日本語の起源と歴史に興味を持つすべての方へ

本ブログの記事一覧はこちら

こんにちは。金平譲司と申します。ここに「日本語の意外な歴史」と題するブログを立ち上げました。

このブログは、日本語ならびに日本語と深い関係を持つ言語の歴史を解明するものです。言語学者だけでなく、他の分野の専門家や一般の方々も読者として想定しています。

謎に包まれてきた日本語の起源

日本語はどこから来たのかという問題は、ずいぶん前から様々な学者によって論じられてきましたが、決定的な根拠が見つからず、大いなる謎になってしまった感があります。しかしながら、筆者の研究によってようやくその全貌が明らかになってきたので、皆さんにお話ししようと思い立ちました。

日本語は、朝鮮語、ツングース諸語(エヴェンキ語、満州語など)、モンゴル諸語(モンゴル語、ブリヤート語など)、テュルク諸語(トルコ語、中央アジアの言語など)と近い関係にあるのではないか、あるいはオーストロネシア語族(台湾、フィリピン、インドネシア、マレーシア、オセアニアなどの言語から成る言語群)と近い関係にあるのではないかというのが従来の大方の予想でしたが、これらの予想はポイントを外しています。

中国語を見て全く違うと感じた日本人が、日本語は北方の言語と関係があるのではないか、南方の言語と関係があるのではないかと考えたのは、至極当然のことで、北方の言語と南方の言語に視線を注ぐこと自体は間違っていません。問題なのは、北方のごく一部の言語と南方のごく一部の言語に関心が偏ってしまったことです。

上記の言語のうちで、朝鮮語、ツングース諸語、モンゴル諸語、テュルク諸語は、日本語によく似た文法構造を持つことから、日本語に近縁な言語ではないかと盛んに注目されてきました。同時に、ツングース諸語、モンゴル諸語、テュルク諸語は、互いに特に近い関係にあるとみなされ、いわゆる「アルタイ語族」という名でひとまとめにされることがしばしばありました。日本語の起源をめぐる議論は、このような潮流に飲まれていきました。

しかしながら、筆者がこれから明らかにしていく歴史の真相は、かなり違います。日本語は、朝鮮語、ツングース諸語、モンゴル諸語、テュルク諸語と無関係ではないが、別の言語群ともっと近い関係を持っているようなのです。

実を言うと、筆者は日本語やその他の言語の歴史に興味を持つ人間ではありませんでした。筆者は若い頃にフィンランドのヘルシンキ大学で一般言語学や様々な欧州言語を学んでいましたが、その頃の筆者の興味は言語と思考の関係や外国語の学習理論などで、もっぱら現代の言語に関心が向いていました。歴史言語学の講義もありましたが、特に気に留めていませんでした。

筆者が言語の歴史について真剣に考えるようになったきっかけは、ロシアの北極地方で少数民族によって話されているサモエード諸語との出会いでした。サモエード諸語は、フィンランド語やハンガリー語と類縁関係にある言語です。フィンランド語とハンガリー語はヨーロッパの中では異色の存在で、北極地方の少数民族の言語と類縁関係を持っています。フィンランド語、ハンガリー語、サモエード諸語などから成る言語群は、「ウラル語族」と呼ばれます。

言語学者が使う「語族」という用語について若干説明しておきます。私たちが万葉集や源氏物語の言葉を見ると、「読みにくいな」と感じたり、「なにを言っているのかわからないな」と感じたりします。言語は時代とともに少しずつ変化しています。言語は単に変化するだけでなく、分化もします。ある程度広い範囲で話されている言語には、地域差が生じてきます。

この地域ごとに少しずつ異なる言葉が方言です。しかし、これらの方言が地理的に隔たってさらに長い年数が経過すると、最初は小さかった方言同士の差が大きくなっていき、やがて意思疎通ができないほどになります。

あまりに違いが大きくなれば、もう方言ではなく、別々の言語と言ったほうがふさわしくなります。一律の学校教育やマスメディアが発達していない時代には、この傾向は顕著です。ある言語が別々の言語に分化するのです。分化してできた言語がさらに分化することもあります。言語学では、おおもとの言語と分化してできた諸言語をまとめて「語族」といいます。世界で最もよく知られている語族は、インド・ヨーロッパ語族と呼ばれる語族で、英語、ドイツ語、フランス語、ロシア語などはこの語族に属します。例えるなら、イヌ、オオカミ、キツネ、タヌキが共通祖先を持っているように、英語、ドイツ語、フランス語、ロシア語は共通祖先を持っているということです。

