東アジアの三つの古代文明の間で、遼河文明・黄河文明・長江文明

日本語と大いに関係がある言語として、北方の言語の中からウラル語族、そして南方の言語の中からベトナム系の言語が浮上してきました。それだけでなく、日本語の中にはインド・ヨーロッパ語族との共通語彙もありそうだなと思わせる例もありました。様々な言語が出てきて混乱しやすいところなので、ここでひとまず簡単な図式を示しておきます。これから「日本語の意外な歴史」をスムーズに読み進めるために、以下の図を頭に入れておいてください。

実際の日本語の歴史は、このような単純な図では説明できません。しかし、上の図は、筆者が日本語の歴史を研究し始めた頃に、筆者の頭の中にあった図なのです。そのため、筆者にとっても、読者にとっても、この図から始めるのが最も自然で、無理がありません。

漢語が流入する前の日本語、いわゆる大和言葉では、「遼河文明の言語の語彙」と「黄河文明の言語の語彙」と「長江文明の言語の語彙」が大きな位置を占めています。「遼河文明の言語の語彙」と「黄河文明の言語の語彙」と「長江文明の言語の語彙」が混ざり合う場所となると、おのずと限られてきます。最も可能性が高いのは、黄河下流域の山東省のあたりです(江蘇省の一部も考慮に入れておいたほうがよいかもしれません)。

日本語の中にある「遼河文明の言語の語彙」と「黄河文明の言語の語彙」と「長江文明の言語の語彙」を徹底的に調べ、どれでもない語彙は後で考えようというのが、筆者の当初の基本方針でした。

黄河文明の言語は、中国語の文字記録が古くから残っている分、研究しやすいような気がしますが、決してそんなことはありません。黄河文明の言語というのはシナ・チベット語族のことですが、シナ・チベット語族はとても難解です。シナ・チベット語族がとても難解なのは、シナ・チベット語族の内情が以下のようになっているためです。

言語の数は多いのですが、中国語に近い言語が見当たらないのです。紀元前6500年頃(つまり8500年前ぐらい)から黄河流域に裴李崗文化(はいりこうぶんか)、磁山文化(じさんぶんか)、後李文化(こうりぶんか)などの有力な文化が現れ始めますが(Shelach-Lavi 2015)、その頃から「中国語の前身言語」はひたすら孤独の道を歩み続け、一切分岐することなく、殷の時代およびそれ以降の中国語になったと考えるのはあまりに無理があります。その間に、中国語以外のシナ・チベット系言語はどんどん分岐しています。一律の学校教育やマスメディアがない時代には、言語が少しでも広まれば、地域差が生じ、別々の言語に分化していきます。

では、どうしてシナ・チベット語族は上のような極端に偏った形になっているのでしょうか。これはやはり、中国語と近い系統関係を持っていたシナ・チベット系言語、あるいは中国語の近くで話されていたシナ・チベット系言語が消滅してしまったからだと考えられます。

ぽつんと一つ残った古代中国語は、異様なほど膨大な語彙を持つ言語でした。殷・周の時代からそうです。中国語は、シナ・チベット系の言語および非シナ・チベット系の言語を大量に消し去ったが、単純に消し去ったのではなく、語彙を吸収しつつ消し去っていったと見られます。シナ・チベット系および非シナ・チベット系の様々な言語を話していた大勢の人々が中国語に乗り換えたのです。

このような異言語の話者の流入によって、中国語に膨大な語彙が蓄積しますが、中国語の発音や文法は激変することになります。シナ・チベット語族の言語が大量に消えてしまった、残った中国語は過去(殷・周より前の時代)が見えないほど変わり果ててしまった、まさにこのような事情がシナ・チベット語族の研究を難しくしています。

本ブログは基本的に、冒頭の図式を起点とし、そこに様々な情報を付け加える形で、話を進めていきます。日本語の歴史をめぐる話がどんどん複雑になっていきますが、冒頭の図式が根底にあることを忘れなければ、筆者の研究を十分に追いかけることができると思います。

筆者はもともとヨーロッパ方面の各現代語を研究していましたが、日本語の歴史に興味を持ったことから、シナ・チベット語族の言語も研究するようになりました。最初はほとんどなにも感じませんでしたが、研究が進むうちに、ヨーロッパ方面の言語と東アジア方面の言語に間に通う不思議な縁のようなものを感じるようになってきました。この不思議な縁のようなものがなんなのかわかりませんでしたが、そのようなものが存在するという感覚は強くなっていきました。まずは、筆者が感じるようになった不思議な時間・空間の話を少ししましょう。

 

参考文献

Shelach-Lavi G. 2015. The Archaeology of Early China: From Prehistory to the Han Dynasty. Cambridge University Press.

