ツングース諸語、モンゴル語、テュルク諸語の数詞から見る古代北ユーラシア

前回の記事では、日本語のɸito(1)、ɸuta(2)、mi(3)の語源が「水」であることを明らかにしました。yo(4)以降の数詞がどのように作られたのかということも興味深いですが、水と数詞の深い関係を確認するために、他言語の数詞も少し見ておきましょう。以下はツングース諸語の1~3です。

日本語の歴史をよく知るには、特に遼河周辺がどうなっていたかよく知る必要があります。かつて遼河周辺に存在した言語は日本語とツングース諸語に多くの語彙を残しているので、日本語とツングース諸語の双方を調べることが重要です。

水の惑星の記事では、ツングース諸語で飲むことを意味するエヴェンキ語ummī(語幹um-、以下同様)、ウデヘ語umimi(umi-)、ナナイ語omiori(omi-)、ウイルタ語umiwuri(umi-)、満州語omimbi(omi-)という動詞を挙げました。水を意味するum-、om-のような語があったことが窺えます。そのことは上に示した数詞の1を見ても明らかです。

日本語のumi(海)やumi(膿)は水・液体関連の語彙なので関係があることがわかりやすいですが、わかりにくいのがomoɸu(思ふ)です。以前に「面白い(おもしろい)」の怪しい語源説明の記事で、中心、心臓、心を意味する*omoという語があって、そこからomoɸu(思ふ)が作られたのではないかと述べました。

古代人はこのように考えていたの記事で、「水」を意味していた語が「中」を意味するようになるまでの過程を図解したので、もう理解のための準備はできています。「水」→「中」→「内臓」というのは一つのパターンですが、「水」→「中」→「心」というのもそれに似たパターンなのです。wata(腸)は前者のパターン、kimo(肝)は前者と後者にまたがるパターン、*omo(心)は後者のパターンといえるでしょう。

ツングース諸語の1が「水」から来たのなら、ツングース諸語の2はどうでしょうか。やはり、「水」から来たようです。ツングース諸語の2は、朝鮮語のtul(2)とも同源でしょう(朝鮮語のhana(1)とset(3)については別の機会に考察します)。

「耳(みみ)」の語源、なぜパンの耳というのか?の記事で、奈良時代に頬を意味していたturaや、毛・髪などを意味していたturaなど、様々な例を挙げ、水・水域を意味するtur-のような語があったのだろうとお話ししましたが、あの話はここにつながります。

ツングース諸語の1が「水」から来て、ツングース諸語の2も「水」から来たのなら、ツングース諸語の3はどうでしょうか。日本語で関係がありそうなのは、奈良時代の自動詞のiru(入る)(四段活用)と他動詞のiru(入る)(下二段活用)です。

「あらかじめ(予め)」とは?の記事で述べたように、奈良時代の動詞の六つの活用形の中で、未然形が最もよく過去の姿を保存していると考えられます。上のiru(入る)(四段活用)とiru(入る)(下二段活用)のケースは、縄文時代の多様性を探るの記事で言及したkomu(込む)(四段活用)とkomu(込む)(下二段活用)のケースと重なります。水・水域を意味するir-のような語から日本語のiru(入る)が生まれ、水・水域を意味するkom-のような語から日本語のkomu(込む)が生まれた可能性があります。

なぜ水を意味していた語が入ることを意味するようになるのでしょうか。水に入ったり、水に入れたりすることを意味していたという点は同じで、そこから水という意味が残ったのがɸitu(漬つ)、ɸitasu(漬す)、ɸitaru(漬る)などで、水という意味が消えたのがiru(入る)とkomu(込む)なのかもしれません。日が沈むことを「日の入り」と言ってきたことを考えると、この可能性が高いと思います(画像はTRAVEL STAR様のウェブサイトより引用)。

水・水域を意味していた語が「中」を意味するようになり、「中」を意味していた語が入ること・入れることを意味するようになるパターンもあります。

※現代の日本語のhairu(入る)は、ɸaɸu(這ふ)とiru(入る)がくっついてできた語です。

ひょっとしたら、umu(埋む)やumoru(埋もる)も、意味が水から水以外の土などに移っていった語なのかもしれません(umu(埋む)は、奈良時代の時点では四段活用と下二段活用の間で揺れており、のちに下二段活用が支配的になりました(上代語辞典編修委員会1967))。

