日本語の起源と歴史に興味を持つすべての方へ

本ブログの記事一覧はこちら

こんにちは。金平譲司と申します。ここに「日本語の意外な歴史」と題するブログを立ち上げました。

このブログは、日本語ならびに日本語と深い関係を持つ言語の歴史を解明するものです。言語学者だけでなく、他の分野の専門家や一般の方々も読者として想定しています。

謎に包まれてきた日本語の起源

日本語はどこから来たのかという問題は、ずいぶん前から様々な学者によって論じられてきましたが、決定的な根拠が見つからず、大いなる謎になってしまった感があります。しかしながら、筆者の研究によってようやくその全貌が明らかになってきたので、皆さんにお話ししようと思い立ちました。

日本語は、朝鮮語、ツングース諸語(エヴェンキ語、満州語など)、モンゴル諸語(モンゴル語、ブリヤート語など)、テュルク諸語(トルコ語、中央アジアの言語など)と近い関係にあるのではないか、あるいはオーストロネシア語族(台湾、フィリピン、インドネシア、マレーシア、オセアニアなどの言語から成る言語群)と近い関係にあるのではないかというのが従来の大方の予想でしたが、これらの予想はポイントを外しています。

中国語を見て全く違うと感じた日本人が、日本語は北方の言語と関係があるのではないか、南方の言語と関係があるのではないかと考えたのは、至極当然のことで、北方の言語と南方の言語に視線を注ぐこと自体は間違っていません。問題なのは、北方のごく一部の言語と南方のごく一部の言語に関心が偏ってしまったことです。

上記の言語のうちで、朝鮮語、ツングース諸語、モンゴル諸語、テュルク諸語は、日本語によく似た文法構造を持つことから、日本語に近縁な言語ではないかと盛んに注目されてきました。同時に、ツングース諸語、モンゴル諸語、テュルク諸語は、互いに特に近い関係にあるとみなされ、いわゆる「アルタイ語族」という名でひとまとめにされることがしばしばありました。日本語の起源をめぐる議論は、このような潮流に飲まれていきました。

しかしながら、筆者がこれから明らかにしていく歴史の真相は、かなり違います。日本語は、朝鮮語、ツングース諸語、モンゴル諸語、テュルク諸語と無関係ではないが、別の言語群ともっと近い関係を持っているようなのです。

実を言うと、筆者は日本語やその他の言語の歴史に興味を持つ人間ではありませんでした。筆者は若い頃にフィンランドのヘルシンキ大学で一般言語学や様々な欧州言語を学んでいましたが、その頃の筆者の興味は言語と思考の関係や外国語の学習理論などで、もっぱら現代の言語に関心が向いていました。歴史言語学の講義もありましたが、特に気に留めていませんでした。

筆者が言語の歴史について真剣に考えるようになったきっかけは、ロシアの北極地方で少数民族によって話されているサモエード諸語との出会いでした。サモエード諸語は、フィンランド語やハンガリー語と類縁関係にある言語です。フィンランド語とハンガリー語はヨーロッパの中では異色の存在で、北極地方の少数民族の言語と類縁関係を持っています。フィンランド語、ハンガリー語、サモエード諸語などから成る言語群は、「ウラル語族」と呼ばれます。

言語学者が使う「語族」という用語について若干説明しておきます。私たちが万葉集や源氏物語の言葉を見ると、「読みにくいな」と感じたり、「なにを言っているのかわからないな」と感じたりします。言語は時代とともに少しずつ変化しています。言語は単に変化するだけでなく、分化もします。ある程度広い範囲で話されている言語には、地域差が生じてきます。

この地域ごとに少しずつ異なる言葉が方言です。しかし、これらの方言が地理的に隔たってさらに長い年数が経過すると、最初は小さかった方言同士の差が大きくなっていき、やがて意思疎通ができないほどになります。

あまりに違いが大きくなれば、もう方言ではなく、別々の言語と言ったほうがふさわしくなります。一律の学校教育やマスメディアが発達していない時代には、この傾向は顕著です。ある言語が別々の言語に分化するのです。分化してできた言語がさらに分化することもあります。言語学では、おおもとの言語と分化してできた諸言語をまとめて「語族」といいます。世界で最もよく知られている語族は、インド・ヨーロッパ語族と呼ばれる語族で、英語、ドイツ語、フランス語、ロシア語などはこの語族に属します。例えるなら、イヌ、オオカミ、キツネ、タヌキが共通祖先を持っているように、英語、ドイツ語、フランス語、ロシア語は共通祖先を持っているということです。

日本語とウラル語族

英語などが属するインド・ヨーロッパ語族は巨大な言語群ですが、フィンランド語やハンガリー語が属するウラル語族はこじんまりとした言語群です。ウラル語族の言語は、ロシアの北極地方から北欧・東欧にかけて分布しています。地理的に遠く離れているので、ウラル語族の言語は一見したところ東アジアの言語、特に日本語とはなんの関係もないように見えますが、実はここに大きな盲点があります。日本語の歴史を考えるうえで大変重要になるので、ウラル語族の話を続けます。以下にウラル語族の内部構造を簡単に示します。

