幸(さき)と幸(さち)—不完全に終わった音韻変化

ラテン語でca、ci、cu、ce、coと書けば、その発音は日本語の「カ、キ、ク、ケ、コ」と同様です。しかし、ラテン語の一後継言語であるイタリア語でca、ci、cu、ce、coと書くと、「カ、チ、ク、チェ、コ」のような音になります。このように、「キ」だった音が「チ」のようになり、「ケ」だった音が「チェ」のようになる変化は、人類の言語に大変よく見られます。「キ」だった音が「チ」のようになる変化を、ここでは仮にキチ変化と呼びましょう。

日本の近くだと、中国語(標準語)でキチ変化が起きています。例えば、「基」はチーのように発音し、「金」はチンのように発音します。

イタリア語と中国語ではキチ変化が徹底的に起きましたが、日本語ではキチ変化が起きかけて、不完全なまま終わってしまったようです。そのような痕跡が窺えます。

saki(幸)とsati(幸)

奈良時代の日本語には、saki(幸)という語とsati(幸)という語がありました。どちらも「幸せ、幸福」という意味を持っていましたが、sati(幸)のほうは複雑で、「海や山でとれる獲物」、「海や山で獲物をとるための道具(特に釣り竿と釣り針、弓と矢)」という意味もありました。このsaki(幸)とsati(幸)で意味範囲が違うことをどう解釈したらよいかというのは、なかなか難しい問題です。sati(幸)のほうに「海がもたらす幸せ、山がもたらす幸せ」→「海でとれる食べ物、山でとれる食べ物」というような意味の変化・拡張があったのかなと考えたくもなりますが、このようにしてsati(幸)の意味範囲全部を説明するのは強引かなという気もします。sati(幸)は実は、saki(幸)がキチ変化したsatiという要素と別の要素が合わさった語だったという可能性もあります。いずれにせよ、キチ変化は人類の言語に広く見られる現象なので、saki(幸)とsati(幸)という語がある以上、日本語でもキチ変化があったかどうか検討する必要があります。他の例を見てみましょう。

※saki(幸)が動詞化して、sakiɸaɸuという動詞ができました。そして、sakiɸaɸuが名詞化して、sakiɸaɸiという名詞ができました。このような過程を経て、現代のsaiwai(幸い)に至ります。

huti(淵)

川は上流から下流までどこも同じ調子で流れているわけではありません。深くなって水がよどんでいるところは、huti(淵)と呼ばれます。逆に、浅くて流れが速いところは、se(瀬)と呼ばれます(年末を意味する「年の瀬」という表現は、忙しい時期を川の速い流れに例えたものです)。

前に、日本語にはkura(暗)/kuro(黒)という語があるため、古代中国語のxok(黑)ホクとそのバリエーション形は、日本語では意味が少しずれて深さや濃さなどを意味するようになったという話をしました(「深い」と「浅い」の語源を参照)。日本語の*puka→ɸuka(深)はそうしてできた語ですが、これと同類の*pukiあるいは*ɸukiという語もあったと思われます。この*pukiあるいは*ɸukiがキチ変化を起こして、奈良時代のɸuti(淵)になったのではないかというわけです。キチ変化を考慮に入れれば、ɸuka(深)とɸuti(淵)というペアは形的にも意味的にもぴったり合います。

もし上の通りなら、日本語のɸuti(淵)はɸuka(深)と同じように古代中国語由来ということになります。筆者はそのように考えていますが、この考えにはもちろん根拠があります。実は、日本語のse(瀬)もkaɸa(川)も古代中国語由来のようなのです。

古代中国語のtshjen(淺)ツィエンは、ある時代にsenという音読みで日本語に取り込まれました。しかし、それまでの日本語では、senのように子音で終わるのはタブーでした。古代中国語のtshjen(淺)はある時代にsenという読みで取り入れられたが、それよりも前の時代にseという読みで取り入れられていたという可能性も考えなければいけません。先ほどのɸuti(淵)の件と合わせると、浅くて流れが速いところを意味するse(瀬)は、古代中国語のtshjen(淺)を取り入れたものと考えるのが自然です。

日本語のɸuti(淵)とse(瀬)だけでなく、kaɸa(川)も中国語由来と見られるのはなかなか驚きです。古代中国語には、kæwng(江)カウンという語がありました。この語はもともと長江を指していましたが、のちには一般に大きな河を意味するようになりました。古代中国語のkæwng(江)は、ある時代にkouおよびkauという音読みで日本語に取り込まれました。古代中国語のkæwng(江)は、前に取り上げた古代中国語のkæw(交)に似たケースと見られます。つまり、古代中国語のkæw(交)は、のちにkauという音読みで日本語に取り込まれることになるが、すでにその前にkaɸu、kaɸasu、kaɸaruという形で日本語に入っていた、古代中国語のkæwng(江)は、のちにkauという音読みで日本語に取り込まれることになるが、すでにその前にkaɸaという形で日本語に入っていたということです。kaɸaは現代ではkawaになりましたが、日本語のkawa(川)の語源は古代中国語のkæwng(江)だったというわけです。

sati(幸)、huti(淵)のほかに、もう少しキチ変化の例を見てみましょう。

 

補説1

「しあわせ」は「幸せ」ではなかった

現代の日本語では、saiwai(幸い)は決まった言い回しの中で使われることが多く、siawase(幸せ)のほうが一般的です。しかし、後者はもともと「為合はせ/仕合はせ」と書かれていた語で、意味も現代と違っていました。「為合はせ/仕合はせ」は、めぐり合わせのような意味を持つ語で、「為合はせ/仕合はせがよい」とか、「為合はせ/仕合はせが悪い」とか言っていました。「為合はせ/仕合はせ」自体は、よい意味も悪い意味も持っていなかったのです。ところが、意味が偏ってきて「為合はせ/仕合はせがよいこと」、つまり幸運を意味するようになり、現代では幸福を意味するようになりました。同時に、「幸せ」と書かれるようになりました。

ちなみに、英語のhappy(幸せな)も同じような歴史を持っています。もう現代の英語ではほとんど使われなくなりましたが、偶然を意味するhapという名詞がありました。偶然にはよい偶然も悪い偶然もありますが、よい偶然を意味することが多くなり、そこからhappyという語が生まれました。happyは当初は幸運を意味していましたが、やがて幸福を意味するようになりました。happyの同類としてhappenがありますが、こちらはなにかが偶然に起きることを意味しています。

補説2

古代中国語の thu dij (土地)

古代中国語のxok(黑)ホクとそのバリエーション形が、ある時代には*puka→ɸuka(深)という形で、別の時代にはkoku(黒)という形で日本語に入りましたが、これに限らず、日本語でuとoが入り乱れている例は多いです。古代中国語の thu dij (土地)トゥディイもそのようなケースで、ある時代にtutiという形で、別の時代にtoti(土地)という形で日本語に入ったと見られます。奈良時代の日本語に存在するtutiは、「土」と書かれたり、「地」と書かれたりし、よくame(天)の対義語として使われています。やはり、奈良時代の日本語のtutiは、古代中国語の thu dij (土地)を取り入れたものと考えられます。