はありそうです。

ɸorobu(滅ぶ)/ɸorobosu(滅ぼす)は意味がすっかり抽象的になっていてわかりにくいですが、これも下を意味する語から来たのかもしれません。前に取り上げたkutatu(降つ)やotoroɸu(衰ふ)に似た感じでしょうか。

下→穴→口という意味変化がありそうだとわかったところで、いよいよkuti(口)の語源について考えましょう。

すでに挙げたkutatu(降つ)とkudaru(下る)/kudasu(下す)から、kut-やkud-のような語が下を意味していたことがわかります。

下を意味する語は様々な語彙を生み出します。大きな地震が起きて、建物が崩壊するところを想像してください。下を意味する語は崩壊・破壊を意味する語も生み出します。

kuduru(崩る)/kudusu(崩す)は明らかに怪しいです。kudaku(砕く)も怪しげです。下を意味する語がkuta、kudaという形を取ったり、kutu、kuduという形を取ったりしていたのでしょう。もっと意味が抽象的ですが、kutu(朽つ)も下を意味する語から来たのかもしれません。抽象性も含めて、先ほどのɸorobu(滅ぶ)に似ています。

当然、下を意味していたkut-やkud-のような語が穴と口を意味するようになる展開も予想されます。現在ではkan(管)やpaipu(パイプ)がよく使われますが、kuda(管)という語もありました(写真はモリ工業様のウェブサイトより引用)。

管は細長いですが、細長い棒となにが違うのでしょうか。言うまでもなく、穴があいているところです。kudaは、穴を意味していたところから、管を意味するようになったと見られます。

udauda(うだうだ)言うのもそうですが、gudaguda(くだぐだ)言うのも口からです。

下を意味していた語が穴と口を意味するようになる変化は普通に起きていたと考えてよいでしょう。

kuti(口)は、kutubami(くつばみ)やkutuwa(くつわ)(馬を制御するために馬の口に取りつける器具)のような語が残っているので、kutiではなく*kutuが古い形かもしれません。いずれにせよ、穴を意味するkutiまたは*kutuのような語があったと推測されます。古代中国語のkhwot(窟)クオトゥ、gjut(堀)ギウトゥ、gjut(掘)ギウトゥなどの語も、そのことを裏づけています。

日本周辺で、下を意味するkut-やkud-のような語が下→穴→口という意味変化を起こしていたということです。

現代の日本語のkutakuta(くたくた)、guttari(ぐったり)、kutabireru(くたびれる)、kutabaru(くたばる)なども下を意味する語から来ていると見られます。ダウンしてしまう状況でしょう。酔いつぶれてしまうgudenguden(ぐでんぐでん)はどうでしょうか。

 

補説

崩壊・破壊の後に残るもの

昔のフランス語に、壊すこと・砕くことを意味するdebrisierという動詞がありました。この動詞から、破片を意味するdébrisデブリという名詞ができました。フランス語のdébrisは英語のdebrisにもなり、破片、残骸、がれき、がらくたなどを意味しています。

このように、崩壊・破壊を意味する語からそれらの生成物である破片を意味する語が生まれます。奈良時代の日本語のkuduru(崩る)/kudusu(崩す)という動詞を取り上げましたが、kudu(屑)も同源と見られます。

ひょっとしたら、barabara(ばらばら)も、parapara(ぱらぱら)と同じように落下・下方向・下を意味していて、そこから崩壊・破壊、さらに崩壊・破壊の生成物を意味するようになっていったのかもしれません。

崩れるといえば、garagara(がらがら)にも言及しておかなければならないでしょう。下を意味する*karaという語があったことが窺えます。kara(空)の語源もutu(空)の語源と同様でしょう。下を意味していた語が穴を意味するようになったと見られます。からっぽであることを意味するのがkara(空)で、からっぽであるものを意味するのがkara(殻)でしょう。garagara(がらがら)も、崩壊・破壊だけでなく、崩壊・破壊の生成物を意味していたのではないでしょうか。

言葉の変化を追跡する、よく起きる変化とまれに起きる変化、イタリア語とスペイン語の例から

ラテン語にiuvenis(若い)ユウェニスという語がありました。iuvenisではなく、juvenisと書かれることもありました。この語は、イタリア語ではgiovane(若い)ヂョヴァネ、スペイン語ではjoven(若い)ホベンになっています。ヨヴァネではなくヂョヴァネになっていること、ヨベンではなくホベンになっていることに注意してください。

ちょっとした変化ではありますが、ここに重要な情報が詰まっています。注目してほしいのは、頭子音の変化です。ラテン語の頭子音[j](日本語のヤ行の子音)が、イタリア語では[dʒ]に、スペイン語では[x]になりました。