日本語とウラル語族

英語などが属するインド・ヨーロッパ語族は巨大な言語群ですが、フィンランド語やハンガリー語が属するウラル語族はこじんまりとした言語群です。ウラル語族の言語は、ロシアの北極地方から北欧・東欧にかけて分布しています。地理的に遠く離れているので、ウラル語族の言語は一見したところ東アジアの言語、特に日本語とはなんの関係もないように見えますが、実はここに大きな盲点があります。日本語の歴史を考えるうえで大変重要になるので、ウラル語族の話を続けます。以下にウラル語族の内部構造を簡単に示します。

ウラル語族の言語を研究する学者の間に意見の相違がないわけではありませんが、上の図は従来広く受け入れられてきた見方です。ウラル語族の言語は、まずフィン・ウゴル系とサモエード系に分かれ、フィン・ウゴル系はそこからさらにフィン系とウゴル系に分かれます。フィンランド語はフィン系に属し、ハンガリー語はウゴル系に属します。サモエード系の言語は、ロシアの北極地方に住む少数民族によって話されています。現在残っているサモエード系の言語はネネツ語、エネツ語、ガナサン語、セリクプ語の四つのみで、特に後の三つは消滅の危機にあります。

サモエード系の言語は、フィンランド語やハンガリー語と同じウラル語族の言語ですが、フィンランド語やハンガリー語とは文法面でも語彙面でも著しく異なっています。同じ言語から分かれた言語同士でも、別々の道を歩み始め、何千年も経過すれば、似ても似つかない言語になってしまいます。特に、サモエード系の言語が辿った運命とフィンランド語・ハンガリー語が辿った運命は対照的です。サモエード系の言語は、北極地方にとどまり、他の言語との接触が比較的少なかったために、昔の姿をよく残しています。それに対して、フィンランド語とハンガリー語は、有力な言語がひしめくヨーロッパに入り込み、大きく姿を変えました。サモエード系の言語は、いわば「生きた化石」です。人類の歴史を解明するうえで、大変重要な言語です。サモエード系の言語との出会いは、筆者にとってショッキングな出来事でした。これ以降、筆者は言語の歴史について本格的に研究し始めることになります。

筆者が初めてサモエード系の言語を見た時には、「文法面ではモンゴル語やツングース諸語に似ているな」という第一印象を受けました。しかし、よく調べると、「あれっ、語彙面では日本語に似ているな」という第二印象を受けました。少なくとも言語の根幹をなす基礎語彙に関しては、モンゴル語やツングース諸語より、ウラル語族のサモエード系の言語のほうが日本語に近いと思いました。なんとも不思議な感じがしました。なんで日本の近くで話されているモンゴル語やツングース諸語より、北極地方で話されているウラル語族のサモエード系の言語のほうが日本語に近いんだろうと考え始めました。様々な言語を見てきましたが、サモエード系の言語には今までにない特別なものを感じました。なにか重大な秘密が隠されている予感がしました。

フィンランド語とハンガリー語だけを見ていた時は気づかなかったのですが、サモエード系の言語を介しながらフィンランド語とハンガリー語を見てみると、やはりフィンランド語とハンガリー語にも日本語との共通語彙があります。日本語の中にある、ウラル語族と共通している語彙、そしてウラル語族と共通していない語彙を見分けていくうちに、二つの疑問が頭に浮かんできました。一つ目の疑問は、日本語の祖先とウラル語族の言語の祖先の接点は地理的にどの辺にあったのだろうという疑問です。二つ目の疑問は、日本語の中にある、ウラル語族と共通していない語彙はどこから来たのだろうという疑問です。日本語の中には、ウラル語族と共通している語彙も多いですが、共通していない語彙も多いのです。

東アジアには黄河文明とは違う文明が存在した

ウラル語族の各言語の語彙を研究するうちに、ウラル語族が日本語だけでなく、モンゴル語、ツングース諸語、朝鮮語、さらには中国語にもなんらかの形で関係していることが明らかになってきたので、ウラル語族の言語と東アジア・東南アジアの言語の大々的な比較研究を開始しました。着実かつ合理的に歴史を解明するため、考古学および生物学の最新の研究成果を適宜参照しました。考古学も生物学も近年めざましい発展を遂げており、数々の重要な発見がありました。

かつては、メソポタミア文明、エジプト文明、インダス文明、そして東アジアの黄河文明が並べられ、世界四大文明と呼ばれていました。ところが、その後の発見によって、東アジアには黄河文明のほかに二つの大きな文明が存在したことがわかってきました(このテーマを包括的に扱った書籍はいくつかありますが、考察の広さ・深さの点でShelach-Lavi 2015が優れています)。