「尻(しり)」の語源

この記事は「背(せ)」の語源の続きです。

se(背)の語源が明らかになったので、siri(尻)の語源について考えましょう。

フィンランド語のselkä(背)セルカは日本語のse(背)とは関係ないことがわかりました。では、フィンランド語のselkä(背)は日本語と全く関係ないのでしょうか。どうやら、そうではないようです。身体部位を表す語は隣接部位・関連部位に意味がずれやすいということを思い出してください。怪しいのはsiri(尻)、そしてusiro(うしろ)です。

岩波古語辞典に、usiro(うしろ)はmi(身)の古形である*muとsiri(尻)の古形である*siroがくっついた*musiroが変化したものであるという説明があります(大野1990)。これは鋭い洞察だと思います。

現代の日本語でも白くなった髪の毛のことをsiragaと言いますが、siraとkaが単独で現れることはありません。単独で現れる場合はsiroとkeです。単独の*siraはsiro(白)に変化し、単独の*kaはke(毛)に変化したが、それよりも前から複合語として存在していたsiragaはそのまま残ったのです。

同様にして、*muはmi(身)に変化し、*siroはsiri(尻)に変化したが、それよりも前から複合語として存在していた*musiroはそのまま残ったと思われます。「抱く」を意味するmudakuとudakuなどが並存していたように、*musiroとusiroが並存し、最終的にusiroが残ったと考えられます。

siri(尻)の古形と考えられる*siroは、「尻」を意味していた語ではないと思います。「体」を意味する*muと「尻」を意味する*siroをくっつけるのはなんとも奇妙です。*siroは「うしろ」を意味していたはずです。*siro→siriの系統がかつての意味を保つことができず、「尻」を意味するようになったのは、ベトナム系の言語から入ってきた*so→seの系統の影響が大きかったと思います。

日本語の*siroが「うしろ」を意味していたとすると、フィンランド語のselkä(背)と意味的にはよく合います。注意しなければならないのは発音です。フィンランド語のselkä(背)は「セルカ」のように発音しますが、推定される祖形はselkVではありません。実は、フィンランド語は、ウラル語族で一般的なsjeおよびʃeという音を残していない言語なのです。

sje ― 「スィ」と「エ」を滑らかに速く続けて「スィエ」と読んだような音です。日本語と英語にはない音ですが、例えばロシア語で「7」を意味するсемьに出てくる音です(Forvoというユニークなウェブサイトがあり、そこで世界の様々な言語の発音を聞くことができます)。ウラル語族の研究者は、sjの代わりにśと書くことがあります。

ʃe ― 「シェ」によく似た音です。ʃという発音記号は、英語の学習でおなじみだと思います。ウラル語族の研究者は、ʃの代わりにšと書くことがあります。

フィン・ウゴル系の言語とサモエード系の言語の音韻組織を考え合わせると、ウラル語族に古くから存在していたのはsjeとʃeのうちの前者と見られ、フィンランド語selkä(背)、エストニア語selg(背)、サーミ語čielgi(背)チエルギ、マリ語ʃələʒ(腰)シュルジュなどの祖形は、*sjelkVと推定されます。

*sjelkVを日本語に残そうとするとどうなるでしょうか(上に述べたように、sjeは「スィエ」のような音です)。昔の日本語には、sjeという音も、エ列のseという音もなかったと考えられます。-lk-という子音の連続も許されません。おまけに、ウラル語族の言語にはlとrがありますが、日本語にはrしかありません。このように、日本語のほうには非常に厳しい制約があります。

