アルダン川、シベリアの秘境?

以下の写真は、シベリアを流れるアルダン川(Aldan River)の写真です(写真はWikipediaより引用)。

シベリアのごく普通の風景です。アルダン川は、中国東北部から北上したところにあります。アルダン川は結構大きな川ですが、もっと大きなレナ川に注いでいるため、世界的にはほとんど知られていません。

このような風景を見ると、水・水域を意味していた語がその横の部分、すなわち草、木、森、山、緑などを意味するようになるのがよくわかるでしょう。そこからさらに、「若い、新しい」という意味が生まれてくるので要注意です。奈良時代の日本人が赤ん坊のことをmidoriko(みどりこ)と呼んでいたことを思い出しましょう。

なぜ「若い、新しい」という意味が生まれてくるのでしょうか。それは、植物が最初は緑で、最後に赤、黄、茶などに変色するからでしょう。こうして、緑が早期(あるいは全盛期)を意味するようになります。

※ちなみに、常緑樹は葉を落とさないと誤解されることがありますが、常緑樹も葉を落とします。常緑樹は、落葉樹のように一気に葉を落とすことはありませんが、少しずつ葉を落としています。落ちた葉はやはり変色しています。

日本語のwakai(若い)はアイヌ語のwakka(水)のような語から来ていましたが、日本語のatarasii(新しい)はどうでしょうか。実は、atarasii(新しい)の前はatarasiで、さらにその前はaratasiでした。aratasi(新たし)、aratanari(新たなり)、aratamu(改む)などと言っていたわけです。

新しいことを意味するarataはどこから来たのでしょうか。先ほどのアルダン川(Aldan River)から窺えるように、遼河周辺で水のことをaltaのように言っていたと見られます。日本語ではaltaという形は認められないので、母音を補ってarVtaという形にするか、一方の子音を落としてaraまたはataという形にしなければなりません。日本語で新しいことを意味していたarata(新た)はここから来たのでしょう。水・水域を意味していた語がその横の植物・緑を意味するようになり、植物・緑を意味していた語が若さ・新しさを意味するようになるパターンです。

おそらく、水・水域に関係があると考えられるarasi(荒し)/aru(荒る)(abaru(暴る)、ikaru(怒る)、midaru(乱る)などが水から来ていたことを思い出してください)やaraɸu(洗ふ)も無関係でないでしょう。

ひょっとしたら、「頭(あたま)」の語源、仇(あだ)の意味に関する考察からの記事で扱った前・向かい・反対を意味するataも無関係でないかもしれません。廃れてしまいましたが、奈良時代の日本語にはatasi(他し、異し)という形容詞もありました。水・水域を意味していた語が岸を意味するようになり、岸を意味していた語が二つあるうちの両方、一方、またはもう一方(他方)を意味するようになるパターンを思わせます(実例については、「南(みなみ)」と「北(きた)」の語源、「みなみ」は存在したが「きた」は存在しなかったを参照)。

※aru(荒る)は自動詞で、他動詞はarasu(荒らす)です。tataku(叩く)とtatakaɸu(戦ふ)に関係があるように、arasu(荒らす)とarasoɸu(争ふ)にも関係があるかもしれません。

冒頭のアルダン川の写真のところで、水・水域を意味していた語がその横の部分、すなわち草、木、森、山、緑などを意味するようになることを改めて述べました。幸いなことに、高句麗語で木を意味していた語と山を意味していた語、そしてさらに谷を意味していた語が記録に残っています。前回の記事では高句麗語で水・川を意味する語について論じましたが、今度は高句麗語で木を意味する語、山を意味する語、谷を意味する語を見てみましょう。

 

補説 アルタイ山脈の語源

古代北ユーラシアで水のことをaltaのように言っていたとなると、気になるのがAltay Mountains(アルタイ山脈)です(地図はWikipediaより引用)。

Altay Mountains(アルタイ山脈)は、かつて鉱物資源が豊富だったところです。トルコ語altın(金(きん))アルトゥン、モンゴル語alt(金)、エヴェンキ語altan(金)などの語と関係があることは間違いありません。しかし、Altay Mountains(アルタイ山脈)のAltayの部分がもともとなにを意味していたのか、よく考えなければなりません。