次はモンゴル語の1~3を見てみましょう。

モンゴル語のneg(1)は、ニヴフ語のɲakhr̥(1)ニャクルなどとともに、水のことをnak-、nag-のように言う言語群が存在したことを示しています。

xojor(2)は、テュルク諸語のヤクート語xaja(山)ハヤのような語やウラル語族のネネツ語xoj(山)ホイのような語があって、石、岩、斜面、丘、山などを意味しているため、水・水域を意味していた語がその横の部分を意味するようになったパターンと見られます。

gʊrav(3)は、gʊrvanゴルバンという形もあり、ウラル語族のフィンランド語korva(耳)やkolme(3)などと同源と考えられます。やはり、水から来ていることは確実です。

このように、水と数詞の間に深い関係が認められるのは、日本語だけではありません。ツングース諸語とモンゴル語もそうなら、テュルク諸語もそうではないかと考えたくなるところです。実際、テュルク諸語の1~3も水から来ているようです。しかし、テュルク諸語の数詞には大いに考えなければならない問題が含まれています。

※チュヴァシ語にはpӗr(1)、ikӗ(2)、ik(2)、vişӗ(3)、viş(3)という形も見られます。

テュルク諸語の1は、水のことをmark-、mirk-、murk-、merk-、mork-(mar-、mir-、mur-、mer-、mor-、mak-、mik-、muk-、mek-、mok-)のように言っていた巨大な言語群から来ていると考えられます(mの部分は言語によってbであったり、pであったり、wであったり、vであったりします)。

テュルク諸語の2は、水のことをjak-、jik-、juk-、jek-、jok-のように言っていた巨大な言語群から来ていると考えられます(jは日本語のヤ行の子音です)。

テュルク諸語の1と2は十分に納得できます。問題はテュルク諸語の3です。テュルク諸語の3はモンゴル語のus(水)を思い起こさせます。

テュルク諸語は、よく似た言語の集まりといえます。それに対して、モンゴル諸語は、あまりに似ていて、方言の集まりのようです。モンゴル諸語だけを研究しても、せいぜい過去何百年ぐらいのことしかわからないということです。何百年か前のモンゴル語では水のことをusuまたはusunと言っていましたが、それ以前になんと言っていたかは不明です。

テュルク諸語は、よく似た言語の集まりですが、少なくとも2000年ぐらいの歴史はあります。テュルク諸語の3は、テュルク諸語全体に共通しているので、テュルク祖語の時代から存在していると考えられます。テュルク諸語の中で、チュヴァシ語は他の言語から早くに分かれており、昔の姿をよく見せてくれることがあります。

モンゴル語の祖先にあたる言語とそれに近縁な言語が言語群を形成していて、その言語群からテュルク祖語あるいはもっと前の段階の言語に語彙が入ったと見られます。モンゴル側で「水」を意味していた語が、テュルク側で「3」を意味するようになったということです。モンゴル語のus(水)が遠い昔にはチュヴァシ語のvişşӗ(3)のような形をしていた可能性も出てきました。モンゴル語のus(水)はアイヌ語wakka(水)、朝鮮語mul(水)、エヴェンキ語mū(水)などに容易には結びつきそうにありません。実際のところはどうだったのでしょうか。

現生人類は遅くとも45000年前には北ユーラシアに出現しており、そこから展開してきた言語の歴史は相当複雑であったと思われます。しかし、言語は多数あったとしても、語族が多数あったとは考えがたいです。農耕・牧畜が始まるよりはるか前の旧石器時代、しかも北ユーラシアです。人間の数自体が極めて少なかったはずです。

現在北ユーラシア(ヨーロッパから東アジアまで)に残っている言語、そしてアメリカ大陸に残っている言語を頼りに、かつて北ユーラシアに存在した言語を徐々に捉えようとしていますが、そうして浮かび上がってくる言語同士がどのような関係にあったのかということも同時に考えていかなければなりません。5000年前あるいは10000年前に全然違う形をしていた語も、45000年前には同じ形をしていたかもしれないのです。

 

補説

イライラする

水を意味する*iraのような語からiru(入る)という動詞ができたのではないかと述べました。おそらく現代の日本語のirairasuru(イライラする)も無関係でないと思われます。