その二つの大きな文明とは、長江文明と遼河文明(りょうがぶんめい)です。日本列島で縄文時代が進行する間に、大陸側はこのようになっていたのです。黄河文明と長江文明に比べて、遼河文明は知名度が高くないかもしれません。しかし、遼河文明は、日本語の歴史を解明するうえで重要な鍵を握っているようなのです。

生物学が発達し、人間のDNA配列が調べられるようになりました。DNA配列は、正確には「DNAの塩基配列」といい、アデニンA、チミンT、グアニンG、シトシンCという四種類の物質が作る列のことです。最近では、生きている人間のDNA配列だけでなく、はるか昔に生きていた人間のDNA配列も調べられるようになってきました。大変興味深いことに、遼河文明が栄えていた頃に遼河流域で暮らしていた人々のDNA配列を調べた研究があります(Cui 2013)。

人間は父親と母親の間に生まれるので、子のDNA配列が父親のDNA配列と100パーセント一致することはなく、子のDNA配列が母親のDNA配列と100パーセント一致することもありません。しかし、父親から息子に代々不変的に受け継がれていく部分(Y染色体DNA)と、母親から娘に代々不変的に受け継がれていく部分(ミトコンドリアDNA)があります。代々不変的に受け継がれていく部分と書きましたが、この部分にも時に突然変異が起きます。つまり、その部分のDNA配列のある箇所が変化するのです。変化していないY染色体DNA配列を持つ男性がそれを息子に伝える一方で、変化したY染色体DNA配列を持つ男性がそれを息子に伝えるということが起き始めます。同様に、変化していないミトコンドリアDNA配列を持つ女性がそれを娘に伝える一方で、変化したミトコンドリアDNA配列を持つ女性がそれを娘に伝えるということが起き始めます。こうして、時々起きる突然変異のために、Y染色体DNAのバリエーション、ミトコンドリアDNAのバリエーションができてきます。人類の歴史を研究する学者は、このY染色体DNAのバリエーション、ミトコンドリアDNAのバリエーションに注目するのです。

先ほど述べた遼河流域の人々のDNA研究は、Y染色体DNAのバリエーション(例えば、C系統か、D系統か、N系統か、O系統か)を調べたものです。その結果はどうだったでしょうか。古代の人々の研究なのでサンプル数は限られていますが、それでも大まかな傾向は十分に捉えられています。遼河文明が栄えていた頃の遼河流域では、当初はN系統が圧倒的に優勢だったが、次第にO系統とC系統が増え(つまり他の地域から人々が流入してきたということ)、N系統はめっきり少なくなってしまったようです。現在の日本、朝鮮半島、中国では、N系統はほんの少し見られる程度です(Shi 2013)。対照的に、ウラル語族の言語が話されているロシアの北極地方からフィンランド方面にかけてN系統が非常に高い率で観察されています(Rootsi 2007)。

見え始めた日本語の正体

筆者もウラル語族の言語が東アジアの言語と深い関係を持っていることを知った時には大いに驚きましたが、考古学・生物学の発見と照らし合わせると、完全に合致します。日本語がウラル語族の言語と深い関係を持っていることは非常に興味深いですが、もう一つ興味深いことがあります。日本語の中には、ウラル語族と共通している語彙も多いですが、共通していない語彙も多く、ウラル語族とは全く異なる有力な言語群も日本語の形成に大きく関与したようなのです。

ウラル語族の言語と東アジア・東南アジアの言語の大々的な比較研究を行い、様々な紆余曲折はありましたが、漢語流入前の日本語(いわゆる大和言葉)の語彙構成が以下のようになっていることがわかってきました。

「ウラル語族との共通語彙」も多いですが、「黄河文明の言語との共通語彙」と「長江文明の言語との共通語彙」も多く、この三者で漢語流入前の日本語の語彙の大部分を占めています。

「その他の語彙1」というのは、日本語が大陸にいた時に取り入れた語彙で、「ウラル語族との共通語彙」にも、「黄河文明の言語との共通語彙」にも、「長江文明の言語との共通語彙」にも該当しないものです。

「その他の語彙2」というのは、日本語が縄文時代に日本列島で話されていた言語から取り入れた語彙です。

漢語流入前の日本語の語彙構成の特徴的なところは、なんといっても、語彙の大きな源泉が三つあることです。三つの有力な言語勢力が交わっていたことを窺わせます(遼河文明と黄河文明と長江文明の位置を思い出してください)。

「日本語の意外な歴史」では、ウラル語族との共通語彙、黄河文明の言語との共通語彙、長江文明の言語との共通語彙、その他の語彙1、その他の語彙2、いずれも詳しく扱っていきます。

では、日本語およびその他の言語の歴史を研究するための準備に取りかかりましょう。

 