例えば、英語にmetal(金属)という語があります。古代ギリシャ語のmetallonがラテン語のmetallumになり、ラテン語のmetallumが英語のmetalになりました。古代ギリシャ語のmetallonは、はじめ鉱山を意味し、それから(そこで採れる)金属を意味するようになった語です。

北ユーラシアおよび東アジアへの人類の拡散の中心となったアルタイ山脈地域の歴史を考慮すれば、まず水を意味するaltaのような語があって、その語が山を意味するようになり、さらに金などの金属を意味するようになったと考えるのが自然です。

日本語とウラル語族について誤解しないための補足、そして注目される高句麗語の「水」

前回の記事で土器の起源の話が出てきたので、続けて農耕の起源の話をしたいところですが、ここで別の記事をはさませてください。

本ブログでは、日本語の起源と歴史に興味を持つすべての方へという最初の記事から、いきなり多くの言語・言語群の話をしたので、一部の読者の方を混乱させてしまうケースがあったようです。筆者の言おうとすることが誤って解釈されてしまうのは残念なので、ここで少し補足させてください。

以下のストーリーが、本ブログの基本部分になっています。

(1)遼河文明の初期の頃に、遼河流域に同系統のいくつかの言語が存在した(遼河流域だけに分布していたわけではないと思われますが、そのことは今は横に置いておきましょう)。

(2)そのうちの一部の言語は北極地方に拡散し、一部の言語は遼河流域に残った。

(3)北極地方に拡散した言語のうちの一つの言語が、のちにウラル祖語になった。遼河流域に残った言語のうちの一つの言語が、のちに日本語になった。

(1)~(3)のストーリーは全然難しいものではありません。しかし、ここで注意してほしいのは、ウラル語族が日本語に影響を与えたとか、日本語がウラル語族に影響を与えたとか、そういう話ではないということです。離れ離れになった一方の中からウラル祖語が生まれ、他方の中から日本語が生まれたのであって、両者は互いに影響を及ぼせる関係にはありません。

ウラル祖語はのちに、フィン・ウゴル系の言語とサモエード系の言語に枝分かれしました。しかし、これは日本語から離れたところで起きたことです。系統的に言えば、日本語がウラル語族の中のフィン・ウゴル系の言語に特に近いということもないし、日本語がウラル語族の中のサモエード系の言語に特に近いということもないのです。

多くの読者の方にはすでに伝わっていたことだと思いますが、一部の読者の方に誤解を与えてしまったようなので、ここで改めて補足しました。

※遼河流域とウラル地方が大きく離れているのは、「遼河流域→ブリヤート地方→ヤクート地方→ウラル地方」という連なりが分断されてしまったためです。ブリヤート地方はモンゴル系言語の支配域になり、ヤクート地方はテュルク系言語の支配域になったのです(変わりゆくシベリアを参照)。

高句麗語の位置づけは?

上記の遼河流域のストーリーにおいて無視できないのが、高句麗語の存在です。高句麗語の数詞については、すでに高句麗語の数詞に注目するの記事に記しました。今度は、高句麗語の数詞以外の語彙に注目しましょう。

高句麗語は残念ながらほとんど文字記録を残さずに消滅してしまいましたが、高句麗語のわずかな文字記録をまとめたC. I. Beckwith氏の「Koguryo: The Language of Japan’s Continental Relatives」というすぐれた著作があります(タイトルは「高句麗語:大陸に存在した日本の親戚の言語」という意味です)(Beckwith 2004)。Beckwith氏の著作は、筆者が日本語の起源と歴史の研究に乗り出す一つのきっかけになりました。「日本語は弥生時代が始まる少し前まで大陸にいたようだ」と思わせてくれたのも、Beckwith氏の著作でした。

Beckwith氏の著作に、「買」という高句麗語が記録されています。高句麗人は独自の文字を持っていなかったので、高句麗語のある単語を「買」と書き表したのです。高句麗語の「買」は水・川を意味する語であると中国語で説明されています。

高句麗語の「買」・・・水・川を意味する

「買」のほかに、「内米」という語が記録されています。どうやら、同音異義語があったようです。高句麗語の一つ目の「内米」は瀑池を意味する語であると中国語で説明されています。高句麗語の二つ目の「内米」は長いことを意味する語であると中国語で説明されています。