ウラル語族の言語を研究する学者の間に意見の相違がないわけではありませんが、上の図は従来広く受け入れられてきた見方です。ウラル語族の言語は、まずフィン・ウゴル系とサモエード系に分かれ、フィン・ウゴル系はそこからさらにフィン系とウゴル系に分かれます。フィンランド語はフィン系に属し、ハンガリー語はウゴル系に属します。サモエード系の言語は、ロシアの北極地方に住む少数民族によって話されています。現在残っているサモエード系の言語はネネツ語、エネツ語、ガナサン語、セリクプ語の四つのみで、特に後の三つは消滅の危機にあります。

サモエード系の言語は、フィンランド語やハンガリー語と同じウラル語族の言語ですが、フィンランド語やハンガリー語とは文法面でも語彙面でも著しく異なっています。同じ言語から分かれた言語同士でも、別々の道を歩み始め、何千年も経過すれば、似ても似つかない言語になってしまいます。特に、サモエード系の言語が辿った運命とフィンランド語・ハンガリー語が辿った運命は対照的です。サモエード系の言語は、北極地方にとどまり、他の言語との接触が比較的少なかったために、昔の姿をよく残しています。それに対して、フィンランド語とハンガリー語は、有力な言語がひしめくヨーロッパに入り込み、大きく姿を変えました。サモエード系の言語は、いわば「生きた化石」です。人類の歴史を解明するうえで、大変重要な言語です。サモエード系の言語との出会いは、筆者にとってショッキングな出来事でした。これ以降、筆者は言語の歴史について本格的に研究し始めることになります。

筆者が初めてサモエード系の言語を見た時には、「文法面ではモンゴル語やツングース諸語に似ているな」という第一印象を受けました。しかし、よく調べると、「あれっ、語彙面では日本語に似ているな」という第二印象を受けました。少なくとも言語の根幹をなす基礎語彙に関しては、モンゴル語やツングース諸語より、ウラル語族のサモエード系の言語のほうが日本語に近いと思いました。なんとも不思議な感じがしました。なんで日本の近くで話されているモンゴル語やツングース諸語より、北極地方で話されているウラル語族のサモエード系の言語のほうが日本語に近いんだろうと考え始めました。様々な言語を見てきましたが、サモエード系の言語には今までにない特別なものを感じました。なにか重大な秘密が隠されている予感がしました。

フィンランド語とハンガリー語だけを見ていた時は気づかなかったのですが、サモエード系の言語を介しながらフィンランド語とハンガリー語を見てみると、やはりフィンランド語とハンガリー語にも日本語との共通語彙があります。日本語の中にある、ウラル語族と共通している語彙、そしてウラル語族と共通していない語彙を見分けていくうちに、二つの疑問が頭に浮かんできました。一つ目の疑問は、日本語の祖先とウラル語族の言語の祖先の接点は地理的にどの辺にあったのだろうという疑問です。二つ目の疑問は、日本語の中にある、ウラル語族と共通していない語彙はどこから来たのだろうという疑問です。日本語の中には、ウラル語族と共通している語彙も多いですが、共通していない語彙も多いのです。

東アジアには黄河文明とは違う文明が存在した

ウラル語族の各言語の語彙を研究するうちに、ウラル語族が日本語だけでなく、モンゴル語、ツングース諸語、朝鮮語、さらには中国語にもなんらかの形で関係していることが明らかになってきたので、ウラル語族の言語と東アジア・東南アジアの言語の大々的な比較研究を開始しました。着実かつ合理的に歴史を解明するため、考古学および生物学の最新の研究成果を適宜参照しました。考古学も生物学も近年めざましい発展を遂げており、数々の重要な発見がありました。

かつては、メソポタミア文明、エジプト文明、インダス文明、そして東アジアの黄河文明が並べられ、世界四大文明と呼ばれていました。ところが、その後の発見によって、東アジアには黄河文明のほかに二つの大きな文明が存在したことがわかってきました(このテーマを包括的に扱った書籍はいくつかありますが、考察の広さ・深さの点でShelach-Lavi 2015が優れています)。

その二つの大きな文明とは、長江文明と遼河文明(りょうがぶんめい)です。日本列島で縄文時代が進行する間に、大陸側はこのようになっていたのです。黄河文明と長江文明に比べて、遼河文明は知名度が高くないかもしれません。しかし、遼河文明は、日本語の歴史を解明するうえで重要な鍵を握っているようなのです。

生物学が発達し、人間のDNA配列が調べられるようになりました。DNA配列は、正確には「DNAの塩基配列」といい、アデニンA、チミンT、グアニンG、シトシンCという四種類の物質が作る列のことです。最近では、生きている人間のDNA配列だけでなく、はるか昔に生きていた人間のDNA配列も調べられるようになってきました。大変興味深いことに、遼河文明が栄えていた頃に遼河流域で暮らしていた人々のDNA配列を調べた研究があります(Cui 2013)。

