立ちはだかるアンデス山脈とアマゾン熱帯雨林

南米に入ったインディアンがどのように広がっていったのかということも明らかになってきています。すでに述べたように、アメリカ大陸のインディアンのミトコンドリアDNAにはA、B、C、D、Xという五つの系統が見られますが、南米のインディアンに限ればA、B、C、Dの四系統です。A、B、C、Dそれぞれの下位系統を細かく明らかにし、個々の下位系統の分布を調べれば、インディアンが南米にどのように広がっていったのかわかります。

このような研究は充実してきており、例えばGómez-Carballa 2018では、ミトコンドリアDNAのB系統の下位系統を詳しく調べています。南米で最も有名なケチュア語の話者、そしてそのすぐそばで話されているアイマラ語の話者のミトコンドリアDNAは、大部分がB系統です(Batai 2014)。ケチュア語とアイマラ語の話者は、南米の西を縦に走るアンデス山脈沿いにいます。以下の地図は、Gómez-Carballa氏らが、B系統の下位系統の分布を詳しく調べた結果に基づきながら、南米におけるインディアンの移動・拡散を大雑把にスケッチしたものです。

見ての通り、南米のインディアンの移動・拡散の仕方は独特です。なぜこのようになるかというと、南米の西を走るアンデス山脈と南米の北部に広がるアマゾン熱帯雨林が大きな障壁になっているためです。アンデス山脈とアマゾン熱帯雨林のために、南米に入ったインディアンの移動・拡散が制限されただけでなく、各地に広がったインディアンは再び交わりにくくなっています。地形的な理由から、人々が分散し、その後も分散したままになるという状況が発生しやすいのです。

言語の歴史を解明するという観点からすると、これは都合のよいことです。分散した言語が再びごちゃごちゃに交わるより、分散したままになっているほうが、歴史を見通しやすいからです。しかし、都合のよいことばかりではありません。コロンブスを先頭にヨーロッパの人々がやって来てから、戦いと伝染病でインディアンが激減してしまったのは痛手です。

南米のインディアンの言語同士の関係はあまり明らかになっていません。上に示した地図で、南米の入口のところ(左上のところ)から二つの経路に分かれています。ここでは西ルートと東ルートと呼びましょう。西ルートのほうには、すでにお話しした14500年前ぐらいのものと推定されるモンテベルデ遺跡があります。東ルートのほうも、モンテベルデ遺跡より若干遅れる遺跡がいくつか見つかっており、歴史は浅くありません(Bueno 2013)。仮に、南米のインディアンの諸言語が、15000~16000年前ぐらいに南米の最北西部に存在した一つの言語から分かれてできたという最も単純なシナリオを想定しても、15000~16000年ぐらいの歴史があるわけです。これですら、インド・ヨーロッパ語族の歴史の倍ぐらいあります。

筆者は、インド・ヨーロッパ語族とウラル語族の言語の研究歴は長いですが、インディアンの諸言語の研究歴は長くありません。インディアンの言語に注目するようになってから、さほど年数は経っていません。インディアンの言語に注目できるようになるまでが、実に長い道のりでした。インディアンの諸言語の研究に関しては、まだまだこれからという感じで、とても網羅的に語ったり、まとめて語ったりすることはできませんが、展望のようなものは持っているので、少しお話しすることにします。まずは、ケチュア語のyaku(水)とアイマラ語のuma(水)の話を続けましょう。

 

参考文献

Batai K. et al. 2014. Mitochondrial variation among the Aymara and the signatures of population expansion in the central Andes. American Journal of Human Biology 26(3): 321-330.

Bueno L. et al. 2013. The Late Pleistocene/Early Holocene archaeological record in Brazil: A geo-referenced database. Quaternary International 301: 74-93.

Gómez-Carballa A. et al. 2018. The peopling of South America and the trans-Andean gene flow of the first settlers. Genome Research 28(6): 767-779.

ベーリング陸橋、危ない橋を渡った人々

南米のケチュア語のyaku(水)やアイマラ語のuma(水)は大変注目されますが、南米のインディアンの言語を調べる前に付け足しておきたいことがあります。

閉ざされていたアメリカ大陸への道の記事では、Last Glacial Maximum(最終氷期最盛期)が終わり、北米にでき始めた通路(海岸ルートと内陸ルート)を通って、インディアンがアメリカ大陸に進出していったことをお話ししました。これは、LGMが終わった直後の話です。その前に、LGMの最中の話があります。LGMの直後の様子だけでなく、LGMの最中の様子も明らかになりつつあります。

