「上(うえ)」と「下(した)」の語源

インド・ヨーロッパ語族のゲルマン系言語に見られる英語high(高い)、ドイツ語hoch(高い)ホーフ、ゴート語hauhs(高い)などがかつて*kauk-のような形をしていたと考えられることは話しました。そしてさらに、この*kauk-がウラル語族のフィンランド語のkaukana(遠くに、遠くで)と関係がありそうなことも話しました(フィンランド語は昔の発音を非常によく保存しています)。

長い、高い、遠い、深いの間にはつながりがあると述べましたが、そのようなつながりは日本語の内部にも見つけることができます。日本語には、中国語から入ったeien(永遠)という語があります。格調高い感じのする語ですが、「永遠」を冷静に見ると、「永」と「遠」がくっついているだけです。大体同じような発想で、昔の日本語のtoɸa(永遠)もtoɸo(遠)と同類と見られます。今ではそれぞれtowaとtooになっています。前者は(限りなく続く時間的な)長さ、後者は遠さを表していると考えられます。

toɸa(永遠)の類義語として、toko(常)という語もありました。tokonatu(常夏)のtoko(常)です。toko(常)とtoɸa(永遠)がくっついたと見られるtokotoɸa/tokotobaという語もありました。(限りなく続く時間的な)長さを表すtoɸa(永遠)はtoɸo(遠)と同類で、(限りなく続く時間的な)長さを表すtoko(常)はtaka(高)と同類と見られます。昔の日本語には、このような母音交替による語形成が数多く見られます。

※ちなみに、古代中国語のdzyang(常)ヂアンは、長さを意味することがあった「尙」と「巾」から「常」が作られたように、長い布が語源です。そこから「長く続く、ずっと続く」、さらに「いつもの、普段の、普通の」という意味が生じました。

すでに挙げたインド・ヨーロッパ語族のヒッタイト語parkuš(高い)とトカラ語pärkare(長い)のような対応は、ごくありふれたものです。インド・ヨーロッパ語族ではpark-のような形が可能ですが、子音の連続を許さない日本語ではparkuとできないのでparuになり、ここから広く知られているp→ɸ→hという変遷を経てharuka(はるか)やharubaru(はるばる)が生まれた可能性があります。haruka(はるか)のkaは、sizuka(静か)やsadaka(定か)などのkaと同じものでしょう。

とはいえ、さすがに日本語のharuka(はるか)とharubaru(はるばる)だけを見て、インド・ヨーロッパ語族の語彙と関係があるかないかと論じるのは無理があるので、ほかの語も交えながら話を進めることにしましょう。

「上」と「空」の語源

英語のoverという語はおなじみでしょう。前置詞などとして使われて「上」を表します。インド・ヨーロッパ語族の古典語を見ても、ラテン語super、古代ギリシャ語huper、サンスクリット語upariという語があり、英語のoverのように使われます。どうやら、頭子音のない*uperという形と頭子音のある*superという形が古くからあったようです。

※英語に見られるsuper-とhyper-はラテン語のsuperと古代ギリシャ語のhuperから来ています。「上」を意味するところから、「超えている、程度が甚だしい、行き過ぎだ」のような意味が生じます。

日本語のue(上)は、奈良時代にはuɸe、uɸa-という形で現れており、もともと*upaであったと考えられます。日本語の*upaとインド・ヨーロッパ語族の*uperの類似は目を引きます。奈良時代より前の日本語に、エ列の音がない、子音で終わることができないという特徴があったと見られることを考えれば、日本語の*upaとインド・ヨーロッパ語族の*uperは完全に合致します。目を引くのは日本語の*upaとインド・ヨーロッパ語族の*uperの類似だけではありません。*superのほうをもう少し詳しく見てみましょう。

ラテン語のsuperは後継言語においてフランス語sur、スペイン語sobre、ポルトガル語sobre、イタリア語sopra、ルーマニア語spreのような形を生み出しました。当然ですが、それぞれの言語でそれぞれの形に変化しています。もし昔の日本語の話者がイタリア語のsopraのような語を聞いたら、どうなるでしょうか。-pr-という子音連続が許されないので、soraまたはsopaと言うのではないでしょうか。

インド・ヨーロッパ語族の*uperと*superもどんどん変化していきます。言語によって変化の仕方はまちまちですが、uの部分がoになる、pの部分がb、v、fになる(英語のoverは昔はoferでした)、eの部分がつぶれるといった変化が目立ちます。このような変化を考慮に入れると、インド・ヨーロッパ語族の*uperは日本語のue(上)に、インド・ヨーロッパ語族の*superは日本語のsora(空)に関係がある可能性が高いのです。おそらく、日本語のsora(空)のもとになったのは、sopraのような語だったでしょう。

奈良時代の日本語には、suwe(末)という語もありました。奈良時代の人々は、山や木の先端をsuwe(末)と言っていました(現代のkozue(梢)はそのなごりです)。このsuwe(末)も、インド・ヨーロッパ語族の*superと関係がありそうです。廃れてしまいましたが、suwe(末)の類義語として、ure(末)という語もありました。このure(末)も、インド・ヨーロッパ語族の*uperと関係があるかもしれません(ure(末)の古形は*ura(末)と考えられるので、ウラル語族のフィンランド語のylä-(上)ウラなどとも関係があるかもしれません)。

インド・ヨーロッパ語族の*uperと*superの類が様々な形で日本語に現れているのを見ると、日本語はインド・ヨーロッパ語族と広く接していたのではないかと考えたくなります。

日本語のue(上)がインド・ヨーロッパ語族に関係しているのなら、日本語のsita(下)はどうでしょうか。