結局のところ「膝(ひざ)」と「肘(ひじ)」の語源は同じだった

簡単にはわからない「肘(ひじ)」の語源の記事で予告していたhiza(膝)とhizi(肘)の語源の考察を行いましょう。現代の日本語のhiza(膝)とhizi(肘)を見ると、両者の語源は明らかに同じだろうと思いたくなりますが、奈良時代の時点ではɸiza(膝)とɸidi(肘)であり、そう単純な話でもありません。まずは、「膝」のほうに焦点を当てましょう。

ウラル語族の各言語では、膝のことを以下のように言います。

※カマス語とマトル語については、データが不確かなため、記していません。

フィン・ウゴル系のフィンランド語polvi(膝)とサモエード系のネネツ語pulɨ(膝)プリは同源で、ウラル祖語では膝のことをこのように呼んでいたと考えられます。このフィンランド語polvi(膝)、ネネツ語pulɨ(膝)の類は、日本語のhiza(膝)に結びつきそうにありません。

ウドムルト語pɨdjes(膝)ピヂェスとコミ語pidʑəs(膝)ピヂュスは、日本語のhiza(膝)に形が似ていますが、ウラル語族の標準的な語彙ではありません。間接的な関係がある可能性は残っているので、地理的にウラル語族と日本語の間に分布していているテュルク諸語、モンゴル語、ツングース諸語、朝鮮語の「膝」を調べてみます。

残念ながら、日本語のhiza(膝)に結びつきそうな語はありません。前に、古代中国語のheng(脛)ヘンが奈良時代の日本語のɸagi(脛)になったようだとお話ししましたが(「脛(すね)」の語源、神武天皇と戦ったナガスネヒコを参照)、ツングース諸語のエヴェンキ語xenŋen(膝)の類はこれらに関係があるでしょう。「膝」と「脛」の間も意味がずれやすいところです。

筆者は日本語のhiza(膝)とhizi(肘)の語源の問題で大変苦戦しましたが、その原因は筆者が膝と肘をあくまでも「曲がるところ」と考えていたことにあります。簡単にはわからない「肘(ひじ)」の語源の記事で、英語のknee(膝)とelbow(肘)という呼び名が「曲がるところ」という見方に基づいていることを示しました。確かに、膝と肘は曲がるところです。しかし、knee(膝)とelbow(肘)と関係が深い語として、joint(関節)という語もあります。英語のjoint(関節)という呼び名は「つながっているところ」という見方に基づいています。この「つながっているところ」という見方に辿り着いたところで、ようやく活路が開けました。

古代中国語に「節、関節」を意味するtset(節)ツェトゥという語がありました。この語は、同じシナ・チベット語族のチベット語tshigs(関節)ツィグスやミャンマー語ə-hsi?(関節)アフスィッなどと同源です。

上記の古代中国語、チベット語、ミャンマー語の各語はそれぞれ複雑なので、少し解説を加えておきます。

‒ 古代中国語のtset(節)の末子音tは、人間の笑い—ニコニコ、ニヤニヤ、ニタニタにも語源があるの記事でお話ししたnyit(日)ニトゥの末子音tと同様に、もともとkであったと考えられているものです(Baxter 2014)。
‒ チベット語のtshigs(関節)のtshiの部分は、息を強く吐き出しながら「ツィ」と言う感じです。
‒ ミャンマー語のə-hsi?(関節)のəの部分は後から付け加えられた接頭辞なので、これは差し引いて考える必要があります。

これらの情報を総合すると、かつてシナ・チベット語族に「節、関節」を意味するhtsikフツィクやhtsekフツェクのような語が少しずつ違う形で広がっていたと考えられます。日本語のɸusi(節)、ɸiza(膝)、ɸidi(肘)は、ここから来ていると見られます。奈良時代の人々は肘のことをtanaɸidiとも言っていました。手・腕を意味するta、助詞のna、節・関節を意味するɸidiがくっついたものでしょう。ɸidiはもともと肘というより節・関節を意味していたということです。その後、ɸusiが節・関節を意味しているので、ɸidiは肘を意味するようになったと見られます。ɸusi(節)、ɸiza(膝)、ɸidi(肘)と形がばらついているのは、違う時代に違う場所で取り入れられたからでしょう。このような形のばらつきは、ɸusi(節)、ɸiza(膝)、ɸidi(肘)がもともと日本語にあった語ではなく、近くに存在した言語群から入ってきたことを物語っています。

ついでに「腿(もも)」の語源

asi(足、脚)、sune(脛)、hiza(膝)の語源が明らかになったので、ついでにmomo(腿)の語源も明らかにしておきましょう。「背(せ)」の語源「尻(しり)」の語源の記事で説明したように、日本語にはウラル語族との共通語彙である*siro→siriの系統とベトナム系言語から入ってきた*so→seの系統がありました。この二つの系統はどちらも英語のbackのような意味を持つことから衝突し、前者の系統が「尻」を意味し、後者の系統が「背」を意味するという形で決着しました。

日本語では、ウラル語族との共通語彙である*siro→siriが尻を意味するようになったため、ベトナム系言語の「尻」は尻を意味することができなくなりました。ベトナム語の「尻」はmôngモンムです。ベトナム語の少し変わったところで、môngのngの部分を発音した後すぐに上唇と下唇をぴったり合わせます。そのため、「モンム」のような感じになります。このような語が日本語にmomo(腿)として定着したと考えられます。子音が連続することも、子音で終わることも許さない昔の日本語では、momoという形になるのが自然です。「尻」と「腿」の間も意味がずれやすいところです。

飛び飛びになりましが、日本語の身体に関する語彙を上肢→胴体→下肢の順に見てきました。残るは頭部です。

 

参考文献

Baxter W. H. et al. 2014. Old Chinese: A New Reconstruction. Oxford University Press.