「腹(はら)」の語源

ウラル語族の各言語で「腹」を意味する語は完全にばらばらです。そして、「腹」と「腸」と「中」の間で意味が変わりやすい傾向にあります。日本語でも腹のことを「おなか」と言ったりするので、この辺は理解しやすいと思います。

フィンランド語には、vatsa(腹)ヴァッツァという語があります(もう一つmaha(腹)という語がありますが、これはインド・ヨーロッパ語族の言語からの外来語です)。フィンランド語のvatsa(腹)は、サモエード系のガナサン語bjetuʔ(腸)ビェトゥッ、カマス語bjedɯ(腸)ビェドゥ、マトル語bjedu(腸)ビェドゥなどと同源で、日本語のwata(腸)に対応しています。harawataのwataです。琉球方言のwata、bata、badaなどは「腹」を意味しています。中に詰められた様を思えば、wata(綿)もwata(腸)と同源でしょう。

日本語のhara(腹)はどうでしょうか。ハンガリー語のbél(腸)ベールやbelső(中の、内の)ベルショーに組み込まれているbel-(中、内)はひょっとしたら関係があるかもしれませんが、ハンガリー語とフィンランド語の間でも「腹、腸、中」を意味する語は全く一致していないので、その可能性は微妙です。

ちなみに、英語のbelly(腹)はもともとバッグや袋を意味していた語です。腹は膨らむものという認識が窺えます。同じように、日本語のhara(腹)はharu(張る)から作られた可能性が高いです。

この発想でいくと、日本語のhukureru(膨れる)(古形ɸukuru)、hukuro(袋)(古形ɸukuro)、hugu(フグ)(古形ɸuku)などは、古代中国語のpjuwk(腹)ピュウクと関係がありそうです。どのような経緯で、このようなことになったのでしょうか。

古代中国語のpjuwk(腹)も注目に値しますが、英語のbelly(腹)も注目に値します。英語のbelly(腹)がもともとバッグや袋を意味していたことは上に述べましたが、この語はball(ボール)やballoon(風船・バルーン・気球)などと同源で、「膨らむ」という意味が根底にあります。

どうやら、日本語のhara(腹)の語源の問題は、日本語のharu(張る)の語源の問題であり、日本語のharu(張る)は、インド・ヨーロッパ語族とウラル語族で「膨らむこと、膨らんでいること、いっぱいになること、いっぱいであること」を意味している語と結びつきそうです。日本語のharu(張る)(古形ɸaru)は当然、hareru(腫れる)(古形ɸaru)といっしょに論じるべきものです。

haru(張る)とhareru(腫れる)の語源について論じ始めると、身体部位の話からどんどん遠ざかってしまうので、これらの語源については別のところで論じましょう。