イタリア語が見せた[j]→[dʒ]という変化は、非常によく起きる変化です。[j]が[dʒ、ʒ、tʃ、ʃ]になる変化は、世界に広く見られます。[ja](ヤ)が[dʒa、ʒa、tʃa、ʃa](ヂャ、ジャ、チャ、シャ)になる変化です。

これに対して、スペイン語が見せた[j]→[x]という変化は、よく起きる変化ではありません。しかし、この変化が重要なのです。[ja](ヤ)が[xa](ハ)になる変化です。

[x]という子音について、改めて説明しておきましょう。日本語には、[k]と[h]という子音はありますが、[x]という子音はありません。

[x]は、[k]と同じ場所で作られる音です。ka(カ)と発音してみてください。kaと発音する時には、口の中のわりと奥のほうで、まず空気が出られないように閉鎖を作り、それからその閉鎖を開放して空気を吐き出しているはずです。これはkaの発音の仕方です。

xaの発音の仕方は違います。kaと発音する時に閉鎖を作る部分がありますが、この部分を空気でこするのです。これがxaの発音の仕方です。

xaはkaと同じ場所で作られ、haはもっともっと奥のほうで作られます。xaは、kaを発音する位置で、haと発音する感じです。

北ユーラシアには[x]という子音を持つ言語が非常に多く、北ユーラシアの歴史を考えるうえで[x]という子音は非常に重要です。[k]と[h]と[x]の三者間は、発音変化が起きやすいです。

以前に、歴史の奥底に埋もれた語の記事で、古代北ユーラシアでは水のことをjark-、jirk-、jurk-、jerk-、jork-のように言っていたようだとお話ししました。rの部分は、rであったり、lであったりします。

水を意味するjark-、jirk-、jurk-、jerk-、jork-のような語は、とても古い語です。現在の北ユーラシアをぱっと見渡しても、水を意味するjark-、jirk-、jurk-、jerk-、jork-のような語は見当たりません。

古代北ユーラシアで水を意味したjark-、jirk-、jurk-、jerk-、jork-のような語は、北ユーラシアの至るところに残っています。しかし、jark-、jirk-、jurk-、jerk-、jork-という語形が変化したり、水という意味が変化したりしているのです。ウラル語族のフィンランド語joki(川)ヨキ、ハンガリー語jó(川)ヨーや、フィンランド語jää(氷)ヤー、ハンガリー語jég(氷)イェーグなどは、まだわかりやすいほうです。これらは、語形と意味があまり変化していないからです。

水を意味するjark-、jirk-、jurk-、jerk-、jork-のような語があれば、先ほどのイタリア語とスペイン語の例のように変化することもあります。

さらに、以下のように変化することもあります。

rとkが両方残っている形だけを示しましたが、どちらか一方が脱落することもあります。

おおもとのjark-、jirk-、jurk-、jerk-、jork-という形から、実に様々な形が生まれてくるわけです。

先ほど挙げたフィンランド語joki(川)、ハンガリー語jó(川)や、フィンランド語jää(氷)、ハンガリー語jég(氷)などは、水に関係があることがわかりやすいですが、例えば、フィンランド語のjalka(足、脚)ヤルカはどうでしょうか。

ちなみに、フィンランド語のjalka(足、脚)に対応する語は日本語にもあります。日本語ではyark-という形は認められないので、yar-かyak-という形で存在することになります。すでに本ブログで取り上げましたが、奈良時代の日本語で「人を歩いて行かせること」を意味していたyaru(やる)と「徐々に進行すること」を意味していたyakuyaku(やくやく)です。

現代の日本語に「やって来る」という言い方があるので、yaru(やる)は歩かせることだけでなく、歩くことも意味していたと思われます。

yakuyaku(やくやく)は、一歩一歩を意味していたところから、徐々に進行することを意味するようになったと見られます。そこからさらに、長い歩みを意味するようになり、現代のyouyaku(ようやく)に至ります。

ウラル語族と日本語の語彙から、古代北ユーラシアで足・脚のことをjalk-のように言っていたことは間違いありません。

実は、これに関連して、筆者がずっと気にしていた語があります。モンゴル語xөl(足、脚)フルまたはフス、エヴェンキ語xalgan(足、脚)ハルガン、古代中国語kjak(腳)キアクなどです(腳の異体字が脚です)。

ウラル山脈周辺にも、ウラル語族のコミ語kok(足、脚)、ウドムルト語kuk(足、脚)、ハンティ語kur(足、脚)という語があります。これらは、ウラル語族らしくなく、ウラル語族以外の言語から入ってきたと考えられる語です。フィンランド語にも、kulkea(進む)やkulku(進行)のような語があります。