外国語の単語の表記について

英語と同じようなアルファベットを使用している言語では、それをそのまま記します。言語学者が諸言語の発音を記述するのに使う国際音声記号(IPA)というのがありますが、音韻論の専門家でない限り、多くが見慣れない記号です。そのため、本ブログではIPAの使用はできるだけ控えます。特に朝鮮語は、IPAを用いて記すと複雑になるため、市販されている初心者向けの韓国語の文法書で採用されている書き方にならいました。一般の読者にとって見慣れない記号を用いる場合には、補助としてのカタカナ表記を付け加えます。慣習を考慮し、ヤ行の子音は基本的に、北方の言語(ウラル語族の言語など)では「j」で表し、南方の言語(中国語、東南アジアの言語)では「y」で表します。古代中国語のアルファベット表記の仕方は、Baxter 2014に従います。

 

参考文献

Baxter W. H. et al. 2014. Old Chinese: A New Reconstruction. Oxford University Press.

Cui Y. et al. 2013. Y chromosome analysis of prehistoric human populations in the West Liao River Valley, Northeast China. BMC Evolutionary Biology 13: 216.

Rootsi S. et al. 2007. A counter-clockwise northern route of the Y-chromosome haplogroup N from Southeast Asia towards Europe. European Journal of Human Genetics 15: 204-211.

Shelach-Lavi G. 2015. The Archaeology of Early China: From Prehistory to the Han Dynasty. Cambridge University Press.

Shi H. et al. 2013. Genetic evidence of an East Asian origin and paleolithic northward migration of Y-chromosome haplogroup N. PLoS One 8(6): e66102.


►言語の歴史を研究するための準備へ

古代人はこのように考えていた

フィンランド語のsilmä(目)とnähdä(見る)

前回の記事では、水を意味するkilm-のような語が変化して、ウラル語族のフィンランド語silmä(目)スィルマなどになったようだと述べました。「水」を意味していた語が「目」を意味するようになっていく過程を知ることは、人類の言語の歴史を考えるうえで非常に重要です。

フィンランド語には、silmä(目)のほかに、nähdä(見る)ナフダという語があります。フィンランド語のsilmä(目)のような語は、すでにお話ししたように、ウラル語族全体に広がっています。フィンランド語のnähdä(見る)のような語は、ウラル語族全体には広がっていませんが、ウラル語族の大半を占めるフィン・ウゴル系全体に広がっています。フィンランド語のsilmä(目)はウラル祖語の時代から使われている語で、フィンランド語のnähdä(見る)はウラル祖語より少し後の時代に入った外来語と考えられます。

フィンランド語のnähdä(見る)は動詞です。nähdäというのは、辞書の見出しになる形で、英語でいうところの「原形」、インド・ヨーロッパ語族の他の言語でいうところの「不定形」です。以下の表は、フィンランド語のnähdä(見る)の現在形と過去形を示したものですが、主語の人称と数(1人称単数、2人称単数、3人称単数、1人称複数、2人称複数、3人称複数)によって動詞の形が変わります。

フィンランド語のnähdä(見る)は、長い間使われてきた動詞なので語形がいくらか崩れていますが、もともとnäk-という語幹を持っていました。näkyä(見える)ナキアやnäkö(視覚、視界、見える範囲、見た目)ナコなどの語もあります。ウラル語族以外の言語で目のことをnäk-のように言っていて、それがウラル語族に入った可能性が高いです。

「水」を意味していた語が「目」を意味するようになるまでの過程

水を意味していた語がいきなり目を意味するようになるわけではありません。まずは、以下の図を見てください。水と陸が隣り合っているところです。

図1

水・水域を意味していた語が水と陸の境を意味するようになるパターンは、これまでたくさん見てきました。そこから、水と陸の境に限らず、一般に境を意味するようになります。

図2

水を意味していた語が上の図の赤い部分を意味するようになるわけです。赤い部分を少し広げてみましょう。

図3

図2に比べて、図3では赤い部分に若干幅ができました。これによって、新しい語彙が生まれてきます。「線、糸」のような語だけでなく、「切れ目、裂け目、割れ目、隙間、間」のような語が生まれてくるのです。

ここまで来れば、人間の目まであと一歩です。どうやら、古代人は人間の目を切れ目・裂け目・割れ目などの一種として捉えたようです(写真は日本気象協会/ALinkインターネット様のウェブサイトより引用)。

図3から「(人間の)目」を意味する語が生まれてくるのは、大変重要なことです。しかし、図3には続きがあります。図3の赤い部分を指していた語が、図4の赤い部分を指すようになります。