人間は父親と母親の間に生まれるので、子のDNA配列が父親のDNA配列と100パーセント一致することはなく、子のDNA配列が母親のDNA配列と100パーセント一致することもありません。しかし、父親から息子に代々不変的に受け継がれていく部分(Y染色体DNA)と、母親から娘に代々不変的に受け継がれていく部分(ミトコンドリアDNA)があります。代々不変的に受け継がれていく部分と書きましたが、この部分にも時に突然変異が起きます。つまり、その部分のDNA配列のある箇所が変化するのです。変化していないY染色体DNA配列を持つ男性がそれを息子に伝える一方で、変化したY染色体DNA配列を持つ男性がそれを息子に伝えるということが起き始めます。同様に、変化していないミトコンドリアDNA配列を持つ女性がそれを娘に伝える一方で、変化したミトコンドリアDNA配列を持つ女性がそれを娘に伝えるということが起き始めます。こうして、時々起きる突然変異のために、Y染色体DNAのバリエーション、ミトコンドリアDNAのバリエーションができてきます。人類の歴史を研究する学者は、このY染色体DNAのバリエーション、ミトコンドリアDNAのバリエーションに注目するのです。

先ほど述べた遼河流域の人々のDNA研究は、Y染色体DNAのバリエーション(例えば、C系統か、D系統か、N系統か、O系統か)を調べたものです。その結果はどうだったでしょうか。古代の人々の研究なのでサンプル数は限られていますが、それでも大まかな傾向は十分に捉えられています。遼河文明が栄えていた頃の遼河流域では、当初はN系統が圧倒的に優勢だったが、次第にO系統とC系統が増え(つまり他の地域から人々が流入してきたということ)、N系統はめっきり少なくなってしまったようです。現在の日本、朝鮮半島、中国では、N系統はほんの少し見られる程度です(Shi 2013)。対照的に、ウラル語族の言語が話されているロシアの北極地方からフィンランド方面にかけてN系統が非常に高い率で観察されています(Rootsi 2007)。

見え始めた日本語の正体

筆者もウラル語族の言語が東アジアの言語と深い関係を持っていることを知った時には大いに驚きましたが、考古学・生物学の発見と照らし合わせると、完全に合致します。日本語がウラル語族の言語と深い関係を持っていることは非常に興味深いですが、もう一つ興味深いことがあります。日本語の中には、ウラル語族と共通している語彙も多いですが、共通していない語彙も多く、ウラル語族とは全く異なる有力な言語群も日本語の形成に大きく関与したようなのです。

ウラル語族の言語と東アジア・東南アジアの言語の大々的な比較研究を行い、様々な紆余曲折はありましたが、漢語流入前の日本語(いわゆる大和言葉)の語彙構成が以下のようになっていることがわかってきました。

「ウラル語族との共通語彙」も多いですが、「黄河文明の言語との共通語彙」と「長江文明の言語との共通語彙」も多く、この三者で漢語流入前の日本語の語彙の大部分を占めています。

「その他の語彙1」というのは、日本語が大陸にいた時に取り入れた語彙で、「ウラル語族との共通語彙」にも、「黄河文明の言語との共通語彙」にも、「長江文明の言語との共通語彙」にも該当しないものです。

「その他の語彙2」というのは、日本語が縄文時代に日本列島で話されていた言語から取り入れた語彙です。

漢語流入前の日本語の語彙構成の特徴的なところは、なんといっても、語彙の大きな源泉が三つあることです。三つの有力な言語勢力が交わっていたことを窺わせます(遼河文明と黄河文明と長江文明の位置を思い出してください)。

「日本語の意外な歴史」では、ウラル語族との共通語彙、黄河文明の言語との共通語彙、長江文明の言語との共通語彙、その他の語彙1、その他の語彙2、いずれも詳しく扱っていきます。

では、日本語およびその他の言語の歴史を研究するための準備に取りかかりましょう。

 

外国語の単語の表記について

英語と同じようなアルファベットを使用している言語では、それをそのまま記します。言語学者が諸言語の発音を記述するのに使う国際音声記号(IPA)というのがありますが、音韻論の専門家でない限り、多くが見慣れない記号です。そのため、本ブログではIPAの使用はできるだけ控えます。特に朝鮮語は、IPAを用いて記すと複雑になるため、市販されている初心者向けの韓国語の文法書で採用されている書き方にならいました。一般の読者にとって見慣れない記号を用いる場合には、補助としてのカタカナ表記を付け加えます。慣習を考慮し、ヤ行の子音は基本的に、北方の言語(ウラル語族の言語など)では「j」で表し、南方の言語(中国語、東南アジアの言語)では「y」で表します。古代中国語のアルファベット表記の仕方は、Baxter 2014に従います。

 

参考文献

Baxter W. H. et al. 2014. Old Chinese: A New Reconstruction. Oxford University Press.

Cui Y. et al. 2013. Y chromosome analysis of prehistoric human populations in the West Liao River Valley, Northeast China. BMC Evolutionary Biology 13: 216.

Rootsi S. et al. 2007. A counter-clockwise northern route of the Y-chromosome haplogroup N from Southeast Asia towards Europe. European Journal of Human Genetics 15: 204-211.

Shelach-Lavi G. 2015. The Archaeology of Early China: From Prehistory to the Han Dynasty. Cambridge University Press.

Shi H. et al. 2013. Genetic evidence of an East Asian origin and paleolithic northward migration of Y-chromosome haplogroup N. PLoS One 8(6): e66102.