「生きる」の語源の記事で、abaru(暴る)、ikaru(怒る)、midaru(乱る)の例を挙げましたが、水・水域が荒れることを意味していた語が、人が荒れることを意味するようになります。irairasuru(イライラする)もこのパターンと考えられます。

irairasuru(イライラする)のほかに、iradatu(いら立つ)という言い方もあります。現代の日本語で「波が立つ、波を立てる」あるいは「波風が立つ、波風を立てる」と言っていることを思い起こしてください。iradatu(いら立つ)ももともと、水・水域が荒れることを意味していたにちがいありません。

 

参考文献

上代語辞典編修委員会、「時代別国語大辞典 上代編」、三省堂、1967年。

数詞の起源について考える、語られなかった大革命

本ブログの今後の展開にとって重要になるので、ここで数詞の話をはさみます。

農耕の起源が人類の大革命として語られる一方で、数詞の起源はほとんど論じられてきませんでした。しかし、数詞が生まれたことも大革命です。正確に言うと、人間が数について考え始めたことが大革命です。人間が数について考えることがなかったら、数学の発達はないし、物理・化学・情報科学の発達もないし、現代人が愛用するパソコンやスマートフォンも存在しなかったのです。

インド・ヨーロッパ語族の各言語の数詞がよく揃っていることから、数詞は遠い昔からあるものであるといういささか早計な判断が下されました。しかし、高句麗語の数詞に注目するの記事で示したように、日本語の数詞はウラル語族の数詞とは全然違うし、ウラル語族のフィン・ウゴル系の数詞とサモエード系の数詞も明らかに違います。日本の周辺地域のアイヌ語、ニヴフ語、朝鮮語、ツングース諸語、モンゴル語などもそれぞれに違う数詞を持っています。数詞が遠い昔からあるようには見えないのです。インド・ヨーロッパ語族よりむしろ、数詞の発達が遅かったその他の言語・言語群を観察したほうが、数詞の起源がよく見えるかもしれません。

数詞の起源を考えることはなかなか難しいですが、筆者にヒントを与えてくれたのはフィンランド語のkolme(3)やネネツ語のnjaxər(3)ニャフルでした。

人間の目にまつわる謎の記事で、古代北ユーラシアに水のことをkalm-、kilm-、kulm-、kelm、kolm-(kal-、kil-、kul-、kel-、kol-、kam-、kim-、kum-、kem、kom-)のように言う言語群が存在し、そこからウラル語族に語彙が入ったことをお話ししました。フィンランド語のkylmä(冷たい、寒い)キルマは、水を意味していた語が氷を意味するようになるパターンです。kulma(隅、角、角度)は、水を意味していた語が端を意味するようになるパターンです。では、フィンランド語のkolme(3)はどうでしょうか。この語も水から来ているのでしょうか。北ユーラシアにはコリマ川(Kolyma River)という川があるし、形的にはよく合います。しかし、「水」と「3」の間にどういう関係があるのか不明です。

ネネツ語のnjaxər(3)も気になります。サモエード系の他の言語では、エネツ語nexu(3)ネフ、ガナサン語nagyr(3)ナギル、セリクプ語nøkɨr(3)ノキル、カマス語nāgur(3)、マトル語nagur(3)です。前回の記事で、古代北ユーラシアに水のことをnak-、nag-のように言う言語群が存在したことをお話ししたばかりです。やはり、形的にはよく合います。しかし、「水」と「3」の間にどういう関係があるのか不明です。

ひょっとして、日本語のmidu/mi(水)とmi(3)の間にも関係があるのでしょうか。とはいえ、数詞の起源を考えるのに、1と2をほったらかしにして3から始めるというのは奇妙です。まずは、1と2について考えるべきでしょう。

katate(片手)とmorote(諸手)

現代の日本語でkatate(片手)、ryoute(両手)と言います。しかし、ryoute(両手)のryou(両)は中国語からの外来語です。ryoute(両手)と言う前は、なんと言っていたのでしょうか。実は、morote(諸手)と言っていました。新潟の「潟(かた)」に隠された歴史の記事では、水を意味するkataのような語が日本語に入り、様々な意味を獲得したことをお話ししました。同記事では、以下の図を示しました。