これらの制約があると、sjeの部分はsiとするしかなく、lkVの部分はrVまたはkVとするしかありません。つまり、*sjelkVはsirVまたはsikVとするしかないのです。フィンランド語のselkä(背)などの推定祖形*sjelkVは、「うしろ」を意味した古代日本語の*siroに結びつくと考えられます。日本語にエ列の音がなかったこともあり、形が大きく変わりました。

フィンランド語のselkä(背)や古代日本語の*siro(うしろ)のもとになっていると見られる*sjelkVは、「背骨」を意味した古代中国語のtsjek(脊)ツィエクに形が似ており、気になるところです。*sjelkVの二子音-lk-がそのまま残ったのがフィンランド語のselkä(背)、*sjelkVの子音kが脱落したのが古代日本語の*siro(うしろ)、*sjelkVの子音lが脱落したのが古代中国語のtsjek(脊)ツィエクではないかということです。

実を言うと、フィンランド語のselkä(背)などと関係があるのではないかと、筆者の心にずっと引っかかっていた語がもう一つあります。それは、英語のself(自分)です(ドイツ語selbst、オランダ語zelf、スウェーデン語självフェルヴ、アイスランド語sjálfシャルフなども同類です)。

ちなみに、英語のwolf(オオカミ)は、同じ意味のロシア語volk、ポーランド語wilk、リトアニア語vilkas、ラトビア語vilksなどと同源で、英語のwolfの末子音fはかつてkであったことが確実です。同じように、英語のselfの末子音fもかつてkであった可能性が大です。

しかし、フィンランド語のselkä(背)と英語のself(自分)の間になにか関係がありそうだと思いながらも、それがどんな関係なのかわからず、筆者は頭を抱えました。どうしたら「背」と「自分」が結びつくのだろう、なにか特別な宗教や信仰でもあるのだろうか、そんなことを考えていました。

 

参考文献

大野晋ほか、「岩波 古語辞典 補訂版」、岩波書店、1990年。

「背(せ)」の語源

日本語のse(背)の語源とsiri(尻)の語源はいっしょに考えます。

フィンランド語では「背」のことをselkäセルカと言い、この語はエストニア語selg(背)、サーミ語čielgi(背)チエルギ、マリ語ʃələʒ(腰)シュルジュなどと同源です。一見すると、フィンランド語のselkä(背)は日本語のse(背)と合いそうですが、実はそうはいきません。これにはいくつか理由があります。

上肢に関する語彙のところで、te(手)だけがCVという一音節で異彩を放っていましたが、この胴体に関する語彙のところでも、se(背)がmune(胸)、hara(腹)、wata(腸)、kosi(腰)、siri(尻)と違ってCVという一音節で異彩を放っています。現代のウラル語族の各言語を比較して推定される昔のもとの言語(ウラル祖語)は、基本的にCVという一音節の語を使う言語ではないのです。この点でse(背)はいまひとつ合いません。

また、somuku(そむく)という語があることから、se(背)の古形は*soで、もともと「背中」というよりは「うしろ」を意味していたと考えられます。

そしてさらに問題なのは、日本語にエ列の音がない時代があったと考えられることです。まずは、奈良時代の日本語の音韻組織を示した以下の表を見てください。

※音韻とは、要するに音のことです。言語学では、「ある言語が持つ音および音の区別」を問題にしたい場合と、「個々の人間が個々の場面・局面で発する音」を問題にしたい場合があります。「ありがとうございます」と10回言えば、その10個の「ありがとうございます」は音として少しずつ違いますが、そのような違いを問題にしない場合と、問題にする場合があるということです。「ある言語が持つ音および音の区別」を問題にしたい場合に特に「音韻」という用語を用い、「個々の人間が個々の場面・局面で発する音」を問題にしたい場合に特に「音声」という用語を用いることがあります。

奈良時代の日本語の音韻組織は、私たちがよく知っている現代の日本語のあいうえお表と少し違っています。見ての通り、イ列、エ列、オ列がところどころ二つに分かれています。微妙に異なる二つの音があったのです。奈良時代の日本語の音韻組織は、ある体系から別の体系に移る過渡期にあるような不安定な姿をしています。

