性転換をした「母」(8)

現代の中国語には、父亲(フーチン)という言い方と爸(パー)/爸爸(パーパ)という言い方があります。どちらも父を意味しますが、前者は正式な言い方で、後者はくだけた言い方です。爸(パー)/爸爸(パーパ)という言い方を見ると、中国の人たちも欧米の影響を受けてこんな言い方をするようになったのかと思ってしまいそうですが、そうではありません。古代中国語に、bju(父)ビウという語とbwa(爸)ブアという語があったのです。日本語では、前者にbu、ɸuという音読み、後者にba、ɸaという音読みが与えられました。古チベット語や古ビルマ語にも父を意味する a pha アパ あるいは pha という語が認められるので、古代中国語のbwa(爸)は歴史が古そうです。

そもそも、口語的な言い方だからといって、歴史が浅いとは限りません。例えば、英語のfather(父)は、ラテン語pater、古代ギリシャ語patēr、サンスクリット語pitāなどと同源で、歴史が古いです。しかし、英語のdad(お父さん)も、ラテン語tata、古代ギリシャ語tata、サンスクリット語tātahなどと同源と見られ、歴史が古いようなのです。

インド・ヨーロッパ語族の「父」

上に英語、ラテン語、古代ギリシャ語、サンスクリット語の例を挙げましたが、インド・ヨーロッパ語族の「父」はもう少し事情が複雑です。まずは、ゲルマン系言語とスラヴ系言語の「父」を示します。

ゲルマン系言語の「父」(ただしゴート語のattaは除く)は、スラヴ系言語の「父」と同源ではありません。印欧祖語には、くだけた口語的な言い方を抜きにしても、二つの言い方があり、その一方が英語のfatherなどになり、他方がロシア語のotetsなどになったようなのです。よく似た意味・用法を持つ二語がずっと並立するのは難しく、インド・ヨーロッパ語族の各言語ではどちらかが廃れていきました。

ちなみに、ラテン語では、paterが父を意味し、attaは一般に男の年長者に対して用いられるという状況でした。古代ギリシャ語でも、patērが父を意味し、attaは一般に男の年長者に対して用いられるという状況でした。このラテン語と古代ギリシャ語の展開は、よくわかります。しかし、サンスクリット語では意外なことが起きています。サンスクリット語では、pitāが父を意味していますが、attāは女の年長者(母、おば、姉、義母など)に対して用いられているのです。

インドではインド・ヨーロッパ語族の言語が話されていますが、インド南部ではドラヴィダ語族の言語も話されています。ドラヴィダ語族の言語は、インド・ヨーロッパ語族の言語とは全然違います。ドラヴィダ語族の主な言語として、テルグ語、タミル語、カンナダ語、マラヤーラム語が挙げられます。ドラヴィダ語族には、テルグ語atta、タミル語attai、カンナダ語atte、マラヤーラム語attanのような語があり、おばや義母を意味しています。

インド・ヨーロッパ語族とドラヴィダ語族を見渡すと、インド・ヨーロッパ語族で父あるいは男の年長者に対して使われていた語がインドに伝わり、そこで女の年長者に対して用いられるようになったのではないかと考えたくなります(「インド・ヨーロッパ語族」という名前で呼ばれていますが、言語学者も、考古学者も、生物学者も、インド・ヨーロッパ語族の言語がもともとインドまたはヨーロッパで話されていたとは考えておらず、黒海・カスピ海の北(現在のウクライナ、ロシア南部、カザフスタンが続くあたり)かアナトリア(現在のトルコ)で話されていたと考えています。インド・ヨーロッパ語族の言語は、後からインドにやって来たのです)。

上のインド・ヨーロッパ語族とドラヴィダ語族の例は、全く例外的というわけでもなさそうです。すでに述べたように、ウラル語族では、フィンランド語のisä(父)イサは標準的な語ですが、ハンガリー語のapa(父)は非標準的な語です。ハンガリー語のapaはどこから来たのだろうと思いながら、ハンガリー語がかつて話されていた中央アジアのほうに目を向けると(ウラル語族の中でハンガリー語に最も近いハンティ語とマンシ語は中央アジアのやや北側で話されています)、テュルク諸語のカザフ語apa、キルギス語apa、ウズベク語opa、トルクメン語apa、ウイグル語apaのような語が目に入ります。しかし、これらの語は母またはその他の女の年長者に対して用いられています。さらに目を進めると、モンゴル語のaav(父)アーブのような語が目に入ります。前に見た父を意味する古代中国語のbju、bwaや古チベット語・古ビルマ語の a pha 、pha も無関係とは思えません。こうして見ると、テュルク諸語において、父または男の年長者に対して使われていた語が、母または女の年長者に対して用いられるようになった可能性が考えられます。