高句麗語の「内米」・・・瀑池を意味する
高句麗語の「内米」・・・長いことを意味する

古代中国語のbuwk(瀑)ブクは滝を意味する語だったので、瀑池は水が落下して溜まっているところと考えられます。

高句麗語の「買」と「内米」の意味は明らかですが、問題はこの「買」と「内米」の発音です。Beckwith氏は、「買」の発音を*meyと推測し、「内米」の発音を*nameyと推測しています。Beckwith氏の推測は、古代中国語の発音がベースになっていますが、高句麗語の発音にどこまで近いかは不確かです。

日本語の例で考えてみましょう。日本書紀、古事記、万葉集などが記された奈良時代には、まだひらがなとカタカナがありませんでした。日本語を書き表そうと思えば、漢字を使うしかなかったのです。現代の日本語のmeという音は「め、メ」と書き表すことができますが、奈良時代の日本語のmeという音はどのように書き表していたのでしょうか。奈良時代には、me甲類とme乙類という微妙に異なる二つの音があり、me甲類はよく「売」と書き表され、me乙類はよく「米」と書き表されていました。日本人は自分たちの言語と中国語の発音体系が違うことを承知しており、me甲類と発音が似ている漢字を使えばよい、me乙類と発音が似ている漢字を使えばよいという感覚・姿勢だったのです。me甲類が「咩、馬、面、謎、迷、綿」と書き表されたり、me乙類が「梅、迷、昧、毎、妹」と書き表されたりすることもありました(上代語辞典編修委員会1967)。

高句麗人も自分たちの言語と中国語の発音体系が違うことを承知しており、日本人と同じような感覚・姿勢であったと思われます。このような事情を考慮すると、高句麗語の「買」の発音は、meiだったかもしれないし、mai、meまたはmaだったかもしれません。高句麗語の「内米」の発音は、nameiだったかもしれないし、name、namaまたはnamiだったかもしれません。

意味から考えて、高句麗語の一つ目の「内米」は、他言語で水を意味していた語から来たと考えられます。タイ系言語のタイ語naam(水)のような語から来たのでしょう。高句麗語の二つ目の「内米」がそのことを裏づけています。日本語のnagasi(長し)が、nagaru(流る)/nagasu(流す)とともに、水から来ていたことを思い出してください。水・水域を意味していた語が、その横の盛り上がった土地、丘、山、高さを意味するようになり、そこからさらに長さを意味するようになるパターンです。インド・ヨーロッパ語族のロシア語bereg(岸)、古英語berg(山)、ヒッタイト語parkuš(高い)、トカラ語pärkare(長い)などにも見られるように、頻出パターンです。

高句麗語の「内米」の語源がそうなら、高句麗語の「買」の語源はどうでしょうか。

日本語が、水のことをmat-、mit-、mut-、met-、mot-のように言う言語群に属し、同じ言語群に属する他の言語から大量の語彙を取り入れてきたことはお話ししました。日本語で水のことをmiduと言ったり、miと言ったりしていましたが、このようなことはよく起きていたようです。

日本語の様々なmata(また、又、股など)が、以下のような構図から来ていて、「2」という意味を持っていたことは説明しました(日本語が属していた語族を知るを参照)。

日本語のma(間)も、以下の構図から来ていると考えられます。

水・水域を意味していた語が境を意味するようになり、境を意味していた語が間、真ん中、中を意味するようになるパターンです。

日本語のそばで、水のことをmataと言ったり、maと言ったりしていたと考えられます。

古代中国語のmat(沫)やmjiet(滅)ミエトゥも、古代中国語の近くに水のことをそのように言う言語があったことを物語っています。古代中国語のmat(沫)は、泡やしぶきを意味する語です(新型コロナウイルス感染症のニュースに出てくる「飛沫」に含まれています)。古代中国語のmjiet(滅)は、もともと水をかけて火を消すことを意味していた語です。

高句麗語で水を意味した「買」は、ma、meあるいはいずれかに近い音であった可能性が高そうです。

ウラル語族の「水」については、「水(みず)」の語源、日本語はひょっとして・・・の記事を参照してください。

さらなる検討を要しますが、日本語と高句麗語の間に特別な関係があるというより、遼河流域から黄河下流域のほうへ同系統のいくつかの言語が残っていて、そのうちの一つの言語が日本語になり、別の一つの言語が高句麗語になったように見えます。