図4

さらに、図4の赤い部分を指していた語が、図5の赤い部分を指すようになります。

図5

水を意味する語から、「中、真ん中、中心」のような語も生まれてくるのです。日本語のnaka(中、仲)はどうでしょうか。日本語のnaka(中、仲)も水から来た語でしょう。フィンランド語のnähdä(見る)(語幹näk-)、näkyä(見える)、näkö(視覚、視界、見える範囲、見た目)などから窺い知れる目を意味したnäk-も、日本語のnaka(中、仲)も、古代北ユーラシアに水を意味するnak-のような語が存在したことを示唆しています。

日本語のnagaru(流る)/nagasu(流す)のnagaも無関係でないでしょう。この水・水域を意味していたnagaがnagu(薙ぐ)を生み出したと見られます。nagitaosu(薙ぎ倒す)のnagu(薙ぐ)です。水・水域を意味していた語が境を意味するようになり、切ったり分けたりすることを意味する語が生まれるパターンです。

水・水域を意味していたnagaはnagasi(長し)も生み出したと見られます。インド・ヨーロッパ語族の古英語berg/beorg(山)、ヒッタイト語parkuš(高い)、トカラ語pärkare(長い)のように、「高い」と「長い」の間には近い関係があります。上方向に伸びているのが「高い」で、方向を問わずに伸びているのが「長い」です。水・水域を意味していた語がその隣接部分、特に盛り上がり、坂、丘、山などを意味するようになり、高さひいては長さを意味する語が生まれるパターンです。

※三省堂時代別国語大辞典上代編(上代語辞典編修委員会1967)では、日本書紀で「中」の読みがnaになっている例を挙げ、nakaという語はnaとkaからできた複合語ではないかと推測しています(このkaはarika(ありか)やsumika(すみか)のように場所を意味するkaです)。筆者も長いことそのように考えていました。しかし、北ユーラシアの言語と日本語の語彙を照らし合わせると、そうではないようです。水のことをmiduと言ったり、miと言ったりしていたのと同様に、中のことをnakaと言ったり、naと言ったりしていたようです。筆者は、水を意味したnak-のような語は、古代北ユーラシアで水のことをjak-、jik-、juk-、jek-、jok-のように言っていた巨大な言語群と関係があると考えていますが、これについては別のところで説明します。

今回の記事で示した「水」を意味していた語が「目」を意味するようになるパターンは重要ですが、「水」を意味していた語が「中」を意味するようになるパターンも重要です。

wata(腸)は内臓全体を意味していた

廃れてしまいましたが、奈良時代の日本語にはwata(腸)という語がありました。この語は、「腸」という漢字が当てられていますが、広く内臓を意味していた語です。

インド・ヨーロッパ語族の英語water(水)、ヒッタイト語watar(水)のような語が日本語のwata(海)になったようだと述べましたが、wata(腸)も無関係とは思えません。水を意味していた語が中を意味するようになり、中を意味していた語が内臓を意味するようになることはよくあるからです。

現代の私たちは、解剖図を見せられて、これが心臓で、これが肺で、これが肝臓で、これが胃で、これが腸で・・・という具合に理解していますが、かつては「体の中(内臓)」として大きく括られていたと考えられます。wata(腸)が広く内臓を意味していたように、kimo(肝)も広く内臓を意味していました。「体の中(内臓)」を意味する語同士がぶつかり合って、意味の分化が始まったのでしょう。

kimo(肝)のほうは、水を意味したkalm-、kilm-、kulm-、kelm-、kolm-(kal-、kil-、kul-、kel-、kol-、kam-、kim-、kum-、kem-、kom-)のような語(前回の記事を参照)から来ていると見られます。

「水」を意味していた語が「目」を意味するようになるパターン、そして「水」を意味していた語が「中」を意味するようになるパターン、この二つの重要パターンを押さえたところで、東アジアの歴史の考察に戻りましょう。

 

参考文献

上代語辞典編修委員会、「時代別国語大辞典 上代編」、三省堂、1967年。

人間の目にまつわる謎

前の二つの記事で、水のことをkum-のように言う人々が朝鮮半島と日本列島にまたがっていたことをお話しし、この人々がいつ頃から朝鮮半島と日本列島にいたのかという問題を提起しました。

この問題は非常に奥が深く、日本語と朝鮮語を見ているだけでは解決できません。東アジア、特に古代東アジアと密接に関係しているウラル語族の語彙を調べる必要があります。しばらくウラル語族にウェイトを移します。

「目(め)」の語源の記事では、ウラル語族の全言語にフィンランド語のsilmä(目)スィルマのような語が見られることをお話ししました。しかし、ウラル語族の外に目を向けると、フィンランド語のsilmä(目)のような語はどこにも見当たりません。フィンランド語のsilmä(目)などの語源は、筆者にとって長い間謎でした。