なぜこのようなことが起きるのでしょうか。目上の者である、大きな存在である、中心的な存在であるといったことが、男か女かということより、ずっと強く意識されていたのかもしれません。それに加えて、語が全然違う文化圏・言語圏に突入していく場合には、意味・用法が大きく変わる確率が高くなります。

すでに詳しく見たように、日本語の男と女に関する語彙の大部分が古代中国語由来であり、奈良時代のtiti、oɸodi、wodiのもとになったと見られるtiが古代中国語のtsyu(主)チウから来ているとなれば、奈良時代のɸaɸa、oɸoba、wobaのもとになったと見られる*ɸaあるいは*paも古代中国語のなんらかの語から来ている可能性が高いです。当然、古代中国語のなんらかの語とは具体的にどの語かということが問題になります。

ここで筆者が思案の末に辿り着いたのが、冒頭に示した古代中国語のbwa(爸)でした。日本語ではbaとɸaという音読みが与えられましたが、語頭に濁音が来ないという制約があった時代ではpaかɸaにならざるをえません。このように、発音面では、古代中国語のbwa(爸)と、奈良時代の日本語のɸaɸa、oɸoba、wobaのもとになったと見られる*ɸaあるいは*paは、完全に合致します。漢字を学ぶ前の日本人にとっては、古代中国語はもっぱら、読むものではなく、聞くものだったはずです。中国人がbwa(爸)と言うのを聞いていたでしょう。

問題は意味面です。祖父、父、おじのような男性の領域内での意味の変化、あるいは祖母、母、おばのような女性の領域内での意味の変化ならともかく、男の年長者に対して使われていた語が、女の年長者に対して用いられるようになるということが果たしてあるのだろうかと、筆者も半信半疑でした。

しかし、古代の人々が祖父、父、おじなどに対して共通に使っていた語、祖母、母、おばなどに対して共通に使っていた語は、親族関係を正確に表すというより、敬称としての性格が強かったと考えられます。目上であることに主眼が置かれると、男女の区別はさほど重要でなくなり、男の年長者に対して使われていた語が、女の年長者に対して用いられるようになるということもありえそうです。実際に、人類の言語には先に挙げたインド・ヨーロッパ語族とドラヴィダ語族のような例が散見されるのです。

※古代の人々が祖父、父、おじ、その他の男の年長者に対して同じ言い方をしていたからといって、これらの男性を区別することができなかったということではありません。同じように、古代の人々が祖母、母、おば、その他の女の年長者に対して同じ言い方をしていたからといって、これらの女性を区別することができなかったということではありません。例えば、現代の日本語では、父母の姉・妹に対してobasanと言えますが、父母の姉・妹でなくてもそのぐらいの年齢の女性であればobasanと言えます。私たちは、父母の姉・妹である女性とそうでない女性を区別することはできますが、同じ言い方をしているのです。

古代中国語のtsyu(主)から来たtiが、父およびその他の男の年長者に対する語として地位を固めていたら、古代中国語のbwa(爸)から来た*paあるいは*ɸaは、意味が変わりやすかったでしょう。titi、oɸodi、wodiの語源は古代中国語のtsyu(主)に、ɸaɸa、oɸoba、wobaの語源は古代中国語のbwa(爸)にありそうです。まさかの性転換でした。

男と女に関する語彙の話がずっと続いたので、他のテーマに移りましょう。

春秋戦国時代が終わり、秦・漢の時代へ(7)

シナ・チベット語族で「ぬし、所有者、支配者」を意味している語を調べることにした筆者は、この時すでに、日本語の男と女に関する語彙の大部分は古代中国語から来たものではないかと予想していました。

奈良時代には、me(女)という語が広く使われていました。奈良時代の日本語にエ列の音が少ないことは前にお話ししました。奈良時代の日本語のエ列にはエ列甲類とエ列乙類という微妙に異なる二つの列があり、奈良時代の日本語のme(女)はエ列甲類の音で、me(目)はエ列乙類の音です。

me(目)という語は、組み込まれたmaという形があり、日本語にエ列がなかった時代には*ma(目)として存在していただろうと考えられますが、me(女)という語は、そのような形がなく、日本語にエ列がなかった時代にはそもそも存在していなかったのではないかと考えられます。me(目)に比べて、me(女)は歴史が浅いということです。