水・水域を意味することができなかったkataがその横の部分を意味するようになったところです。このパターンは超頻出パターンで、人類の歴史において繰り返し起きています。水・水域を意味することができなかったmoroもその横の部分を意味するようになったと見られます(moru(漏る)やmoru(盛る)などの語があることから、水を意味するmor-のような語があったことが窺えます。水のことをmark-、mirk-、murk-、merk-、mork-(mar-、mir-、mur-、mer-、mor-、mak-、mik-、muk-、mek-、mok-)のように言っていた巨大な言語群です。moru(盛る)は、水・水域を意味していた語がその隣接部分、特に盛り上がり、坂、丘、山などを意味するようになるパターンで、morimori(もりもり)やmori(森)と同類です)。

川岸を意味する語がたくさんあってもしょうがないので、多くの語は違う意味に移っていきます。こうして、kataはなにかが二つあってその一方を指す時に用いられるkata(片)になり、moroはなにかが二つあってその両方を指す時に用いられるmoro(諸)になりました。

どうでしょうか、なにかが二つあってその一つを指す、なにかが二つあってその二つを指す、なんだか数詞の話につながりそうな気がしないでしょうか。実は、以下のようなことも起きていたのではないでしょうか。

日本語のɸitotu(一つ)のɸito(一)の語源はなんでしょうか。日本語のɸitosi(等し)のɸito(等)の語源はなんでしょうか。

日本語のmizu(水)は*mida→midu→mizuと変化してきたと推定される語ですが、日本語のまわりには水のことをmid-、mit-、bid-、bit-、pid-、pit-、wid-、wit-、vid-、vit-のように言う言語が多数存在していたと考えられます(日本語にとても近い言語を参照)。

水のことをpit-のように言う言語があったことはɸitu(漬つ)/ɸitasu(漬す)/ɸitaru(漬る)から窺えます。bityabitya(びちゃびちゃ)、bityobityo(びちょびちょ)、bisyabisya(びしゃびしゃ)、bisyobisyo(びしょびしょ)なども無関係ではなさそうです。水のことをpitaと言ったり、pitoと言ったりしていたのでしょう。日本語のɸito(一)とɸito(等)はここから来ていると見られます。

上の図を見ればわかると思いますが、川の横の部分を意味していた語は、一方または両方という意味を持つようになるだけでなく、左または右という意味を持つようになる可能性もあります。水を意味するpidaあるいはpidarのような語が日本語のɸidari(左)になったのかもしれません(インド・ヨーロッパ語族の英語water(水)、ヒッタイト語watar(水)、その複数形witar(水域)などを見ると、子音rが付いた形もあったと思われます)。

同じように、水のことをmark-、mirk-、murk-、merk-、mork-(mar-、mir-、mur-、mer-、mor-、mak-、mik-、muk-、mek-、mok-)のように言っていた巨大な言語群のmik-のような語が日本語のmigi(右)になったのかもしれません(鹿や牛などの動物の胃を食用にしていて、その胃のことをmige(胘)(推定古形*miga)と言っていました。mige(胘)も、前回の記事で説明したwata(腸)やkimo(肝)と同様に、広く内臓を意味し、そこから意味が限定されていったと見られます。「水」→「中」→「内臓」のパターンでしょう。水を意味するmig-のような語が存在した可能性が高いです)。

上の一連の図は、川が流れていて、その横に岸があるという素朴な風景です。筆者はここに数詞の起源があるのではないかと推測しています。古代人としては、左右になにかが並んでいて、左のものまたは右のものを指す、あるいは左のものと右のものを指すという感覚だったのかもしれません。人類の初期の数量把握は、下の図の1段目と2段目を明確に区別し、3段目以降は特に区別しないものだったでしょう。3段目以降は、「いくつか」あるいは「多い」といったところだったでしょう。インド・ヨーロッパ語族の言語も、ウラル語族の言語も、かつては単数形、双数形、複数形(多数形と言ってもよいかもしれません)という三つの形を持っていました。

「3」を意味する数詞はどのように生まれたのでしょうか。なにかが二つあってその二つを指す時に使っていた語を、なにかが三つあってその三つを指す時に使おうとしたのではないかと思われます。奈良時代のmoro(諸)は、morote(諸手)のように二つのものを指す時だけでなく、二つより多いものがあってそのすべてを指す時にも用いられていました。日本語のmi(3)も、フィンランド語のkolme(3)も、ネネツ語のnjaxər(3)も、なにかが二つあってその二つを指す時に使われていた段階を経て、「3」を意味する数詞になったのではないかと思われます(miが川の横を意味していたという話は、「耳(みみ)」の語源、なぜパンの耳と言うのか?の記事でもありました)。そう考えると、「水」と「3」の間につながりが認められることが納得できます。

 

補説

ɸuta(2)の語源は?