それでも、様々な言語の語源を研究するなかで、少しずつ手がかりがつかめてきました。例えば、「耳(みみ)」の語源、なぜパンの耳と言うのか?の記事で日本語のmimi(耳)の語源を明らかにしましたが、日本語のmimi(耳)はもともと身体部位(聴覚器官)を意味する語ではありませんでした。そのような例をいくつも見るうちに、ウラル語族のフィンランド語silmä(目)なども、もともと身体部位(視覚器官)を意味する語ではなかったのではないかと考えるようになりました。そう考えると、ウラル語族の「目」とウラル語族以外の「目」が全然一致しないことにうまく説明がつきます。ただし当然、ウラル語族のフィンランド語silmä(目)などはもともとなにを意味していたのかという問題が残ります。

フィンランド語には、silmä(目)と全く意味が違いますが、kylmä(冷たい、寒い)キルマという語があります。kylmä(冷たい、寒い)のほかに、kulma(隅、角、角度)という語もあります(フィンランド語のyは、口を小さく丸めてウの形を作り、その状態でイと発音します。フィンランド語のäは、アとエの中間のような音です。発音記号では、それぞれ[y]と[æ]です)。

筆者はフィンランド語のsilmä(目)などの語源を明らかにするのに大変苦労しましたが、解決のきっかけを与えてくれたのが上記のkylmä(冷たい、寒い)やkulma(隅、角、角度)でした。フィンランド語のkylmä(冷たい、寒い)とkulma(隅、角、角度)は形がよく似ています。背後に「水」の存在が感じられるところも共通しています。kylmä(冷たい、寒い)は、水・水域を意味していた語が氷を意味するようになるパターンを思い起こさせ、kulma(隅、角、角度)は、水・水域を意味していた語が端を意味するようになるパターンを思い起こさせます。

古代北ユーラシアに水のことをkalm-、kilm-、kulm-、kelm-、kolm-のように言う言語群があった可能性があります。

前にユーラシア大陸の河川に隠された人類の壮大な歴史の記事で、北極地方のヤナ川などを取り上げました。ヤナ川から西には、レナ川、エニセイ川、オビ川が並んでいますが、ヤナ川から東には、インディギルカ川(Indigirka River)、コリマ川(Kolyma River)、アナディリ川(Anadyr’ River)が並んでいます。

コリマ川(Kolyma River)という名称も、水のことをkalm-、kilm-、kulm-、kelm-、kolm-のように言う言語群が存在した可能性を示唆しています。そうであれば、連続する子音の一方が落ちたkal-、kil-、kul-、kel-、kol-およびkam-、kim-、kum-、kem-、kom-という形もあったでしょう。

空に浮かぶkumo(雲)と虫のkumo(クモ)の話を思い出してください。

空に浮かぶkumo(雲)は、朝鮮語ではkurɯm(雲)クルムです。水のことをkalm-、kilm-、kulm-、kelm-、kolm-(kal-、kil-、kul-、kel-、kol-、kam-、kim-、kum-、kem-、kom-)のように言う言語群があって、そこから日本語にkumo(雲)、朝鮮語にkurɯm(雲)が入ったように見えます。「水」→「水蒸気、湯気、霧、雲」のパターンです。

※朝鮮語のkurɯm(雲)だけでなく、korɯm(膿)コルムも「水」から来ていると思われます。水を意味していた語が水以外の液体(血、汗、涙、唾液、尿など)を意味するようになるのはよくあるパターンで、膿もここに含まれます。朝鮮語にはkim(水蒸気、湯気)とangɛ(霧)アンゲという語もありますが、前者はここでの話に関係があるでしょう。

虫のkumo(クモ)は、朝鮮語ではkɔmi(クモ)コミです。水のことをkalm-、kilm-、kulm-、kelm-、kolm-(kal-、kil-、kul-、kel-、kol-、kam-、kim-、kum-、kem-、kom-)のように言う言語群があって、そこから日本語にkumo(クモ)、朝鮮語にkɔmi(クモ)が入ったように見えます。「水」→「境」→「線・糸」→「クモ」のパターンです。

このように、水のことをkalm-、kilm-、kulm-、kelm-、kolm-(kal-、kil-、kul-、kel-、kol-、kam-、kim-、kum-、kem-、kom-)のように言う言語群からウラル語族、日本語、朝鮮語に次々と語彙が入ったようです。