日本語のne(音)は古代中国語以外のシナ・チベット系言語から来たと見られる語で(日本語を改造したのはだれか?を参照)、te(手)はベトナム系言語から来たと見られる語です(「背」の語源を参照)。そのne(音)にも組み込まれたnaという形があり(naru(鳴る)、naku(鳴く)など)、te(手)にも組み込まれたtaという形があります(tanagokoro(掌)、taduna(手綱)など)。ne(音)やte(手)と比べても、me(女)は歴史が浅そうです。

me(女)が比較的新しいということは、wotomeという語も新しいということです。wotokoという語だけが長い間存在し、その後でようやくwotomeという語ができたというのは、ちょっと考えづらいです。ということは、wotokoという語も新しいということです。

日本の奈良時代は、都が平城京に移されたAD710年から始まりました。それより少し前の時代に古代中国語が日本語に語彙を与えることはできますが、その時代に古代中国語以外のシナ・チベット系言語が日本語に語彙を与えるのは無理があります。春秋戦国時代までは、中国東海岸に近い地域に古代中国語以外のシナ・チベット系言語が存在する余地がありましたが、秦・漢の時代以降(BC221年~)は、そのような余地がなくなります。古代中国語以外のシナ・チベット系言語と日本語の接触が考えられそうなのは、春秋戦国時代までなのです。シナ・チベット語族からの外来語で、取り入れられた時期が奈良時代より少し昔となれば、出所はおのずと古代中国語に限られてきます。

今思えば、古代中国語に注目したこと自体は間違っていなかったのですが、筆者は古代中国語のnom(男)やbju(父)ビウのような語彙にずっと目を奪われていたので、日本語のwotokoやtitiを古代中国語に結びつけることができませんでした。転機となったのは、すでにお話ししたウラル語族のフィンランド語のisäイサのような語に関する考察で、ここで初めて、古代の人々が「ぬし、所有者、支配者」を意味する語を祖父、父、その他の年長者に対して使っていたことを知りました。そうして、最終的に、古代中国語のkjun(君)キウン、kuwng(公)クウン、hjwang(王)ヒウアン、tsyu(主)チウが日本語の語彙形成に大きく関わったことを知ったのです。

日本語の男と女に関する語彙について論じてきましたが、突っ込まずに放置した語があります。それはɸaɸa(母)です。日本語に古くからあったと見られるomo(母)に取って代わったɸaɸa(母)です。omotiti(母父)という言い方がtitiɸaɸa(父母)という言い方になったのも、大きな変化を印象づけます。奈良時代の日本語では「titi、oɸodi、wodi」と「ɸaɸa、oɸoba、woba」がきれいに対になっており、前の三語だけでなく、後の三語も古代中国語由来と考えられます(言うまでもなく、前の三語は現代のtiti(父)、ozīsan/ozītyan(おじいさん、おじいちゃん)、ozisan/ozityan(おじさん、おじちゃん)などにつながる語であり、後の三語は現代のhaha(母)、obāsan/obātyan(おばあさん、おばあちゃん)、obasan/obatyan(おばさん、おばちゃん)などにつながる語です)。

奈良時代の時点ではもう存在が確認できませんが、titi、oɸodi、wodiのもとになったtiという語(男の年長者に対して使う)が存在したように、ɸaɸa、oɸoba、wobaのもとになった*ɸaあるいは*paという語が存在したと思われます。もともと、祖父、父、その他の男の年長者に対してtiと言い、祖母、母、その他の女の年長者に対して*ɸaあるいは*paと言っていたのだろうということです。

titi(父)の語源もそうでしたが、ɸaɸa(母)の語源を明らかにするのは容易ではありません。まずなによりも、古代の人々の習慣や感覚を理解しようと努めなければなりません。それでは、ɸaɸa(母)の語源についてお話ししましょう。

 

補説

「窓」の語源

me(目)がmaという形で組み込まれている語として、manako(まなこ)やmatuge(まつげ)はわかりやすいと思います。ここに出てくる「な」と「つ」は、「の」と同じような働きをしていた助詞です。

me(目)がmaという形で組み込まれている語はほかにもあり、mado(窓)もその一つです。戸は人が出たり入ったりするところですが、窓はせいぜいそこから覗くくらいです。そこで、ma(目)+to(戸)=mado(窓)です。

世界の言語を見渡すと、「窓」を意味する語は、「目」か「風」に関係していることが多いです。英語のwindow(窓)は古ノルド語のvindauga(窓)から来ており、vindの部分は「風」、augaの部分は「目」を意味しています(古ノルド語はアイスランド語、ノルウェー語、スウェーデン語、デンマーク語などの前身です)。

►性転換をした「母」(8)へ