►言語の歴史を研究するための準備へ

一夫一妻制ではない世界

インディアンのDNAから重大な結果が・・・の記事にアクセスしてくださる方が多く、感謝しております。前回の記事で示したGoebel 2007の図を再び示します。

アフリカから中東に出て、そこからアメリカ大陸に到達するには、二つのルートがあります。

「東南アジアルート(南ルート)」・・・中東から南アジアを通って東南アジアに移動し、そこから北に進んでアメリカ大陸に入っていくルート

「中央アジアルート(北ルート)」・・・中東から中央アジアに移動し、そこから東に進んでアメリカ大陸に入っていくルート

インディアンのDNAに関しては、母から娘へ代々伝わるミトコンドリアDNAを見ると、東南アジアからの流れが強いが、父から息子へ代々伝わるY染色体DNAを見ると、中央アジアからの流れが圧倒的であるという話をしました(熾烈な歴史、子孫を残す少数の男と多数の女および異色のカップルの誕生を参照)。東南アジアから北に進んでいった人々と、中央アジアから東に進んでいった人々の間で、なにがあったのでしょうか。

ミトコンドリアDNAは多様だが、Y染色体DNAは単調である人間集団は世界的によく見られ、人類学者・生物学者はまずpatrilocality(父方居住性=男性とその親族が住んでいるところに、女性が移ってくるパターン)に目を向けました。太田博樹氏らの研究が有名です(Oota 2001)。これはもっともなことです。

四角の中に男女が住んでいて、以下のような傾向があったらどうなるでしょうか。

・四角の中で生まれた男性は一生そこにとどまる。
・四角の中で生まれた女性は一生そこにとどまることもあれば、外に出ていくこともある。逆に、外から女性が入ってくることもある。

当然、このような傾向があれば、四角の中の男性のY染色体DNAのバリエーションは乏しく、四角の中の女性のミトコンドリアDNAのバリエーションは豊かになるでしょう。

この説明はもっともです。しかし、それだけでは説明できない現象もあります。しかも、それが人類史において非常に大きな現象なのです。その典型的な例が、インディアンのDNAです。Baranovsky 2017の図を再び示します。

アメリカ大陸のインディアンに特徴的なY染色体DNAのQ系統の分布図です。この図は、Y染色体DNAのQ系統がかつて北ユーラシアと南北アメリカ大陸で大勢力を誇ったが、のちに北ユーラシアのほうで他の系統(R系統、N系統、C系統)が台頭し、Q系統がすっかり衰退してしまったことを示しています(R系統、N系統、C系統は、インド・ヨーロッパ語族の話者、ウラル語族の話者、テュルク系言語の話者、モンゴル系言語の話者、ツングース系言語の話者に多く見られる系統です)。

これは、先ほどのpatrilocality(父方居住性)とは全然違う話です。Y染色体DNAのある系統がずっと居座る話ではなく、Y染色体DNAのある系統が消えてしまう話です。このようにQ系統は北ユーラシアではすっかり衰退してしまいましたが、そのQ系統自身もかつては他の系統を消滅させていたかもしれません。中米・南米のインディアンのY染色体DNAがQ系統一色に染まっているのは怪しいです。

筆者は、かつて東ユーラシアの北のほうで以下のようなことがあったのではないかと考えています。は中央アジアから東に進んできた男性、は中央アジアから東に進んできた女性、は東南アジアから北に進んできた男性、は東南アジアから北に進んできた女性です。説明のために、極端なモデルを示します。

中央アジアからやって来た男女より、東南アジアからやって来た男女のほうが断然多いとしましょう。そして、これらの男女の間で子作りが行われます。ここで、中央アジアからやって来た男性が力関係(権力・武力)あるいは物質的豊かさの点で東南アジアからやって来た男性より優位にあり、この優位にある男性とすべての女性の間で子作りが行われたら、どうなるでしょうか。生まれてくる子どもたちのY染色体DNAは、中央アジアからやって来た系統一色になります。生まれてくる子どもたちのミトコンドリアDNAは、東南アジアからやって来た系統が優勢になります。もともと、中央アジアからやって来た女性より東南アジアからやって来た女性のほうが多いからです。インディアンのY染色体DNAとミトコンドリアDNAは、まさにこのようになっているのです。

中央アジアからやって来た男女より、東南アジアからやって来た男女のほうが断然多かったことは、現代の東アジアの人々のミトコンドリアDNAを調べればわかります。熾烈な歴史、子孫を残す少数の男と多数の女の記事でお話ししたように、アフリカ以外の人々のミトコンドリアDNAはM系統とN系統に大別することができ、M系統は以下のように拡散したと考えられます。

M系統は、東南アジアルートを通って東アジアにやって来たことが明らかな系統です。これに対して、N系統は、東南アジアルートを通って東アジアにやって来た可能性と、中央アジアルートを通って東アジアにやって来た可能性があります。しかしながら、異色のカップルの誕生の記事でN系統の一下位系統であるB系統について考察しましたが、東アジアに存在するN系統の大半も東南アジアルートを通ってやって来たと考えられるものです。日本人のミトコンドリアDNAに関する詳細なデータは、Tanaka 2004などで見ることができます。日本人に見られるミトコンドリアDNAのN系統の下位系統の中で、中央アジアルートを通ってやって来た可能性があるのは、A系統とN9系統(下位系統としてN9a、N9b、Yがあります)ぐらいです(篠田2007)。A系統とN9系統を合わせても、日本人のミトコンドリアDNAに占める割合は14%ほどです(Tanaka 2004、篠田2007)。中央アジアルートを通ってやって来た人々は、東南アジアルートを通ってやって来た人々より断然少ないのです。