ɸito(1)とmi(3)の語源が上の通りなら、ɸuta(2)の語源はどうでしょうか。

日本語のそばに水のことをpita、pito、puta、putoのように言う言語があったと思われます。ɸuta(2)はɸuta(蓋)と同源と見られます。蓋を意味する語は山、山状のもの、頂上、てっぺんなどから来ていることが多いです。ɸuta(2)もɸuta(蓋)も水から陸に上がった語であるということです。

もっと大きく見ると、水のことをpat-、pit-、put-、pet-、pot-のように言う言語群(日本語に比較的近縁な言語群)があって、そこから日本語に語彙が入ったという構図があります。ɸata(端)、batyabatya(ばちゃばちゃ)、basyabasya(ばしゃばしゃ)、potapota(ぽたぽた)、potupotu(ぽつぽつ)、ɸotori(ほとり)などと同じところから来ているわけです。ɸotori(ほとり)のほかに、寸前の状態を意味するɸotoɸoto(ほとほと)という語もありました。このɸotoɸoto(ほとほと)が変化して、hotondo(ほとんど)になりました。

ɸito(1)、ɸuta(2)、mi(3)の背後には「水」が隠れているのです。

古代人はこのように考えていた

フィンランド語のsilmä(目)とnähdä(見る)

前回の記事では、水を意味するkilm-のような語が変化して、ウラル語族のフィンランド語silmä(目)スィルマなどになったようだと述べました。「水」を意味していた語が「目」を意味するようになっていく過程を知ることは、人類の言語の歴史を考えるうえで非常に重要です。

フィンランド語には、silmä(目)のほかに、nähdä(見る)ナフダという語があります。フィンランド語のsilmä(目)のような語は、すでにお話ししたように、ウラル語族全体に広がっています。フィンランド語のnähdä(見る)のような語は、ウラル語族全体には広がっていませんが、ウラル語族の大半を占めるフィン・ウゴル系全体に広がっています。フィンランド語のsilmä(目)はウラル祖語の時代から使われている語で、フィンランド語のnähdä(見る)はウラル祖語より少し後の時代に入った外来語と考えられます。

フィンランド語のnähdä(見る)は動詞です。nähdäというのは、辞書の見出しになる形で、英語でいうところの「原形」、インド・ヨーロッパ語族の他の言語でいうところの「不定形」です。以下の表は、フィンランド語のnähdä(見る)の現在形と過去形を示したものですが、主語の人称と数(1人称単数、2人称単数、3人称単数、1人称複数、2人称複数、3人称複数)によって動詞の形が変わります。

フィンランド語のnähdä(見る)は、長い間使われてきた動詞なので語形がいくらか崩れていますが、もともとnäk-という語幹を持っていました。näkyä(見える)ナキアやnäkö(視覚、視界、見える範囲、見た目)ナコなどの語もあります。ウラル語族以外の言語で目のことをnäk-のように言っていて、それがウラル語族に入った可能性が高いです。

「水」を意味していた語が「目」を意味するようになるまでの過程

水を意味していた語がいきなり目を意味するようになるわけではありません。まずは、以下の図を見てください。水と陸が隣り合っているところです。

図1

水・水域を意味していた語が水と陸の境を意味するようになるパターンは、これまでたくさん見てきました。そこから、水と陸の境に限らず、一般に境を意味するようになります。

図2

水を意味していた語が上の図の赤い部分を意味するようになるわけです。赤い部分を少し広げてみましょう。

図3

図2に比べて、図3では赤い部分に若干幅ができました。これによって、新しい語彙が生まれてきます。「線、糸」のような語だけでなく、「切れ目、裂け目、割れ目、隙間、間」のような語が生まれてくるのです。

ここまで来れば、人間の目まであと一歩です。どうやら、古代人は人間の目を切れ目・裂け目・割れ目などの一種として捉えたようです(写真は日本気象協会/ALinkインターネット様のウェブサイトより引用)。