現在では、ユーラシア大陸の北東部とアメリカ大陸の北西部はつながっておらず、ベーリング海峡になっています(海峡というのは、陸と陸に挟まれて、海が狭くなっているところです)。ベーリング海峡のある辺りはかつて陸続きで、この陸続きの部分は一般にベーリング陸橋と呼ばれます(ベーリング地峡と呼ばれることもあります)。LGMにベーリング陸橋にいた人々が、LGMが終わってでき始めた通路を通ってアメリカ大陸に進出していったのです。ここで、重要なことがあります。どうやら、LGMが終わってアメリカ大陸に進出していった人々は、何千年か続いたLGMの間、ベーリング陸橋に閉じ込められていたようなのです。

現生人類が3~4万年前に北ユーラシアのあちこちに現れていたことはすでに述べました。LGMは2万数千年前から始まりますが、それよりも前に人類が北極海の近くまで来ていたこともわかっています(Pitulko 2004)。以下の地図は、Pitulko 2004からの引用で、同論文で記述している3万年前ぐらいのヤナ川流域の遺跡の位置を示しています。

LGMよりも前に人類がベーリング地方からやや離れたところまで来ていたというのは、大きな発見です。上の地図に描かれているシベリア東部は、特に寒さが厳しい地域です。ロシアのヤクーツクやオイミャコンからマイナス50℃になった、マイナス60℃になったというニュースがよく入ってきますが、それはこの地域です。氷期でなくてもそのような地域が氷期になったら、まして氷期の最盛期になったらどうなるでしょうか。

LGMのベーリング陸橋は、西側は人間が住めないほど寒さが厳しくなったシベリア、東側は完全に氷にブロックされて進めない北米という状況に置かれたと見られます。そのシベリアと北米の間で立ち往生した人たちがいたのではないかというのが、E. Tamm氏らが提唱するBeringian Standstill(ベーリング地方での足止め)という仮説です(Tamm 2007)。以下の地図は、Tamm 2007からの引用で、ユーラシア側とインディアン側の詳しいミトコンドリアDNAのデータに基づきながら、過去にユーラシア大陸とアメリカ大陸の間でどのような人間の移動があったか推定しています。

入り組んでいるので、解説を加えます。①は、LGMが始まる少し前に人間集団がベーリング地方にやって来たことを示しています。②は、LGMが始まってベーリング地方の人間集団が閉じ込められ、何千年か続くLGMの期間中に、のちにアメリカ大陸に進出することになるミトコンドリアDNAの系統(A2、B2、C1b、C1c、C1d、C4c、D1、D4h3、X2a)が出揃ったことを示しています。ベーリング地方に閉じ込められた時から、インディアン側のA、B、C、D、X系統は、ユーラシア側のA、B、C、D、X系統とは違う独自の道を歩み始めたのです。③は、LGMが終わって閉鎖が解け、人々がアメリカ大陸とユーラシア大陸へ移動していったことを示しています。④は、それより後の時代に、すでに貫通している空間を東から西に移動していった人々、西から東に移動していった人々がいたことを示しています。

インディアン側のA、B、C、D、X系統を詳しく調べたFagundes 2008などの他の研究でも、インディアン側のA、B、C、D、X系統がLGMと大体一致する年代から独自の道を歩み始めていることが示されており、Beringian Standstill仮説は現実味を帯びています。

上の地図は、要するに、「人間集団がベーリング地方にやって来た」→「ベーリング地方が閉鎖空間になった」→「閉鎖空間が開放されて、人々が右と左に移動していった」→「その後も左から右に向かう移動、右から左に向かう移動があった」という歴史展開を示しています。LGMによるベーリング地方の閉鎖が頭に入っていれば、自然に考えられる歴史展開です。このような歴史展開があったことは、ユーラシアの言語とインディアンの言語を比べる際に覚えておかなければなりません。

それにしても、一般に海の近くは内陸ほど寒くならないとはいえ、Last Glacial Maximum(最終氷期最盛期)のベーリング地方に閉じ込められたのは、結構厳しい事態だったのではないでしょうか。LGMに直面して、北ユーラシアのほとんどの人は南下していったことでしょう。インディアンは、図らずも危ない橋を渡ることになった人々といえるかもしれません。

それでは、LGMの後にでき始めたルートを通って南米に入っていったインディアンを追跡することにしましょう。

 

参考文献

Fagundes N. J. R. et al. 2008. Mitochondrial population genomics supports a single pre-Clovis origin with a coastal route for the peopling of the Americas. American Journal of Human Genetics 82(3): 583-592.

Pitulko V. V. et al. 2004. The Yana RHS site: Humans in the Arctic before the last glacial maximum. Science 303(5654): 52-56.

Tamm E. et al. 2007. Beringian standstill and spread of Native American founders. PLoS One 2(9): e829.