4万年前の東アジアの記事などでお話ししたように、考古学は明らかに中央アジアルートを通ってやって来た人々が東南アジアルートを通ってやって来た人々より先進的であったことを示しています(ただし、航海技術は、中東→南アジア→東南アジア→東アジアと海沿いを移動してきた人々のほうが高かったでしょう)。本ブログに登場する、ヨーロッパ方面から東アジア方面に及ぶ古代北ユーラシアのいくつかの巨大な言語群の存在も、そのことを示しています。

中央アジアからやって来た男女と東南アジアからやって来た男女による子作りは説明のために極端に描きましたが、そこまで極端な偏りはなく、もっと穏やかな偏りだったとしても、子作りが代々行われれば、やはり筆者が説明したようになります。しかし、インディアンのDNAが示す男女の歴史は、特殊な例なのでしょうか。それとも、日本人、朝鮮人、中国人などにも同じような男女の歴史があるのでしょうか。人間集団と人間集団が混ざり合うといっても、液体と液体の混合のように単純でないことを思わせます。一夫一妻制ではない世界をもう少し探求してみましょう。

※上のpatrilocality(父方居住性)の話と力関係・物質的豊かさで優位に立つ男性の話は違うものですが、互いに排他的なものではありません。Y染色体DNAのある系統がずっと居座り、その系統が別の系統に取って代わられ、今後はその別の系統がずっと居座ることも考えられるからです。複数の要因が相乗的に働いて、ある地域のY染色体DNAのバリエーションが単調になっている可能性があります(Heyer 2012)。

 

参考文献

日本語

篠田謙一、「日本人になった祖先たち DNAから解明するその多元的構造」、NHK出版、2007年。

英語

Balanovsky O. et al. 2017. Phylogeography of human Y-chromosome haplogroup Q3-L275 from an academic/citizen science collaboration. BMC Evolutionary Biology 17: 18.

Goebel T. 2007. The missing years for modern humans. Science 315(5809): 194-196.

Heyer E. et al. 2012. Sex-specific demographic behaviours that shape human genomic variation. Molecular Ecology 21(3): 597-612.

Oota H. et al. 2001. Human mtDNA and Y-chromosome variation is correlated with matrilocal versus patrilocal residence. Nature Genetics 29(1): 20-21.

Tanaka M. et al. 2004. Mitochondrial genome variation in eastern Asia and the peopling of Japan. Genome Research 14(10a): 1832-1850.

北ユーラシアに向かう人類、バルカシュ湖とバイカル湖

otu(落つ)の語源

日本語が属していた語族を知るの記事で、水を意味していたmat-、mit-、mut-、met-、mot-のような語から、様々な語彙が生まれたことを示しました。その中に、以下の語がありました。

mudaku(抱く)、udaku(抱く)、idaku(抱く)
ude(腕)(推定古形は*uda)
utu(打つ)
muti(鞭)
motu(持つ)

これは、「水」を意味していた語が「横」を意味するようになり、「横」を意味していた語が「手、腕、肩」を意味するようになるパターンです。上の日本語の語彙がややこしく見えるのは、語頭のmがしばしば消えているからです。以下のようになっていたら、わかりやすかったでしょう。

mudaku(抱く)
muda(腕)
mutu(打つ)
muti(鞭)
motu(持つ)

ところが、実際にはこうならなかったのです。上の一連の語は、もともと*mudaまたは*mutaという語があり、その語頭のmがしばしば脱落していたことを示しています。

このことは、otu(落つ)の語源を考えるうえでも示唆的です。otu(落つ)は、otosu(落とす)、otoru(劣る)、otoroɸu(衰ふ)などと同源と考えられます。下を意味する*otoという語があったのでしょう。弟または妹を意味したoto/otoɸi/otoɸitoという語もそのことを裏づけています。

現代の日本語にutumuku(俯く)などの語がありますが、下を意味する*utuという語もあったと考えられます。日本語で「眠りに落ちる」と言ったり、英語で「fall asleep」と言ったりしますが、人類の言語を見渡すと、落下と眠りの間には深い関係があります。立ったまま眠ることができず、横になるか座るかして眠るというのもあるかもしれません。立っているのは活動中で、横になったり座ったりしているのは休止中ということかもしれません。落下、下方向、下を意味する*utuの異形として*utaと*utoがあり、これがutatane(うたた寝)やutouto(うとうと)などの表現を生み出したのではないかと思われます。potapota(ぽたぽた)、potupotu(ぽつぽつ)、potopoto(ぽとぽと)が存在するようなものでしょう。uttori(うっとり)も、もともと寝ている様子や寝ぼけている様子を表し、そこから意味がずれていったのではないかと思われます。

ちなみに、uzu(渦)の古形はudu(渦)であり、やはり根底には「水」がありそうです。

oru(下る、降る)の語源の考察で見たように、oru(下る、降る)の語源が「水」であり、ɸuru(降る)の語源が「水」であり、sagaru(下がる)の語源が「水」であり、kudaru(下る)の語源が「水」であるならば、otu(落つ)の語源も「水」である可能性が極めて高いです。