高句麗語の「波」という語も記録されており、海を意味する語であると中国語で説明されています。

高句麗語の「波」・・・海を意味する

Beckwith氏は高句麗語の「波」の発音を*paと推測しています。日本語の*pata/*pa(端)も高句麗語の*pa(海)も水を意味したpat-、pit-、put-、pet-、pot-のような語を思わせますが、高句麗語は日本語より一音節になる傾向が強かったのかもしれません(ちなみに、新羅語の後継言語である朝鮮語にもpada(海)という語があります)。

高句麗語の「伏」という語も記録されており、深いことを意味する語であると中国語で説明されています。

高句麗語の「伏」・・・深いことを意味する

Beckwith氏は高句麗語の「伏」の発音を*pukと推測しています。日本語の*puka(深)との共通性は指摘するまでもないでしょう。

高句麗語の数詞に注目するの記事で日本語と高句麗語の数詞があれほど似ていた時点で十分予想されたことですが、やはり日本語と高句麗語は数詞が似ているだけではありません。注目される高句麗語にさらに迫ってみましょう。

 

補説1 はさみの仕組み

上に日本語の*pata/*pa(端)が出てきましたが、水と陸が接するあたりでpata、patʃa、paʃa、pasaのように言っていたと見られます。batyabatya(ばちゃばちゃ)やbasyabasya(ばしゃばしゃ)から窺えます。

水と陸が接するあたりでpasaと言っていたら、どうなるでしょうか。pasaは境を意味するようになったり、間を意味するようになったりしそうです。

本ブログでたくさんの例を示していますが、境を意味する語から、切ることを意味する語が生まれます。basaʔ(ばさっ)、bassari(ばっさり)がそうでしょう。

そして、間を意味する語から、間に置くことを意味する語が生まれます。ɸasamu(はさむ)がそうでしょう。

物を間に置いて切る道具がɸasami(はさみ)と呼ばれたのは、このような事情があったと思われます。

※現代の日本語で、食べ物がぱさぱさしていると言ったり、ぽそぽそしていると言ったりします。同じように、水と陸の境をpasaと言ったり、posoと言ったりしていたかもしれません。境を意味していた語が線、糸、毛、髪などを意味するようになることはよくあるので、ここにɸoso(細)の語源があるかもしれません。

 

補説2 橋と箸の語源は同じだった

上の話と密接なつながりがあるので、ɸasi(橋)とɸasi(箸)の話もしておきましょう。

水と陸が接するあたりでpata、patʃa、paʃa、pasaのように言っていたと見られると述べましたが、末尾の母音aがiになったpasiという形もあったようです。

奈良時代の日本語にはɸasi(端)という語がありましたが、実はそれと並んでɸasi(間)という語もありました。この記事をここまで読んでくださった方は、ɸasiは水と陸が接するあたりを意味していた語だなと察しがつくでしょう。

ɸasi(橋)とはなにか考えてみてください。二つの陸地の間を渡すものにほかなりません。間を意味していたɸasiが橋も意味するようになったのです。

ɸasi(橋)の語源がそうなら、ɸasi(箸)の語源はどうでしょうか。

三省堂時代別国語大辞典上代編(上代語辞典編修委員会1967)に、ɸasi(箸)がピンセット状の道具を意味していたことが書かれています(ピンセットの写真はCOMFECTO様のウェブサイトより引用)。

川の両側を指していたmataが「2」という意味を帯びて股を意味するようになりましたが、それと同じで、川の両側を指していたɸasiが「2」という意味を帯びてピンセット状の道具や箸を意味するようになったと見られます。

おおもとまで遡れば、橋と箸の語源は同じようです。橋と箸の高低アクセントが異なるのは、歴史的経緯が異なるからでしょう。

 

参考文献

日本語

上代語辞典編修委員会、「時代別国語大辞典 上代編」、三省堂、1967年。

英語

Beckwith C. I. 2004. Koguryo: The Language of Japan’s Continental Relatives. Brill Academic Publishers.