図3から「(人間の)目」を意味する語が生まれてくるのは、大変重要なことです。しかし、図3には続きがあります。図3の赤い部分を指していた語が、図4の赤い部分を指すようになります。

図4

さらに、図4の赤い部分を指していた語が、図5の赤い部分を指すようになります。

図5

水を意味する語から、「中、真ん中、中心」のような語も生まれてくるのです。日本語のnaka(中、仲)はどうでしょうか。日本語のnaka(中、仲)も水から来た語でしょう。フィンランド語のnähdä(見る)(語幹näk-)、näkyä(見える)、näkö(視覚、視界、見える範囲、見た目)などから窺い知れる目を意味したnäk-も、日本語のnaka(中、仲)も、古代北ユーラシアに水を意味するnak-のような語が存在したことを示唆しています。

日本語のnagaru(流る)/nagasu(流す)のnagaも無関係でないでしょう。この水・水域を意味していたnagaがnagu(薙ぐ)を生み出したと見られます。nagitaosu(薙ぎ倒す)のnagu(薙ぐ)です。水・水域を意味していた語が境を意味するようになり、切ったり分けたりすることを意味する語が生まれるパターンです。

水・水域を意味していたnagaはnagasi(長し)も生み出したと見られます。インド・ヨーロッパ語族の古英語berg/beorg(山)、ヒッタイト語parkuš(高い)、トカラ語pärkare(長い)のように、「高い」と「長い」の間には近い関係があります。上方向に伸びているのが「高い」で、方向を問わずに伸びているのが「長い」です。水・水域を意味していた語がその隣接部分、特に盛り上がり、坂、丘、山などを意味するようになり、高さひいては長さを意味する語が生まれるパターンです。

※三省堂時代別国語大辞典上代編(上代語辞典編修委員会1967)では、日本書紀で「中」の読みがnaになっている例を挙げ、nakaという語はnaとkaからできた複合語ではないかと推測しています(このkaはarika(ありか)やsumika(すみか)のように場所を意味するkaです)。筆者も長いことそのように考えていました。しかし、北ユーラシアの言語と日本語の語彙を照らし合わせると、そうではないようです。水のことをmiduと言ったり、miと言ったりしていたのと同様に、中のことをnakaと言ったり、naと言ったりしていたようです。筆者は、水を意味したnak-のような語は、古代北ユーラシアで水のことをjak-、jik-、juk-、jek-、jok-のように言っていた巨大な言語群と関係があると考えていますが、これについては別のところで説明します。

今回の記事で示した「水」を意味していた語が「目」を意味するようになるパターンは重要ですが、「水」を意味していた語が「中」を意味するようになるパターンも重要です。

wata(腸)は内臓全体を意味していた

廃れてしまいましたが、奈良時代の日本語にはwata(腸)という語がありました。この語は、「腸」という漢字が当てられていますが、広く内臓を意味していた語です。

インド・ヨーロッパ語族の英語water(水)、ヒッタイト語watar(水)のような語が日本語のwata(海)になったようだと述べましたが、wata(腸)も無関係とは思えません。水を意味していた語が中を意味するようになり、中を意味していた語が内臓を意味するようになることはよくあるからです。

現代の私たちは、解剖図を見せられて、これが心臓で、これが肺で、これが肝臓で、これが胃で、これが腸で・・・という具合に理解していますが、かつては「体の中(内臓)」として大きく括られていたと考えられます。wata(腸)が広く内臓を意味していたように、kimo(肝)も広く内臓を意味していました。「体の中(内臓)」を意味する語同士がぶつかり合って、意味の分化が始まったのでしょう。

kimo(肝)のほうは、水を意味したkalm-、kilm-、kulm-、kelm-、kolm-(kal-、kil-、kul-、kel-、kol-、kam-、kim-、kum-、kem-、kom-)のような語(前回の記事を参照)から来ていると見られます。

「水」を意味していた語が「目」を意味するようになるパターン、そして「水」を意味していた語が「中」を意味するようになるパターン、この二つの重要パターンを押さえたところで、東アジアの歴史の考察に戻りましょう。

 

参考文献

上代語辞典編修委員会、「時代別国語大辞典 上代編」、三省堂、1967年。