水の惑星

英語のwater(水)は、ヒッタイト語watar(水)やトカラ語war(水)とともに、インド・ヨーロッパ語族の標準的な語であると述べました。それに対して、ラテン語のaqua(水)は、インド・ヨーロッパ語族では非標準的な語で、インド・ヨーロッパ語族の外から入って来た外来語のようだと述べました。

語られなかった真実、ラテン語のaqua(水)は外来語だった中国語はなぜ大言語になったのか?の記事では、ヨーロッパから東アジアまでの言語を概観し、かつて北ユーラシアに水のことをjak-、jik-、juk-、jek-、jok-(jは日本語のヤ行の子音)のように言う巨大な言語群が存在したと推論しました。

このような巨大な言語群が存在したのは確実ですが、古代北ユーラシアの言語はみな水のことをjak-、jik-、juk-、jek-、jok-のように言っていたのかというと、そういう単純な状況でもなかったようです。

英語にwet(濡れている)という語があります。water(水)の古形はwæter、wet(濡れている)の古形はwætで、これらは同源です。英語のwet(濡れている)に相当する語として、ラテン語にはumidus(濡れている)という語がありました。ラテン語のumidusはhumidusとも発音され、後者から英語のhumid(湿った)は来ています。ラテン語には濡れていることを意味するumereという動詞があり、これからumidusという形容詞が作られました。

umereとumidusのほかに、液体(特に体液)を意味するumorという名詞もありました。ラテン語のumidusが英語のhumid(湿った)になったのと同様に、ラテン語のumorは英語のhumor(ユーモア)になりました。なんで液体を意味していた語がユーモアを意味するようになるんだと思ってしまいますが、これは昔のヨーロッパの人々が人間の体内にある各種の液体(血液、粘液、黄胆汁、黒胆汁)によって人間の気質が決まると考えていたためです。

ラテン語で濡れていることを意味したumere/umidusも、液体を意味したumorも、インド・ヨーロッパ語族の標準的な語彙ではありません。um-という語根が見て取れます。ラテン語のそばに、水のことをum-のように言う言語があったのでしょう。

ここで、視線を一気に東アジアに持っていきます。すると、日本語のumi(海)という語が出てきます。日本語のwata(海)の語源がインド・ヨーロッパ語族の英語water(水)の類であったように、日本語のumi(海)の語源も他言語の「水」であった可能性があります。日本の近くで話されているツングース諸語に、飲むことを意味するエヴェンキ語ummī(語幹um-、以下同様)、ウデヘ語umimi(umi-)、ナナイ語omiori(omi-)、ウイルタ語umiwuri(umi-)、満州語omimbi(omi-)のような動詞が見られますが、これらも「水」の存在を示唆しています。

※水・液体の意味範疇に属するumu(膿む)も究極的には同源と思われます。他言語の同様の例は別のところで示します。

このum-のケースは、jak-、jik-、juk-、jek-、jok-のケースに似ています。かつて北ユーラシアに水のことをum-のように言う言語群が存在し、その言語群がヨーロッパ方面と東アジア方面に影響を残していったのではないかと考えたくなります。

現生人類は3~4万年前には北ユーラシアのあちこちに現れていますが、インド・ヨーロッパ語族とウラル語族の拡散が始まったのはせいぜい6000、7000、8000年前ぐらいです。非常に大きな時間の開きがあります。拡散するインド・ヨーロッパ語族とウラル語族の行く手にいた北ユーラシアの旧来の諸言語が一様であったとは考えられません。たとえそれらの北ユーラシアの旧来の諸言語が同一の起源を持っていたとしても、インド・ヨーロッパ語族とウラル語族の拡散時にはすでに大きく異なっていたはずです。経過した時間が長ければ、現在のインド・ヨーロッパ語族の内部に見られるような違い、現在のウラル語族の内部に見られるような違い程度ではとても済みません。

インド・ヨーロッパ語族とウラル語族の拡散が始まる前の北ユーラシアに、水のことをjak-、jik-、juk-、jek-、jok-のように言う言語群と、水のことをum-のように言う言語群が広がっていたとしても、全然おかしくないわけです。インド・ヨーロッパ語族とウラル語族の拡散が始まる前の北ユーラシアの長い歴史を考えれば、インド・ヨーロッパ語族とウラル語族は極めて大きい差を持つ諸言語に遭遇したにちがいありません。そのようななかで、水のことをjak-、jik-、juk-、jek-、jok-のように言っていた言語群と、水のことをum-のように言っていた言語群は、ヨーロッパ方面にも東アジア方面にも影響を残しており、特に注目されます。

ここで、北ユーラシアの歴史を解明するためのヒントを求めて、アメリカ大陸のインディアンの諸言語に目をやると、はっとする光景が飛び込んできます。すでに述べたように、インディアンの諸言語は互いの隔たりが非常に大きく、なかなか変わらないはずの「水」を意味する語もかなりばらばらです。しかし、完全に無秩序というわけではなさそうです。南米で最も有名なケチュア語のyaku(水)や、そのすぐそばのアイマラ語のuma(水)は鮮烈な印象を与えます。まずは、南米のインディアンの言語を調べる必要がありそうです。