日本の歴史は縄文時代からではなく旧石器時代から考えなければならない

以前に、古代北ユーラシアの人々のDNAについてお話ししたことがありました(一貫性を示す古代北ユーラシアの人々のDNAを参照)。その時はミトコンドリアDNAとY染色体DNAの話しかしませんでしたが、さらにDNA全体が調べられ、古代の様子が一層明らかになってきました(図はMassilani 2020より引用)。

今のところ、東アジアの歴史を考えるうえで特に重要なのは、以下の6名です。

Ust’-Ishim 45000年前頃のロシアのウスチイシムの男性
Tianyuan 40000年前頃の中国の田園洞遺跡の男性
Salkhit 34000年前頃のモンゴルのサルヒトの女性
Yana 31000年前頃のロシアのやヤナ遺跡の男性2名
Mal’ta 24000年前頃のロシアのマリタの男性

Ust’-Ishimの男性、Yanaの男性2名、Mal’taの男性についてはすでに、ミトコンドリアDNAとY染色体DNAのデータに基づいて、中東から中央アジアに向かい、中央アジアから北ユーラシアに拡散していった人々だろうと述べました。DNA全体を調べたMassilani氏らの研究(Massilani 2020)でも、そのことが確かめられました。対照的に、Tianyuanの男性とSalkhitの女性は、中東から東南アジアに向かい、東南アジアから北上してきた人々であることが明らかになりました。

Salkhitの女性のDNAの75%は東南アジアルート(南方ルート)から来ており、25%は中央アジアルート(北方ルート)から来ていると分析されています(Massilani 2020)。やはり、東南アジアルートを通ってやって来た人々と中央アジアルートを通ってやって来た人々は、非常に古くから混ざり合っていたのです。東アジアの歴史の初期の頃から、そのような混ざり合いが起きていたのです。これはとても重要なことです。これで考古学的証拠と生物学的証拠が完全に嚙み合いました(考古学的証拠については、4万年前の東アジアを参照)。

Yanaの男性2名は31000年前頃にユーラシア大陸の最北部にいた人たちで、ともにミトコンドリアDNAがU系統、Y染色体DNAがP系統であることがわかっていました(Sikora 2019)。このミトコンドリアDNAのU系統とY染色体DNAのP系統は、中東→中央アジア→北ユーラシアと進出したものです。しかし、男性2名のDNA全体を調べると、その30%以上が東南アジアルートから来ています(Massilani 2020)。ミトコンドリアDNAとY染色体DNAは重要ですが、それだけでは見えない部分があり、その見えない部分がかなり大きい場合もあることをはっきりと示しています。

日本人の起源について論じる時や日本語の起源について論じる時に、よく「北方」と「南方」という言葉が使われてきました。しかし、筆者は思っていました。その「北方」とはなんなのか、「南方」とはなんなのかと。よくわかっていない「北方」と「南方」によって、日本人の起源や日本語の起源を明らかにできるのかと。

「北方」と「南方」が曖昧模糊としているのも問題ですが、もう一つ問題なのは、旧石器時代への関心が低いことです。弥生時代と縄文時代に比べて、旧石器時代はなかなか注目されません。確かに、旧石器時代は手がかりが少ないので、無理もないかもしれません。

日本は、旧石器時代→縄文時代→弥生時代と変遷しました。しかし、旧石器時代から縄文時代への変化と、縄文時代から弥生時代への変化は、かなり異質なようです。縄文時代から弥生時代への変化では、(水田)稲作が行われるようになったり、金属器(青銅器、鉄器)が使われるようになったりしました。これは、大陸からやって来た人々が引き起こした変化です。旧石器時代から縄文時代への変化は、どうでしょうか。旧石器時代から縄文時代への変化では、土器が作られるようになったり、定住が始まったりしました。

東アジアでは農耕が始まるずっと前から土器が作られており、どこで土器が作られ始めたのか盛んに研究されてきました。考古学調査が進み、年代測定技術が発達するにつれて、不思議な様相が浮かび上がってきました(図はKuzmin 2015より引用)。

14000~18000年前頃から、中国南部、日本、アムール川流域、バイカル湖周辺に土器が現れます(中国南部にもっと古い報告例がありますが、広く認められていません(Wu 2012、Kuzmin 2013))。しかし、これらの地域の間には同時代の土器が全然見られず、土器が一つの地域で生まれて残りの地域に伝わったという説明は困難な状況です。朝鮮半島にいたっては、8000年前頃になるまで土器が現れません。