どちらも本ブログで頻繁に登場する言語群ですが、古代北ユーラシアで水のことを(A)のように言っていた言語群と、水のことを(B)のように言っていた言語群を思い出しましょう。

(A)

mark-、mirk-、murk-、merk-、mork-(mar-、mir-、mur-、mer-、mor-、mak-、mik-、muk-、mek-、mok-)

bark-、birk-、burk-、berk-、bork-(bar-、bir-、bur-、ber-、bor-、bak-、bik-、buk-、bek-、bok-)

park-、pirk-、purk-、perk-、pork-(par-、pir-、pur-、per-、por-、pak-、pik-、puk-、pek-、pok-)

wark-、wirk-、wurk-、werk-、work-(war-、wir-、wur-、wer-、wor-、wak-、wik-、wuk-、wek-、wok-)

vark-、virk-、vurk-、verk-、vork-(var-、vir-、vur-、ver-、vor-、vak-、vik-、vuk-、vek-、vok-)

(B)

mat-、mit-、mut-、met-、mot-

bat-、bit-、but-、bet-、bot-

pat-、pit-、put-、pet-、pot-

wat-、wit-、wut-、wet-、wot-

vat-、vit-、vut-、vet-、vot-

※時に語頭の子音が脱落して、urk-、ork-のような語が生じたり、ut-、ot-のような語が生じたりします。

(A)の言語群は、朝鮮語mul(水)、ツングース諸語のエヴェンキ語mū(水)、ナナイ語muə(水)ムウ、満州語mukə(水)ムク、アイヌ語wakka(水)(推定古形は*warkaあるいは*walka)などが属すると見られる言語群です。インド・ヨーロッパ語族に英語のmark(印)(かつては境を意味していた)のような語があったり、ウラル語族にフィンランド語のmärkä(濡れている)マルカのような語があったりするのを見ればわかるように、(A)の言語群は北ユーラシアに広く分布していた言語群です。

東アジアの人々の本質、アフリカから東アジアに至る二つの道の記事でお話ししたように、アフリカから中東に出て、そこから中央アジアを経由して東アジアにやって来た人々と、東南アジアを経由して東アジアにやって来た人々がいました(図は上記記事のGoebel 2007の図を再掲)。

4万年前の東アジアの記事でもお話ししたように、当時先進的だったのは、中東から中央アジアを経由して東アジアにやって来た人々であり、これらの人々の言語は、人類の言語の歴史を考えるうえで大変注目されます。地図からわかるように、中央アジアのバルカシュ湖(地図中に名前は記されていませんが、中東からバイカル湖に向かう途中にある湖で、中央アジアでは最大の湖です)のあたりと、シベリアのバイカル湖のあたりが、北ユーラシア・東アジアへの進出の重要な拠点になりました。

このように、北ユーラシア・東アジアに進出する人類の重要な拠点となった湖が二つあり、その一つはバルカシュ湖(Lake Balkhash)と呼ばれ、もう一つはバイカル湖(Lake Baikal)と呼ばれています。当然、このBalkhashとBaikalにも語源があるはずです。Balkhashのほうは、古代北ユーラシアで水を意味したmark-、bark-、park-、wark-、vark-のような語から来たと考えてよいでしょう。

Baikalのほうは、どうでしょうか。Baikalは難問です。筆者は、北ユーラシアの言語や地名と照らし合わせながら、Baikalのbaiの部分とkalの部分は別々の語源を持っているのではないかと考えています。Baikalの語源はここでは見送りますが、バイカル湖東部にバルグジン川(Barguzin River)、バルグジン湾(Barguzin Bay)、バルグジン山脈(Barguzin Range)があり、バイカル湖周辺に水のことをbark-のように言う人々がいたことは確実です。

※近くを流れているトゥルカ川(Turka River)やウダ川(Uda River)などの河川名も目を引きます。水を意味するturkaのような語が横を意味するようになり、手・腕を意味する*tukaが生まれたり、頬を意味するturaが生まれたりします。手・腕を意味した*tukaは、tuka(柄)、tukamu(掴む)、tukamaru(捕まる)、tukamaeru(捕まえる)などになっており、頬を意味したturaはtura(面)になっています。バイカル湖の右下の地域は要注意です。

ヨーロッパ方面で最大の規模を誇り、モスクワとサンクトペテルブルクの間からカスピ海までを流れるヴォルガ川(Volga River)の語源も、古代北ユーラシアで水を意味したmark-、bark-、park-、wark-、vark-のような語と関係がありそうです。

こうして見ると、(A)の言語群は、中東から中央アジア、中央アジアから北ユーラシアに広がっていった人々の言語から来ている可能性が高いです。ヨーロッパで孤立しているバスク語のur(水)や、北ユーラシアの真ん中で孤立しているケット語のulj(水)ウリィなどを見ても、その可能性が高いです。しかし、いろいろと謎も残ります。

