「腰(こし)」の語源

ウラル語族の語彙との関係が一番見やすいので、まずは日本語のkosi(腰)を取り上げます。

ウラル語族には、kVs-、kVsk-という語根があります。語根というのは、様々な単語が作られていく時のおおもとのようなものです。Vのところには、e、ö、o、uなどが入ります。ウラル語族では、このkVs-、kVsk-という語根から「真ん中、中心、中央、中間、間」を意味する語が作られています。少し例を挙げてみましょう。

フィンランド語の場合は、Vのところがeになっています。フィンランド語のpisteは点を意味しますが、その前にkeskiが付いてkeskipisteになると、中心点を意味します。

後置詞のkeskenは「~の間で」という意味で、英語のbetweenやamongのような語です。前置詞というのは、前に置かれることから付いた名で、後置詞というのは、後ろに置かれることから付いた名です。

ハンガリー語の場合は、Vのところがöになっています。そして、sが濁ってzになっています。ハンガリー語のpontは点を意味しますが、その前にközが付いてközpontになると、中心点を意味します。

後置詞のközöttは「~の間で」という意味で、英語のbetweenやamongのような語です。

また、フィン系のコミ語にはkos(腰)、ウドムルト語にはkus(腰)という語があります。なぜでしょうか。それは、腰を体の真ん中とみなしたからです。私たちは上半身、下半身という言い方をしますが、どこで二分しているかというと、腰のところで分けています。

日本語のkosiももともとウラル語族と同じで、「真ん中、中心、中央、中間、間」を意味していたのです。mikosi(御輿)も、中心を意味するkosiに、尊敬・畏敬を示す接頭辞のmiが付けられたものと考えられます。「mikosiをかつぐ」というのは、言ってみれば、「お中心をかつぐ」という意味だったのです。御輿は以下のような形になっているのが普通でしょう(上から見たところです)。

主に麺類を食べて「kosiがある」とか「kosiがない」とか言いますが、このkosiももともと中心部を意味していて、それがやがて噛みごたえや弾力を意味するようになったと考えられます。

ウラル語族と同じようにkVs-、kVsk-という語根から作られた語として、車輪の中心部を意味するkosiki(轂)も挙げることができると思います。昔の日本語は子音の連続を許さないので、koskiではなく、母音iを挿入してkosikiとしたのでしょう。

ちなみに、フィンランド語では「腰」のことをvyötäröと言います。vyö(ベルト)という語があり、ここからvyöttää(ベルトを巻く)やvyötärö(腰)が作られています。ベルト、すなわち腰に巻くものは、フィンランド語ではvyöヴィオ、ハンガリー語ではövオヴです。どっちがもとの形に近いのかという議論はありますが、これらは同源と見られています。フィン系のサーミ語にavvi(ベルト)という語があるので、フィンランド語のvyöより、ハンガリー語のövのほうがもとの形に近いと思われます。ベルトを意味するフィンランド語vyö、サーミ語avvi、ハンガリー語övなどは、日本語のobi(帯)、obiru(帯びる)(古形obu)に結びつきそうです。