日本で最古の土器は、青森県の大平山元遺跡(おおだいやまもといせき)で見つかっていますが、これも、他の地域から伝わってきたという説明は困難です。日本最古の土器は、縄文(縄を押しつけてつける模様)がなく、無文です。

一般に、ある地域に新しい現象または状況が見られ始めた場合、以下のパターンが考えられます。

(1)よそから大勢の人々が入って来て、変化が生じた。
(2)よそから少数の人々が入って来て、変化が生じた。
(3)よそから人は入って来ないで、純粋にその地域の内部で変化が生じた。

現状では、日本の土器作りは(3)と考えるしかありません。日本の場合には、土器よりいくらか遅れて定住が始まりました。日本最古の土器は東北で見つかっていますが、定住は九州から広がっていきました(Pearson 2006)。土器と定住は縄文時代の重要な特徴ですが、これらはいっしょに発生していっしょに広がっていったわけではないようです。いずれにせよ、日本の旧石器時代から縄文時代への変化は、よそから人々が全く入って来ないあるいはほとんど入って来ない変化であったと見られます。そうなると、縄文時代の人々については考えるが旧石器時代の人々については考えないというのは、なんともおかしなことです。連続しているわけですから。

ただ、上の地図が示しているように、これほど近い時期に東アジアの四つの地域で土器が現れたのはなぜかという疑問は残ります。単なる偶然として片づけられるようなものでもないと思われます。Kuzmin氏などは土器が生まれたのは食材の調理と保存のためではないかと述べていますが、その可能性は高いでしょう(Kuzmin 2013)。実際、日本の縄文時代草創期(縄文時代の最も古い時期)の土器の付着物が調べられ、土器が特に淡水・海洋生物の調理に使われていたことが明らかになっています(Craig 2013)。

筆者は、マンモスのような大型の動物が獲れなくなってきて、人々の注意・関心が陸上のその他の動物、植物、魚介類などの様々な対象に強く向かうようになったことが大きかったのではないかと考えています。様々な対象の中には、そのまま食べるのに不向きなものも多かったでしょう。東アジアの主食になったアワとイネにしたって、そのまま食べるのに向いていません。土器の始まり、定住の始まり、農耕の始まりについては膨大な議論がありますが、いずれも究極的には下線部の事情と無関係でないと思われます(ちなみに、日本では土器、定住、農耕の順に見られましたが、必ずその順で見られるとは限りません(Gibbs 2016))。

日本人の起源や日本語の起源を知りたければ、日本とその周辺地域を含む旧石器時代からきちんと考えなければなりません。筆者がこのブログでやっていることを見ればわかると思いますが、日本語の起源というのは、日本語はどこから来たのかというより、日本語の一語一語はどこから来たのかという問題です。日本語の一語一語がどこから来たのか明らかにするためには、人類の歴史がどのように展開してきたのかよく知る必要があります。

 

参考文献

Craig O. E. et al. 2013. Earliest evidence for the use of pottery. Nature 496(7445): 351-354.

Gibbs K. et al. 2016. A comparative perspective on the ‘western’ and ‘eastern’ Neolithics of Eurasia: Ceramics; agriculture and sedentism. Quaternary International 419: 27-35.

Kuzmin Y. V. 2013. Origin of Old World pottery as viewed from the early 2010s: When, where and why? World Archaeology 45(4): 539-556.

Kuzmin Y. V. 2015. The origins of pottery in East Asia: Updated analysis (the 2015 state-of-the-art). Documenta Praehistorica 42: 1-11.

Massilani D. et al. 2020. Denisovan ancestry and population history of early East Asians. Science 370(6516): 579-583.

Pearson R. 2006. Jomon hot spot: Increasing sedentism in south-western Japan in the Incipient Jomon (14,000–9250 cal. BC) and Earliest Jomon (9250–5300 cal. BC) periods. World Archaeology 38(2): 239-258.

Sikora M. et al. 2019. The population history of northeastern Siberia since the Pleistocene. Nature 570(7760): 182-188.

Wu X. et al. 2012. Early pottery at 20,000 years ago in Xianrendong Cave, China. Science 336(6089): 1696-1700.