まず気になるのは、(A)の言語群は(B)の言語群と系統関係があるのかどうかという問題です。

インド・ヨーロッパ語族の英語water(水)、ヒッタイト語watar(水)のような語、ウラル語族のフィンランド語vesi(水)(組み込まれてved-、vet-)、ハンガリー語víz(水)ヴィーズのような語、そして日本語のmidu(水)は(B)の言語群に属するので、これは非常に気になる問題です。日本語が、水のことをmat-、mit-、mut-、met-、mot-のように言う言語に囲まれていたことは、本ブログで示している通りです。

もう一つ気になるのは、現在北ユーラシアに残っている言語とアメリカ大陸のインディアンの言語から、かつて北ユーラシアに水のことをjark-、jirk-、jurk、jerk-、jork-(jar-、jir-、jur-、jer-、jor-、jak-、jik-、juk-、jek-、jok-)(jは日本語のヤ行の子音)のように言う言語群があったと推定されるが、(A)の言語群はこの言語群と系統関係があるのかどうかという問題です。

水のことをjark-、jirk-、jurk、jerk-、jork-(jar-、jir-、jur-、jer-、jor-、jak-、jik-、juk-、jek-、jok-)のように言う言語群が存在した時代はとても古く、例を少し示すと、tʃark-、tʃirk-、tʃurk、tʃerk-、tʃork-(tʃar-、tʃir-、tʃur-、tʃer-、tʃor-、tʃak-、tʃik-、tʃuk-、tʃek-、tʃok-)のような形からtark-、tirk-、turk、terk-、tork-(tar-、tir-、tur-、ter-、tor-、tak-、tik-、tuk-、tek-、tok-)のような形が生まれたり、njark-、njirk-、njurk、njerk-、njork-(njar-、njir-、njur-、njer-、njor-、njak-、njik-、njuk-、njek-、njok-)のような形からnark-、nirk-、nurk、nerk-、nork-(nar-、nir-、nur-、ner-、nor-、nak-、nik-、nuk-、nek-、nok-)のような形が生まれたりしています。

人類は少なくとも45000年前には北ユーラシアに現れており、そこからの言語の歴史は壮大で複雑です。上に述べた問題も、すぐに結論が出せない大きな問題です。しかし、そのような大きな問題を立てることはできるようになってきました。問題は山のようにありますが、少しずつ人類の言語の歴史を明らかにしていきましょう。

 

参考文献

Goebel T. 2007. The missing years for modern humans. Science 315(5809): 194-196.

「下りる」と「落ちる」

下(した)、下(しも)、下(もと)の比較の記事では、「水」を意味していた語が「下」を意味するようになるパターンを示しました。これもかなりの頻出パターンであり、さらなる考察を要します。

ここでは、奈良時代の日本語のoru(下る、降る)とotu(落つ)について考えましょう。oru(下る、降る)は意志によって制御された下への移動を表すことが多く、otu(落つ)は重力にまかされた下への移動を表すことが多いですが、ここではどちらも下への移動を表す語であるという単純な認識で十分です。

oru(下る、降る)の語源

奈良時代のoru(下る、降る)の用法は、現代のoriru(下りる、降りる)の用法と大体同じです。しかし、このような語ばかりではなく、意味が大きく変わった語もあります。奈良時代のoku(置く)の用法は、現代のoku(置く)の用法と明らかに違います。

現代では「霜が降りる」と言いますが、昔は「霜降る」と言ったり、「霜置く」と言ったりしていました。oku(置く)は、oru(下る、降る)やɸuru(降る)と同様の意味を持っていたのです。つまり、自動詞として働いていたということです。

現代のoku(置く)はもっぱら他動詞として働きますが、奈良時代のoku(置く)は自動詞として働くことも、他動詞として働くこともありました。「なにかが下に移動すること」も意味したし、「なにかを下に移動させること」も意味していたのです。

奈良時代から現代までの歴史を見ると、oku(置く)はもともと自動詞で、他の語に圧迫されながら、自動詞としての用法を弱め、他動詞としての用法を強めていったように見えますが、いずれにせよ、oku(置く)が「下への移動」を意味する語であったのは確かです。

冒頭に述べたように、「水」を意味していた語が「下」を意味するようになるパターンがあり、その中に、「水」→「雨または雪」→「落下、下方向、下」というパターンがあります。

上に挙げたɸuru(降る)はこれに該当し、古代北ユーラシアで水を意味したpark-、pirk-、purk-、perk-、pork-(par-、pir-、pur-、per-、por-、pak-、pik-、puk-、pek-、pok-)のような語から来ていると考えられます。ɸuka(深)やpukapuka(ぷかぷか)と同源です。波に揺られての記事のɸuku(振く)、ɸuru(振る)、ɸuraɸura(ふらふら)、burabura(ぶらぶら)、purapura(ぷらぷら)なども思い出してください。