そして極めつけは、インド・ヨーロッパ語族のラテン語のcalx(かかと)カルクス、calceus(靴)カルケウス、calcare(踏む)カルカーレ、calcitrare(蹴る)カルキトラーレなどです。これらは、足・脚そのものは意味していませんが、足・脚に関係があることは明らかです(大きく間が空いてしまいましたが、とても古い東西のつながり、ユーラシア大陸の北方でなにがあったのかの記事は、ここにつながります)。

ヨーロッパから東アジアまでの非常に広い範囲で、足・脚のことをkalk-のように言っていたことがわかります。

古代北ユーラシアで、足・脚のことをjalk-のように言ったり、kalk-のように言ったりしていたわけです。このjalk-のような語とkalk-のような語にどのような関係があるのか、そもそも関係があるのか、筆者は長いことわかりませんでした。

しかし、冒頭のイタリア語とスペイン語の例で示したように、よく起きる発音変化とまれに起きる発音変化があり、jalk-のような形がxalk-のような形になり、さらにkalk-やhalk-のような形になることもあるのだと知りました。

[j]という子音(日本語のヤ行の子音)は比較的脱落しやすく、jalk-のような形は、xalk-、kalk-、halk-のような形を生み出すだけでなく、alk-のような形も生み出していたようです。日本語にaruku(歩く)、モンゴル語にalxax(歩く)アルハフという動詞がありますが、これらは、かつて足・脚を意味するalk-のような語があったことを示しています。

イタリア語とスペイン語の例を見た後なので、jark-のような形(rの部分は、rであったり、lであったりします)がdʒark-、ʒark-、tʃark-、ʃark-のような形になったり、xark-のような形になったり、ark-のような形になったりするのはわかるでしょう。これは語形の変化です。語形の変化とならんで意味の変化があります。人類の言語の歴史を理解するためには、語形の変化と意味の変化の両方を精密に追う必要があります。

水を意味するjark-のような語があり、この語がdʒark-、ʒark-、tʃark-、ʃark-のような語になったり、xark-のような語になったり、ark-のような語になったりしたとしましょう。しかし、このdʒark-、ʒark-、tʃark-、ʃark-のような語、xark-のような語、ark-のような語が水を意味しているとは限らないのです。

水を意味する語は、基本的には、ずっと水を意味しています。しかし、この水という意味が変わる時があります。それは、ある言語で水を意味していた語が、他の言語に入る時です。他の言語にはすでに水を意味する語があるので、水以外のなにか(水に関係のあるなにか)を意味せざるをえないのです。

古代北ユーラシアで、足・脚のことをjalk-のように言ったり、kalk-のように言ったり、alk-のように言ったりしていたと述べました。この足・脚を意味するjalk-、kalk-、alk-のような語は、一見したところ、「水」から来ているようには見えません。しかし、「水」から来ているのです。もちろん、水を意味していた語がいきなり足・脚を意味するようになることはありません。

水を意味していた語が横を意味するようになり、横を意味していた語が手・腕を意味するようになるパターンを思い出してください。それと同じように、水を意味していた語が下を意味するようになり、下を意味していた語が足・脚を意味するようになるパターンがあるのです。

水を意味していた語が横を意味するようになるパターン(これは川を意味していた語が岸を意味するようになるパターンです)に比べて、水を意味していた語が下を意味するようになるパターンはちょっと複雑です。下(した)、下(しも)、下(もと)の比較の記事で詳しく説明したように、水を意味していた語が下を意味するようになるパターンはいくつかあります。世界の諸言語を研究していて最も多いのは、水を意味することができず、雨を意味することもできなかった語が、落下・下方向・下を意味するようになるパターンです。こうして下を意味していた語が、足・脚を意味するようになるのです。

古代北ユーラシアで足・脚を意味したjalk-、kalk-、alk-のような語は、一見無関係なようで、実は「水」から来ているのです。水を意味していた語が足・脚を意味するようになった例をもう一つ挙げておきましょう。

奈良時代の日本語には、「人を歩いて行かせること」を意味するyaru(やる)という語がありましたが、同じく「人を歩いて行かせること」を意味するtukaɸu(使ふ、遣ふ)という語もありました。足・脚を意味する*tukaという語があり、そこからtukatuka(つかつか)とtukaɸu(使ふ、遣ふ)が生まれたと考えられます。tukaɸu(使ふ、遣ふ)は、歩くことを意味する場合と歩かせることを意味する場合があったかもしれません。tukaɸasu(使はす、遣はす)という形もありました。