ここでは便宜上「水のことをkalm-、kilm-、kulm-、kelm-、kolm-(kal-、kil-、kul-、kel-、kol-、kam-、kim-、kum-、kem-、kom-)のように言う言語群」と書いていますが、実際にはlのところがrになったり、mのところがbになったり、pになったり、wになったり、vになったりするので、バリエーションはもっと豊富です。

lとrの間は変化しやすいし、m、b、p、w、vの間も変化しやすいので、一万年を超えるような長い歴史があれば、上のようなバリエーションは容易にできてしまいます。二万年、三万年、四万年というような長い歴史があれば、上のようなバリエーションではとても済みません。

水のことをkum-のように言う言語群が朝鮮半島と日本列島にまたがって分布していたと述べましたが、この言語群の内部のバリエーションはかなり豊富で、上の表のようなバリエーション、いやそれどころか、上の表以上のバリエーションを考えなければならないようです。

上の表のようなバリエーションから日本語に入った語彙を詳しく示したいところですが、それらは非常に多いので後まわしにします(いくつかの例は前々回と前回の記事に示しました)。とりあえず、上の表のようなバリエーションもさらに大きなバリエーションの一部にすぎないようなので、一体どのくらいのバリエーションが存在するのか見極める作業を優先させます。

筆者はすでに、水を意味するkilm-のような語が変化して、ウラル語族のフィンランド語silmä(目)などが生まれたという結論に達しており、まずはその話をします。ウラル祖語よりも前の時代にそのような変化が起きていたということです。kiがtʃi/ʃiになり、tʃi/ʃiがti/siになる発音変化自体はよく起きる変化ですが(本ブログではキチ変化と呼んでいます)、ポイントはなんといっても、「水」を意味していた語が「目」を意味するようになることです。この現象は、人類の言語に普遍的に認められます。英語のeye(目)、古代中国語のmjuwk(目)ミウク、朝鮮語のnun(目)、ベトナム語のmắt(目)マ(トゥ)などの語源も「水」のようです。なぜ「水」を意味していた語が「目」を意味するようになるのでしょうか。古代人が考えていたことを追ってみましょう。

※ご存じのように、朝鮮の人々の苗字は多くありません。よく聞くのは、金(キム)、李(イまたはリ)、朴(パク)などです。最も多いのは、金(キム)です。金銀銅の金は、日本語ではkin(金)ですが、朝鮮語ではkɯm(金)クムです。現代の朝鮮語では、「金」を一般にkɯmと読み、苗字の場合に限ってkimと読むという変則的な形になっています。もともとは、kɯmという読みで統一されていたと見られます。朝鮮半島の有力集団が「kɯm」と呼ばれ、「金」と記されていたということです。この「金」は、錦江の「錦」と同様に、当て字の可能性が高いです。しかし、朝鮮半島に「kɯm」と呼ばれる有力集団がいたことは確からしいのです。朝鮮の人々の苗字にも注目しなければならない展開になってきました。

 

補説

フィンランド語のkorva(耳)と朝鮮語のkwi(耳)

日本語のmimi(耳)は、水・水域を意味していた語が端・横を意味するようになり、端・横を意味していた語が耳を意味するようになったものでした。

フィンランド語のkorva(耳)と朝鮮語のkwi(耳)クウィも、同じパターンと見られます。フィンランド語のkorva(耳)は上の表中のkorv-のような形、朝鮮語のkwi(耳)は上の表中のkuw-のような形がもとになっていると考えられます。フィンランド語のkorva(耳)も朝鮮語のkwi(耳)も「水」から来ているということです。

日本語とフィンランド語と朝鮮語で同じパターンが見られるわけですから、かなり一般的なパターンと言ってよいでしょう。

縄文時代の多様性を探る

前回の記事では、水のことをkum-のように言う人々が朝鮮半島と日本列島にまたがっていたという話をしました。水のことをkum-のように言う人々がいつ頃から朝鮮半島と日本列島のあたりにいたのかというのは、日本の縄文時代を考えるうえで重要な問題です。縄文時代の終わり頃からいた、縄文時代の中頃からいた、縄文時代の初め頃からいたでは、それぞれ意味するところがかなり異なるからです。

水のことをkum-のように言う人々がいつ頃から朝鮮半島と日本列島のあたりにいたのか知ることはできるでしょうか。興味深い問題です。もちろん簡単ではありませんが、不可能というわけでもありません。

例えば、インド・ヨーロッパ語族の「水」を考えてみましょう。印欧祖語で水を意味していた語は、インド・ヨーロッパ語族の多くの言語に残っています。しかし、各言語に残っている語は、全く同じ形をしているわけではありません。例えば、英語water(水)、ドイツ語Wasser(水)、フランス語onde(波)(現代では工学などで用いられるのみ)、ロシア語voda(水)、リトアニア語vanduo(水)は、少しずつ形が違います。同一の語がこのように様々に変化するわけです。容易にわかると思いますが、経過した時間が長ければ長いほど、バリエーション(ばらつき)は大きくなっていきます。