ɸuru(降る)が「水」から来ているのなら、oru(下る、降る)とoku(置く)も「水」から来ているかもしれません。古代北ユーラシアで水を意味したpark-、pirk-、purk-、perk-、pork-(par-、pir-、pur-、per-、por-、pak-、pik-、puk-、pek-、pok-)のような語は、mark-、mirk-、murk-、merk-、mork-(mar-、mir-、mur-、mer-、mor-、mak-、mik-、muk-、mek-、mok-)のような形や、wark-、wirk-、wurk-、werk-、work-(war-、wir-、wur-、wer-、wor-、wak-、wik-、wuk-、wek-、wok-)のような形でも存在しました。朝鮮語のmur(水)も、アイヌ語のwakka(水)(推定古形は*warkaあるいは*walka)も、ここから来ています。

wark-、wirk-、wurk-、werk-、work-(war-、wir-、wur-、wer-、wor-、wak-、wik-、wuk-、wek-、wok-)のような形に注目しましょう。この形は要注意です。日本語のワ行を見ればわかるように、wという子音はとても消滅しやすいからです。例えば、フィンランド語olka(肩)、ハンガリー語váll(肩)ヴァーッル、朝鮮語ɔkkɛ(肩)オッケ、日本語waki(脇)を見てください。これらは、「水」を意味していた語が「横」を意味するようになり、「横」を意味していた語が「手、腕、肩」を意味するようになるパターンです。フィンランド語と朝鮮語では先頭のwが消滅し、ハンガリー語では先頭のwがvになっています。朝鮮語のokkɛ(肩)は、水を意味するork-あるいはolk-のような語が東アジア、それも日本語のそばにあったことを示唆しています。

要するに、mork-、bork-、pork-、work-、vork-のような形だけでなく、子音が消えたork-のような形もあったということです。

水を意味するork-あるいはolk-のような語が日本語に入ったら、or-またはok-という形になりそうです。oru(下る、降る)とoku(置く)も、「水」から来たのでしょうか。下への移動を意味する語は、この可能性を検討しなければなりません。すでに述べたɸuru(降る)だけでなく、sagaru(下がる)もsaka(酒)、saka(境)、saka(坂)などと同源で「水」から来たと考えられるし、kudaru(下る)も水を意味するkat-、kit-、kut-、ket-、kot-のような語(刀(かたな)と剣(つるぎ)の記事などを参照)から来たのかもしれません(奈良時代には、盛りを過ぎて衰えていくことを意味するkutatu(降つ)という動詞もありました。kutu(朽つ)、kutakuta(くたくた)、kutabiru(くたびる)、kutabaru(くたばる)などにも通じているかもしれません)。

oru(下る、降る)とoku(置く)も「水」から来た可能性がありますが、水を意味するork-のような語が存在したことを示す語は日本語にさほど多くありません。mork-、bork-、pork-、work-、vork-のように子音が残っている形で存在することが多く、ork-のように子音がなくなった形で存在することは少なかったのかもしれません。境に関係があるworu(折る)/wori(折)や盛り上がった土地を意味するwoka(丘)などの語が見られることから、水のことをwork-のように言う言語が日本語のそばに存在したことは確実です。

水を意味するork-のような語が存在したことを示唆する語としては、まずoki(沖)とoku(奥)が挙げられます。奈良時代には、okiもokuも「奥」と書くのが普通でした。「奥」という漢字にさんずいは含まれていませんが、海に関して使われていることが多いです。oki/okuは、海の彼方を意味する語だったのでしょう。水を意味することができず、海を意味することもできず、海の彼方を意味していたと思われます。そこから、okiは当初の水という意味を残し、okuは当初の水という意味を失ったのでしょう。

水を意味するork-のような語が存在したことを示唆する語としては、oru(織る)も挙げられます。明らかに糸関連の語だからです。織るというのは、以下の図のように縦糸と横糸を交差させる作業です(図はPrmaCeed様のウェブサイトより引用)。

前回の記事で、水を意味するkalm-、kilm-、kulm-、kelm-、kolm-(kal-、kil-、kul-、kel-、kol-、kam-、kim-、kum-、kem-、kom-)のような語から来たkuru(繰る)とkumu(組む)を挙げましたが、水を意味するam-、um-、om-のような語から来たamu(編む)や、水を意味するjark-、jirk-、jurk-、jerk-、jork-(jar-、jir-、jur-、jer-、jor-、jak-、jik-、juk-、jek-、jok-)のような語から来たyoru(縒る)もあります。「水」→「境」→「線・糸」という意味変化は頻出パターンです。

※糸関連の語彙の中でよく使われるnuɸu(縫ふ)は、naɸu(綯ふ)やnaɸa(縄)と同源で、水を意味するnam-、nab-、nap-、num-、nub-、nup-、nom-、nob-、nop-のような語から来たと見られます。出所はタイ系言語でしょう。

前回の記事で挙げたkoromo(衣)とkurumu(包む)もそうでしたが、一般にuとoの間は発音が変化しやすいです。ork-のほかにurk-という形も考える必要があるかもしれません。uku(浮く)/ukabu(浮かぶ)やuruɸu(潤ふ)/uruɸoɸu(潤ふ)は関係がありそうです。orooro(おろおろ)とurouro(うろうろ)も、波に揺られるところから来ているかもしれません(このようなパターンについては、波に揺られての記事を参照)。

このように、水を意味するmork-、bork-、pork-、work-、vork-のような語だけでなく、ork-のような語も日本語のそばにあった可能性が高いです。実は、これにそっくりなパターンが別のところにも見られます。水を意味するmot-、bot-、pot-、wot-、vot-のような語だけでなく、ot-のような語も日本語のそばにあったようです。次は、otu(落つ)について考えましょう。