足・脚を意味する*tukaという語はどこから来たのでしょうか。やはり究極的には「水」から来たと考えられます。水に入ること・入れることを意味したtuku(漬く)/tukasu(漬かす)/tukaru(漬かる)、tuka(塚)、tukamu(つかむ)などの他の語彙を見れば明らかです。tuku(漬く)/tukasu(漬かす)/tukaru(漬かる)が水に関係があることは言うまでもないでしょう。tuka(塚)は、水を意味していた語がその横の盛り上がった土地、丘、山を意味するようになったと考えられる語です。tukamu(つかむ)は、手・腕を意味する*tukaという語があったことを示しています。一握りを意味したtuka(束)や握る部分を意味したtuka(柄)も同じところから来ていると考えられます。現代の日本語で一握りが少数・少量を意味することがありますが、tuka(束)も少数・少量を意味することがあり、そこからtukanoma(束の間)という言い方ができたのでしょう。

ここに挙げた一連の語彙から水を意味するtuk-のような語の存在が窺えますが、この語は上の表のtʃark-、tʃirk-、tʃurk-、tʃerk-、tʃork-(子音が脱落すれば、tʃar-、tʃir-、tʃur-、tʃer-、tʃor-、tʃak-、tʃik-、tʃuk-、tʃek-、tʃok-)あるいはtark-、tirk-、turk-、terk-、tork-(子音が脱落すれば、tar-、tir-、tur-、ter-、tor-、tak-、tik-、tuk-、tek-、tok-)のところから来ていると考えられます。

水を意味していた語が横を意味するようになり、横を意味していた語が手・腕を意味するようになるパターンと、水を意味していた語が下を意味するようになり、下を意味していた語が足・脚を意味するようになるパターンは、極めて重要です。水を意味する語だけでなく、手・腕を意味する語と足・脚を意味する語も基本語であり、ここからさらに多くの語彙が生まれていきます。

人類は遅くとも45000年前には北ユーラシアに現れており、そこから現在に至るまでの言葉の変化(語形の変化および意味の変化)は、目が回りそうなほど多種多様です。しかし、全く無秩序というわけではありません。いやむしろ、規則性と言えるぐらいの傾向があります。

前回の記事でほのめかしたkuti(口)の語源を明らかにすることにしましょう。「下」を意味していた語から「足・脚」を意味する語が生まれるというのは、とてもわかりやすいと思います。しかし意外なことに、「下」を意味していた語から「口」を意味する語も生まれてくるのです。

高句麗人が書き残した謎の漢字

高句麗語はわずかな文字記録を残して消滅してしまいました。身体部位を表す語彙もほとんど窺い知ることができません。しかし、幸いなことに、高句麗語で「口」を意味した語が記録に残っています。高句麗語で「口」を意味した語は、「忽次」および「古次」と書き表されています。

高句麗語の「忽次、古次」・・・口を意味する

古代中国語のxwot(忽)フオトゥまたはクオトゥ、ku(古)、tshij(次)ツィという語を考えれば、高句麗語の「忽次、古次」が日本語のkuti(口)に対応する語であることは明らかでしょう。

高句麗語で目を意味した語、耳を意味した語、鼻を意味した語、歯を意味した語、舌を意味した語は記録に残っていません。しかし、高句麗語で口を意味した語は記録に残っており、「忽次、古次」と書き表されているのです。

これは、高句麗語の数詞に注目するの記事で見た光景に似ています。高句麗語のほんの一部の語がちらっちらっと見え、それらが日本語に酷似しているパターンです。

しかし、高句麗語の「忽次、古次」と日本語のkuti(口)の話には、厄介なところもあります。高句麗人が高句麗語で口を意味する語を「忽次、古次」と書き表したのは事実ですが、「忽次、古次」ではなく「串」と書き表すこともあったのです。

古代中国語のtsyhwen(串)チウエンまたはkwæn(串)クアンという語を考えると、高句麗語の「串」を日本語のkuti(口)に結びつけるのは無理があります。

Beckwith氏は、高句麗語の「忽次、古次」と高句麗語の「串」は同一の語であると考えています(Beckwith 2004)。発音が全然違うであろう「忽次、古次」と「串」を同一の語と考えようとするので、混乱に陥ってしまっています。筆者は、高句麗語の「忽次、古次」と高句麗語の「串」は別々の語ではないかと考えています。

筆者の考えもかなり奇妙に響くでしょう。当然、以下のような反論が予想されます。高句麗語には、口を意味する「忽次、古次」という語があり、それとは別に、口を意味する「串」という語があった。高句麗語には口を意味する語が二つあったことになる。これはおかしいではないかと。