水のことをkum-のように言う言語群が朝鮮半島と日本列島にまたがって分布していましたが、もしこの言語群が朝鮮半島と日本列島のあたりで短い歴史しか持っていなければ、同地域におけるこの言語群の内部のバリエーション(ばらつき)は小さかったと考えられます。逆に、もしこの言語群が朝鮮半島と日本列島のあたりで長い歴史を持っていれば、同地域におけるこの言語群の内部のバリエーション(ばらつき)は大きかったと考えられます。

水のことをkum-のように言っていた言語群は日本語と朝鮮語に語彙を託しており、日本語と朝鮮語の語彙を隅々まで調べることが重要です。そこで、kum-と大して変わらない形の語彙しか見つからなければ、水のことをkum-のように言っていた言語群は朝鮮半島と日本列島のあたりで短い歴史しか持っていないことがわかるし、kum-を含めて多様な形の語彙が見つかれば、水のことをkum-のように言っていた言語群は朝鮮半島と日本列島のあたりで長い歴史を持っていることがわかります。

6000~8000年ぐらいの歴史を持つインド・ヨーロッパ語族とウラル語族の内部のバリエーションは参考になります。仮に、水のことをkum-のように言う言語群の内部のバリエーションがインド・ヨーロッパ語族とウラル語族の内部のバリエーションをはるかに超えていれば、6000~8000年より明らかに長い歴史を持っていると見当がつくし、水のことをkum-のように言う言語群の内部のバリエーションがインド・ヨーロッパ語族とウラル語族の内部のバリエーションに遠く及ばなければ、6000~8000年より明らかに短い歴史しか持っていないと見当がつきます。

水のことをkum-のように言う言語群の内部のバリエーションを調べましょう。

日本語でもその他の言語でもuとoの間は大変変化しやすく、kum-という形があったのであれば、kom-という形があったかどうか真っ先に検討しなければなりません。

実際、奈良時代には、水が入り込んだり、浸透したり、充満したりすることを意味するkomu(浸む)という動詞がありました。現代のkomiageru(こみ上げる)に通じていると考えられます。すっかり抽象的になっているkomu(込む)、komeru(込める、籠める)、komoru(込もる、籠もる)は、中に入ること/中に入れることを意味していますが、これらもひょっとしたらもともとは水関連の語彙だったのかもしれません(komu(込む)、komeru(込める、籠める)、komoru(込もる、籠もる)については、別のところでもう一度取り上げます)。

水のことをkumaと言ったり、komaと言ったりしていたことが窺えます。komayaka(細やか)、komaka(細か)、komagoma(細々)のkoma(細)も関係があるでしょう。このkoma(細)は、線・糸を意味していたと考えられます。水・水域を意味していた語が境を意味するようになり、境を意味していた語が線・糸を意味するようになるパターンです。

kum-とkom-という形があったのであれば、kum-、kub-、kup-、kuw-、kuv-およびkom-、kob-、kop-、kow-、kov-のような形も考えなければなりません。

水を意味するkob-またはkop-のような語から、大(おほ)と多(おほ)、もともと一語だったのはなぜかの記事で触れたkoboru(こぼる)、kobosu(こぼす)、koɸoru(凍る)、koɸori(氷)が作られたのは間違いないでしょう。gobogobo(ごぼごぼ)も同源にちがいありません。

水を意味するkum-、kub-、kup-、kuw-、kuv-およびkom-、kob-、kop-、kow-、kov-のような語から来ていると考えられる語彙は日本語の中にたくさんありますが、ここでは奈良時代のkuɸasiとkoɸasiを追加するにとどめます。

奈良時代のkuɸasiは細さ・細かさ・繊細さを意味していました。「水・水域」→「境」→「線・糸」のパターンでしょう。奈良時代のkuɸasiは現代のkuwasii(詳しい)になりました。

奈良時代のkoɸasiはかたさを意味していました。「水・水域」→「氷」→「かたさ」のパターンでしょう。奈良時代のkoɸasiは現代のkowai(怖い)になりました。少し奇妙な感じがするかもしれませんが、「かたい」→「強固な、頑強な」→「おっかない、恐ろしい」という意味変化がありました。

やはり、kum-という形だけでなく、ある程度バリエーションがあったことがわかります。これは十分に予想されたことです。焦点となるのは、バリエーションが上に示した程度なのか、それともそれを超えるのかという点です。どうやら、はるかに超えるようです。