奈良時代の日本語にはこのように、ところどころ二つに分かれたエ列(e、ke甲類、ke乙類、se、・・・、we)が存在したのですが、当時の日本語の単語を一つ一つ調べると、ア列、イ列、ウ列、オ列の音に比べて、エ列の音が明らかに少なく、特に語頭で少ないのです。このことから、国語学者の大野晋氏は、奈良時代の日本語のエ列はもともとiaおよびaiという母音連続が変化してできたのだと主張しました(大野1978、p.194~198)。筆者も大野氏と大体同じような考えです。日本語にはかつて、aとiは存在するが、エ列は存在しない時代があったと思われます。そうすると、ウラル語族のeに日本語のeは対応しえなくなります。

以上の理由から、フィンランド語のselkä(背)と日本語のse(背)は対応しえないのです。筆者は、「手」を意味するte(古形*ta)と「うしろ」を意味するse(古形*so)がどこから来たのか考えました。ここで、日本の周辺地域の言語にもう一度目をやります。すると、意外な関係が浮かび上がってきます。以下の表は、日本の周辺地域の言語で「手」と「うしろ」のことをなんと言っているか示したものです。よく見てください。

※言語ごとに文法・語法が著しく異なるので比較は容易ではありませんが、「be behind」(うしろにいる)や「look behind」(うしろを見る)のような表現で使われる語を抽出しました。

日本語のte(手)とse(背)は、ベトナム系の言語から入った外来語なのです。tayとsauは、そのままではCVまたはCVCVという形を固く守る昔の日本語に取り込めないので、*taと*soになったのです。日本語の「行かう」が「行こう」あるいは「行こー」になったことを考えれば、sauが*soになるのは理解できるでしょう。

上肢に関する語彙→胴体に関する語彙→下肢に関する語彙という順番で調べていますが、実は日本語の上肢・胴体・下肢に関する語彙は概ね、「ウラル語族との共通語彙」と「ベトナム系言語との共通語彙」でできています(ベトナム語とその類縁言語から成る言語群は、言語学ではオーストロアジア語族と呼ばれますが、多くの方にとってなじみのない名称だと思われるので、本ブログでは基本的に「ベトナム系の言語」と言うことにします。ベトナム系の言語は、ベトナム周辺からインド内部にかけて点々と分布しています)。

これからどんどん明らかにしていきますが、日本語は実は、北方の言語のうちの特にウラル語族、そして南方の言語のうちの特にベトナム系言語と関係がある言語だったのです。今では、ウラル語族の言語も、ベトナム系の言語も、日本から遠く離れたところに分布しています。そのため、これらの言語は、日本語の系統問題を論じる際にあまり注目されてきませんでした。ウラル語族は、朝鮮語、ツングース諸語、モンゴル諸語、テュルク諸語の陰に隠れ、ベトナム系言語は、オーストロネシア語族(台湾、フィリピン、インドネシア、マレーシア、オセアニアなどの言語から成る言語群)の陰に隠れていたのです。もちろん筆者も、日本語がウラル語族の言語と関係していることを知った時には驚き、日本語がベトナム系の言語と関係していることを知った時にも驚きました。

中国の東海岸寄りは、北京があり、上海があり、中国の心臓部といえる地域です。しかし、この地域が中国語一色に染まったのは、人類の歴史の中で比較的最近のことなのです。かつてここでは様々な言語が話され、北方の遼河文明の言語と南方の長江文明の言語が接していた時もあったのです。ウラル語族の言語は遼河文明の言語の末裔、ベトナム系の言語は長江文明の言語の末裔と見られます。

※上の記述は、日本語が朝鮮語、ツングース諸語、モンゴル諸語、テュルク諸語と全く無関係、あるいはオーストロネシア語族と全く無関係であると主張しているわけではありません。遼河文明が始まるよりもっと前の時代までさかのぼれば、「日本語、ウラル語族」と「朝鮮語、ツングース諸語、モンゴル諸語、テュルク諸語」の間に系統関係が認められる可能性があります。また、長江文明が始まるよりもっと前の時代までさかのぼれば、「ベトナム系言語」と「オーストロネシア語族」の間に系統関係が認められる可能性があります。系統関係以外の関係も考える必要があります。これらの問題も、いずれ大きく取り上げます。

 

参考文献

大野晋、「日本語の文法を考える」、岩波書店、1978年。