高句麗語に口を意味する語がある、近隣の言語にも口を意味する語がある、この当たり前の状況を考えてみてください。近隣の言語で口を意味していた語が高句麗語に入ってきて、高句麗語で口を意味していた語を脅かすかもしれません。どうなるでしょうか。高句麗語で口を意味していた語と近隣の言語で口を意味していた語が一時的に並存するかもしれません。しかし、このような並存が長続きするとは思えません。口を意味する語はなかなか変わらないので、近隣の言語で口を意味していた語は高句麗語で最終的に口を意味することができず、口に関係のあるなにかを意味するようになるでしょう。なにを意味するようになるでしょうか。

現代の日本語にkutiという語があります。kutiは、方言によっては、口だけでなく言葉も意味しています。沖縄の人たちは自分たちの言葉を「うちなーぐち」と呼んでいます。おきなわが変化した「うちなー」(キチ変化が起きています)と言葉を意味する「くち」がくっついたものです。口を意味していた語が言葉を意味するようになるのは、容易に理解できるでしょう。現代の私たちは、言葉を紙に書いたり、パソコンの画面に入力したりしますが、文字のない時代には、言葉はもっぱら口から発するものだったのです。

筆者は、高句麗語の「串」は、口を意味することができず、口から発せられる音を意味するようになっていった語ではないかと推測しています。古代中国語のkwæn(串)という語を考えると、高句麗語の「串」は、日本語のkuti(口)より、日本語のkowe(声)に結びつきそうです。

筆者は、日本語のkowe(声)をウラル語族のフィンランド語korva(耳)(祖形*korwa)などと結びつけようとしたこともありました。確かに、耳は聞くことや音と密接な関係があります。しかし、日本語のkowe(声)は、音一般を意味するのではなく、口から発せられる音を意味するところに大きな特徴があります。kowe(声)の語源は「口」ではないかと考えたくなるのです。

高句麗語の「串」(古代中国語のkwæn(串)からしてkwaかkweのような音であったと推測されます)と日本語のkowe(声)に関係があると思われるのが、古代中国語のkhuw(口)クウです。古代中国語のkhuw(口)のような語が、口を意味しようとしたが叶わず、口から発せられる言葉や音を意味するようになったと考えると、合点がいきます。

筆者はこのように、高句麗語の「忽次、古次」と高句麗語の「串」は類義語(つまり別々の語)であったと考えています。

※Beckwith氏と同じように、筆者もなぜ高句麗人が口を意味する語を「串」と書き表したのか戸惑いました。前回の人を惑わせる万葉仮名、ひらがなとカタカナの誕生の記事で説明した日本人の場合のように、高句麗人が「忽次、古次」という漢字を選んだ際の方針と、「串」という漢字を選んだ際の方針が異なっていたのかとも考えました。

maという音を書き表すのに、「麻」や「磨」のような漢字を使うか、「真」や「間」のような漢字を使うかという問題です。中国語の「麻」や「磨」の発音はmaと同じか似ていますが、中国語の「真」や「間」の発音はmaと全然違います。maという音から日本語のある語を思い浮かべ、その語と意味的に対応する漢字が「真」や「間」なのです。

日本語にkuti(口)と×kuti(串)という語があれば、そのような可能性も検討できなくはないですが、実際にあるのは、kuti(口)とkusi(串)です。高句麗人が意味的な動機から口を意味する語を「串」と書き表したと考えるのは、困難と言わざるをえません。高句麗人は、表したい音と同じ音または似た音を持つ漢字を使うという方針に徹しているように見えます。

高句麗人が「忽次、古次」と書き残しただけだったら単純な話でしたが、「串」とも書き残したために混乱が発生しました。

日本語のkowe(声)と高句麗語の「串」が古代中国語のkhuw(口)のような語から来たのなら、日本語のkuti(口)と高句麗語の「忽次、古次」はどこから来たのでしょうか。

日本語のme(目)の語源とmimi(耳)の語源はすでに明らかにしましたが、me(目)もmimi(耳)ももともと身体部位を表す語ではありませんでした。kuti(口)ももともと身体部位を表す語ではなかった可能性が高いです。kuti(口)はもともとなにを意味していたのでしょうか(写真はVerygood様のウェブサイトより引用)。

古代中国語のhwet(穴)フエトゥ、khwot(窟)クオトゥ、gjut(堀)ギウトゥ、gjut(掘)ギウトゥなどの語が気になります。kuti(口)の語源については、別に一つ記事を設け、そこで論じることにしましょう。

 

参考文献

Beckwith C. I. 2004. Koguryo: The Language of Japan’s Continental Relatives. Brill Academic Publishers.