前に、ベトナム語のtay(手)のような語が日本語に入り、まずは*ta(手)になり、のちにte(手)になったことをお話ししました(詳細については、「手(て)」の語源、なんと外来語だった!および「背(せ)」の語源を参照してください)。ベトナム系言語から、「手」を意味する語だけでなく、「足」を意味する語も入ったのではないかと考えたくなるところです。

奈良時代の日本語にsuneという語がありました。この語は漢字で「髄」と書かれていました。骨は外側は硬いですが、中には柔らかい組織が詰まっています。この柔らかい組織は、赤血球、白血球、血小板などを作り出して造血を担っている場所で、髄(ずい)と呼ばれます。これを奈良時代の日本語ではsuneと言っていたわけです。

奈良時代の日本語のsune(髄)は、意味を考えると、現代の日本語のsune(脛)に結びつけるのはちょっと難しいです。では、現代の日本語のsune(脛)はどこから来たのかということになりますが、奈良時代に完成した日本書紀と古事記に、ナガスネヒコという人物が出てきます。ナガスネヒコは、神武天皇の最大の敵として記述されています。三省堂時代別国語大辞典上代編(上代語辞典編修委員会1967)は、ナガスネヒコのスネは、「髄」を意味しているとは考えにくく、「脛」を意味しているのではないかと推測しています。確かに、「髄(ずい)が長い」というのは明らかに不自然です。しかし考えてみると、「脛(すね)が長い」というのも少し奇妙です。人の描写として、普通は「脛(すね)が長い」ではなく、「足・脚(あし)が長い」と言うのではないでしょうか。

実は、ベトナム語にchânチュンという語とxươngスーンという語があります。chânは「足・脚」を意味し、xươngは「骨」を意味します。仮にこれらの語を現代の日本語に取り入れるとすれば、chânはtyunになり、xươngはsūnになりそうですが、奈良時代より前の日本語ではそうはいきません。

現代の
日本人はチャンス、チーズ、チューリップ、チェック、チョコレートなどの語に慣れていますが、「チャ、チ、チュ、チェ、チョ」の類はもともと日本語にはなかったものです。他言語の語彙を取り入れる際には、現代の日本人が「チャ、チ、チュ、チェ、チョ」の類を用いそうなところで、昔の日本人は「サ、スィ、ス、セ、ソ」の類を用いたり、「タ、ティ、トゥ、テ、ト」の類を用いたりしていました。このようにして、昔の日本語ではベトナム語のchân(足、脚)のような語をtyunではなくsuneという形で取り入れ、ベトナム語のxương(骨)のような語をsūnではなくsuneという形で取り入れたと見られます。ベトナム系言語で「足・脚」を意味していた語と「骨」を意味していた語が、日本語ではsuneという同じ形になってしまったのです。違う音が日本語で同じ音にされてしまうケースは、中国の個々の漢字に音読みを与えた時にも大量に発生しました。

日本語にはasi(足、脚)とɸone(骨)という語があったので、「足・脚」を意味していたsuneも「骨」を意味していたsuneも意味の変更を迫られ、「足・脚」を意味していたsuneは膝から足首までの部分を意味するようになり、「骨」を意味していたsuneは骨の中心部分を意味するようになったと考えられます。こう考えると、奈良時代およびそれ以降の日本語のsuneに完全に説明がつきます。

昔の日本語ではsunという形は認められないので、sunではなくsuneという形になっていますが、うしろにeという母音が補われているのが大きなポイントです。昔の日本語では、子音で終わる語を取り入れる時にうしろに母音を補っていましたが、a、i、u、oを補っているケースに比べて、eを補っているケースは極端に少ないのです。sune以外には、例えば「米、ごはん、食事」を意味するベトナム語のcơm
クム/コムような語が日本語のkome(米)になったり(「米(こめ)」の語源、中国とベトナムとタイのごはんを参照)、中国語の「常」に当たるベトナム語のthườngトゥーンのような語が日本語のtune(常)になったりしています。

母音eを補ってできたと見られる語彙は、大変気になるところです。ベトナム系言語の単語に母音eを補って日本語に取り込んだのなら、その時すでに日本語は母音e(あるいはエ列の音)を持っていたことになります(奈良時代の日本語のine(稲)とyone(米)は組み込まれたina-、yona-という形を見せますが、kome(米)は組み込まれたkoma-という形を見せず、対照的です。たとえkome(米)の古形として*komaが存在したとしても、その歴史が浅いことは明白です)。日本語とベトナム系言語の接触は、奈良時代から見てそう遠くない過去まで続いていた可能性があります。日本語は中国東海岸地域だけでなく、日本列島でもベトナム系言語に接していたかもしれないということです。もしそうであれば、中国東海岸地域で話されていたベトナム系言語が日本列島に入ってきていたことを意味します。



補説

廃れてしまったɸagi(脛)

ɸagi(脛)は膝から足首までの部分を指す語でしたが、sune(脛)に取って代わられてしまいました。今では、hukurahagi(ふくらはぎ)という言い方の中に残っています。

奈良時代の日本語のɸagi(脛)は、古代中国語のheng(脛)
ヘンから来たと考えられます。昔の日本語にはhという子音がなく、当時の日本語の傾向からして、hengの先頭のhはp-かk-になりそうで、末尾のngは-nVか-gVになりそうです(Vは母音です)。

古代中国語のheng(脛)は*pagiという形で日本語に入り、ɸagiという形に変化したと見られます。昔の日本語でhengiとできないことを考えれば、自然な展開です。もしかしたら、古代中国語のheng(脛)が日本語に入った時には、日本語にまだ母音e(あるいはエ列の音)がなかったのかもしれません。



参考文献

上代語辞典編修委員会、「時代別国語大辞典 上代編」、三省堂、1967年。